Category
Latest Posts
4月発売の新作ゲーム見る
当サイトは広告/PRを掲載しています

『ドラゴンクエストトレジャーズ』レビュー: インフレが止まらない浮島 – ドラクエトレジャーズ

ドラゴンクエスト トレジャーズ ドラクエトレジャーズ レビュー 攻略

浮島でモンスターと共ににぎやかお宝発掘とザクザクお金が貯まる楽しさにハマる『ドラゴンクエストトレジャーズ 蒼き瞳と大空の羅針盤』をネタバレなしで、攻略のコツと各要素の評価を交えてレビュー。

本作に似ているおすすめゲームや関連作も紹介する。

Index

ドラクエトレジャーズ製品情報

タイトルドラゴンクエストトレジャーズ 蒼き瞳と大空の羅針盤
開発元Square Enix
対応機種Nintendo Switch, PC
ジャンルアクションRPG
シリーズドラゴンクエスト

本作は、モンスターズやビルダーズなど様々なスピンオフが展開しているドラクエシリーズの新たなスピンオフ

本稿では、Nintendo Switch版をレビューしている。

ドラクエトレジャーズの攻略

ストーリー

たくましいカミュとマヤ兄妹

ドラクエトレジャーズ 海賊たちにぞんざいに厚変わるカミュ

本作の主人公は、ドラクエ11の仲間の1人として登場したカミュ。そして、その妹のマヤ(ドラクエ11では、とあるイベントで登場した)。

本作では、そんな2人が子供だった頃の物語が描かれる。

2人には親がおらず、海賊に拾われて雑用をしながら暮らしいていた。なんて健気な兄弟なんだ。

決して幸せとはいえない境遇だけど、当の本人たちは超ポジティブ。「お宝を手に入れて2人で大金持ちになってやるんだ!」という大きな夢を抱いている。

空飛ぶブタとネコ

ドラクエトレジャーズ 竜の短剣を手にしたカミュとマヤ

ある晩、海賊たちが船で宴会を開いている隙に抜け出し、お宝探しに出かけようとしていたカミュとマヤ。

甲板に出た2人は、海賊たちに捕まっていた羽が生えたブタとネコという奇妙な姿の不思議生物を見つける。

なんだか可哀想だし、2人は2匹を助けてあげた。が、海賊に見つかってしまい、急いでブタとネコと共に小舟に乗り込んで海賊船から逃げ出した。

そして海を漂っていた2人は、とある島の遺跡に辿り着く。

とりあえず遺跡を探検していると、2人は高価そうな短剣を見つけ、「お宝だーっ!」とワックワクで短剣を手にした。

すると、シュルルルル〜〜(実際には、しっかり派手な演出あり)。なんと、2人はブタとネコと共に異世界に飛ばされてしまった

竜の大地

ドラクエトレジャーズ カミュとマヤとミューシャとトンブー

2人が飛ばされたのは、大空に浮かぶ大きな竜の背中に広がる大地。浮島だ。ちなみに、この竜は、はるか昔に息絶えているので、ふり落とされる心配はない。

で、先ほどからやたらと行動を共にしているブタとネコ(トンブーミューシャという名前がちゃんとある)は、この竜の大地で竜石という貴重品を探しているそうだ。で、それがカミュとマヤなら出来るだろうと見込んで連れてきたということらしい。

実は、この竜の大地には、竜石どころかお宝があちこちに眠っている。

竜石を探す手伝いを快諾しつつ、カミュとマヤは竜の大地でお宝探しの大冒険を始める。

攻略のポイント

拠点から宝探しへ

ドラクエトレジャーズ 攻略 行き先選択画面

本作の冒険の舞台となるのは、複数の浮島

中央に浮かぶはじまりの島が拠点となり、ここから好きな島を選択し、空飛ぶ列車である竜の鉄道に乗って宝探しに向かう。

宝探しに向かうパーティーは、カミュかマヤのどちらか1人(交代可能)と仲間モンスター3体で編成する。

各島を探索しながら宝箱を見つけ、それを拠点に持ち帰って鑑定する。

お宝の鑑定結果の金額は、カミュとマヤが結成するお宝ハンター団のトレジャー総額に加算される。トレジャー総額が一定額以上になると、団のランクが上がる。

で、お宝ハンター団が特定のランクに到達するとメインストーリーが進むといった流れでゲームが進行していく。

仲間モンスター

ドラクエトレジャーズ 攻略 スライムキングと戦うさまようよろい

さも当然のように仲間モンスターと上述したけれど、2人は冒頭で手に入れる竜の短剣の力によって、モンスターの力を借りることができるようになっている。

まず、探索中にモンスターに遭遇すると、シームレスでバトルが始まる。

プレイヤーはカミュ(もしくはマヤ)を操作するのみで、近接攻撃と様々な魔法や仲間の支援ができる弾をスリングショットで撃つことができる。

一方で、仲間モンスターたちは、それぞれの特技を活かして自動で戦ってくれる。

そして無事にモンスターを倒すと、一定確率でスカウト成功と表示される(「スカウトする」などのコマンド操作は必要なし)。

拠点に戻ると、スカウト成功となったモンスターがリストアップされており、そのモンスターが要求するアイテムを渡すと、晴れて仲間になってくれる。

お宝の探し方

ドラクエトレジャーズ 攻略 お宝の場所が分かるビジョン

本作のメインは、お宝探しだ。

まずは、探索中にお宝コンパスを使用する。すると、お宝がある方角が分かるので、その方向へと走って行く。

そして、お宝にかなり近づいてくると、仲間モンスター達が「!」となるので、もう一度お宝コンパスを使用する。すると、モンスター視点での「お宝がここにあるぞ!」という風景がビジョンとして表示される。

そのビジョンをヒントにしてお宝の正確な場所を探し当て、宝箱を掘り出せば無事に宝探し終了だ。

ただし、拠点に持ち帰って鑑定するまで、宝箱の中身は分からない。

また、モンスターにはそれぞれ探索れんけいと呼ばれる移動スキルがある。モンスターがカミュを乗せて走ったり滑空してくれる。これを利用して様々な場所を探索していくことになるので、探索れんけいが被らないモンスター同士をパーティーに入れておくと、探索が捗る。

ライバル団とのバトル

ドラクエトレジャーズ 攻略 ライバル団があらわれた

竜の大地は、お宝盛りだくさんな地だ。そんな地が放置されているわけはない。

ライバルとなる他のお宝ハンター団もいる。しかも、こいつらは、わざわざカミュ達のお宝を強奪しに来る。

島で手に入れた宝箱は拠点に帰るまで仲間モンスターが運んでくれているけれど、時々ライバル団が襲ってくる。で、宝箱を持ってる仲間が攻撃を受けるとお宝を落としてしまい、ライバル団に盗られてしまう。

しかし、そのライバル団の拠点を見つけて倒すことができれば、奪い返せる。

また、定期的に拠点に堂々と乗り込んでくるライバル団もおり、拠点でもバトルが発生することがある。ライバル団とのバトルでは、相手を全滅させるか相手の海賊旗を奪い取れば勝利することができる。

Keep Gaming Onからのおすすめ

ドラクエトレジャーズの評価と感想

物語の面白さ

ドラクエトレジャーズ レビュー ギンギーラとの会話

空に浮かぶ不思議な大地で、お宝を探す。ワクワクしないわけがない。

でも、本作のメインは宝探しを繰り返すことであり、物語要素はそんなに濃くない

竜にまつわる気になる伝説はあるけれど、あくまでも宝探しのやる気を保つ味付けというかガイドみたいな役割になっている。主人公が子供ということもあってか、話も複雑にはならない。

難しいことは考えずに気軽にプレイできるゲームだ。

キャラクターの魅力

ドラクエトレジャーズ レビュー アネモア王女の話を聞くカミュ

本作は、ドラクエシリーズが好きかどうかによって楽めるかどうかがかなり変わると思う。

宝探し自体は面白いし様々な地も登場するけれど、宝探し作業の繰り返しだ。

ドラクエ好きの私としては、色んなモンスターが仲間になって共に冒険できるだけで嬉しいし、ドラクエ11もプレイ済みなのでカミュとマヤの魅力は承知の上だ。

そうしたドラクエファンな気持ちがないと、本作のプレイは単調になってくる思う。上述した通り物語要素が軽めなので、NPC達は濃厚なドラマを繰り広げてくれるわけではない。

