『Ghost of Tsushima ゴースト オブ ツシマ』レビュー: 美しすぎるチャンバラで侍ムービー主演男優賞

『Ghost of Tsushima』とは、SIE(ソニー・インタラクティブエンタテイメント)の子会社であるアメリカのSucker Punch Productionsが開発。超能力アクションの『InFAMOUS』シリーズを手がけたデベロッパーだ。

本作はオープンワールドアクションゲーム

鎌倉時代にモンゴル兵が攻めてきた対馬が舞台。日本史では「元寇」と呼ばれている、あの事件だ。史実を元にはしているけれど、本作の登場人物や物語はフィクション。

Sucker Punch Productionsはアメリカのデベロッパーだけど、日本の時代劇に着想を得て開発したそうだ。

PS5、PS4でプレイ可能。

現在は、発売当初から追加コンテンツも全て同梱されたDirector’s Cut版のみの販売になっている。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見れます。

Index

あらすじStory

Story
ここはピンチな対馬

鎌倉時代。領土を拡大し勢いを増していたモンゴル帝国が、遂に日本へ襲来。

モンゴル兵が大軍で対馬に上陸してくるところからゲームは始まる。

迎え撃つのは、対馬の武士たち。

本作の主人公である境井 仁(さかい じん)はそのうちの一人。

仁は、対馬を治める地頭(じとう)である志村の甥にあたる。仁にとって志村は父親代わりであり、武士の師匠のような存在。

圧倒的な数のモンゴル兵との激闘の末、対馬の武士たちは壊滅。

更に対馬のリーダー志村おじさんは、モンゴル兵に捕まってしまう。

Ghost of Tsushima ゴースト オブ ツシマ
Story
待ってて!伯父さん

奇跡的に生き延びた仁は、いきり立って志村おじさんを助けに行く。

が、モンゴル兵のボスであるコトゥン・ハーンの圧倒的な強さに吹っ飛ばされてしまう。ハーンは、めちゃくちゃ強くて賢くて、更に日本語もペラペラだ。

それでも、またまた奇跡的に生き延びる仁。この時点で既にゴースト オブ ツシマ感があるくらい強運で不死身。

今のままでは伯父さんを助けられないし、対馬の地はモンゴル兵に好き放題されてしまう。

もっともっと強くなって対馬を奪還しようと心に決める仁。それが、たとえ武士としての教えにも背く手段であっても。

Ghost of Tsushima ゴースト オブ ツシマ

ゲームの特徴Features

Feature
HUDなしオープンワールド
Ghost of Tsushima ゴースト オブ ツシマ

本作はオープンワールドなので、どこをどう進んでもいい。

メインストーリーにサブクエスト、敵の拠点攻略などなど。どの順番でクリアしていってもいい。

自分の足で走りまわってもいいし、に乗って移動してもいい。

本作で特徴的なのは、進路や方角などのHUDが表示されないということ。

バトル時などには体力ゲージなどが表示されるけれど、ただ移動しているとミニマップや近くの拠点などの地図的な情報は一切表示されない。

いちいちメニュー画面見て地図見るの面倒くさ!となるところだけど。そんなことはない。

対馬の自然が全て教えてくれる

まず、行きたい場所を地図上で設定すると、そっちの方向へ風が吹く。そこからは、風の向きを見れば進む方向が分かる。

また、狐を見かけたら、あとを追いかける。そうすれば、お稲荷さんが見つかる。お参りすれば、あら不思議。装備枠が増えたりする。

黒い狼煙の元にはモンゴル兵の拠点があるし、白い狼煙の元には誰かがいてクエストが発生する。

更には、鳥のあとをついて行けば、色々と貴重なものやステータスをアップグレードできる場所が見つかる。

Feature
正々堂々か姑息か
Ghost of Tsushima ゴースト オブ ツシマ

絶景の対馬を歩いているとモンゴル兵を始めとした敵とバトルになる。そこら辺をパトロール中のモンゴル兵と対峙したり、時にはモンゴル兵の拠点に攻め込んだりする。

