『Dead Cells』レビュー: 全く飽きないんですけど、このゲーム!

タップしてジャンプ

『Dead Cells』とは

Dead Cells

Motion Twinが開発したメトロイドヴァニア要素のあるローグライクアクションゲーム。

Motion Twinは小規模なゲームスタジオだったそうだけど、本作は大ヒット!様々なゲーム賞に選ばれている。

本作は、PS4、Nintendo Switch、Xbox One、PC、iOS、Androidでプレイ可能。
私はPS4版をプレイ。

あらすじ

どこかにある名前も分からない島。

そんな島の底の方にある、とても人が長生きできそうにない雰囲気の牢獄。

ゲームが始まると、その牢獄の天井から緑色のアメーバーがペチョーンと降ってくる。

Dead Cells

で、突然アメーバーは一念発起。実は、このアメーバが主人公だ。

牢獄に横たわる死体に取り憑いて人間の姿を借り、牢獄からの脱出を図る。

Dead Cells

だって、この島、ヤバすぎる。得体の知れない凶悪モンスターだらけ。

ほらほら、モンスターにすぐ殺されちゃう。

が、次の瞬間、また牢獄の底にアメーバー状態で戻ってくる。

仕方なく、また死体に取り憑く。今度こそ牢獄から、この島からの脱出を目指す!

という繰り返し。無限ループだ。

Dead Cells
死んでも牢獄とか気が狂いそうになるけど
アメーバーくんは常にポジティブ

そもそも、この島は王国だったらしい。

しかし、ある時から瘴気が蔓延。人々は感染して異形となってしまうか、引きこもるか、絶望して自死するか。そんな滅亡していく島になってしまった。

Dead Cells
各地の読み物から何があったか推測できる

この島にいても良いことは絶対起こらない。アメーバーにだってそのくらい分かる。

というわけで、島から脱出するために島の上へ上へと進んでいく。

Dead Cells

ゲームの特徴

ローグヴァニアって何?

ゲームジャンルの中の一つ、メトロイドヴァニアというのは「メトロイド」と「キャッスルヴァニア(悪魔城ドラキュラ)」から生まれた造語だ。ダンジョン探索型の2Dアクションゲームのことを指している。

しかし、公式によると本作は「ローグヴァニア」と表現されている。

造語が更に造語になっているという事態。

主人公が死んでしまうとマップは全て一新され、新たなマップがランダム生成される。そして、スタート地点からやり直し。

ローグライクの特徴そのものだ。

生成されるマップは結構複雑で、隠し部屋やファストトラベル装置もある。探索要素が高いマップが毎回生成される。

Dead Cells
マップだけ見るとメトロイドヴァニアに見える

そして、ローグライクのもう一つの特徴もちゃんとある。

装備品もアイテムも所持金(本作では「セル」と呼ばれる)も、ステータスのアップグレードも、死ぬと全てを失ってしまう

しかし、死んでも失わない永続スキル「ルーン」がある。

Dead Cells

この永続スキルによって、入れる隠し部屋が増えたり、進めるエリアが増えていく。

これは、メトロイドヴァニアの特徴そのものだ。

というわけで、ローグライクとメトロイドヴァニアという2つのゲームジャンルが混ぜ込まれている。

ちなみに、ゲームは、エリア(エリアごとに景色や登場スフィアギミックなどが全く違う)を2つか3つ越えるとと、ボス戦がある。

Dead Cells
エリアからの出口は2個以上ある
出口によって次のエリアが変わる

ボスを倒したら、また別のエリアに進んでいく。このエリア+ボス戦のセットを何回かクリアすれば、遂にラスボスのお目見えだ。

サクサクシュピシュピ

主人公は2つの武器2つのスキルを装備することが出来る。

PS版だと、武器が□ボタンと△ボタン、スキルがR2ボタンとL2ボタンに割り振られる。

使いたいものが割り振られているボタンを押せば発動する。

Dead Cells
画面左下に何を装備しているかが表示される
L1ボタンは回復薬

武器には、近接武器、遠距離武器、盾などがある。

スキルには、爆弾、罠、バフなど特定の効果を生み出すアイテムがある。

Dead Cells
スキルは範囲攻撃ができるものなども多い
使用後はクールダウンタイムあり

武器もスキルも、かなりの種類が登場する。

敵がドロップしたり宝箱から手に入ったり。どんな武器やスキルが手に入るかは、毎回、運次第。

そして、見つけた武器に付与されている追加効果もランダムだ。

Dead Cells
武器を手に入れる度に取捨選択
ストックしておくことはできない

もちろん、武器やスキルごとにアクションの挙動も変わる。使いやすい武器もあれば、クセの強い武器もある。

アメーバーなりに成長する

先述の永続スキル「ルーン」以外にも、死んでも引き継がれる要素が実はもう一つある。

エリアとエリアの間に登場する安全空間にいる不思議な商人たち。

彼らに、敵を倒すと手に入る通貨の「セル」を支払うと様々な永続要素を解放していくことができる。

Dead Cells

回復薬の使用回数が増えたり。

ドロップする武器の品質が向上したり、エリアを進むごとに付けられる「変異」(ステータスボーナス)の種類が増えたり。

Dead Cells
武器のレシピを手に入れてセルを支払うと
敵や宝箱からドロップするようになる
Dead Cells

評価

物語の魅力

ストーリー   4.0

キャラクター  4.0

ローグライクゲームなので、ストーリーは世界設定を把握するためのものだと思ってる。物語性がどうだとかっていうのは、そんなに重要じゃない。

でも、各地で読める読み物からは、相当悲惨な島だということはよく分かる。ストーリーを理解したい派にも優しい。

Dead Cells

たまに自死した人の亡骸に遭遇することもあって「そうか」なんて、主人公と一緒にしんみりする。

だけど、次の瞬間に、主人公は「俺には関係ないけどさっ」と亡骸を蹴飛ばしてアイテムを奪う。人でなし!(人じゃないけど)

Dead Cells

でも、この軽すぎるテキトーなキャラのおかげで、ひたすら敵を倒し続ける過酷なアメーバー脱獄劇のなかでも、フッと笑える。バランスが良い。

プレイの快適さ

操作性  4.0

難易度  4.0

安定性  4.0

とんでもないサクサクとヌルヌル

ゲームで挙動が気持ち良い時によくサクサクとかヌルヌルとか言うんだけど、本作は圧倒的。そんじょそこらの追随を許さないサクサクヌルヌル。

思った通りに、いや思った以上の反応の良さで動く。さすがアメーバー。ヌルヌルっぷりがすごい。

Dead Cells

敵は大量に攻めてくるし、ボスはかなり速くて強い。初見だと攻撃パターンを見切れないまま殺されてたっていうボスもいる。

間違いなく死にゲー。なんだけど、徐々に変わってくる。

永続スキルを習得したり、ボスに何回も挨拶しに行ったり、お気に入りの武器と立ち回りが分かってくると、うまく立ち回れるようになってくる。

Dead Cells

プレイヤー自身のスキルが上がるとクリアできるっていう死にゲーの特徴と、永続スキルというローグライト要素のおかげで長生きできるようになってくる。

敵はたくさんいるし動きは速いけど、「今のビデオ判定お願いします!」という怪しい当たり判定もなく、ロードも速くて、ゲーム自体もサクサク動く。

ゲームとしての面白さ

システム  4.0

やり込み  4.0

ローグライクは、まあ、まず飽きる(個人の意見です)。

最初は「絶対エンディング見るぞ!」と思ってても、そのうちマンネリ化する。まーた、これか。ハイハイ、知ってまーす。またスタートからかー。そろそろ他のゲームしよっかなー。

でも、本作は、マンネリ化させないポイントが揃ってる。他のゲームやってる場合じゃない。

生成されるランダムマップが複雑で、毎回毎回、探索が面白い。

Dead Cells

登場する武器が豊富で、次はどんな武器が手に入るのかと楽しみ。

そして、通っていくエリアが分岐するのと、永続スキルで更に行けるエリアが増える。ランダムマップで、更にエリアを選択出来るので、飽きない。本当に無限。

そして、上述したヌルヌル操作感。これが1番のポイントかもしれない。気持ち良くて、死んでも、またヌルヌルしたくなる。このヌルヌルには強い中毒性がある。

追加DLCがあるので、もっと色んなエリアや武器も登場する。

芸術的な完成度

グラフィック  4.0

サウンド    4.0

程よく気持ち悪くて、程よく幻想的。

可愛く愛嬌のあるキャラなんて一切登場しないし、主人公からして正体不明だし。

でも、色彩とか雰囲気にまとまりがあって、全体的に見ると美しい。化け物ばっかりだけど、美しい。

Dead Cells

音楽は、主張しすぎないけど、ハイペースなバトルを盛り上げてくれるアップテンポな曲が多い。良い感じ。

まとめ

物語の魅力
プレイの快適さ
ゲームとしての面白さ
芸術的な完成度
 良いところ
  • 気持ち良い操作感
  • ハイスピードなバトル
  • 飽きないマップ
  • 死にゲー難易度
 残念なところ
  • チュートリアルは親切ではない

総合評価

4.5

こんな人にオススメ!
  • 気持ち良い操作感が大好物
  • アクションが好き
  • 死にゲーが好き
  • ローグライクゲームが好き
オススメではない人
  • ハイスピードなアクションが苦手
  • ストーリーをじっくり楽しみたい
  • スタートからやり直しが苦痛

Dead Cells
https://deadcells.com/
© 2018 Motion Twin. All rights reserved.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる