Category
Latest Posts
最新ゲーム人気ランキング見る
当サイトは広告/PRを掲載しています

『Ori and the Blind Forest』レビュー: BGMで死ぬ オリとくらやみの森

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 レビュー

アクションも物語も美しくて泣けてくる名作メトロイドヴァニア『Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森』をネタバレなしで要素ごとに詳しい評価を交えてレビュー。

本作に似ているおすすめゲームや関連作も紹介する。

Index

Ori and the Blind Forest製品情報

タイトルOri and the Blind Forest
オリとくらやみの森
開発元Moon Studios
対応機種Nintendo Switch, Xbox, PC
ジャンルメトロイドヴァニア, 2D横スクロールアクション
シリーズOri オリ

本作はメトロイドヴァニアのオリシリーズ第1作目。第2作目の『Ori and the Will of the Wisps』も発売されている。

本稿では、発売当初からエリアやストーリーなども追加されているDefinitive EditionのXbox版をレビューしている。

Ori and the Blind Forestの攻略

ストーリー

オリ誕生

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 ストーリー オープニング画面

どこかにある二ブルという名前の森。

ある嵐の夜、ニブルの森の中心にそびえる青白く光る精霊の木から1つの青い光が飛び出した。

この青い光こそが、本作の主人公であるオリだ。

オリは、精霊の木からポーンと吹っ飛び、遠く離れた場所に不時着した。

ナルとオリの生活

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 ストーリー オリを見つけたナル

見知らぬ地に落っこちてしまったオリだけど、幸運にもナルという名のとっても優しい不思議生物がオリを見つけてくれた。

ナルは、自身の巣へとオリを連れて帰り、可愛がりとっても大切にオリを育ててくれた。オリもナルのとこが大好きだ。

しかし、ある晩、オリの故郷である精霊の木が激しく光った。

その瞬間、オリは誰かに呼ばれた気配を感じて外に飛び出したけれど、オリを心配するナルによって巣へと引き戻されてしまった。

精霊の木へ旅立つオリ

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 ストーリー セインと共に精霊の木を訪れたオリ

その夜を境に、なぜか森は枯れ始め、ナルとオリの食べ物も減っていく。遠くを見ると、精霊の木も枯れてしまっている。

そして、遂にナルは力尽きてしまう。オリのためにたくさん果物を採ってあげようとして怪我をしてしまったのだ。

ナルが倒れてしまい、寂しさと哀しさでションボリ状態になったオリも徐々に元気がなくなっていく。そして、遂にその小さな体が命が消え…。

なんて悲しい物語なんだ。

とは、ならない!ここからゲームが始まる。

動けなくなったオリの周りになぜか青白い花が咲き始め、精霊の木の最後の光がオリに舞い降りた。

オリ、大復活!そして、元気になったオリは、セインという妖精に森の事情を教えてもらい、精霊の木復活大作戦を決行することに決める。

そして、その先で、オリは自身の使命と森に隠された悲しい真実に向き合っていくことになる。

攻略のポイント

メトロイドヴァニア

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 攻略 マップ画面

本作はプラットフォーム要素強めのメトロイドヴァニアゲームだ。

複数に分かれているエリアを進み、新たな移動スキルを習得して探索できる場所が広がっていく。

精霊の炎など敵を攻撃するスキルもあるけれど、基本的には正確にタイミングよくジャンプしたり滑空したりといったプラットフォームアクションの上手さが試される場面が多い。

一方で、ストーリー進行によって地形が変化することで到達できる場所もある。

セーブポイントは自分で設置する

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 攻略 ライトバーストを習得したオリ

オリには体力とは別にエナジーゲージがある。

エナジーは、強力な攻撃力を持つスキルを発動する時に消費するけれど、それとは別にもう一つ大事な用途がある。

本作では、近くに敵がいる場所や不安定な地面以外の場所ならどこでもセーブできる。

セーブをする際には、その場にエナジーを1ゲージ消費してソウルリンクを作る。これがセーブポイントだ。死んでしまうと、ソウルリンクを作った場所からリスタートになる。

強力なスキルのためにエナジーを温存しておくか、ゲームオーバーになりそうな場所の前でセーブしておくか。エナジーのやりくりが重要だ。

オリのスキルツリー

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 攻略 能力ツリー

セーブポイントでは、能力セルを消費してスキルのアンロックができる。能力セルは、敵を倒した際などに手に入れることが出来る。

各スキルが強化されていく内容のものが多く、移動やバトルがより便利になっていく。

Ori and the Blind Forestの評価と感想

物語の面白さ

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 レビュー セインとオリの会話

オリは喋らない。ガイド役となるセインは重要な場面でのみ喋ってくれる。そして、精霊の木と思われる声がナレーターとして時々あらすじを語ってくれる。

というわけで、ストーリーが言葉で詳しく語られることはあまりないけれど、物語はよく分かる。

分かりすぎて、泣いてしまったくらい感動する

本作の悪役として黒い大きなフクロウのような鳥のクロが登場するけれど、徐々にクロの事情が分かってきて、ラストでは涙がドバァッザバァッ。

メトロイドヴァニアというとアクションに集中しがちだけど、本作では記憶に色濃く残る素敵な物語が体験できるゲームだ。

キャラクターの魅力

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 クロが登場する場面

オリはめちゃくちゃ可愛くて、悪役のクロ含めNPCのキャラ達にもかなり愛着が湧く。

物語の冒頭からナルは大好きになるし、登場キャラは少ないけれど全員が可愛くて切なさも漂わせている。

本作をクリアした後すぐに続編をダウンロードしたくらいオリの世界の虜になってしまった。

操作の快適さ

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 敵を攻撃するオリ

本作には、いわゆるボス戦はない

ボス戦の代わりに、初見殺しが満載でハイペースなアクションを矢継ぎ早に成功させなければならない自然災害が何回かある。

もちろん、それ以外の場所でも正確なアクション操作が求められる。

というわけで、アクションの腕が命!なゲームだけど、操作性も精度も最高水準だ。挙動は滑らか。

壁を登ったり、空中で敵が撃った弾を跳ね返す反動で高くジャンプしたり、たくさんのスキルが登場する。でも、「操作が複雑過ぎてミスしてしまうんだが!」ということにはならない。

感覚的に体に馴染みやすい操作方法になっており、「次はこのボタン押して」と頭で考える必要はほぼない。

快適にプレイしていたけれど、私がプレイした際には唯一エンディングに差し掛かるところでゲームがフリーズしてしまった。

再起動してやり直せば問題なかったけれど、高難易度アクションでのバグは心臓に悪い。

難易度バランス

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 溶岩を進むオリ

本作は高難易度アクションだ。

確かに歯応えはあるけれど、「心折れてしまいます!」みたいなとんでもないレベルではないので、何回か挑戦していればちゃんと攻略できる。

プラットフォームアクションの操作の正確さが求められるので、タイミングを把握していく覚えゲーでもある。

ゲームシステムの面白さ

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 洪水から逃げるオリ

行けそうだけど行けないな。あ、このスキルがあれば、さっきのあそこに行けそう。お!こことここの道がつながってるのか。

メトロイドヴァニアの面白さと中毒性は抜群。

探索できる範囲の広がり方も絶妙で、夢中になってエンディングまでプレイした。

そして、セーブポイントを自作するシステムがなかなか面白い。

うっかり死んでしまった時の「うわあー!なんであの時セーブしておかなかったんだ!自分のバカ!」という他のアクションにはない悔しさが味わえる。

やりこみ要素の楽しさ

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 レーザーの光を変えながらすすむオリ

やり込み要素としては、オリの強化どれだけ探索できるかという、メトロイドヴァニアあるあるのものだ。

とはいっても、そこまで複雑なマップではないし、オリが強化されると結構ゴリ押しでも探索出来るようになるのでマップの全制覇は大変ではない。

そこまでボリュームの大きいゲームではないので、ひとしきり満足したら続編へ進むのがおすすめ。

グラフィックの芸術性

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 精霊の木

雰囲気がすっっごく良い。

絵本のような可愛さと、幻想的な美しさ。自然たっぷりの風景ばかりで、眺めているだけでも癒される。

このグラフィックを見ただけだと高難易度アクションとはとても思えないくらい穏やかな景色が多い。

サウンドの魅力

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森 トゲだらけのエリアを進むオリ

ゲームプレイもストーリーもグラフィックも全て素晴らしいけれど、1番気に入ったのはBGM。めちゃくちゃ良い。

オーケストラで演奏される壮大な曲ばかり。

そんな美しい曲は、ゲームオーバーになっても途切れず、ずっと通して流れているのが気に入ったところ。気持ちがずっと盛り上がりっぱなし。

アクションの山場になると神テーマ曲が流れてくる演出が本当に神がかり的に美しくて、音楽に聞き入って操作を忘れてしまい溺れてしまうことが何回もあった。それくらい音楽交えた演出が素晴らしい。

サントラはこちら

メインアーティスト:Gareth Coker

本作と似ているゲームや関連作は更に下へ

Ori and the Blind Forestレビューのまとめ

おすすめな人

  • メトロイドヴァニアが好き
  • 歯ごたえのあるプラットフォームアクションを求めている
  • 芸術性の高いゲームが好き

おすすめではない人

  • 高難易度アクションが苦手
  • バトルをメインに楽しみたい

総合評価良いところ&残念なところ

Ori and the Blind Forest
『Ori and the Blind Forest』レビュー: BGMで死ぬ オリとくらやみの森
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 歯ごたえのあるプラットフォームアクションが楽しめる
  • 自分でセーブポイントを設置するシステム
  • グラフィックも音楽も美しく芸術性が高い
デメリット
  • ボリュームが少なめ
  • マップ構造はあまり複雑ではない

Ori and the Blind Forestが好きならおすすめゲーム

関連ゲーム

Ori and the Will of the Wisps

本作の続編。本作よりすべてがパワーアップして、ボリュームも増量されている。
バトル要素が増えており、本作にはなかった巨大ボス戦なども楽しめる。
こちらも高評価メトロイドヴァニア。

No Rest for the Wicked

本作開発元の新規IP。
オリシリーズよりもダークな物語が体験できる見下ろし型のアクションRPG。
ジャンルは変わっても、芸術性の高さは健在。

似ているゲーム

Yoku’s Island Express ヨクのアイランドエクスプレス

本作のような絵画のようで可愛らしいグラフィックのメトロイドヴァニアなら、こちらもおすすめ。
ピンボールのシステムを使った独創的でやみつきになる移動と探索の面白さが特徴の高評価作。

Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森
©2020 Microsoft
https://www.orithegame.com/blind-forest/

メトロイドヴァニアゲームをもっと見る

この記事を書いた人

Taca KGO
運営者

どんなジャンルにも飛びつき、探索好きな涙もろい大人ゲーマー。世界中のゲーム情報をチェックするのも大好き。

Follow KeepGamingOn

Index