『Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森』レビュー: BGMで死ぬ

『Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森』とは、Moon Studiosが開発したメトロイドヴァニアゲーム。

本作はOriシリーズの第1作目。シリーズ2作目は『Ori and the Will of the Wisps』。シリーズの2タイトルともに、どちらもたくさんの賞に選ばれている高評価ゲームだ。

本作は、Nintendo Switch、Xbox、PCでプレイ可能。私はXbox版をプレイ。

ちなみに私がプレイしたのは「Defitinitive Edition」。発売当初のものにストーリーやエリア、スキルなどが複数追加されている。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見れます。

Index

あらすじStory

オリ誕生

どこかにある二ブルという名前の森。

ある日、森の中心にある青白く光る精霊の木から1つの青い光が飛び出す。

その青い光が、主人公のオリだ。

オリは、精霊の木からポーンと飛び出し、遠く離れた場所に不時着。

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 評価 攻略

ナル

どこかに落っこちたオリだけど、とっても優しいナルに拾われる。オリは、幸運の持ち主だ。

ナルに可愛がられて楽しく暮らしていたオリだけど、ある晩、激しく光る精霊の木から何か呼びかけられていることに気づく。

「何か聞こえるぞ?」とオリは反応するけれど、オリのことが可愛くて仕方ないナルは、オリを精霊の木から隠してしまう。

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 評価 攻略

オリ復活

その日を境に、なぜか森は枯れていき、ナルとオリの食べ物も減っていく。遠くを見ると、精霊の木も枯れてしまっている。

そして、遂にナルも力尽きてしまう。オリにたくさん果物を採ってあげようとして怪我をしてしまったのだ。

そして、寂しさと哀しさでションボリ状態になってしまったオリの命も遂に…。

なんて悲しい物語なんだ。安らかに眠って…。

とは、ならない!ここからゲームが始まる。

動けなくなったオリの周りには青白い花が咲き、精霊の木の最後の光がオリに宿り大復活!

そして、元気になったオリは、セインという妖精に遭遇する。

セインに導かれつつ、森が失ったエッセンスを取り戻してニブルの森を復活させる旅が始まる。

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 評価 攻略

ゲームの特徴Features

メトロイドヴァニア

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 評価 攻略

本作はプラットフォーム要素強めのメトロイドヴァニア

精霊の炎など敵を攻撃する技もあるけれど、基本的には正確にタイミングよくジャンプしたり滑空したりといったアクションテクニックが試される。

複数に分かれているエリアを進んでいきながら、徐々にスキルを身につけていく。

スキルを手に入れることで、行けなかった場所に行けるようになる。

一方で、ストーリー進行に伴って、地形が変化してはじめて行けるようになる場所もある。

どこでセーブする?

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 評価 攻略

オリには体力とは別にエナジーのゲージがある。

エナジーは、強力な技を発動する時に消費するけれど、それとは別に大切な役目がある。

本作では、敵の目の前や不安定な地面以外ならどこでもセーブできる。

セーブする際には、上述のエナジーを1ゲージ消費してソウルリンクを作る。

死んでしまうと、ソウルリンクを作った場所からリスタートになる。

強力なスキルを発動するためにエナジーを温存するか、死にそうな場所の前でセーブしておくか、または、次のセーブのためにエナジーを溜めておくか。やりくりが重要だ。

強くなるオリ

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 評価 攻略

上述したソウルリンクでは、能力セルを消費して各スキルのアップグレードが出来る。

スキルツリーのようになっていて、アンロックするごとに移動やバトルがより便利になっていく。

能力セルは、敵を倒した際などに手に入れることが出来る。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 評価 攻略

4.5

オリは喋らない。ガイド役となるセインは重要な場面でのみ喋ってくれる。

それと精霊の木と思われる声がナレーターとして、時々あらすじを語ってくれる。

というわけで、ストーリーが詳しく言葉で語られることはあまりないんだけど、物語はよく分かる。

分かりすぎて、もはや泣いてしまうくらい感動する

悪役として黒い大きなフクロウのような鳥のクロが登場するんだけど、徐々にクロの事情が分かってきて、ラストでは涙ドバァッ。

メトロイドヴァニアというとアクションがメインになりがちなんだけど、本作はストーリーもすごく印象に残るゲーム。


キャラクターの魅力

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 評価 攻略

4.5

オリはめちゃくちゃ可愛くて、NPCのキャラ達にもかなり愛着が湧く。

本作をクリアした後すぐに続編をダウンロードしたくらいオリの世界の虜になってしまった。


操作性

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 評価 攻略

4.5

本作には、いわゆるボス戦はない

ボス戦の代わりに、初見殺しなスピードも求められるアクションの山場が何回かある。

もちろん、それ以外の場所でも正確なアクション操作が求められる。

というわけで、アクションテクニックが命のゲームだけど、操作性も精度もバッチリだ。数ミリで死ぬし、数ミリで助かる。挙動は滑らか。

壁を登ったり、空中で敵が撃った弾を跳ね返す反動で高くジャンプしたり、たくさんのスキルが登場する。

でも、「操作が複雑過ぎて操作ミスしちゃう!」ということにはなりにくい。

馴染みやすい操作方法になってて、「次はこのボタン押して…」と頭で考える必要はあまりなかった。

プレイ中はバグもなかったんだけど、唯一エンディングに差し掛かるところでフリーズした。

再プレイしたら大丈夫だったけど、高難易度アクションでのフリーズは心臓に悪い。


難易度バランス

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 評価 攻略

4.5

本作は高難易度アクションと言われている。

確かに、歯応えは感じるけれど、「プロ呼んでください!心折れます!」みたいなとんでもないレベルではないので、挑戦をやめなければちゃんとクリアできる。

アクションの正確さが鍵を握るので、タイミングを把握していく覚えゲーでもある。


ゲームシステム

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 評価 攻略

4.5

行けそうだけど行けないなー。あ、このスキルであそこに行けそう。お!こことここの道がつながってるのか。

メトロイドヴァニアの面白さと中毒性は抜群。

探索できる範囲の広がり方も絶妙で、夢中になってスタートからクリアまでプレイした。

そして、セーブポイントを自作するシステムはなかなか面白い。

うっかり死んでしまった時の「うわあー!なんであの時セーブしておかなかったんだ!自分のバカ!」という他のアクションにはない悔しさが味わえる。


やりこみ要素

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 評価 攻略

4.5

やり込みは、オリの強化とどれだけ探索できるかという、メトロイドヴァニアならではのやり込み要素だ。

とはいっても、そこまで複雑なマップではないし、ステータスが上がってくると結構ゴリ押しでも探索出来るようになる。


グラフィック

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 評価 攻略

4.5

雰囲気がすっっごく良い。

絵本のような可愛さと、幻想的な美しさ。自然たっぷりで眺めているだけでも癒される。

このグラフィックを見ただけだと高難易度アクションとは、とても思えない。


サウンド

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 評価 攻略

5.0

ゲームプレイもストーリーもグラフィックも全て素晴らしいけれど、1番気に入ったのはBGM。めちゃくちゃ良い。

オーケストラ演奏で壮大な曲ばかり。

ゲームオーバーになってもリスポーン時に音楽が途切れず、ずっと流れてるのが良い。気持ちがずっと盛り上がる。

アクションの山場になると神テーマ曲が流れるんだけど、音楽に聞き入ってしまい、操作を忘れて絶命ってことが何回もあった。

\\試聴できます//

メインアーティスト:Gareth Coker
\Gaming Week開催中!/
Amazonで見る

総合評価Summary

4.5

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

全て高クオリティ

歯応えのあるアクション

聞き惚れるBGM

感動のストーリー

残念なところ

ステータスが上がってくるとゴリ押し出来る

マップはあまり複雑ではない

ボリューム少なめ

オススメな人

メトロイドヴァニア好き

アクションゲームが好き

芸術性の高いゲームが好き

物語に感動したい

オススメではない人

高難易度アクションが苦手

バトルをメインに楽しみたい

オススメ関連ゲーム本作が好きならオススメ

オススメ
Ori and the Will of the Wisps

本作の続編。本作よりすべてがパワーアップして、ボリュームも増量。バトル要素が増えており、本作にない巨大ボス戦なども楽しめる。こちらも高評価メトロイドヴァニア。

オススメ
Yoku’s Island Express ヨクのアイランドエクスプレス

可愛さも感じる美しいグラフィックで真剣なアクションを楽しむメトロイドヴァニアなら、コチラもおすすめ。ピンボールのシステムを使った独創的でやみつきになる移動が体験出来る高評価作。

Ori and the Blind Forest
4.5

BGMで死ぬ

歯ごたえのあるアクションも美しいグラフィックや音楽も楽しめる高評価メトロイドヴァニア。

感動の物語やキャラクターの愛らしさも大きな魅力。

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森
©2020 Microsoft

他のゲームも見る

どっちが気になる?

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる