『Control』レビュー: 迷い込んでリーダーになる順応性高すぎる話

Index

『Control』とは

control

Remedy Entertainmentが開発したアクションアドベンチャーゲーム。三人称視点でのシューティングがメイン。

『Max Payne』初期2作、『Alan Wake』『Quantum Break』を手がけてきたデベロッパーで、いずれも三人称視点シューティングで、超常現象などがテーマとなっている。

本作のジャンルやテーマも過去作に近いけれど、新規IPだ。

PS、Nintendo Switch(クラウド版)、Xbox、PCでプレイ可能。
私はXbox版をプレイ。

あらすじ

主人公は、ジェシーという女性。

何かの公的機関ぽい建物を訪れるところから物語は始まる。

control

で、物語は始まったはずなんだけど、誰もいない。でも、ジェシーは動じない。

実は、この建物はオールデスト・ハウスと呼ばれる超常現象を取り扱う機関のオフィス。で、この建物自体も超常現象な存在。

突然、建物の構造が変わったり、屋内のはずなのに夜空があったり、外見より内部は広かったり。でも、職員たちは、日々ここで仕事をしているらしい。

control

そんなとんでもない建物に来たジェシーには目的がある。行方不明の弟を探しに来たのだ。子供の頃に、この機関に弟が連れ去られたらしい。

しかし、弟のことを訊こうにも建物内の様子がおかしい。でも、「こんな不思議な機関なら何でもありね」という脅威の飲み込みの速さでズイズイ進むジェシー。

そして、たどり着いた部屋で、拳銃自殺したと思われる男性を見つける。が、ジェシーは脳内にいる誰かの声に促されて、その拳銃を手に取る。

control

その瞬間、ジェシーは異空間に飛ばされる。しかし、なんやかんやで銃をつかいこなし、この得体の知れない機関の局長に任命される。

control
control

…は?

実は、この銃はサービスウェポンと呼ばれる特別な銃で、これを扱える者が機関の局長となるルールらしい。先ほど自殺していた男性は、局長だったというわけだ。

control

そして、建物内では、ヒスと呼ばれる人間を攻撃してくる何かが大暴れ中。操られた職員が襲ってくる。建物はロックダウン中だったので、誰も見当たらなかったようだ。

正気を保った職員たちと合流し、ジェシーは、更なる順応性を発揮。局長として振る舞いつつ、弟を探すことになる。

control

本作は、SCP財団という架空の組織から着想を得て開発されたそうだ。

SCP財団とは、某匿名掲示板で生み出された創作上の超常現象を扱う組織。かなり綿密に設定が作り込まれていて、SCP財団をテーマにした多くの小説も書かれている。という一大ジャンルらしい。

ゲームの特徴

言われるがままに

建物内に残された正気を保っている職員から情報を得て、依頼されるミッションをこなしていく。

メインストーリーが進むもの以外にサイドミッションもある。

control

サイドミッションとは言っても、ジェシーのスキルが増えるものなど、ゲームクリアのために絶対習得しておいた方がいいミッションが多く登場する。

何か依頼されたら、クリアしておいた方がいい。

フィールド上には、コントロールポイントと呼ばれる場所があって、そこを解放するとセーブや体力回復、スキルポイントの割りふりが出来る。

また、他のコントロールポイントにファストトラベルも出来る。

撃って投げる局長

ジェシーは、どんどんと向かってくるヒスに操られた職員(デスクワークの職員ではなくてレンジャーや特殊部隊の職員たちがほとんど)を倒していく。

control

銃による遠距離攻撃、近接攻撃、更にモノを引き寄せて敵に投げつける「投擲」もできる。

銃は、サービスウェポンと呼ばれる銃で、さまざまな形状に変化することができる。

単発のピストルタイプから、ショットガンのように散弾が撃てるタイプ、連射出来るタイプなどに変形できる。

control

銃弾は無限だけど、銃の形状ごとに特定の弾数までしか一気に撃つことはできない。撃つのをやめるとオートリロードされていく。

また、投擲では、近くにある瓦礫や体力が減った敵を持ち上げて、対象に投げつけて攻撃することができる。

投擲にはスタミナを消費することになる。回避などにもスタミナを使うので枯渇しないよう注意が必要だ。

control

銃弾もスタミナもオートチャージされるけれど、全て使い切ってしまうと回復するまで時間がかかるので、残量に気をつけながら戦うことになる。

改造する局長

敵を倒していると、時々パーツがドロップすることがある。

これを銃に組み込めば、様々な効果を追加できる。攻撃力アップや命中率を上げたりといったものだ。

control

また、ジェシー自身のステータスを上げることができる「キャラクター強化」のパーツも手に入る。

ドロップするパーツはランダムなので、より良いものに付け替えたり、自分のプレイスタイルに合わせて組み合わせることが出来る。

評価

物語の魅力

ストーリー   3.5

キャラクター  3.0

全然分からない。

こういう超常現象とか元ネタになっているSCP財団について興味がある人や詳しい人なら面白いのかもしれない。

私は、本作で初めてSCP財団というものを知ったし(ちゃんと理解出来ないくらい複雑!)、ゲームをプレイしてても全然訳が分かってこない。

まあ、訳の分からないものを取り扱うんだから、「分かりやすい!」じゃダメなんだろう。

control

でも、主人公のジェシーが最初から訳分かってます風だったり、何か新たなことが起きたり聞いたりしても「ああ、そういうことね」と冷静に飲み込んで終わってしまうので、こちらは「は???」となる。

NPCだけでなく主人公までもがプレイヤーを置いてきぼりにしていくので、もう感情移入とか興味を持つ隙間が一切ない。

control

もはや途中から理解することを諦めてしまうほど、煙に巻かれる。頭上に大きな「?」を掲げながらプレイしていた。

ゲーム内でテキスト情報も収集できるけど、余計に訳が分からなくなるし、そもそも黒塗りばかりなので読む気も失せてくる。

control

元々これ系の話に詳しいか、理解しようという強い気持ちをずっと持ち続けなければ、本作の物語にはついていけない。

「1つずつ分かりやすく説明しましょうね」なんて気はさらさらない厳しいゲームだ。

プレイの快適さ

操作性  4.0

難易度  3.5

安定性  3.0

ジェシーはキビキビ動く。

操作はシンプルで、ハイペースなバトルが思った通りに出来る。

銃も投擲もそれぞれ強みがあるので、どちらかに偏ることなく、自然とどちらも駆使して戦うことになるので、バランス良く作られてると思う。

control
敵を倒すと体力回復できる青い球がドロップする

敵はいろんな種類がいるし、大量に襲ってくる。近くの物を投擲したり、物陰に隠れたり、その場の環境に合わせて立ち回りを考えるのが面白い。

ただ、ボス戦では区切られた空間で戦う。立ち回りの面白さが半減してしまうし、結構狭いことも多くて理不尽さを感じることもある。正直、道中の雑魚敵戦の方が面白い。

control

難易度は、なかなか厳しめ。上述した通り、ボス戦では、立ち回りが限られることが多くて、でも敵は大量(ボス戦でも雑魚的が湧いてくる)。ボスに苦戦することが多い。

歯応えがある難易度なのは良いんだけど、チェックポイントが不思議な場所にあることが多くて、再戦しに行くのが面倒くさくなってくる。

全体的に不親切さを感じることが多い。翻訳の問題なのか、目的迷子になることもあった。地図も見やすいわけではない。

メニュー画面開いて、ミッション詳細を見てやっと把握するっていうことも。

control
バトルで特定のアクションを成功させるミッションある

私がプレイしたXbox版では、セリフが抜けてたり(明らかに喋ってるけど音声なし字幕なし)、マップが表示されなくなったりといったバグが所々で発生した。「これも超常現象?」と思ったけど、どうやらバグっぽい。

ゲームとしての面白さ

システム  3.5

やり込み  3.5

バトルは面白い。そこら中のものを投げつけるのは気持ち良いし、単純にシューティングとしても楽しい。

control

だけど、私にとっては、その面白さが、ストーリーの分からなさとゲーム全体の不親切さで帳消しになってきてしまった。

「話はもういいから戦わせてー」ってなってきて、残念。

そして、バトルは楽しいけど、作品としてのめり込めなければ、やはり飽きてくる。

control
所々で謎解きもある

超常現象やSCP財団に詳しくて好きな人なら、きっと作品としても楽しめるだろうし、いいなあ。

理解しようとゲーム内のテキスト情報(大量にある)とか読んでみたけど。難しい。

control

主人公が「そのことに関してはもういいわ」みたいな感じで話を終わらせてしまうので、理解しようという気持ちが削がれてくる。

ジェシー!もうちょっと話聞こうよ。

とんでもない飲み込みの速さだし、とてつもない順応性で局長やっちゃうし、よく分かんない事態に普通に向かっていくし。私にとってはジェシーが1番の超常現象。

正直、ゲームではバトルが面白ければいいやって思うことも多いんだけど。本作では、ストーリーテリングやゲームプレイでの不親切さの方が記憶に残ってしまった。

芸術的な完成度

グラフィック  4.0

サウンド    4.0

オフィスなんだけど、オフィスじゃない。摩訶不思議な感じが良い。

職員たちが宙に浮いてるし、ホラーっぽくも見えるけれど、実際のところホラーではない。驚かされるということはなくて、純粋に不思議な世界。

control

会話シーンで、ジェシーの顔が突然ズームされるのに驚くくらい。目元だけがドアップになって「なんで今?近すぎっ!」て思う。

control

BGMはバトルの時くらいしか流れない。バトルの時も控えめなBGMが多いけれど、不気味な雰囲気を高めてくれる。不気味な雰囲気は抜群だ。

まとめ

物語の魅力
プレイの快適さ
ゲームとしての面白さ
芸術的な完成度
 良いところ
  • 立ち回りが面白いバトル
  • 操作性が良い
  • 不気味で不思議な雰囲気
 残念なところ
  • ストーリーが分かりにくい
  • 日本語翻訳がイマイチ
  • バグあり

総合評価

3.5

こんな人にオススメ!
  • TPSが好き
  • 超常現象が好き、もしくは詳しい
  • 不気味な雰囲気が好き
オススメではない人
  • 忙しいアクションが苦手
  • 不気味な雰囲気が苦手
  • 分かりやすい作りのゲームが好き

CONTROL
https://controlgame.com
Developed by Remedy Entertainment PLC. Published by 505 Games.

他のゲームを見る

\ 記事にしていない最新情報はTwitterで! /

他のゲームも見る

こちらもオススメ

ゲーム売上ランキング

Index
閉じる