どう戦ってもいい。

武士として、正面から「たのもー!」と挨拶して一騎討ちからバトルスタートできる。

一騎打ちでは一撃必殺できる。だけど、全敵から狙われる状態になる。

敵と斬り合う状態でのバトルアクションは、完全にチャンバラ。

タイミング良くガードすると敵の攻撃受け流したり、パリィで斬り返したり。

剣の構え(「」と呼ばれる)がいくつかあり、敵の種類によって切り替えながら戦う。盾持ち兵などガードの高い敵は、強攻撃でひるませてから斬りかかる。

一方で、ステルスプレイも可能。弓やクナイ、火薬など遠距離攻撃を駆使して、ステルスキルも可能。

Feature
噂される仁
Ghost of Tsushima ゴースト オブ ツシマ

仁は、対馬の地頭の甥。民の上に立つ立場だ。百姓たちは皆んな、仁のことを「お侍さま」と敬ってくれる。

とはいっても、今は非常事態。民は対馬の武士は惨敗したと思ってて期待はしてくれない。

しかし、メインやサブのクエストをクリアすることで、仁の噂が広まっていく。「あの人、頼りになるよ」「あの人、いいお侍さんだ」って。

そうして、仁の武士の格が上がって技量を得ることでスキルをアンロックできる。つまり、噂が経験値で、一定の噂が広がるとレベルアップしてスキルポイントが貰えるわけだ。

スキルポイントを消費すると、使える技を増やしたり、道具をアップグレードすることも出来る。

また、武器や防具は、各地にいる鍛冶屋や甲冑師など、その道のプロの民に素材を渡して強化することができる。

素材は店やフィールド、また敵を倒すことで手に入れることが出来る。花を集めると装具の色を変えたり、刀の飾りも変えることが出来る。

ステータスアップは、秘湯巡りや各地の稽古場など探索によってレベルアップすることも可能。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

Ghost of Tsushima ゴースト オブ ツシマ

4.5

元寇がテーマになったゲームって他にあるんだろうか。

ゲームで日本が舞台になる時は、戦国時代や現代の都会とか、サイバーパンクな世界に登場する奇妙な日本文化なことが多い。

おそらく史上初の元寇ゲーム。それだけで興味惹かれる。正直、私は本作が発表された時には「対馬が舞台?」とポカーンとしていて、元寇のことだと聞いてやっと何のことか分かったレベルなんだけど。

物語は、守るべき民と倒すべき敵がいるという分かりやすいもの。

だけど、自分がどうあるべきか、どういう姿勢で生きていきたいのかを自問自答する心の葛藤がしっかり描かれている。仁につられて「深い…」と渋い顔になりながらプレイしていた。


キャラクターの魅力

Ghost of Tsushima ゴースト オブ ツシマ

5.0

メインキャラはそんなに数は多くないんだけど、みんな個性豊かで短所だらけ。彼らの物語もしっかり描かれていて、必ずしも良いところばかりじゃない人間臭さに愛着が湧く。

そして、何といっても主人公の仁が魅力的。主人公にありがちなスマートでクールで屈強というわけじゃない。どちらかというと泥臭くて一生懸命。だけど、良い。だからこそ良い。


操作性

Ghost of Tsushima ゴースト オブ ツシマ

5.0

バトルでは、敵の種類によって型を切り替えたり、遠距離武器も種類が多いし、たくさんの戦術が使える。でも、どれも直感的に操作しやすくなっている。

敵のロックオンは出来なくて、主人公が向いている方向に攻撃を繰り出す。となると、移動しながら上手くカメラを動かさなくてはならない。

面倒くさそうに聞こえるかもしれないけれど、主人公と敵を画面におさめながら戦うという自分で映画を撮っているような気分になる。

バトル中はカメラと主人公の距離が自動的に近くなるので、ロックオンできないことの弊害は感じにくい。


難易度バランス

Ghost of Tsushima ゴースト オブ ツシマ

4.0

一騎打ちやを斬り合っている時は、相手の剣先を見たり、敵の種類に応じて型を変えたり、まさにチャンバラ!

