『おじちゃんの記憶を巡る旅』レビュー: 2次元を駆使する心温まるおじいちゃん物語

タップしてジャンプ

『OLD MAN’S JOURNEY おじいちゃんの記憶を巡る旅』とは

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

おじいちゃんの記憶を巡る旅は、人生の貴重な瞬間、壊れた夢、計画の変更など、魂を巡るパズルアドベンチャーゲームです。
主人公と旅を伴にする中で、時折軽快にパズルを解きながら、美しいビジュアルと手作りの世界観を体験できるでしょう。

store.playstation.com

オーストリアのBroken Ruluesが開発。
元々は、スマホとPC向けに発売され、様々な賞を獲得している。
現在は、PS4、Nintendo Switch、Xbox Oneでもプレイ可能。

ストーリー

海辺の家で佇むおじいちゃん。
その光景だけで、何とも言えない切なさを感じさせる。

初っ端から、胸がキュッとする。

そんなおじいちゃんの元に一通の手紙が届く

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

それを読んだおじちゃんは、いそいそと用意を始め、突然旅立つ。

手紙には何が書いてあったのか、どこに向かって旅立つのか、プレイヤー側は気になることばかり。

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

しかし、『おじちゃんの記憶を巡る旅』では、一切セリフは登場しない
更に操作方法も詳しくテキストで表示されない。

「見て感じる、手探りで謎を解く」なパズルアドベンチャーゲーム

プレイヤーは、おじいちゃんの進む道を繋ぎながら、おじいちゃん自身の思い出を辿っていくこととなる。

ゲームの特徴

指で触る

主人公はおじいちゃんだけど、おじいちゃんを直接操作するわけではない

画面上には手のアイコンが表示されていて、その手をコントローラーで動かす。

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

PS4版では、ボタンを押すと、手のアイコンがある場所を指でツンツンと突くことができる。

地面をツンツンッと触るとマークの旗が立ち、おじいちゃんは、そのマークに向かって黙々と歩く

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

また、道中にいる人や物など、「何か起こりそう?」という場所をツンツンとすると、何かしらのリアクションが起こることもある。

3次元を2次元で扱う。

おじいちゃんは、2次元的にしか動かない。
上下左右の動きのみ

しかし、2Dグラフィックではあるものの、背景は奥行きがあるように描かれている。
手前の丘と、遠くにある丘と、更に遠くにある高い山など。

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

おじいちゃんは、遠近感を完全に無視して歩く。

どんなに遠くにある山だろうと、輪郭線の黄色線同士が繋がっていれば歩いて行ってしまう

というわけで、プレイヤーは、丘や山の輪郭を動かして、おじいちゃんを誘導していく

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

丘や山の輪郭は、上述の「手アイコン」で摘むことが出来て、摘んだまま上下に動かすことが出来る。

動かすことで、手前や奥にある丘の輪郭同士を繋げることが出来て、おじいちゃんの歩ける道がどんどん延長されていく。

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

輪郭同士が繋がる部分は点で表示されるので、分かりやすい。
その点で、おじいちゃんは歩く丘を切り替えて進んでいく。

思い出しタイム

主人公はおじいちゃんだし、やはり疲れてきてしまう。

特定の場所に来ると、おじいちゃんはベンチに座る。
そこで、画面はおじいちゃんにズームアップ。

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

おじいちゃんの休憩時間であり「記憶を巡る」時間

おじいちゃんは、座った場所から連想する記憶を思い起こしていく。

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

プレイヤーは、それを見ながら、おじいちゃんに何があったのか、どんな人生を歩んできたのかを少しずつ知ることになる。

背景に溶け込んだ人々

おじいちゃんは道すがら、様々な人と出会う。

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

とはいっても、仲間になったり、長々と会話するわけではない。

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

時には、丘の輪郭を引っ張り下ろすと、丘で隠れてしまっていた家や人がニョキッと登場する。

おじいちゃんが歩く必要のない場所に隠れている人もいる。
彼らを見つけて、指でツンツンとするのが、ちょっとしたやり込み要素になっている。

評価

良いところ
  • 2次元による表現の限界を逆手に取ったゲームシステム
  • 絵だけで伝わるあたたかい物語
  • 美しいグラフィック
  • 適度なゲームボリューム
オススメ!
残念なところ
  • 謎解きが単調になってくる
うーん

ゲームのようでゲームじゃない、だけどゲーム。

これは、最近『GRIS』でも感じたことだけど、アート作品に触れているのか、ゲームを遊んでいるのか分からないほど芸術性が高い

そして、ストーリーがストレートに心に響く。

「良い体験をした」という感動が色濃く残るゲームだ。

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

でも、1番感動したのは、2次元の表現の限界を逆手にとったゲームシステム

今もたくさんの2Dゲームが発売されているけれど、「大作」「最先端」になると3DCG。
やっぱり2Dでは描き切れないものがある。

しかし、『おじいちゃんの記憶を巡る旅』では、そんな限界を逆手にとっている。

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

どんなに奥にある山でも丘でも、「輪郭が繋がってたら繋がってる道でしょ」と言わんばかりにおじいちゃんはテクテク歩いて行く。

「あー、そっかー、なるほどな、そういう捉え方があるのか」って目からウロコ。

で、このシステムを使って道をどんどん繋げていくわけで、徐々に「うーん、次の道はどこと繋がるか」と謎解きのようになってきて面白い。

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

ただ、逆に言うと、このシステムに尽きる。

最初に感動した「輪郭繋げシステム」に慣れてくると、そのうち「はいはい、また道繋げね」になってくる。

しかし、そのくらいのところで、ちゃんと終わる。
長々と続いたり、世界観壊しちゃうようなギミックが登場する前に、「いいところ」で終わる

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

まさにショートアニメのようなゲームで、「あともうちょっと見たい」と思うくらいでコンパクトに終わるのが素晴らしい。

ボリュームはコンパクトだけど、ラストシーンに差し掛かる頃には、もはやおじいちゃんに完全に感情移入してしまっていて、結末には「うわぁあ」と感動した。

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

今作は、スマホでもプレイ出来る。
私はPS4でプレイしたけど、スマホで動画を見るように、おじいちゃんの思い出を見ていくのもいいなあと思う。

操作が簡単で詰まるようなこともなく、めちゃくちゃ癒される現実逃避になると思う。

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

誰の人生にも、色んな思い出があり、ドラマがあって、何もない人生なんて無い。
そして、きっかけは何であれ、何歳でもいつでも新しい旅に出ることが出来る。

しんみりと感慨にふけってしまうようないいゲームだった。

old man's journey おじいちゃんの記憶を巡る旅

おすすめプレイヤー

芸術的なゲーム、なかでもポイントアンドクリックゲームが好きな人には絶対おすすめ

時間制限もなければ、ゲームオーバーもない。
ゲームが苦手っていう人や、ゆっくりゲームしたいって人にもおすすめ。

そして、「なんだか泣きたい!心温まりたい!」な「涙活」にもぴったりなゲーム。

Old Man’s Journey おじいちゃんの記憶を巡る旅
www.oldmansjourney.com
© Broken Rules Interactive Media GmbH 2017.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる