Category
Latest Posts
最新ゲーム人気ランキング見る
当サイトは広告/PRを掲載しています

『BioGun』早期アクセスレビュー: 犬の体内で大暴れ

BioGun レビュー 攻略

犬の体内を探索するという面白い設定と威勢の良さが魅力のメトロイドヴァニア『BioGun』をネタバレなしで、攻略のコツと各要素の評価を交えてレビュー。

本作に似ているおすすめゲームや関連作も紹介する。

Index

BioGun製品情報

タイトルBioGun
開発元Dapper Dog Digital
対応機種PC
ジャンルメトロイドヴァニア, シューティング, 2D横スクロールアクション,

本稿はPC早期アクセス版をゲームパッドでプレイした際のレビューとなっている。

なお、本作には今のところ日本語版はない。

セリフは全て英語字幕は表示されるし、イベントシーン以外ではセリフは自動で流れず、日常会話が理解できるなら攻略に支障はないと思う。ちなみに、身体の臓器の英語名を知っている方が、より面白さが増す(臓器を絡めたジョークがチラホラ登場する)。

BioGunの攻略

ストーリー

ペットを救え

BioGun ストーリー DocXによる世界の説明

本作では、冒頭から大変な事態が起こっている。犬が絶滅してしまうかもしれない!

本作の世界では、ペットに感染するDooperウィルスが大流行しており、人類の良き友達であるワンチャン存亡の危機が訪れているのだ。

そして、今はペットの感染症ではあるものの、今後、人間にも感染する可能性だってあるかもしれない。

そこで、DocXという名の研究者がウィルス根絶を目指して、自身のDNAとDooperウィルスとベーコン成分を混ぜた治療薬となり得るBioGunと呼ばれるワクチンを作り出した(細かい医学的な云々は、勢い良くすっ飛ばされている)。

犬に注入されたBek

BioGun ストーリー DocXとBekの会話

DocXは、早速Dooperウィルスに感染している愛犬Penny(犬の名前はプレイヤーが好きに付けることができる)にBioGunを注入した。

すると、Pennyの体内に1匹の小さな豚が登場した。手には銃を持ち、なんだかカッコいい装備に身を包んだ二足歩行で二頭身の豚だ。名前はBek。ベーコン成分を混ぜたせいで豚の姿というわけだ。

Bekは、DocXと連絡を取り合うことが出来るだけでなく、Pennyの体内細胞とも会話が出来るという超画期的な能力を持っている(科学的な云々は気にしないように)。

Dooperウィルスを探し出せ

BioGun ストーリー Phoebeと出会ったBek

Bekは各方面からの目撃情報や被害報告を頼りに、Dooperウィルスの本体を追いかけていく。

もちろん道中のDooperウィルスによって現れた病原体もやっつけなければならない。

こうして、Pennyの体内で大暴れしながらも、Pennyを救うためBekはミクロサイズの危険な旅に身を投じていく。

攻略のポイント

犬の体内メトロイドヴァニア

BioGun 攻略 マップ画面

上述の通り、本作の舞台は犬の体内だ。犬の各臓器を探索していくことになる。

各地では病原体であるボスが待ち構えており、倒すと新たなDNAコードを手に入れて新たな移動スキルを習得する。これによって進める場所が広がっていく。

また、各地にはセーブポイント装置があり、そこでBekがシャワーを浴びるとセーブが行われる。Bekは綺麗好きだ。

なかには、ファストトラベル機能が搭載されているセーブポイントもある。

皮膚に近い場所にあるという設定で、博士が注射器でBekを吸い取り、他の皮膚に近いセーブポイントに注入するという仕組みでファストトラベルする。そんなにプスプス針を刺していたら犬がキレそうだけど、別に怒られたりはしない。

シューティングで戦うBek

BioGun 攻略 ボス戦

Bekの戦い方は以下の通り

  • 通常攻撃
    • 360°狙えるシューティング
    • 残弾数やリロードのシステムはない
    • 武器Modを変えると、弾の挙動や威力が変わる
  • アトミックエナジー
    • 敵に攻撃が当たると溜まっていく
    • 長距離武器などサブウェポン使用時にも消費する
      • アトミックエナジーを消費する武器で敵に攻撃を当てているとオーバードライブゲージが溜まる
      • オーバードライブゲージを消費すると連射速度が上がるなど攻撃力が増す
  • バトルのルール
    • 敵を倒すと通貨を獲得する
    • ゲームオーバーになったら
      • 通貨は失わない
      • 直前のセーブポイントに復活する(進行状況はそのまま)
      • アトミックエナジーを一回満タンまで溜めるまでアトミックエナジー使用不可能となる

Bekの成長

BioGun 攻略 レベルアップ時の選択画面

Bekは敵を倒して強くなるわけではない。

各地にあるIonized Atom(イオン化原子)を3つ集めるごとに、体力かアトミックエナジーゲージの上限を増やすことができる。探索することで強くなっていくわけだ。

また、通貨では回復薬などの消費アイテムや貴重アイテム、そしてナノチップを買うことができる。

ナノチップはセーブポイントで付け替え可能で、移動しながら回復出来たり、共に戦うドローンが追従してくれるといったパッシブスキルが使用可能になる装備品だ。

BioGunの評価と感想

早期アクセス版プレイ時の評価となっているため、正式リリースまでに変わる可能性があります。

物語の面白さ

BioGun レビュー 赤血球と共に血管電車に乗るBek
子宮から大腸へ向かう
血管電車

犬の体内で病気と戦う豚って、文章で読んだだけでも面白い設定だ。

ウィルスに負けてしまうと犬の体内世界は全滅するわけだし、肝臓では戦死した兵士(肝細胞)達が転がっているなど深刻な状況だ。

しかし、本作はカートゥーン調で雰囲気は明るいし、話の勢いが良い。

血管が特急電車とか白血球が融通の効かない軍隊とか、「なるほどなるほど、そう表現するか!」とクスクス笑いつつ感心しながら犬の臓器を歩いていた。

また、直線的にDooperウィルスを叩きに行くと思いきや、捻りもあるのでメインストーリーがしっかり面白い。

キャラクターの魅力

BioGun レビュー Yuriとの会話
尿意コントロール係

上述した通り、カートゥーンなキャラばかりでにぎやかだ。

「自分の体内でもこんな楽しいキャラ達がせっせと身体を運営してくれていたら良いなあ」と思ってしまうくらい、笑顔を守りたくなる愛嬌のある細胞ばかりだ。

赤血球が酸素をリュックに入れて旅していたり、膀胱の排尿スイッチ係が居眠りしていたり、各臓器の機能をちゃんとベースにしつつ親しみやすいキャラ化していて面白い

体内でお店を開いていたり、犬の体内で更に犬を飼っているキャラもいて、細胞は意外とやりたい放題で自由に生きている。

生物とか医学の教科書にそのまま使って欲しい!

操作の快適さ

BioGun レビュー 肝臓でのバトル

豚は勢いよく素早く動く。操作性は良好で通常移動スピードも速くて快適だ。

操作方法は銃で狙いながら、ジャンプしやすいかダッシュしやすいかの2通りのコントローラーボタン設定が用意されている。

当たり判定は妥当で、武器Modによる銃弾の挙動変化も分かりやすい。

ただ、マップにマークしたはずが消えてしまったり、マークの仕方もやや不便なのが気になった。ゲームプレイ自体は全く問題なし。

難易度バランス

BioGun レビュー 子宮でのボス戦

難易度設定はない。

歯ごたえは適度にあり、ボス戦はハイペース。

本作では敵にぶつかっただけでもダメージを受けてしまうので、特にボス戦では素早く立ち回らなければならない。

また、敵を倒すだけでは強くなれないので、隠し部屋や回り道もあるマップをちゃんと探索しながら進まなければならない。

でも、敵を攻撃すれば回復できるし、即座に回復できるアイテムも買える。デスペナルティも厳しいものではないので、詰まることはなくヌルくもない良い難易度で攻略できる。

ゲームシステムの面白さ

BioGun レビュー Enzymeが浮かぶ神経回路

自由に狙えるシューティングでキビキビとしたアクションが気持ち良く、見えるけれどすぐにはいけない場所も多いマップ構造も面白い

また、各地には様々な種類のEnzyme(酵素)が浮かんでいる。

酵素の色によって壁が壊せる爆発が起こるなど、取得後の一定時間内だけ効果が現れる。これを上手く使わないと進めない道もあり、謎解きとアクションの腕が試される。

これによって、探索に刺激も生まれていて楽しい。無駄に浮いている酵素はない。酵素の近くには絶対何かあるので要注意。

武器の種類も多くてバトルも楽しいし、マップ構造も練られていて、世界設定の面白さと相まってクオリティの高いメトロイドヴァニアだ。

やり込み要素の楽しさ

BioGun レビュー Roduからのサブクエスト依頼

各地のNPCからのサブクエスト、ナノチップや武器Modの収集が攻略にも役立つやり込み要素だ。

また、各地には迷子の犬Feepup達がいて、助けてあげると報酬を貰うことが出来る。

更に、Bekのファッションも楽しめる。基本は豚型フードだけど、ヘルメットや何故かサングラスに帽子といった完全にふざけているものもある。

ちなみに頭部ファッションは何ら効果があるわけではなく見た目が変わるだけだけど、かなり種類は多い。笑えるものが多いので、集めたくなる。

各エリアには神経の継ぎ目があり、そこに貴重アイテムであるシナプスを挿入すると、マップや未取得のアイテムを明らかにすることができる。自力で道を見つけるのが大変という人におすすめの機能だ。

グラフィックの芸術性

BioGun レビュー BioShopでの会話

カートゥーンのようなグラフィックで描かれる。

見ているだけで楽しくなる色鮮やかでポップな世界で、エリア(臓器)によって景色も大きく変わる。

私はこのグラフィックを見て本作に興味を持ったくらい丁寧に魅力的に描き込まれている。

本当に体内がこんなにカラフルだったら楽しいなあ。

サウンドの魅力

BioGun レビュー セーブポイントでシャワーを浴びるBek

本作の勢いの良さと同じくBGMも勢いが良い。ポップな曲調が多い(一部不気味なエリアあり)。

セーブポイントにはミュージックプレイヤーが置いてあり、銃で撃つと曲を変えることができる。お好きなBGMでシャワーを浴びられる。

ちなみに、イベントシーンではフルボイスだ。英語を喋るのは博士だけだけど(Bekや細胞たちはモニョモニョモニョとよく分からない言語を喋っている)。

本作と似ているゲームや関連作は更に下へ

BioGunレビューのまとめ

おすすめな人

  • メトロイドヴァニアが好きで探索を楽しみたい
  • ハイペースなアクションが好き
  • 犬の体内という世界設定に興味がある

おすすめではない人

  • 攻防交えたじっくりバトルを求めている
  • 近接攻撃で戦いたい
  • 敵を倒すことで強くなりたい

総合評価良いところ&残念なところ

早期アクセス版での評価であり、正式リリースまでに変わる可能性があります。

BioGun
『BioGun』早期アクセスレビュー: 犬の体内で大暴れ
総合評価
( 4 )
メリット
  • 犬の臓器や細胞をポップな世界にした物語
  • キビキビ勢いの良いアクション
  • マップ構造が面白い
デメリット
  • マップのマーク機能が使いづらい
  • 日本語版が今のところない

BioGunが好きならおすすめなゲーム

似ているゲーム

メトロイドドレッド

シューティングで戦うメトロイドヴァニアなら、こちらもおすすめ。
未知の惑星が舞台となる人気のメトロイドシリーズ。
歯ごたえがしっかりあり、パリィや弾種を変えながら戦うバトルも探索も面白い高評価作。

Rebel Transmute

こちらもシューティングバトルのメトロイドヴァニア。
レトロゲームに寄せて作られており、狙えるのは4方向というレトロならではの難しさが味わえる。

BioGun
Developer: Dapper Dog Digital
Publisher: Ravenge Games
https://www.biogungame.com/

メトロイドヴァニアゲームをもっと見る

この記事を書いた人

Taca KGO
運営者

どんなジャンルにも飛びつき、探索好きな涙もろい大人ゲーマー。世界中のゲーム情報をチェックするのも大好き。

Follow KeepGamingOn

Index