『ABZÛ アブズ』レビュー: ゲームにここまで癒されるとは

ゲームトレーラーを見て購入を決めるゲームは多いけど、『ABZU』は、まさにそれ。

トレーラーを見て数秒で購入を決意
ゲーム内容もよく分からないままゲームスタート。

タップしてジャンプ

『ABZU』とは

ABZU ABZÛ

あの「風ノ旅ビト®」のクリエイターによる新作「ABZÛ」は、美しい水中世界を自由に探検できる夢のようなダイビングアドベンチャーゲームです。
そこはあふれんばかりの色彩と生命の息吹が織りなす極上の秘密世界、意識を埋没させて楽しんでしまってください。
洗練された操作システムを上手に活用すれば、ダイバーになりきって流れんばかりのアクロバティックな動きが可能です。

store.playstation.com

『風ノ旅ビト』『Flowery』を開発したthatgamecompanyのクリエイターが率いるGiant Squidが開発したアドベンチャーゲーム。

現在、PC、PS4、Nintendo Switchでプレイ可能。
私はPS4版をプレイした。

ストーリー

ゲームスタートすると、全身黒タイツ(ダイビングスーツ?)の主人公が海にザブーーーーン!とダイブするところから始まる。

ABZU ABZÛ

おおお!?何だ何だ?
と思うけど、その後も一切の説明はない。

テキストもセリフもなく、具体的なストーリーを理解するための手がかりもない。

とりあえず、なんとなーく泳ぎ始める。
泳ぐうちに、ゲームのやり方は分かるけど、ストーリーは、とにかく謎

海中を泳いでいると、小型のマシンを見つけたり、不思議な空間で儀式みたいなことをすると海が色鮮やかになったり。

ABZU ABZÛ

どんどんと泳いでいくと、何やら文明の跡のような遺跡をチラホラ見かけるようになってくる。

それでも、主人公も何も語ることはなく、パチリとした大きな目がクリクリ動くのみ。

ABZU ABZÛ

一体、なぜ海中に遺跡や機械があるのか。
主人公は一体何者なのか、目的は何なのか、ゆったり泳ぎながら好き勝手に探検していく。

ゲームの特徴

スイミングそしてダイビング

海中を探索していくアドベンチャーゲーム
ということで、ずっと海中が舞台であり、敵と戦ったり複雑なアクションは全くない。

とにかく泳ぐ泳ぐ泳ぐ、もしくは潜る潜る潜る。
主人公は、泳ぎがめちゃくちゃ上手なので、あらゆる方向にも泳ぎ放題。

ABZU ABZÛ

左スティックで泳ぎたい方向へ頭を向けてR2ボタン(PS4版)を押し続けると泳ぐ。
×ボタンを押すと加速。
タイミングよく加速すれば、どんどん速いスピードで泳ぐ。

左スティックを倒す方向は主人公が基準になっていて、画面の上下左右とは一致していない。

ABZU ABZÛ

全方向へ泳げるので、操作に慣れていない間は、同じ場所でくるくると回転泳ぎしてしまうことも。
しかし、泳ぐ姿が本当に綺麗で気持ち良いので「これはこれでいい」と無駄に回転して泳いでいた。

お助けロボット

海底の砂に埋まった小さい遊泳ロボットを見つけることがある。

壊れているようだけど、掘り起こして、ちょいちょいと触ると復活。
どうやら主人公はメカに強いらしい。

ABZU ABZÛ

復活した機械は、主人公の周りを並走(泳)し、周りをライトで照らしてくれる。

そして、明らかに進めそうな道を塞ぐ「壁のような何か」を壊してくれる。
先に進むためには、この小型ロボットを探さなければならない。

ABZU ABZÛ

海中ゲート

上述のお助けロボットではなく、自ら仕掛けを動かすこともある。

なぜか頑丈な扉がいくつもあり、どれもしっかり閉まっている。
しかし、鍵が必要というわけじゃなくて、ギミックを起動することで扉が開く

ABZU ABZÛ

謎解きというよりは、しっかり探索することでゲートを開けるスイッチなどが見つかる。

蘇る海

当たり前だけど、海はひと続き。
しかし、泳いでいると景色は変わっていく。

新しいエリアの入り口に来ると、周囲は暗くて不気味。
その暗闇の中心に、ポッカリと穴が開いている。

ABZU ABZÛ

その穴へ入ると、不思議な神殿のような場所に飛ぶ。

神殿にある泡のような物体に「何か」を捧げると、ブワァアアアアアッと生き物と光と色彩が溢れる。
そして、先に進むことが出来るようになる。

ABZU ABZÛ

海流コースター

泳いでいると、海流に巻き込まれることがある。
気持ちよく、ただ身を任せて、流されてしまえばいい。

ABZU ABZÛ

というわけではなく、移動は可能。
海流の所々に魚の群れがいる
群れに近づくと、群れがピカーンと光る。

全ての群れに触れると実績解除になる。
でも、単純に自分の周りを魚の群れが泳ぐ姿が豪華で美しいので、たくさん群れに触れたくなる。

ABZU ABZÛ

やりこみ要素

夢の魚掴み

主人公の周りには、たくさんの生物が泳いでいる。

大きめの海洋生物を見つけたら、チャーンス!
背ビレなどに掴まって泳ぐことが出来る

ABZU ABZÛ

嫌がられたり、尻尾でバシッと返り討ちに遭うこともない。
すんなり受け入れてくれるフレンドリーな魚たちだ。

加速や方向転換も可能。
加速して水面に飛び出し、バシャーンと気持よくジャンプも出来る。

ABZU ABZÛ

探索のみのゲームなので、やりこみ要素ももちろん探索によるもの。

海洋生物の召喚

海底には、珊瑚に囲まれた台座のようなものがある。
触れると海洋生物が飛び出してきて周囲を泳ぐようになる。

ABZU ABZÛ
<a href="https://photos.google.com/share/AF1QipO7hSb7AH_HzaTf6iALuFPvf7JhaK8uKsNajUZWgn0ipdam5MuB-4fffkDMNqzbkg?key=cmVlSnQ5Vm5PWVRBczNlU2twd1I3SThaRTZUQ3Nn&source=ctrlq.org"></a>

ゲームの進行には関係ないけれど、たくさんの海洋生物がいる方が賑やかだ。

海中での瞑想

各エリアには、サメの像がある。
その上でゆったりと瞑想を始めてしまうことが可能。

ABZU ABZÛ

瞑想すると、そのエリアにいる魚たちに憑依(?)できる。
魚目線の光景が楽しめる
ボーッと眺める。癒し。

憑依した海洋生物の名前が画面右下に表示されるので、ちょっとした海洋生物の勉強まで出来てしまう。

ABZU ABZÛ

この瞑想ポイントを解放することが、実績解除にもなっている。

巻き貝集め

スイスイと正規ルートを泳いでいると、うっかり見逃してしまう位置に巻き貝が隠れている

ABZU ABZÛ

触れるとシュルルーンと消えて不思議な神殿空間に集まっていく。
収集要素となっている。

ABZU ABZÛ

評価

良いところ

GOOD
  • 究極に癒される
  • 泳ぎの操作感挙動が美しすぎる
  • 完成度の高いグラフィックとBGM
  • 心掴まれる演出
好き…‼︎

本作でやることは、スィイイイーーーと泳ぐのみ。
で、このスィイイイーーーが、とんでもなく気持ちいい。

ABZU ABZÛ

海中なんだけど、宇宙空間を彷徨っているというか、空を飛んでいるというか、不思議な感覚。

ここ最近プレイしたゲームの中で1番気持ちいい操作感覚

音楽は包み込むように鳴り響き、グラフィックは色鮮やかで美しくて。
自分自身がゲームしているのか、本当に浮遊しているのか、いや、夢の世界にいるのか分からなくなるくらい癒されまくった

ABZU ABZÛ

泳ぐだけなら、ゲームとしてのやりごたえはないのかっていうと、そんなことは全くない。

先に進むためにはギミックを作動させることになるが、そのためには、あちらこちらをしっかり探索しなければならない。

とは言っても、この美しい海を隅々まで見たい!遺跡の謎も気になるし!と、探索が楽しすぎて全く苦にはならない。

ABZU ABZÛ

エリアによって風景も一変するので、全く飽きて来ない。

そして、ストーリーも主人公の正体もよく分からないものの、物語の行方はかなり気になった

深海ならではの不気味さや、遺跡にはなぜか高度な機械も溢れていて、ドキドキしながら潜っていく場面もあった。

ABZU ABZÛ

癒しなだけではなく、随所の演出は心揺さぶるものとなっていて、特に終盤の演出はあまりにも美し過ぎて、思わず涙が出たほど

ABZU ABZÛ

プレイ後には「なんか凄い体験してしまった」としばらく放心してしまった。
本作は、もはやただゲームとして扱って良いのか。

残念なところ

  • 特になし

おすすめプレイヤー

どれかに当てまるなら
  • 芸術的なゲームが好き
  • 癒しを求めている
  • 難しいゲームは苦手
  • 個性的なゲームを探している
  • 数時間で終わるゲームを探している
オススメ!

ABZÛ
https://abzugame.com
© 2016 Giant Squid

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる