『Evil Genius 2: World Domination』レビュー: 着実に確実に世界征服

『Evil Genius 2: World Domination』とは、Rebellion が開発したリアルタイムストラテジー要素のあるシミュレーションゲーム

前作は2006年に発売されているけれど、特に物語が直接的に繋がっているわけではなく、本作からプレイしても問題ない。

本作は、Xbox、PCでプレイ可能。私はXbox版をプレイ。

現在、日本語版は配信されていないけれど、そんなに高い英語力は必要ない。ミシュレーションゲームで使われる単語を知ってれば、よりすんなりプレイできる。

本作には、キャンペーンモードとひたすら繁栄を目指すサンドボックスモードがあるけれど、本稿はキャンペーンモードのレビューとなっている。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見れます。

Index

あらすじStory

Story
ちゃんと悪役

本作の主人公は、いわゆる悪役

ヒーロー映画やスパイ映画でヴィランと呼ばれる悪役、もしくは、ゲームならラスボスになるヤツだ。

いくつかのタイプの悪役から選べるけれど、本作の看板男はMaximillian

万能な悪役だ。いや、万能な悪役って何だ。

賢さも筋力も万遍なく鍛えているバランス型の優秀なヴィランってことのようだ。

とてつもなくかけ離れているけれど、悪役界の勇者タイプだ。

Evil Genius 2 World Domination
Story
ちゃんと組織

Maximillianの目的は、世界征服だ。悪役の基本中の基本。

でも、都市を爆撃するとか、黒魔術で魔物を世界中に放つとか、そういう過激派ではない。

めちゃくちゃ現実的に、着実に、安全に世界征服するのだ。

悪の組織をしっかり構築し、世界に少しずつネットワークを広げ、各国を少しずつ囲い込むのだ。

世界征服を夢見て、部下どもよ私のために働け!

Evil Genius 2 World Domination

ゲームの特徴Features

Feature
素朴な悪人たち
Evil Genius 2 World Domination

本作は経営系のシミュレーションゲームだ。

経営するのは悪の組織。

働くのはMinionと呼ばれる部下たち。作業服を着て笑顔のMinionたちだけど、もちろん全員悪人だ。

彼らが指示に沿って、様々な施設を建設していく。

もちろん、睡眠欲や食欲などもある。

しかし、よくある幸福度はない。悪人なんだからハッピーである必要はない。

本作ならではのパラメーターは、MoralやSmartなど。

低下すると、裏切ったり逃亡してしまう。

ちゃんと悪に徹してもらう環境作りが必要だ。

Feature
悪の本拠地
Evil Genius 2 World Domination

建設するのは、施設に必要な発電設備、Minionの控え室や食堂、金庫など。

部屋を作っていくことになるけれど、基本的に部屋の種類を決めて区画を作る。部屋の種類ごとに置ける物も決まっている。

例えば、Minionの控え室にはベッドやロッカーを置けるけれど、食事のためのテーブルを配置することはできない。

そして、本作ならではの部屋もたくさんある。

Minionの特殊能力を引き出し、科学者や警備兵にするためのトレーニング施設。

任務などで捕まえた捕虜のための檻や尋問設備。

そして、世界に我々の素晴らしさを布教するための放送設備などなど。

Feature
悪役はハードワーク
Evil Genius 2 World Domination

悪の組織を維持するにはお金が必要だ。

設備や家具を買うにはお金が必要だし、定期的に部下たちにちゃんとお給料も支払わなければならない。

ワールドマップモードでは、各地に犯罪ネットワークの拠点を作り、部下を派遣して犯罪行為に勤しんでもらう。

本作ではメインストーリーとサイドストーリーがあり、好きな順に攻略していけばいい。

サイドストーリーでは、Henchman(Minion達より格上の悪役)と呼ばれる特殊能力を持つ悪役が仲間になるクエストもある。

犯罪ネットワークを広げ、各国を賄賂など様々な手段で征服していくのが目標だ。

Feature
正義のヒーローを許すな
Evil Genius 2 World Domination

本作にはリアルタイムストラテジー要素がある。

世界中で悪事を働いたり、拠点を充実させていると、エージェントが拠点に忍び込んでくる。正義のヒーロー達だ。

ヒーローなんて邪魔でしかない。

監視カメラや罠を配置しておき、肉体派Minionたちに成敗するか捕らえて尋問するよう指示出しができる。

尋問に成功すればMinionたちが賢くなる。

また、拠点の表玄関側にはカジノを作ることができる。表向きの商売だ。

ここを充実させ、エスコート役のMinionを配置しておけば、エージェントの気を逸らし、お帰りいただくことも可能。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

Evil Genius 2 World Domination

4.5

面白いゲームって、悪役が魅力的だ。

そんな悪役になれるという面白い設定のゲーム。悪役が実はいい奴だったとか、そんなことはない。

どこまでも悪い

有能でカリスマ性に溢れた悪のボスになれる。

それに伴った世界設定がちゃんと作り込まれてて面白い。

悪だくみだらけの会話シーンも結構あるし、悪い顔しながらプレイするのが楽しい。


キャラクターの魅力

Evil Genius 2 World Domination

4.0

Maximillianは、絶対に現実社会に存在しちゃダメな超パワハラ理不尽ボスだ。

大勢が見てる前で部下を殺すと士気が高まるという恐ろしすぎる要素まである。

Henchmanと呼ばれる、いわゆるネームドな悪役達も「うわ、こういう悪役ってよく映画や漫画で見るよなー」っていう奴ばかりで笑える。

Minion達の動きや表情も面白くて、ついつい視点をズームアップして眺めたくなる。

活き活きとした楽しい悪の組織。


操作性

Evil Genius 2 World Domination

3.5

コントローラーのプレイで、快適とまでは言えない。でも、操作は問題なし。

それぞれが意味しているものを見ると、確かに必要な情報ではあるんだけど、ゴチャッとして見える。

やれることや家具や部屋の種類も多いせいか、アイコンやフォントが小さめ

メインはPCでのプレイが想定されてるんだと思うんだけど、フォントの大きさとか調整出来ると良かったな。


難易度バランス

Evil Genius 2 World Domination

4.0

手下の1人が手取り足取りチュートリアルしてくれるのでゲームのシステムは分かりやすい。

教えてもらってるのにMaximillianはキレ散らかしてるけど。

本作ならではの要素も多いし、常にエージェントが攻めてくる緊張感もある。

でも、エージェントがやって来ても、自分が操作してる間はゲーム内時間を一時停止に出来る機能もある。

また、エージェントとの戦いでMinionが死ぬこともあるし、犯罪行為に派遣すると帰ってこなくなるけど、新たなMinionがどんどん補充されるので詰まることはない。

難易度は選べるけれど、デフォルト難易度でもそんなに厳しくはない

Minion達はなかなか賢いので、警備を優先して拠点を作っていけば、ほくそ笑みながら世界征服出来る。


ゲームシステム

Evil Genius 2 World Domination

4.0

上述したけれど、設定が最高だ。

世界征服という、誰もが(?)憧れる一大プロジェクトなので、やる気が湧きやすい。

長丁場になりがちな経営ゲームでも、継続しやすい。

ゲームで悪役達が何度も何度も悪事を企む理由が分かる気がする。

なんだろう、悪いことしてるワクワク感(ゲーム内のお話です)。これが最高。

経営ゲームとしては、よくあるシステムが基本だけど、その味付けが個性的なおかげで面白ゲームになっている。


やりこみ要素

Evil Genius 2 World Domination

4.0

本作には追加DLCが複数配信されている。

他の悪役になるキャンペーンもあるし、利用できる物や施設が増える。

難易度を上げたり、ひたすら世界征服のシミュレーションが出来る。


グラフィック

Evil Genius 2 World Domination

4.0

Minion達もHenchman達やMaximillianも皆んな生き生きとしてる。

シミュレーションとはいえ、グラフィックのクオリティが高く、出来上がる部屋はなかなかリッチな見た目。

視点がかなりズームアップ可能なので、Minionたちの様子を眺めてるだけでも楽しい。


サウンド

Evil Genius 2 World Domination

3.5

BGMは控えめ。

シミュレーションゲームなので、BGMがうるさくても困るんだけど。

ゲームプレイを邪魔しない程度に楽しげな音楽が流れている。

悪役が主役だからといってBGMは邪悪な曲調ではない。


総合評価Summary

4.0

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

悪の組織を作って世界征服するという強烈な設定

本作ならではのパラメーターや施設が盛りだくさん

楽しく攻略できる難易度

ストーリーがちゃんとある

残念なところ

日本語版がない

UIがごちゃつきがち

オススメな人

シミュレーションゲームが好き

ブラックジョークが好き

悪役になりたい

実は世界征服の野望を持っている

オススメではない人

短時間でクリアできるゲームを探している

敵と直接戦う要素が欲しい

ゲーム内でも犯罪行為に手を染めたくない

本作が好きならオススメRecommendation

オススメ
Graveyard Keeper

不謹慎ネタてんこ盛りののシミュレーションゲーム。墓守となり、死体をどうするか自由。本作よりももっとブラックジョーク度がきつめ。

オススメ
Tropico 6 トロピコ6

独裁国家の独裁者になるシミュレーションゲーム。独裁政治とはいえ、結構マジメに統治しないといけない人気シリーズ。

スクウェア・エニックス

© 2021 Rebellion. The Rebellion name and logo and the Evil Genius name and logo are trademarks of Rebellion and may be registered trademarks in certain countries. All rights reserved.
https://evilgeniusgame.com/en

他のゲームも見る

最新のおすすめゲーム動画

カテゴリー

最新ゲーム

発売日情報

レビュー

高評価ゲーム

YouTube
おすすめ動画

Twitter
最新の情報

オススメの
周辺機器

種類別に
ゲームを探す

今話題のゲーム

Keep Gaming On
ゲームしてるだけで幸せ。ゲーム情報を調べるのも大好き。
超大作からインディーゲームまで、年間100本近くのゲームをプレイするゲーム漬けゲーマーです。
この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる