『ゼルダ無双 厄災の黙示録』レビュー: この100年前は思ってたのと違う!

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説

Nintendo Switchで発売された超名作の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。とてつもない自由度と胸熱ストーリーが味わえる大ヒット作だ。

本作は、その物語の100年前を描いたアクションゲーム。いわゆる無双ゲームであり、大量の敵を一気にズバババババと倒していく。

『ゼルダの伝説』は任天堂のゲームだけど、本作の開発元は『無双』シリーズを手がけているコーエーテクモゲームズ。任天堂の製作者たちは監修として携わっている。

ちなみにコーエーテクモゲームズは、『ゼルダ無双』(Nintendo Switchに『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX』として移植されている)を製作していて、本作は『ゼルダ無双』の第二弾。第一弾は、ゼルダシリーズの有名キャラが入り乱れて戦うお祭りゲームっぽかったけど、本作は『ゼルダの伝説』新作とも言えるような新たなストーリーが描かれる完全に独立したゲーム。

Nintendo Switchでプレイ可能。
私は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』はクリア済み。

コーエーテクモゲームス

ちなみに、本作はブレワイの前の時代が描かれるけれど、ブレワイ後が描かれる続編も開発されている。

Index

あらすじ

本作は、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の100年前が舞台。つまり厄災ガノンが現れてハイラルの大地をめちゃくちゃにする経緯が描かれる。

ガノンは、マリオシリーズで言うところのクッパ大魔王みたいなもので、ゼルダシリーズ常連の悪役だ(クッパ大魔王みたいな愛嬌は皆無だけど)。

主人公リンクやヒロインであるゼルダ姫の暮らすのはハイラルの大地。ガノンという怪物によって厄災が起きるという穏やかではない予言が伝わっている。

本作の物語は、モンスターが各地で大量発生して暴れ回る事件が勃発していて、「いよいよ本当に厄災が起きるのかも!?」という胸騒ぎざわざわな状況から始まる。

ハイラルの王様(ゼルダ姫のお父さん)は、ハイラルの兵士を集めてモンスター討伐を指揮している。そんなハイラルの兵士の1人が主人公のリンク。やや天然なところはあるけれど、とにかく強い。で、早々に王様に気に入られ、ゼルダ姫の護衛に抜擢される。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説

そして、王様は、来る時に備えて古代の機械を掘り起こして更なる兵力増強も計画している。

更には、各地の強い者を集めてガノン対抗軍を組織している有能ぶりを発揮している。

ハイラル王国の執政補佐官でもあるシーカー族のインパ、ゾーラ族のミファー、ゲルド族のウルボザ、リト族のリーバル、ゴロン族のダルケル、そしてリンクとゼルダ姫。各種族の精鋭たちだ。

彼らが中心となり、ハイラル全土でモンスターやガノン討伐のため戦いを展開していく。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説
プルアとロベリーもサポートしてくれる

そして、もう1人(1体?)。「ゼルダ姫を守るため未来からやって来た」という謎の小さなガーディアンもリンクたちと共に活躍する。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説

ところが、厄災ガノンだけではなく、禍々しいガーディアンとローブを着た怪しげな魔術師風のヤツが、リンクたちの行く手を阻んでくる。どうやら厄災に一枚も二枚も噛んでいるようだ。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説

未来は、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』通りになるのか。それとも?あるいは?もしかしたら?

ゲームの特徴

いつでも出撃!突撃!

ゲームはミッションを選択して進行する。

マップからプレイしたいミッションを選んで、出撃するメンバーを選んで、料理(バフがかかる)を選んでスタート。

ミッションは、メインストーリーに関わるもの、特定の目標をクリアするサブミッションであるバトルチャレンジ、マップ上で素材やルピーを渡すだけでクリアできちゃうハイラルチャレンジなどがある。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説

メインミッションやバトルチャレンジなど、バトルがあるミッションは、一度クリアした後でも再挑戦ができる。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説

難易度(4段階)を上げて再チャレンジするのもいいし、初回とは違うキャラで挑むのもいい。

ミッション後には敵を倒した数やかかった時間などが評価されてルピー(お金)がもらえる。一刻を争うハイラルの危機なので、より早くより多くの敵を倒さなくてはならないというわけだ。

まとめてかかってこい!一騎当千バトル

本作は無双ゲームなので、とにかく大量の雑魚敵がそこら中に溢れている。そして、リンクたちは剣一振りで大量の敵を一気に斬ることが出来る。

とにかくバサーッバサーッと倒していく。無我夢中の戦闘狂になればいい。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説
信じられないくらいの
攻撃範囲の広さ

操作方法は全キャラ通して同じだけど、キャラごとにアクションは全く違う。通常攻撃を何回かポンポン繋げて強攻撃を放つとキャラごとに異なるコンボ技が発動する。もちろん武器もキャラごとに違う。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説
インパは分身しながら戦う

また、ZRボタンで固有アクションも発動できる。例えば、翼を持つリーバルなら空中に飛び上がるし、雷を操るウルボサなら雷パワーを溜めて強攻撃の威力を上げることが出来る。

固有アクションは、特定の状況下じゃないと発動しないものがあったり、キャラごとに仕様が全く異なる。リンクは有能すぎて多種類の武器を使用できるけれど、武器が変わればコンボ技も固有アクションも一変する。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説
技で空中に浮かび上がったら
パラセールを使用できる

そして、敵に攻撃を当てるごとに溜まっていく必殺技ゲージを消費して、これまたキャラごとに異なる必殺技をぶちかますことも出来る。

そして、シーカーストーンと呼ばれる古代技術を使った、ガジェット技もある。磁力を使ったり、敵を止めたり、トリッキーな戦いが出来る。このシーカーストーンの技も、各キャラにより挙動や攻撃範囲も全く違う。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説
ミッション中に操作キャラを切り替えできる
操作していないキャラへの指示出しも可能

強敵とはちゃんと戦う

武器を振ってたら、雑魚敵をどんどん巻き込んで蹴散らしていくことができる。

しかし、そうはいかないのが強敵。いわゆる中ボスや大ボスだ。

フィールド上には敵の拠点がいくつかあって、その拠点の雑魚敵を倒していると、「よくも可愛い部下たちをやってくれましたね」と強敵が登場する(実際には無言でスッと出現するけど)。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説

強敵は、体力が高く、さまざまな攻撃を繰り出してくる。ちゃんとガードや回避なども心がけなくてはいけない。

強敵が大技を使ってくる時は、対応したシーカーストーンの技を当てると、敵をスタンさせることが出来る。

例えば、敵が突進攻撃をしようとしていたら、シーカーストーンのアイスメーカーを発動。敵は氷柱にぶつかってスタンする。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説
敵が大技を構えると
有効なシーカーストーン技のマークが表示される

そうして敵がスタンした時やスキがある時に攻撃すると六角形の「ウィークポイントゲージ」が表示される。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説
弱点を突いても
ウィークポイントゲージが出現

上手く立ち回ってウィークポイントゲージを削り切ると、「スマッシュ」を発動できる。強敵に大ダメージを与えられるド派手な攻撃だ。

憧れの神獣乗り

特定のミッションでは、神獣と呼ばれる古代兵器に乗り込むことが出来る。

神獣は超巨大な動物モチーフの戦艦のような乗り物で、敵を砲撃していくことが出来る。もはや、こっちが厄災なんじゃないかというレベルで大暴れできる。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説

神獣にも必殺技やガードなどもあり、四体いる神獣は、これまたそれぞれ挙動も技も全く違う。

評価

物語の魅力

ストーリー   4.0

キャラの魅力  5.0

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』をクリアしてからプレイした方が良い。これは確実。「ブレワイの内容はもちろん知ってるよね」というテンポで、細かな説明はほぼなくズンズン進んでいく。

メインストーリーはしっかりある。ミッションごとに話が進むので、若干ぶつ切り感もあるけれど。

ブレワイを知った上でプレイすると、断片的にしか語られてなかった100年前の出来事や、めちゃくちゃ魅力的なのに少ししか登場してくれなかった過去の英傑たちをたっぷり味わうことができる。幸せの極み。

リーバルは思ってたより1000倍くらいかっこいいし、ハイラル王は思ってたより100倍くらい娘に厳しい。ブレワイの回想シーンで、やけにツンツンしていたリーバルとゼルダ姫の思いが分かって、本作のおかげでブレワイの物語をもっと理解できる事態

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説

ネタバレになるので詳しく書けないけれど、途中からは「やはり無双シリーズおなじみのお祭り?」みたいな状況にもなってくるので、良い意味でも悪い意味でも「ええええ、そうなる!?」と驚くことも多い。

芸術性

グラフィック  5.0

サウンド    5.0

グラフィックも『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』そのもの。カートゥーン調。リンクもゼルダ姫も英傑たちも、戦う姿がかっこいい。

コーエーテクモさんには悪いけれど、もはや「任天堂が本作を作りました」って言われても信じちゃう。それくらいの完成度と再現度の高さ。

そして、バトルで通り過ぎてしまうのが勿体無いくらい背景も見応え抜群。ブレワイでは崩壊してしまっていた街や建物が「こうなっていたのかあ」とうっかりじっと眺めてしまって、背後から敵に殴られる。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説

音楽は、ブレワイの音楽がアレンジされている。特に英傑たちのテーマ曲は、ブレワイでは切ないメロディに聞こえていたけど、本作ではカッコ良いバトル調になっていて、一瞬で気に入った。

快適さ

操作性   5.0

バランス  4.0

無双ならではのサクサクした動きとバシバシ決まるド派手なアクション。どのキャラも軽快な挙動で、かなりハイペースなアクション。で、一気に大量の敵が倒せるので「俺つえぇ」プレイができる。

「あのコンボ技をお見舞いしてやろう」と狙ってコンボをつなげるのもいいし、「うわぁああああ」とボタンを押しまくっているだけでも強力な攻撃がバシバシとド派手に決まっていってしまう。「俺つえぇ」だ。演出も操作性も抜群

レベルはぐいぐい上がっていくし、「訓練所」でお金を払うと低レベルキャラのレベル引き上げも可能。爽快に進んでいくことができる。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説

とにかくハイペースなバトルになるんだけど、カメラリセットできないのが気になるところ。本作では、強敵にのみロックオンはできる。他は全て手動カメラ。

全体的にカメラの追従はほぼなくて、攻撃エフェクトやら大量の雑魚敵やら前面の壁やらで画面がしっちゃかめっちゃかになることがある。「うわー、見えない!とりあえず剣振っておけ!」となりながら、視点を立て直すしかない。

面白さ

システム  4.5

やり込み  4.5

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、自由度が高いオープンワールドだった。スタミナや武器の耐久度を考えながら、色々と策を練って戦い、頭を捻って謎解きを楽しむ。

でも、100年前は激戦に続く激戦の時代。リンクも万全な体調で、各種族の最強と謳われる英傑たち勢揃い。なので、その時代をを描くのに「俺つぇえ」ができる「無双」を取り入れたのは、それだけで良いアイデアだなあ、と。

「無双」なんだけど、ちゃんと「ゼルダ」。「ゼルダ」なんだけど、ちゃんと「無双」。それぞれのいいところが潰れないように上手くブレンドされてる。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 ゼルダの伝説

でもブレワイの常識は通用しない別ゲーなので、全く違ったゲームプレイが楽しめる。操作できるキャラも多くてアクションの種類も多いので、「次はあのキャラでプレイしてみよう」「あの技を使ってみよう」と選択の幅が広いのも嬉しい。全キャラ使い込みたくなる。

そして、とにかくボリューム満点。最終的には操作キャラも大量に。追加DLCもあるので、これでもかと遊べる。追加DLCは2種類配信予定で、操作キャラやミッションが追加される。

コログを見つけたり、ファッションを楽しんだり。ハイラル チャレンジはテキスト情報だけだけど、ブレワイをプレイしていた人にとっては「あ!これってアレだ!」とニヤッとしてしまうエピソードが満載だし、やり込みまでしっかり楽しい。

まとめ

総合評価

4.5

物語
芸術性
プレイの快適さ
ゲームとしての面白さ
 良いところ
  • 爽快でド派手なアクション
  • 脳筋プレイが楽しめる
  • メインストーリーがしっかりある
  • 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』そのもののクオリティ
 残念なところ
  • 視点が不安定になる
  • 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を知らない人にとっては物語を理解しにくい
こんな人にオススメ!
  • アクションゲームが好き
  • 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が好き
  • 「俺つえぇ」プレイがしたい
オススメではない人
  • 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』未プレイもしくは興味がない
  • 指と手が疲れている時
コーエーテクモゲームス

ゼルダ無双 厄災の黙示録
https://www.gamecity.ne.jp/zelda-yakusai/
© Nintendo © コーエーテクモゲームス All rights reserved. Licensed by Nintendo

他のゲームも見る

こちらもオススメ

ゲーム売上ランキング

Index
閉じる