『Yoku’s Island Express ヨクのアイランドエクスプレス』レビュー: フンコロガシが跳ね回る高品質がっつりメトロイドヴァニア

タップしてジャンプ

『Yoku’s Island Express』とは

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

スウェーデンのVilla Gorillaというスタジオが開発したタイトル。
本作がスタジオとしての第1作目とのこと。

PS4、Nintendo Switch、PCで発売中。
私はPS4でプレイ。

ストーリー

南の島っぽいモクマナ島に主人公のヨクがやって来る。
ヨクは、小さいフンコロガシボディでありつつも立派な郵便局員

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

島では何やらトラブルが多発していて、郵便配達も滞ってしまっている。

ヨクは、ボール(明らかにフンコロガシのフンだけど、ゲーム内では「ボール」と呼ばれる)を転がしながら、本業の郵便配達もしながら、島民のトラブルを解決する。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

島には、様々な住民がいる。
鳥やウサギといった分かりやすい動物から、生態がよく分からない生物、そして木までもが喋る。
全員が島民。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

みんな赴任してきたばかりのヨクを歓迎してくれるが、それぞれトラブルを抱えている。
彼らのトラブルを解決することが、メインストーリーに組み込まれていることもあれば、サブクエストになっていることもある。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス
NPC達はヒントをくれたり
単にどうでもいいことしか喋らなかったり
yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

そして、小さいボディの郵便局員は、いつしか島に迫る脅威にも立ち向かっていくことになる。

ゲームの特徴

小さいようで大きな島

ヨクが旅する島は、複雑に道が入り組んでいる。
「そんなに大きくなさそうな島だ」と思っていると、意外なところに抜け道、脇道があって、移動できる範囲は予想以上に広い

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

行ったことのある場所から地図が埋められていくが、一度通ったことのあるエリアでも寄り道が見つかったり、行けそうにない場所にも後から行けるようになる。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

そう、このゲーム、ピンボールだとか、ほのぼのグラフィックだとか魅力はたくさんあるが、実はしっかりしたメトロイドヴァニア
ストーリー忘れて探索に没頭してしまうくらいマップが作り込まれている

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

ピンボールアクション

舞台となるのは平和そうな島だが、なぜかピンボールのフリッパー(ボールを打つレバーのような板)が各所に設置されている。

ヨクが地面の上にいる時は、ヨクを左右に移動させることは出来るが、ヨク自身をジャンプさせたりすることは出来ない。
PS4版では、黄色フリッパーはR2、青色フリッパーはL2で動かすことが出来る。
基本はそれだけ。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

ヨクはボール(フンコロガシのフンにあたる)をコロコロ転がして歩いていて、ボールとヨクはヒモで繋がっている。
フリッパーの上にヨクを移動させ、フリッパーを操作してピンボールのようにヨクを打ち飛ばす。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス
 のアイコン画像 

ついついヨクを目で追ってしまうけれど
フリッパーで打つ時はボールにしか当たり判定がない

狙って打ち上げる

ピンボールなので、もちろんボールが当たるといいことが起きるターゲットが存在する。

狙うのは、まずフルーツ

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

フルーツを一定数集めると、各所にある封印されたフリッパーを解放することが出来る。
探索できる範囲が広がったり、ショートカット開通に役立つ。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

次に狙うのは、紫色のマーク

各所には、先に進ませない通せんぼ紫ゲートがある。
ヨクを打ち飛ばして、一定数の紫色のマークに触れるとゲートが開き、先に進めるようになる。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

もちろん単純に先に進むためにも、狙った道にヨクを打ち上げなければならない。
打ち上げた後はどう転がっていくか見守るのみ。
何の気なしに打ち上げたら、ポーンと上手くいっちゃうなんていうラッキーも起きる。
まさにピンボール。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス
風が吹いていたり
一筋縄では通してくれない場所も

誰かの願いを叶える

どこへ行くのも自由。
寄り道へ入っていく、やり込み要素に熱中する、更にメインストーリーを進める順番も自由。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

メインクエストを進めないと通過出来ない場所もあるものの、かなり自由度が高い
クエストが発生すると、地図上に目的の場所が表示される。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

郵便局員の本業である各家への郵便配達だけでなく、何かを集めてほしいなど様々なクエストが発生する。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス
NPCはそれぞれ好きな場所に住んでいる
各家を回るだけでも大変

開花するフンコロガシパワー

メトロイドヴァニアスタイルなので、ヨクは徐々に新たな技を得ていく。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

ナメクジを吸い取ってナメクジ爆弾にしたり、『となりのトトロ』の「まっくろくろすけ」のような「スス」に首輪とリードを付けてペットにしてしまったり。
そんな、他のゲームではあまり見かけないコンセプトの技を得て、才能開花していく。

しかし、こうした技は、ピンボール操作とは別タイミングで発動させなくてはならないので、どんどん忙しくなってくる。
ヨクを打ち上げたら、良きタイミングで、良き場所で、ナメクジ爆弾を爆破したり、「スス」を食虫植物に引っ掛ける。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

郵便局員の本業

サブクエストとして、郵便配達を依頼される
「サブ」とはいっても、本来は、郵便配達が本業のはずなんだけど。

各島民の家近くに立つポストにハガキを配達していく。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

島の隅から隅まで、島民はそれぞれ好きな場所に住んでいるので、届けるだけで一苦労。

根っこコレクション

各地の行きにくい場所には、「藤の根」が隠れている。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

「藤の根」を集めて、これまた行きにくい場所にある怪しげな棒に献上すると、何やら怪しげな生物の封印を解く鍵になる。

この「藤の根」集めは真のエンディングにつながっていくが、恐らくこのゲームで1番難しいやり込み要素となっている。

フンコロガシファッション

探索していると、カラースプレーを手に入れることがある。
これにより、ヨクの転がすボールの色を変えることが出来る。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

スプレーを2色組み合わせると、また違ったカラーや柄に変えることも可能。

特定のカラーのボールじゃないと進めないクエストもある。
しかし、ただ単にファッション目的に色を変えるのも楽しい。

郵便以外の業務

上記以外にも、各地で島民からちょっとしたお願いをされる

「いい場所にキノコ植えたい」「キノコ食べたい」「ススを追い払って」とか、逆に「ススを集めてきて」とか。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

解決するとお礼をもらえるので、とりあえず引き受けまくって、少しずつ解決していく。

もちろん各地の宝箱を開けていくのもやり込み要素。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

評価

物語

ストーリー  

3.5

キャラクター 

4

可愛くて
平和

小さいヨクが大きな島を郵便配達しながら巡る。
なんとも可愛らしい物語。
NPCが多くて、それぞれのエピソードも魅力的だし、おとぎ話を見ているような感覚。
ほのぼの、あたたかい気持ちになる。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

で、いつのまにか禍々しい何かに対峙することになるんだけど。
そこらへんの物語の展開が唐突で、サーッとエンディングに入っていってしまうのに少し物足りなさを感じた。

快適さ

操作性 

4.5

難易度 

4

安定性 

4

良い!

ポーンとヨクを打ち飛ばして、どう転がるか見守る。
これが楽しい。
意外な場所に転がって道を発見したり、うまく良い場所に転がらなくて何度も打ち飛ばし直したり。
可愛い雰囲気とは裏腹に、しっかりピンボールな挙動の精度が高くて、なかなか歯応えがある。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

特に大きな不満点はないほど良いゲームなんだけど。
唯一、大変だと思ったことは、主人公が小さいフンコロガシであるが故の弊害。
ゲームが進むごとに、どんどんマップが複雑になっていき、ヨクは四方八方の壁にぶつかりまくって思わぬ方向へ弾き飛ばされていく。
で、ヨクが小さすぎて時々見失ってしまうことがあった。

面白さ

システム 

4.5

やり込み 

4

ハマる

予想以上に面白くて、期待以上にやりごたえ抜群

ピンボールといえば、ゲームに登場するミニゲームで登場したのを少しプレイしたことがあるくらい。
というわけで、ピンボールが特別好きと言うわけじゃない。
だけど、いつのまにかピンボールアクションの虜になっていた。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

しかも、マップががっつり作り込まれていて探索したい欲を刺激しまくってくる。
メトロイドヴァニア好きとしても大満足。

藤の根を集めるというやり込み要素や、ヨクの見た目を変えたり、サブクエストも豊富。
しかも、とても制覇は無理!というわけでもなく、少しずつ頑張れば達成できそうなやり込み要素ばかりなので、やる気も湧いてくる。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス
藤の根集めは
真エンディングに関わる要素
芸術性

グラフィック 

4.5

サウンド   

4.5

楽しい

そもそも本作に興味を持ったきっかけは、芸術性の高いグラフィック
上述した通りアクション精度やマップの作り込みだけでなく、グラフィックも終始クオリティが高いし、音楽も楽しい雰囲気満点だし、ずっと楽しい。

yoku's island express ヨクのアイランドエクスプレス

まとめ

物語
プレイの快適さ
ゲームとしての面白さ
芸術性
良いところ
残念なところ
  • 探索が楽しすぎる入り組みマップ
  • 新鮮なピンボールアクション
  • 癒される手描き調グラフィック
  • やりごたえ抜群のやり込み要素
  • ヨクを見失いがち
オススメな人
オススメではない人
  • メトロイドヴァニアが好き
  • 手描き調のグラフィックが好き
  • 個性的なゲームを探している
  • やり込めるゲームを探している
  • 自分で全て操作したい
  • 細かな探索が面倒くさい
  • 激しいアクションを求めている

Yoku’s Island Express ヨクのアイランドエクスプレス
http://villa-gorilla.com/
Developed by Villa Gorilla AB © 2018. Published by Team17 Digital Ltd. Team17 is a trademark or registered trademark of Team17 Digital Limited. All other trademarks, copyrights, and logos are property of their respective owners.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる