『Two Point Campus ツーポイントキャンパス』レビュー: ヘンテコ大学ヘンテコ学部ヘンテコ学科

『Two Point Campus』とは、Two Point Studioが開発した運営系シミュレーションゲーム

ヘンテコな病院を経営する『Two Point Hospital ツーポイントホスピタル』に続くツーポイントシリーズ第2弾。直接の続編というわけではないので、本作からプレイしても全く問題ない。

本作は、Xbox、PCでプレイ可能。私はXbox版をプレイ。

現在、日本語版はないので以下のゲームプレイ画像は全て英語版のものになっているけれど、2023年には日本国内版が発売予定。

英語版でプレイする場合、シミュレーションゲームに出てくる単語を知っていればプレイに支障はない。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。本作に似たゲームも紹介する。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見れます。

Index

あらすじStory

突然の経営

ゲームが始まると、突然「さあ、大学を建てよう」と指示される。

教育ファンドからの資金を元手にして、大学建設予定地に大学を建てていく。

特にストーリー性はなくて、ひたすら「すごい大学を建てようぜ!」と言われるので、その気になって大学経営を楽しめば良いだけだ。

two point campus 評価 攻略 ツーポイント キャンパス

有能経営者

チュートリアルを受けつつ、大学を充実させて評価を高めていくのがメイン(サンドボックスモードもある)。

そして、大学経営が軌道に乗ったら、新たな地にまた新たな大学を建設することができる。

こうしてヘンテコ大学を増やしていくのだ。

実は、本作の舞台は上述した『Two Point Hospital』と同じツーポイントカウンティが舞台。そう、ヘンテコな地だ。大学もヘンテコであるべきだ。

two point campus 評価 攻略 ツーポイント キャンパス

ゲームの特徴Features

大学で儲けるとは

two point campus 評価 攻略 ツーポイント キャンパス
収入と給与支払から儲けが右下に表示される

本作では、学生とスタッフ(先生や清掃員など)の満足度に注意しながら、大学を作り込んでいく。

欧米の大学(本作開発元はイギリスのスタジオ)と同じく9月から1年が始まる

ゲーム内では時間が流れ続け(一時停止や早送りも可能)、勉学や学生生活を充実させる施設を増やしていく。

1ヶ月ごとに収益が発表されるので、経営状態にも注意。

新たな設備を作った時にはお金を払うし、1ヶ月ごとに大学職員に給料を支払わなければならない。

一方で、学生からの授業料と後述するボーナス等が収入として入ってくる。

儲けは学生から

two point campus 評価 攻略 ツーポイント キャンパス

本作では、学生がどれだけ優秀な成績をおさめるかが収入に直結する。

各学生は、飲食物や清潔さ、勉強に打ち込める環境、そして娯楽などがバランスよく供給されていると、より良い成績をとることが出来る。

学生が必要としている設備を見極め、寮やトイレ、友情を育めるラウンジや図書館などを作っていく。

時にはパーティを開催したり、クラブ活動を用意することも大切。

より多くの学生が快適に暮らして良い成績をおさめると、XPボーナスとして毎月の収入が増える。

優秀な大学は、寄付やら何やら金回りが良くなるってわけだ。

ヘンテコに磨きをかける

two point campus 評価 攻略 ツーポイント キャンパス

普通の大学ではつまらないし、人気も出ない。個性的なキャンパスを目指すのが大切。

まずは、学科。1年が始まる前に学科を新設することができる。

ただ、学科ごとに特定の設備とスタッフが必要なので、新設しすぎると自分の首を絞めることになるので注意。

VR技術やロボット工学といった流行りの学科から、騎士やピエロを育成する学科も登場する。

1年が始まると、学生からのリクエストチャレンジがポンポンと提示される。

それらを達成するとKudohと呼ばれる特別なポイントを獲得することがある。

Kudohを消費すると、凝った設備や装飾をアンロックすることができる。

単に飾りというだけではなく、良い効果が生じるものもある。

先生もお勉強

two point campus 評価 攻略 ツーポイント キャンパス

学生のためだけではなく、スタッフ向けの設備もある。

各スタッフの能力を伸ばしたり新たなスキルを身につけさせるトレーニング施設や、新たな学科や各設備のアップグレードをアンロックできるリサーチラボなどがある。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

two point campus 評価 攻略 ツーポイント キャンパス

3.5

物語要素はなく、ひたすら経営に打ち込むのみ。

でも、プレイしていると、頭の中に自分なりのストーリーがむくむくと浮かんでくる。

それぞれの学生やスタッフの状況を見ることが出来るので、そこから色々と想像してしまう。

学生は、落第しそうだったり、誰かと親友になっていったり、恋してたり様々だ。

生徒が増えてくると1人ずつをじっくり見てる余裕はなくなるけれど、たまに視点をズームして学生の様子を見て色んな物語が想像するのが楽しい。


キャラクターの魅力

two point campus 評価 攻略 ツーポイント キャンパス

3.5

上述の通り、物語要素はないので、特定のキャラが活躍するわけではない。

でも、みんな活き活きしてるし、ヘンテコ大学に来るだけあって妙な挙動の奴も多い。

なかには、浮世離れした格好の学生が紛れてたりする。

でも、そんな学生さんも友達をつくり、寮で暮らし、校庭で遊んでいる。楽しそうで何よりだ。眺めながらニコニコしてしまう。


操作性

two point campus 評価 攻略 ツーポイント キャンパス

4.0

シミュレーションゲームって、PCでキーボード操作向けに最適に作られていることが多い。

でも、本作はコントローラーでも操作しやすいのが嬉しい。

様々な要素を見比べて状況把握しなければならないけれど、データは見やすく分かりやすいし、チュートリアルも親切。

その分、チュートリアルは長めだけど。

作った部屋を編集したりコピーしたり、部屋ごと移動できたりと、一度作ったものを改修しやすいのも嬉しいところ。


難易度バランス

two point campus 評価 攻略 ツーポイント キャンパス

4.0

チュートリアルを受けつつ徐々に出来ることが増えていき、各大学で星を獲ることが大きな目的(最高は3つ星)。

どんどん星を獲るための条件は厳しくなっていくし、学生達の要求も矢継ぎ早に出てくる。

学生は一定の年数で卒業するし、成績が上がらず落第してしまう学生も。

要求には迅速に対応しなければならない

設備メンテナンスや室内温度の調整も必要だし、あっちへこっちへ忙しくて、ぼんやり眺めている暇は一切ない。

学生の満足度が落ちてくると、目に見えて資金繰りが厳しくなる。でも、要求に応えるためには設備投資しなければ。

と頭を悩ませることになるけれど、難易度は厳しくはない

各方面からの要求に応えると学生にしっかり変化が生じるので、ボーナスが発生しやすい。素直な学生たちだ。


ゲームシステム

two point campus 評価 攻略 ツーポイント キャンパス

4.0

「大学だけが舞台なら、管理する要素は少なめかな?」と思っていたんだけど、ところがどっこい、予想は甘すぎた。

学生にもスタッフにも満足度があるし、学生の成績は複雑に変動する。常に気が抜けない。

そこに1年という区切りがあるのでテンポが恐ろしく良い

さらに、お昼寝クラブ(特定の看板の前で立ち寝する!)や騎士学など、何をやっているのか眺めたくなるものが満載で、全く退屈しない。

プレイしていると時間が溶けるどころか、軽く数時間すっ飛ぶ。病みつきだ。


やりこみ要素

two point campus 評価 攻略 ツーポイント キャンパス

4.5

アンロックできる装飾品や設備が多く、大学の見た目にまでこだわり始めると、もう終わらない。

校舎内だけではなく校庭もカスタマイズできるので、本気で終わらない。

また、実績解除もあって、達成するとKudohが貰えるので積極的に攻略したくなる。

3つ星大学までの道のりは大変だし、複数の大学を経営できるので、かなり長時間夢中になってプレイできる。


グラフィック

4.0

ポップで楽しい雰囲気で、装飾品のデザインも細部まで凝ってて面白い

シミュレーションゲームなので、遠めの俯瞰視点でプレイしがちだけど、時々無駄にズームしたくなるくらい学生達の様子が面白い。

講義室で居眠りしてる学生もいるし、実習室では巨大なケーキが出来上がったり壮大な物語が始まりそうな巨大ロボットを組み立ててこともある。

経営ゲームというと硬派な印象になることも多いけれど、本作は見た目からもとっつきやすいと思う。


サウンド

3.5

BGMは楽しい曲調ばかりで、常ににぎやか

ラジオや校内放送が時折流れてくるんだけど、笑える内容も多くて耳も退屈しない。

視点をズームすると、その地点の環境音も聞こえてくる。こうした細部までの作り込みは嬉しい。


総合評価Summary

4.0

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

テンポが良い

忙し楽しい難易度バランス

珍しい学科など笑える要素が多い

学生たちの挙動が細かく作られている

残念なところ

日本語版がない

チュートリアルが長め
(親切なので良い点でもあるけれど)

オススメな人

経営ゲームが好き

笑えるゲームが好き

建築などクリエイトが好き

シミュレーションゲームに挑戦してみたい

オススメではない人

初から全要素に手を出したい

競合他社や試練など厳しい要素が欲しい

ネタ要素が苦手

おすすめ類似ゲーム本作に似たゲームはコチラ

オススメ
Evil Genius 2: World Dominion

悪の組織を運営するシミュレーションゲーム。正義のエージェントを倒したり、表稼業も裏稼業も運営したり、悪役ならではの要素がたっぷり。部下の福利厚生など意外と(?)堅実な経営も楽しめる。

オススメ
Before We Leave

プレイしやすいシミュレーションゲームなら、こちらもおすすめ。開拓がメインであり、他惑星へも進出していく。他勢力との戦闘要素がないので、穏やかに楽しめるのが魅力。

Two Point Campus
4

ヘンテコ大学ヘンテコ学部ヘンテコ学科

登場する施設や学科が独創的で笑えるし、テンポが良く、病みつきになる経営シミュレーションゲーム。 敷居は低いけれど、極めようとすると難しく、やり込み要素もたっぷりで長時間遊べる。

Two Point Campus ツーポイントキャンパス
https://www.twopointcampus.com
©SEGA. All rights reserved. Developed by Two Point Studios. Published by SEGA Publishing Europe Limited. TWO POINT and SEGA are registered in the U.S. Patent and Trademark Office. TWO POINT, TWO POINT CAMPUS, the TWO POINT CAMPUS logo and TWO POINT STUDIOS are either registered trademarks or trademarks of Two Point Studios Limited. SEGA and the SEGA logo are either registered trademarks or trademarks of SEGA CORPORATION. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners.

他のゲームも見る

どっちが気になる?

スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
Index