涙で前が見えません!美しさと優しさに震えて泣いてる『Spiritfarer』レビュー

Thunder Lotus Gamesが製作したシミュレーション要素のあるアドベンチャーゲーム

開発元は、これまでにヌルヌル動くメトロイドヴァニア『Sundered』を製作している。『Sundered』はクトゥルフ神話がモチーフとなっているゲームで、本作とはかなり違う。最初、同じデベロッパーだと気づかなかったほど。

本作は、Nintendo Switch、Xbox、PS4、PCでプレイ可能。私はNintendo Switch版をプレイ。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

こんな方にオススメ
  • どんなゲームか気になっている人
  • 買おうかどうか悩んでいる人
  • 次にプレイするゲームを探している人
  • 他のゲーマーの意見を見てみたい人
Index

あらすじSTORY

Story
突然の任命

小舟で目覚めたステラが主人公。隣には相棒の猫ダフォディル。

で、周りを見ると、え、うっわ!めちゃくちゃ怪しいローブを被った魔術師がいる。

うわー、目が合ったら、呪いかけられそう。

というわけじゃなくて、その魔術師っぽい人カロンは、スピリットフェアラーという職業らしい。

で、唐突に、「ステラ、君が次のスピリットフェアラーだ。魂を導けー。さらばだー。」と告げて消えてしまう。

左からステラ、ダフォディル、カロン
Story
そして就職

カロンが遺したエバーライトという光る水晶をを受け取ったステラとダフォディルは何やら神々しいパワーを手に入れる。

どうやら、無事にスピリットフェアラーになったみたい。

そして、お次は、元々知り合いだったらしいグウェンと出会う。どう見ても鹿なんだけど。

グウェンは「ステラが次のスピリットフェアラーね!知ってることを教えてあげるわ」と、スピリットフェアラーの仕事を教えてくれる。グウェンは、ステラ以上に飲み込みが早すぎる。

Story
お仕事開始!

使われなくなっている大きな船に乗り込んだステラたち。何がなんだか分からないけど小舟よりは絶対良いし、勝手に乗り込んで船旅に出ることに。

ステラのいる大海原には、グウェンのような動物の姿になっている迷子の魂がたくさんいるらしい。その魂を導いてあげるのがスピリットフェアラーのお仕事。たぶん、あの世に導くんだと思う。

ステラは、とびきりの笑顔で全てを受け容れる良い子だ(いいのか?)。適応能力の塊で、全然質問したり拒否しない。

ステラは、大海原を航海し、迷える魂たちを船に招いていく。

Story
夢の豪華客船

ただ乗客をあつめていくだけではない。乗船した皆さんをおもてなしするのもステラの仕事。

居心地のいい船に改築して、お食事もお部屋も用意して、あたたかい愛溢れるハグも忘れてはいけない。

この海一番の豪華客船にするぞ!

じゃなくて、迷子の魂たちの願いを叶えて、旅立ちへと導いてあげるのが目的だ。

ゲームの特徴Features

Point
船の上はシミュレーション

船の上には、畑や製材所など、牧場ゲームでよく見かけるような様々な施設を建設できる。

もちろん建設には資材が必要。資源は後述する各地の島から集めてくる。

そして建設した施設は、編集モードでいくらでも好きに動かせる。横だけではなく縦にも積み重ねられて、好きなレイアウトに出来る。

船は造船所でアップグレードして大きくすることはできるけれど、スペースは限られているので、パズルのように組み立てなければならない。

Point
大海原を巡る

舵取りもステラのお仕事。海図から目的のへ針路を決めたら自動航行。

流氷や霧で進めない場所もあるけれど、船をアップグレードすると突破可能になって探索できる島が増えていく。

Point
忙しい生活

上述の通り、目的地までは自動航行だけど、のほほんと船旅している場合ではない。

畑に水やり、織物や鋳造など色んなクラフトをしたり、釣りもできる。

また、特定のエリアでは嵐などが起きて、ミニゲームのようなアクションが始まる。雷の成分みたいな、そこでしか集められない資源もある。

また、島についたら、船の施設を建てるためやクエストに必要なクラフトのために資源の採集をしたり、お店で買い物、また住人と会話して、新たな迷子の魂を見つけなければならない。

Point
乗客のご機嫌と別れの時

大切な乗客のおもてなし。乗客たちには、部屋の内装や食べ物の好みがある。

乗客ごとに専用の部屋を作って、更に内装も好みのものにしたり、好物の料理を作ってあげたり。彼らからの依頼の品もせっせとクラフトして集めてくる。

乗客たちの気分は変動するけれど、おもてなしが上手くいってゴキゲン状態だと、ステラのお手伝いをしてくれる。彼ら地震がお買い物したりクラフトしたものをプレゼントしてくれる。

そして、それぞれの思いが遂げられた時、彼らは旅立ちを決意する。

エバードアと呼ばれる場所に送って行き、「あちら側」へ旅立つのを見守る。

各要素の評価と感想Ratings

物語の面白さ

迷える魂の想いを叶えて、旅立つ決意をするお手伝い。もう、コンセプトだけで最高。

とんでもなく優しくて、とびきり切ない物語。乗客それぞれに何があったか、そしてお別れの時、とにかく感動続きでずっと泣いてる。

そして徐々に明らかになっていくステラの事情。これまた泣ける。

どれだけ泣かす気!?と思うくらい泣けまくる。

ただ、私自身が感動しまくって盛り上がりすぎていたせいか、最後「あれ、意外と最後はあっさりだな」って感じた。

キャラクターの魅力

感動の物語だけど、ステラは笑顔いっぱいで、元気いっぱい飛び跳ねたり表情も豊か。見ているだけで笑顔になってしまう。

乗客たちは、必ずしも良い人というわけでもなくて、個性も強い。「あー、こういう人いるよな」って思う。でも、そのうち、お別れしたくなくなるくらい大好きになる。

操作性

何をするのも挙動が滑らかで、操作していてすっごく気持ちいい。

ただ、滑らかすぎるせいか、NPCに話しかけるつもりだったのに、すぐそばの部屋に入ってしまうなど、対象が分かりにくくなる時がある。

プレイ中に、ごくたまにだけど、エラーが起きることがあった。全体的には安定してるけど、感動シーンの途中でゲームがクラッシュしてしまうのは心臓に悪い。

難易度バランス

クラフトや資材採取時にちょっとしたアクション要素があるけど、ただタイミング良くボタンを押すくらいで、シンプル。

大海原を漂っていれば、自然と資源が集まってアップグレード出来るし、お金もちゃんと貯まる。

あくまでも、アドベンチャーゲームの難易度になっていて、クラフトに時間や手間がかかりすぎることがなくて良いテンポでゲームを進めることが出来る。

ゲームシステム

シミュレーションの部分は特に目新しいわけではないんだけど、クラフトや資源採集にアクション要素が入ってて退屈しない

乗客は、気分が刻々と変動したり、例え好物であっても同じ料理は続けて受け取ってくれない。それによっておもてなしが作業になってしまわないのも良いポイント。

あと、ハグできるシステムが最高。みんなギューッと抱きしめてくれて、プレイしてるこちらまであたたかい気持ちになる。

ハグも同じ乗客相手に連続では出来ないので、ハグタイミングを見計らうのも楽しい。ハグしたい、ハグしたい。

やり込み要素

サブクエストもあってボリュームたっぷり楽しめる。今後もアップデートによってコンテンツが増えていくそうだ。

ずっと何かやることがあるので、全く退屈しない。

グラフィック

本作に興味持ったきっかけはグラフィック。で、やっぱり最高。

手描きイラスト調のあたたかみのあるグラフィックが滑らかに動く。キャラクターのデザインも最高で、背景も美しくて、どこもかしこも良い!

サウンド

雰囲気から見てわかる通り、全体的に癒しの雰囲気。

お別れの時は壮大な感動BGMが流れてきて、もう聴覚からも泣かせてくる。最高だ。

総合評価Summary

4.5

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ
  • 優しく感動する物語
  • ハグが最高
  • 美しいグラフィック
  • シミュレーションが楽しめる
  • ボリュームたっぷり
  • 船のレイアウトにハマる
残念なところ
  • アクションの対象を選択しにくい時がある
  • ゲームがクラッシュすることがある
オススメな人
  • 牧場系シミュレーションゲームが好き
  • ストーリーが楽しめるゲームを探している
  • 芸術性の高いゲームが好き
  • 泣きたい
  • 愛を感じたい
  • 癒されたい
オススメではない人
  • バトルを楽しみたい
  • 本格的なクラフトを楽しみたい
  • インテリアは細かくカスタマイズしたい
  • 愛とか希望とかっていう気分じゃない

https://thunderlotusgames.com/spiritfarer/
©2020 Thunder Lotus.

他のゲームも見る

こちらもオススメ

ゲーム売上ランキング

Index
閉じる