おすすめメトロイドヴァニアゲーム【2022年版】探索もバトルも最高級

探索がゲームのメインである2D横スクロールアクションゲーム。それがメトロイドヴァニア

私はこのジャンルが大好きで、面白そうな新作を見つけるとプレイせずにはいられない。

ひとたびメトロイドヴァニアゲームをプレイし始めると、本気の眼精疲労になってしまう探索大好きマンだ。

そんな探索中毒者が、おすすめのメトロイドヴァニアゲームを厳選した。

探索はもちろんのこと、バトルや物語も面白く、かぶりつきでプレイに没頭してしまう名作を紹介する。

\\ゲーム映像でチェック//

Index

Hollow Knight

hollow knight ホロウナイト おすすめ メトロイドヴァニア ゲーム

メトロイドヴァニアが好きなら、絶対プレイして欲しい名作中の名作

崩壊した虫の王国を主人公ホロウナイトが旅する、切なくて過酷で、時に笑える物語。

なんといっても探索が面白すぎる。隠し通路や意外な抜け道が多く、壁を殴りながら歩く癖がつく(壁を攻撃すると隠された道が開けるので)。

美しいグラフィックにBGM、いけすかないNPCたちなど、すっかりこの世界の虜になってしまう。

が、本作は高難易度な死にゲーでもある。道中ではトゲに刺さりまくり、ボスには吹っ飛ばされる。

大ボリュームで面白すぎて、プレイした時は中毒になってしまった傑作。

メトロイド ドレッド

メトロイド ドレッド おすすめ メトロイドヴァニア ゲーム

元祖メトロイドヴァニアは、最新作でもやっぱり凄い。

「行けそうだけど、まだ行けないよ」という場所をチラ見せしてくる加減が最高で、先に進みたい欲をくすぐってくる。

更にE.M.M.I.という最恐ロボットと隠れんぼ+追いかけっこをするエリアが点在していて、緊張感が途切れず常に刺激的!

隠し通路を見つける爆弾や身体の関節がヤバいことになるダンゴムシ状態のモーフボールなど、メトロイドならではのスキルはやっぱり面白い。

未知の惑星を1人で進まなければならない怖さにドキドキし、ボスはしっかり強くてハラハラする。

ヒントが少なめで、周りをよく見て自力で道を見つけていくのもハマるところ。

Ori and the Will of the Wisps

ori and the will of the wisps おすすめ メトロイドヴァニア ゲーム

可愛くてモフモフなOriが、美しく自然豊かな森を探索する。

泣ける物語とBGMに癒され、NPCたちとの会話には心がほっこり。

と、書くと、穏やかなゲームなのかと思えるけれど、本作は歯ごたえ硬め。

特にプラットフォーム難易度が高く、ジャンプジャンプからのジャンプといった空中でのアクションが難しく面白い。

しかも、大洪水や怪物に追いかけながら急いで正確にアクションをつなげなければならない場面もある。

そんな時は演出も素晴らしくて、そんな場合じゃないのにうっかり見惚れてしまう。

それぐらい芸術性も高い名作。第1作目『Ori and the Blind Forest オリとくらやみの森』もおすすめ。

Blasphemousブラスフェマス

blasphemous ブラスフェマス おすすめ メトロイドヴァニア ゲーム

残虐で残酷。訳の分からない気持ち悪さも満点。そんな雰囲気が素晴らしすぎなタイトル。

各地には悪夢のような巨大ボスが待ち構えている。もちろん強い。本作は死にゲー難易度だ。

ボスは主人公の手足をもぎるし、主人公は敵を踏み潰すし、ピクセルアートでもウェッとなる残虐演出たっぷりなのも魅力。

罠も多いし雑魚敵さえ強いけれど、寄り道もサブクエストも豊富で、バトルだけじゃなく探索もしっかり面白い。

探索するほど強くなるシステムだけど、デスペナルティが蓄積されるのも特徴で、「死んでも強化アイテムが取れればいいや!」という甘えは許されない。

特に死にゲー好きな人に是非ともおすすめしたいメトロイドヴァニア。

Guacamelee! 2

guacamelee 2 おすすめ メトロイドヴァニア ゲーム

深刻な物語のメトロイドヴァニアが多いなか、本作はコメディな1本(ちゃんと真剣な目的はあるけど)。

メキシコがテーマになっていて陽気。他ゲームのパロディも盛りだくさんでクスクス笑ってしまう。

でも、バトルも探索も歯ごたえバリバリで、繊細な操作が求められる。

本作は、同じ場所の元の世界と死後の世界を探索するのも特徴で、マップを見比べながら道を見つけ出すのが面白い。

プロレス技でコンボをつなげるのが爽快なバトルだけど、なぜかニワトリに変身できる。ニワトリになると、全く挙動が変わって、これまた面白い。

最終的にはジャンプ中に次元を切り替えつつニワトリに姿を変えるなど忙しいアクションが楽しめる。

Salt and Sanctuary

salt and sanctuary おすすめ メトロイドヴァニア ゲーム

2D版ダクソと呼ばれる高難易度アクションRPGであり、メトロイドヴァニアとしても面白い人気作。

ゲームシステムはソウルライクそのもの。経験値を死守しながら危険なバトルを繰り広げる。

ボスはたくさんいて、どいつもこいつも苦戦する強さ。罠もたっぷり。

本作は、メトロイドヴァニアとしては珍しくマップ画面がない。複雑な道を自分で覚えるしかない。

でも、強敵に阻まれて迷ってしまっても、それで意外な抜け道が見つかることも多い。ヒヤヒヤするけれど積極的に迷子になりたくなる。

少しシステムは変わるもののメトロイドヴァニアな探索が楽しめる続編『Salt and Sacrifice』もおすすめ。

深世海 Into the Depths

深世海 into the depths おすすめ メトロイドヴァニア ゲーム

水中が舞台となる独特なメトロイドヴァニア。

水中なので酸素残量が大切。次どこに行こうかと考えている間にも酸素は減っていく。この緊張感がたまらない。

メトロイドヴァニアといえば高く遠い足場に到達できた時がワクワクする瞬間だけど、本作は水中なので最初から縦横無尽に泳げるのが新鮮。

水中ならではのフワフワ浮かぶ挙動を制御する難しさが面白く、潜水艦に乗って探索するのも楽しい。

そうして、素材を集めて武器を作るサバイバルを楽しみつつ、海底へと潜っていく。

セリフは一切ないけれど、水中に沈む都市や主人公自身の謎など考察がはかどるゲームでもある。

Dandara

dandara おすすめ メトロイドヴァニア ゲーム

本作もかなり独創的なメトロイドヴァニア。

主人公は一切歩かず、壁や天井に飛び移る超個性的な移動方法しか出来ない。

これによって、探索もバトルも、他のゲームでは味わったことがない体験に化ける。

重力の概念がないので、2D横スクロールだけど目が回りそうになるほどグルグル画面が回る。

次の着地点と上下左右の位置関係を把握しながら立ち回るという、頭も忙しいハイペースなアクションにハマる。

本作はソウルライクなシステムになっていて、そのバッキバキな歯ごたえにも病みつきになる。

\\ゲーム映像でチェック//

メトロイドヴァニアが好きな方へ!

上記8本以外にも、メトロイドヴァニアが好きなら是非プレイして欲しい高評価作はまだまだある。

更なる探索の旅へ!

\\ゲーム映像でチェック//

Death’s Gambit

ソウルライクなメトロイドヴァニア。

ダクソっぽいダークファンタジーと思いきや、SF要素や死神が味方だったり、意外な展開をみせる物語が面白い。

ヒントは多すぎず、物語には分岐要素もあるし、好きな方へ探索できたり、更にクラスによって覚えるスキルが変わるなど自由度の高さも魅力

バランスよく丁寧に作られていて、歯ごたえを楽しみつつ攻略できる難易度バランスも良いところ。

独自のシステムも多いけれど、ソウルライクが好きな方におすすめ。

フィスト 紅蓮城の闇

背中に巨大なメカ拳を背負っている渋いウサギが主人公でディーゼルパンクなゲーム。

色々と興味を惹く要素満載の世界だ。

背中の拳はムチやドリルに変形させることも出来て、バトルでも探索でも活躍する。

本作ならではのアクションも多く、変形による挙動の違いも面白いところ。

ぜひ続編も作って欲しい!と思うくらい魅力的な雰囲気。

ちょっと変わったバトルを味わってみたい方におすすめ。

Game Source Entertainment

ヨクのアイランドエクスプレスYoku’s Island Express

フンコロガシがピンボールで移動するという超個性的なメトロイドヴァニア。

かなり可愛くて穏やかな雰囲気が流れているけれど、ヌルすぎるわけてばない。

狙った場所に主人公を打ち飛ばすのが、なかなか難しいこともある。

予想以上に抜け道や寄り道、隠し通路も多く、たっぷり探索が楽しめる

厳しいバトルは疲れてしまう、個性的なゲームに興味がある方におすすめ。

Axiom Verge

レトロな雰囲気が魅力で、昔の『メトロイド』を彷彿とさせる高評価ゲーム。

親切なヒントはなく、本気で自力で道を見つけ出さなければならない。

ドローンを使って探索したり、多種類の銃を使い分けたり、自分で考えてプレイする面白さが味わえる。

多元宇宙がテーマになった物語は難解だけど独創的で考察がはかどる。

ヒントなんていらない!迷子になりたい!自分で道を見つけたい!という方におすすめ。

2つの異なる次元を探索して行く続編もおすすめ。

Ender Lilies: Quietus of the Knights

か弱い少女が主人公で、解放した魂たちに戦ってもらうという独特なスタイルが特徴。

どの魂を装備するかによってプレイスタイルがガラッと変わるのが面白い。

ボスの歯ごたえはあるけれど、バランス良く親切に作られていて攻略しやすいメトロイドヴァニア。

死の雨が降り続ける国が舞台で、悲劇満載の物語は切なく哀しい。

メトロイドヴァニアで物語も楽しみたいという方におすすめ。

Sundered

クトゥルフ神話がテーマとなった地下世界が舞台で、メトロイドヴァニアにローグライク要素が混ざっている独特なゲーム。

死ぬたびに道中のマップ構造が変わり、常に新しい道を探索する新鮮さを感じられるのが嬉しい。

滑らかな挙動のアクションで大量の敵を倒す場面が多く、バトルが気持ち良くて病みつきになる。

また、本作では新たな移動スキルを手に入れる際に人間性を失うのが特徴。

新たなスキルを習得するかは選択することができて、それによって物語は分岐し、プレイ体験もガラッと変わる。

爽快バトルやクトゥルフ神話好きな方におすすめ。

\\ゲーム映像でチェック//

新作メトロイドヴァニアもチェック

もっとメトロイドヴァニアゲームを見る

他のゲームも見る

どっちが気になる?

スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
Index