本作はモンスターの方が魅力的だ。ドラクエシリーズをプレイしたことがあって、モンスターに愛着がある人ほど一緒旅できる楽しさが増していく。

操作の快適さ

ドラクエトレジャーズ レビュー スリングショットで仲間を回復させるカミュ

操作方法はシンプルだ。

ロマン技という仲間と協力する攻撃技や探索れんけいは、どのボタンにどのモンスターの技が割り振られているかが画面に表示されるので分かりやすい。

探索れんけいを使えば崖や谷間もガシガシ進んで行くことができて、各島のマップは広いけれど移動は苦にならない。

一方で、使いづらいのはスリングショット

まず、弾の変更が面倒くさい。弾を選んでいる時には時間が止まるけれど、十字キーをせっせと押して弾を選ぶ。しかし、弾の種類が多いので、使いたい弾を選び出すのがなかなかの手間だ。

更に、狙うと撃つが同じボタン(ZRを押して構え、ZRを離すと撃つ)なので誤発射しやすい。

また、通常攻撃時に敵をロックオンできず乱戦になると狙っていない敵を攻撃してしまいやすいのも気になった。各敵への吸い付きが弱めだ。

難易度バランス

ドラクエトレジャーズ レビュー ハンター団のランクアップ

探索はすいすい出来るけれど、所々に強い敵もうろついている。

でも、敵の上にレベルが表示されているので戦いを挑んでも大丈夫か分かるようになっていて親切だ。格上に喧嘩を売るかどうかはプレイヤー次第。

主人公はMPを消費して仲間モンスターを復活させたり自身の回復が出来るけれど、そうした回復行動には時間がかかるので、強い相手にゴリ押ししていると立て直しが難しくなる。

お宝につられてうっかり強い敵ばかりいるエリアに入ってしまったり、ライバル団は常に主人公たちよりレベルがちょっと上に設定されていたり、バトルのハラハラ感はちゃんと味わえる。

一方で、宝探しは難しくない

拠点から向かう島に選択する際には、その日に各島に出現する宝の種類が分かる。そして、味方モンスターはそれぞれ感知できる宝の種類が決まっているので、ちゃんとパーティ編成をして行けば宝はたくさん見つかる。

また、どのお宝にもかなりの高値がつく。また、団のランクが高いほど鑑定価格が上がる謎補正もあり、ものすごい額が叩き出せる。

というわけで、テンポ良くメインストーリー攻略ができる

ゲームシステムの面白さ

ドラクエトレジャーズ レビュー 仲間加入画面

モンスターを仲間にする『ドラクエモンスターズ』と、お宝を集める『トルネコの不思議なダンジョン』、そして何が手に入るか分からないガチャの感覚(ドラクエはガチャ有りのスマホゲームも展開している)。

本作は、そうしたドラクエシリーズスピンオフ作の面白いところをギュッと集めたようなゲームだ。

そこに好きに探索できる自由さやにぎやかなアクションバトルも加わり、ひたすら「楽しい」が続く。

乱暴に言えば宝探しを繰り返すだけだけど、ライバル団が定期的に襲ってくる緊張感など一応単調にならない工夫も用意されている。

でも、上述もしたけれど、やはりドラクエの世界やモンスターが好きかどうかが本作への印象を左右すると思う。ドラクエ好きならモンスターとの共闘も宝箱の内容までも、たっぷりのファンサービスを味わえる。

やりこみ要素

ドラクエトレジャーズ レビュー ピサロの像の鑑定価格

様々な種類のモンスターを仲間にしたり、唯一の装備品であるコインを集めたり、モンスターにバフを付与できる料理レシピを見つけたりが、ゲーム攻略に役立つやり込み要素だ。

また、デイリークエストやサブクエストも発生する。

でも、1番のやり込み要素は、たくさんのお宝を見つけること。

本作で登場するお宝は、ドラクエシリーズ過去作にちなんだアイテムばかりだ。過去作に登場した武器防具やモンスターを模した像など、シリーズファンなら「あー!あれじゃん!」と楽しくなるはず。

大量のお宝全てが閲覧可能

グラフィックの芸術性

ドラクエトレジャーズ レビュー セナック火山島を探索するカミュ

高精細というわけではないけれど、ドラクエ11に近いグラフィックだ。

キャラもモンスターも可愛くて、拠点に仲間が増えてくるとにぎやかで楽しい。お宝には、ドラクエシリーズお馴染みの武器や防具もあって、意外な見た目に驚くことも多い。

そして、本作は背景が美しい

遠くまで見渡せて広大な浮島の雰囲気満点だ。他の島がちゃんと遠くに見えたり、各島には高低差もしっかりあり、「綺麗な風景だな」と感じる瞬間が多い。

サウンドの魅力

ドラクエトレジャーズ レビュー はじまりの島の地下に眠る迷宮
拠点の地下には謎の迷宮がある

BGMはドラクエシリーズ過去作の曲が使われている。

お馴染みの曲満載のBGMも良いけれど、仲間モンスターの鳴き声が時々聞こえてくるのが面白い。

スライムが「すらすらー」とはっきり言ってたり、さまようよろいが「ふっふっふー」って言ってたり(笑ってる?)、「お前、そんな鳴き声だったのか」と思わず笑ってしまう。

本作と似ているゲームや関連作は更に下へ

ドラクエトレジャーズレビューのまとめ

おすすめな人

  • ドラクエシリーズのファン
  • 何かを収集するのが好き
  • お金を稼ぐのが好き

おすすめではない人

  • 物語要素は軽め
  • ドラクエにあまり興味がないと単調
  • バトル時の操作にやや難あり

総合評価良いところ&残念なところ

ドラゴンクエスト トレジャーズ 蒼き瞳と大空の羅針盤
『ドラゴンクエストトレジャーズ』レビュー: インフレが止まらない浮島 - ドラクエトレジャーズ
総合評価
( 4 )
メリット
  • 何が見つかるか分からないワクワク感
  • ドラクエのモンスターと旅ができる
  • 気軽にプレイしやすい
デメリット
  • 物語要素は軽め
  • ドラクエにあまり興味がないと単調なゲームになる
  • バトル時の操作にやや難あり

ドラクエトレジャーズが好きならおすすめのゲーム

関連ゲーム

ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて

本作の主人公であるカミュとマヤが登場するドラクエシリーズナンバリングタイトル。
彼らの人となりや、大人になった時の姿を知ることができる。
大ボリュームの大冒険が楽しめる名作RPG。

ドラゴンクエストビルダーズ 2 破壊神シドーとからっぽの島

ドラクエシリーズのスピンオフ作ならこちらもおすすめ。
サンドボックス要素も楽しめるアクションRPG。
建築が楽しすぎて時間が溶けるし、大ボリュームの濃くて熱い物語も魅力。

似ているゲーム

ドラゴンクエストモンスターズ3 魔族の王子とエルフの旅

ドラクエシリーズのモンスターと共に旅するといったら、こちらもおすすめ。
こちらでは主人公は直接戦わず、モンスターに指示を出すコマンドバトルが楽しめる。
配合で新たなモンスターを生み出せるのも魅力。

ドラゴンクエストトレジャーズ 蒼き瞳と大空の羅針盤
© 2022 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. © SUGIYAMA KOBO
https://www.dragonquest.jp/treasures/

アクションゲームをもっと見る

この記事を書いた人

Taca KGO

KeepGamingOn運営者

ゲームをプレイしているだけで幸せなゲーム漬け大人ゲーマー。
どんなジャンルも超大作もインディーも、世界中のゲーム情報を調べるのが大好き。
400本以上のゲームレビューや、新作も名作もおすすめゲームを紹介しています。各SNSでも日々情報を配信しています。

最新ゲームランキング

Index