バトルの難易度はそんなに高くなく、「自分、武士やってまーす!」と楽しく戦える。もちろん、対複数戦やボス戦になると全然楽勝というわけではないけれど。

しかし、ステルスプレイで戦うと、敵の挙動が単純すぎてしまう。すぐに主人公のことを見失うし諦めてしまう。

移動も馬に乗りながら資源が採れたり、スタミナの概念もないので、スイスイ移動できる。ノンストレス。


ゲームシステム

Ghost of Tsushima ゴースト オブ ツシマ

5.0

一般的なオープンワールドと同じく各地を巡って、クエストをこなす。

でも、移動するときに自然や環境を見て道を探るっていうのは新鮮

バトルは、「一騎打ち」が独特でハマる。見合って見合ってー、シュバッ!これが、かなり爽快!

上述したけれど、仁は物語上、正々堂々と戦う武士の誉れと勝ちにこだわる冥人としての生き方の狭間で悩む。

それがゲームプレイにも落とし込まれているのが凄い。ステルスキルしていくのは面白いけれど、「これって武士としては格好悪いんだよなあ」と心のどこかで思ってしまう。

かといって、敵の極悪非道っぷりや大量の敵を目にすると、「なんとか絶対に倒さなくちゃ!」と道具やステルスに頼る。

仁と一緒に葛藤する感覚がゲームプレイに活かされていて、上手い!


やりこみ要素

Ghost of Tsushima ゴースト オブ ツシマ

5.0

オープンワールドなのでやり込みはもちろん豊富

和歌を詠んだり温泉に入ることでステータスアップするというのは面白い。

武士は風流を嗜んでも強くなるって訳だ。

サブクエストもかなり多く、それぞれでストーリーが展開してNPCの過去を知ることが出来るので、かなりやる気が湧く。

あと、なんといっても絶景。移動している最中も絶えず「綺麗、綺麗、綺麗、綺麗」とうっとりしてしまって、ずっと飽きずにプレイできる。


グラフィック

Ghost of Tsushima ゴースト オブ ツシマ

4.5

絶景に次ぐ絶景!どこを見ても絵になる。色鮮やかで風に花や落ち葉が舞う様子とか、もはや現実より綺麗

フォトモードも気合入ってるし。

本当に侍ムービーが好きな人が作ったんだなと感じるような演出も多い。とにかく絵になる画になる。「黒澤モード」という白黒時代劇調グラフィックで楽しめるモードまであったり。

毎秒毎秒がクライマックス。対馬に旅行に行きたくなる。


サウンド

Ghost of Tsushima ゴースト オブ ツシマ

4.5

BGMはガンガン鳴らない。環境音にほんのり曲が乗る程度。『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』に似た感覚。

コントローラーのスピーカーからも風の音が聞こえてくる。ASMR動画になりそうな気持ちいい環境音ばかり。

でも、バトルになると、和風で厳かでありつつ盛り上がる曲が流れて、武士の気分満点。


総合評価Summary

5.0

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

時代劇のようなカッコいい剣戟

たくさんの戦術がとれる

美麗グラフィック

しっかり心理描写されている物語

自然を見て探索するシステム

残念なところ

ステルス時に敵が賢くない

オススメな人

オープンワールドが好き

時代劇やら武士が好き

自由度の高いゲームをプレイしたい

美麗グラフィックゲームを探している

ボリュームたっぷり大作をプレイしたい

オススメではない人

朗らかな雰囲気のゲームをプレイしたい

残虐な演出が苦手

出来ることが多いと思考停止してしまう

探索が面倒くさい

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

本作が好きならオススメRecommendation

オススメ
Horizon Zero Dawn

本作と同じく、たくさんの戦術と濃厚な物語が楽しめる高評価オープンワールドゲーム。待望の続編も登場する。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
オススメ
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

敵と刀と刀でぶつかる剣戟アクションが楽しめる高評価の高難易度和風死にゲー。こちらは架空の戦国時代が舞台で主人公は忍。

フロムソフトウェア

Ghost of Tsushima
https://www.playstation.com/ja-jp/games/ghost-of-tsushima-ps4
©2020 Sony Interactive Entertainment LLC.

他のゲームも見る

どっちが気になる?

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる