『Dandara: Trials of Fear Edition』レビュー: 超個性的スタイルに病みつきメトロイドヴァニア

Index

『Dandara』とは

Long Hat Houseが開発したメトロイドヴァニアゲーム。2018年に発売され、様々な賞に輝いている。

PS4、Nintendo Switch、Xbox One、PC、iOS、androidと、ほぼ全てのプラットフォームでプレイ可能。私はNintendo Switch版をプレイした。

プレイしたのは『Dandara: Trials of Fear Edition』で、発売時より約2倍にボリュームアップして、新マップ、新たなボス、そして真エンディングが追加されている。

あらすじ

自由に絵画や執筆などの創作活動が行われていた美しいソルトという世界が舞台。

豊かな土地だったけれど、全てを管理しようとするエルダー軍」の圧制により、ソルトは一変してしまった。

物書きや音楽家などアーティスト達は、エルダー軍に怯えて引きこもり、やる気を失ってしまっている。

そんなソルトの不思議空間で突然目覚めたダンダラ

フワフワな髪型で、黄色のスカーフ(マフラー?)が印象的なスーパーウーマンっぽい姿の女性。タイトルにもなっている「ダンダラ」が主人公の名前だ。

ダンダラは、なぜか「世界をよろしく頼む」と告げられ、ソルトに創造の力を取り戻すため単身エルダー軍に挑んでいくことになる。

ゲームの特徴

歩かない走らない、跳ぶ!

メトロイドヴァニアなので、探索がメイン。各地では、凶悪ボスも待ち構えている。

どんどん探索していくわけだけど、ダンダラは跳ぶ。いや、正確には跳び移る」しか移動手段がない

いくら地面があっても、歩く走るというゲームの基本動作は出来ないという超個性的なスタイル。

ダンダラは、どんな方向にも一定の距離内にある壁に跳び移れる壁や床、天井に向かって跳び移って進んでいく。

どこに飛び移るかを指示しながら跳びうつる

が、そもそも「壁や床」という呼び方は、本作では意味を成さない。

重力はない。いや、もしかしたら、あるのかもしれないけど、ダンダラは完全に無視してる。

画面もグルグル回転して、全方向が上になるし下にもなってしまう。つまり、どの壁も、天井にも床にもなってしまうというわけ。

跳ぶ方向は、左スティックで狙いを定めて、Aボタンでシュバッと跳ぶ。スタミナの概念はなくて、連続して跳びまくれる。

このシュバッシュバッと跳び移っていく感じが気持ち良くて癖になる。だけど、いい気になって高速移動していると、敵に激突してしまうので注意。

武器とアーティストでメトロイドヴァニア

ダンダラは、指から光を放って攻撃が出来る。これが通常攻撃。

ゲームを進めていくと、スペシャルな弾を撃つことも出来るようになる。これにはエネルギーを消費する。

スペシャルな弾は多種類あり、敵が嫌な位置にいる場面やボス戦で活躍することになる。そして、特定のスペシャル弾は新たな道を切り開く助けにもなる。

また、各地には、やる気を失っているアーティスト達が引きこもっている。

彼らに話しかけると、ダンダラを姿を見て勇気づけられるのか、突然やる気を取り戻す。

すると、そんな彼らの創造の力によって特定のギミックが動き出して、進める道が更に増えていく。創造力ってすごい。

特定の足場が動くようになったり
ギミックを利用することができるようになる

ハラハラバトル

ダンダラの攻撃手段である放つ光は、少し溜め時間が必要

というわけで、バンバンと素早く打つことはできない。これが、本作の難易度を支えている。

そして、進行方向を見定めて跳ばなければいけないので、瞬時に的確な回避が難しい

あらぬ方向に素早く跳んでしまうと、敵に体当たりしてしまい、もちろんダンダラ側だけがダメージを受けるズルい仕様。

跳んでしまったら、着地まで方向転換も出来ない。

ソウルライク

敵を倒すと青い宝石のようなものが出現する。これが、経験値

青いキラキラは自動で回収

経験値に関しては、『ダークソウル』シリーズお馴染みのシステムに似ている

各地にあるキャンプで休むと、体力もスペシャル弾のためのエネルギーも全回復する。青い宝石を消費してステータスを強化することも出来る。

どれからアップグレードするかは自由

しかし、キャンプから出ると、ボス以外の全ての敵が復活している。

また、ゲームオーバーになると獲得していた青い宝石を全て失う。

しかし、ゲームオーバーになった地点に戻ると、ダンダラの霊体が宙に浮かんでいる。霊体に触れると死んだ時に持っていた青い宝石を取り戻すことが出来る。

ということは、もちろん、霊体に触れる前に死んでしまえば、完全に失ってしまうということだ。

青く光霊体
変なところで死ぬと回収が大変

ボス戦の難易度は高めなので、ソウルライクゲームと言ってもいいかもしれない。

評価と感想

 良いところ
  • 独特な移動方法
  • やりごたえのある難易度
  • 探索が楽しいマップ
  • アップデートによりボリュームたっぷり

跳び移るしか移動方法がないという、この個性が最大の魅力。

最初は、「あっちに跳び移ろう。狙いを定めて、よし、シュッ」と慎重に跳んでいた。

しかし慣れてくると、シュシュシュシュッと連続で跳べるようになってくる。最初は「歩けない走れないって!」ともどかしく思っていてけれど、この移動方法がクセになてくる。

そんな気持ち良い移動方法で進むんだから、より一層探索が楽しい。

行ったり来たりすることが多くて
マップ構造も面白い

しかし、気持ち良いだけではない。

攻撃には、止まって溜め時間が必要。この溜め時間を計算して立ち回りを考えるのが難しくて面白い。

敵が大量発生している時はかなり焦るし、ボス戦ともなれば、立ち回りと攻撃でてんやわんや。

ボス戦ではパターン覚えて立ち回りを考えていくという死にゲー的な攻略をしないと、あっという間にゲームオーバーになる。

どのボスも攻撃パターンが全然違っていて、歯応えのあるバトルが楽しめる。

 残念なところ
  • ストーリーには感情移入しにくい
  • 入力が効かない時がある?

アクションがメインであり、ストーリーはあっさり

だけど、NPCが少ないので会話は少ない。ダンダラ自身のストーリーがほぼ語られないので、「なぜ1人で闘っているのか、ダンダラとは何者なのか」が分からず、正直、感情移入はしにくい

追加アップデートには、ストーリーの追加もあるけれど、話の内容がいきなり濃厚になるわけではない。

とはいっても、ドット絵で描かれる世界は魅力たっぷり。

一方、ゲームプレイ上では、跳ぶ方向の指示が効かない時があるのが残念。

左スティックを操作すると、そこから自動的にダンダラが実際に跳ぶ方向が緑線で表示される。

実際に自分が動かすのは白線の方で
足場に跳べる軌道に自動修正される

自動で着地できる場所にアシストされるのは操作しやすくなっていて助かる。

しかし、この自動緑線がなぜかガッチリ固定されてしまって、絶対に届く場所なのにスティックをいくら倒しまくっても跳ぶ方向が修正されない場合がある。

緑線が頑固モードになってしまったら、一旦、スティックから手を放して入力し直す必要がある。ピンチの時に頑固モードが発動すると、「なんで?なんで?」と焦るので心臓に悪い。

まとめ

総合評価

4.5

こんな人にオススメ!
  • メトロイドヴァニアゲームが好き
  • 2Dドット絵ゲームが好き
  • 歯応えのある難易度のゲームが好き
  • 一風変わったアクションゲームを探している
オススメではない人
  • 独特なゲームシステムを覚えるのが面倒くさい
  • 主人公に感情移入したい
  • 高難易度アクションは苦手

Dandara
http://www.longhathouse.com/games/dandara/
©2017 Raw Fury AB. All Rights Reserved.

メトロイドヴァニアが好きなら

他のゲームも見る

こちらもオススメ

Index
閉じる