Category
Latest Posts
最新ゲーム人気ランキング見る
当サイトは広告/PRを掲載しています

ヘルブレイド2【Senua’s Saga Hellblade 2】セヌアと哀しい巨人たち – 攻略とレビュー

Senua's Saga Hellblade 2 レビュー 攻略 ヘルブレイド2

胸が苦しくなる厳しい戦いに、主人公と共に立ち向かうアクションアドベンチャー『Senua’s Saga: Hellblade II』。

Senua’s Sagaの特徴

  • ストーリー: 過酷な戦いに身を投じる戦士セヌアの心情がメインに描かれる物語
  • 攻略: 物語の見て体験する物語主導型アクションアドベンチャー
  • 評価: 圧巻の映像美と演出に見惚れる、触れる映像作品のようなゲーム
Senua’s Saga: Hellblade II
ヘルブレイド2【Senua’s Saga Hellblade 2】セヌアと哀しい巨人たち - 攻略とレビュー
総合評価
( 4 )
メリット
  • 臨場感たっぷりの演出と映像美
  • 人間そのものな操作感
  • 幻聴や幻覚を疑似体験するような仕掛け
デメリット
  • ゲーム性は低め

ヘルブレイド2『Senua’s Saga: Hellblade II』の攻略もレビューもネタバレなしで詳しく掲載。似ているおすすめゲームや関連作も紹介する。

Index

ヘルブレイド2の攻略情報

ヘルブレイド2の概要

タイトルSenua’s Saga: Hellblade II
開発元Ninja Theory
販売元Xbox Game Studios
発売日2024年5月21日
対応機種Xbox, PC
ジャンルアクションアドベンチャー
シリーズHellblade ヘルブレイド
プレイ機種Xbox

本作は、『Hellblade: Senua’s Sacrifice』の続編であり、物語は前作から続いている。前作未プレイでも、ゲーム内で前作のおさらいを見ることができる。

ストーリー

奴隷商人を追うセヌア

Senua's Saga Hellblade 2 ヘルブレイド2 ストーリー 奴隷船に乗るセヌア

本作の舞台は9世紀のアイスランド。主人公は戦士セヌア

彼女は、故郷や愛する恋人の命を奪ったノース人の奴隷商人たちを討つために、わざと奴隷となって奴隷船に乗っていた。

ざっくり前作あらすじ
ノース人によって生贄にされた恋人ディロンを救うため、セヌアはヘルに向かい、自身の過去と向き合いながらヘルの神と戦い打ち勝った。

「目的を完遂できるのか、そんな強さがセヌアにあるのか」といった不安にさせる言葉が聞こえてくる。でも、NPCに話しかけられているわけではない。この声の主は、セヌアが抱えている「声たち」だ。

セヌアは幻聴や幻覚といった問題を抱えており、そのせいで父親に「呪われている」と虐待された悲しい過去を持っている。

奴隷商人と共に

Senua's Saga Hellblade 2 ヘルブレイド2 ストーリー 奴隷商人と話すセヌア

亡き恋人と死んでいった者のために戦おうと決意を固めていたセヌアだったけれど、残念ながら奴隷船は嵐に襲われた沈没してしまった。

それでも、セヌアは命からがらどこかの浜辺に流れ着いた。奴隷商人も岸に辿り着いているようだ。 だいぶ悪い方向に計画が狂ったけれど、手がかりが生きているってわけだ。

セヌアは、奴隷商人相手に死闘を繰り広げてねじ伏せ、奴隷商人のボスの元に案内させることにした。

巨人に支配された地

Senua's Saga Hellblade 2 ヘルブレイド2 ストーリー 巨人と対峙するセヌア

しかし、セヌアの「奴隷商人の親分を見つけてぶん殴る!」計画は、そう上手くはいかない。

親分までの道のりには、奴隷商人も縮み上がる残虐の限りを尽くすドラウグたちが大暴れしている。

そして、そんなドラグルたちが崇めているのは巨人。夜になると姿を現し、人を食べてしまうそうだ。

セヌアの内なる「声たち」も「怖い、死ぬかもしれない」と怯えるほどの治安の悪さだ。さらに、セヌアの頭の中では、彼女の自信を挫く父親の声も呪縛のようにこだまする。

でも、立ち止まらない、逃げもしない。セヌアは決めたのだ。巨人であろうと倒してみせる。

攻略のポイント

物語主導型

Senua's Saga Hellblade 2 ヘルブレイド2 攻略 隠され人の試練に挑むセヌア

本作は物語に沿ってどんどん先へと進んでいく物語主導型のアクションアドベンチャーゲーム。

道中では、少しだけ寄り道もあるけれど、ひたすらに先へ進み、特定の場所ではバトルに挑むことになる。

後戻りは不可能で、いわゆる一本道ゲームだ。

ゲームクリア後には、好きなチャプターを選択してリプレイすることができる。

フォーカス

Senua's Saga Hellblade 2 ヘルブレイド2 攻略 紋様を見つける謎解き

道中では、ちょっとした謎解きに挑むことになる。

基本的には、行く手に紋様が浮かび上がる障壁が出現するので、その紋様と同じ景色を画面上で探し出す。全て探し当てれば先に進むことができる。

やるべきこととしては、木の枝や旗などを特定の位置から見ると、紋様と同じように見えるので、そこでフォーカス(XboxではLTボタン長押し)すればいいだけだ。

地形が上下逆さまになるなどのギミックも登場するけれど、全てフォーカスすることで操作する。

バトルでもフォーカス

Senua's Saga Hellblade 2 ヘルブレイド2 攻略 フォーカスを使って戦うセヌア

道中ではバトルも発生する。セヌアは剣で戦う。

セヌアは弱攻撃と強攻撃、パリィと回避ができる。

画面が赤くなる敵の攻撃はパリィに成功してもセヌアが怯んでしまうので回避した方がいい。一方で画面が青白く光る敵の攻撃は、パリィに成功すると敵が大きく怯む。

こうして敵に攻撃を当てていると、セヌアが腰に付けているにパワーが溜まる。パワーが溜まりきって鏡が輝いた時にフォーカス(LTボタン長押し)すると敵が一時停止するので連続攻撃からフィニッシュへ繋げることができる。

本作には体力ゲージやスタミナゲージ、また経験値やレベルなどはない。全て強制バトルで成長要素はない。

敵の攻撃を連続して受けてしまうとセヌアが倒れ込んでしまうけれど、敵からのトドメを避ければプレイ続行出来る。

寄り道して伝承を聞くやり込み要素

Senua's Saga Hellblade 2 ヘルブレイド2 攻略 ロアストゥンク

ほぼ一本道だけど、紋様が浮かぶ柱と顔のような岩を探すのが、本作のやり込み要素だ。

  • ロアストゥンク
    • 紋様が浮かぶ柱を見つけてフォーカスすると起動する
    • とある人物の物語を聞くことが出来る
  • 顔のような岩
    • 人の顔(巨大)のように見える岩の前でフォーカスすると隠し道が開く
    • その先の木をフォーカスすると伝承を聞くことができる

現在の話題作

ヘルブレイド2のレビュー

物語: 重め濃いめのどっしり心理描写で、ド級の臨場感

Senua's Saga Hellblade 2 ヘルブレイド2 レビュー セヌアと仲間たち

本作は、物語主導型に違わぬ重厚ストーリー。セヌアの危うい精神状態がつぶさに描かれている。

演出がかなり凝っており、あちこちから声が聞こえてくるし、瞬間的に何かが見えたり、幻覚や幻聴を擬似体験している感覚になった。

巨人に挑むなど各地で熾烈な戦いが続くけれど、そうした出来事は巨大な舞台装置に過ぎず、あくまでもセヌアの私的な問題に集中して描かれている。そのため、魅力的なNPCが登場するけれど、彼らの物語があまり語られないのは少し残念。でも、セヌアの物語だけでお腹いっぱいになるので、物足りないわけではない。

心理的に重い物語が展開するけれど、感情移入するというのとは少し違う。観ている感覚になるゲームプレイなので、セヌア劇を最前列、いや、もはや舞台上に入り込んで観ているような最強の臨場感が味わえる。

操作性: 全てがリアル、不親切さも含めてリアル

Senua's Saga Hellblade 2 ヘルブレイド2 レビュー フォーカス発動

セヌアは本当の人間のように動く。段差をよじ登る時は身体の重さを感じるし、剣を振る時には剣の重さを感じる。

軽やかなジャンプも超速ローリング回避も出来ない。そのため、爽快さはなく、生々しい操作感だ。人間ぽい動きをゲームで作るのは大変だろうけど、本作はそれをやってのけている。

操作は、オープニングのカットシーンが終わった後にドーンとキー操作が表示されるだけで、その後に丁寧なチュートリアルはない。しかし、セヌアの内なる声たちが、アドバイスをめちゃくちゃ囁いてくれるので、謎解きでも操作でも迷うことはない。

でも、何か物を掴める時にマークは表示されないし、マップ画面もない。バトルでは自分が上手くプレイできているのか明確には分からない(強制的に殴られたりするので、上手く回避できなかった?)。ゲームとしては不親切だけど、でもそのおかげで臨場感が増し増しだ。

難易度: ゲームオーバーはない

Senua's Saga Hellblade 2 ヘルブレイド2 レビュー 台風の目を目指して走るセヌア

難易度は4段階から選択できる。イージー、ミディアム、ハード、そしてダイナミックの4段階だ。私はデフォルトの「ダイナミック」でプレイ。ダ、ダイナミック?初めて訊く難易度だし、実際にどういった調整になっているのか明示されないけれど、本作の臨場感を崩さない調整なのだろう。

パリィは成功しやすく、鏡パワーは溜まりやすく、苦戦するような場面はない。もし、うっかり敵の攻撃を受けまくっても、セヌアは立ち上がる。

特定のイベントではタイミング良く猛ダッシュしなければならないけれど、例えミスしても走り出す直前からやり直しになるだけだ。

そして、ほんのり謎解きはあるけれど、悩むパズルではない。もし立ち往生してもセヌアの「声たち」がヒントを囁きまくってくれる。

基本的にゲームオーバーになったり詰まることはなく、澱みなく物語を観ることができる。話の腰を全く折らないゲームだ。

システム: 体験できる映像作品、ゲームとしてはシンプル

Senua's Saga Hellblade 2 ヘルブレイド2 レビュー 影と対話するセヌア

上述してきた通り、本作は観て体験する映像作品だ。ゲームではあるけれど、アート作品寄り。

ゲームプレイ部分だけ見ると、正直なところ「うーん」。敵は数種類だけで悩むパズルでもない。考える楽しみや攻略する面白さは、ほぼない。かなりシンプル。

本作は、物語と演出の迫力に特化しており、それを楽しむゲームだ。

ゲームボリュームはコンパクトで、最初から最後まで一気にセヌアと共に全力疾走した。そして、最後には自然と涙がこぼれ落ちていた。

セヌアの世界に引き込まれるというより、引き摺り込まれる。ゲーム性が低いとはいっても、本作の演出や体験は他のゲームで味わえないものばかりだ。

芸術性: 圧巻の映像美と怒涛の演出

Senua's Saga Hellblade 2 ヘルブレイド2 レビュー 巨人に襲われるセヌア

もはや実写だと錯覚するほど高精細でフォトリアルなグラフィックで描かれる。

単にグラフィックが高品質というだけではなく、演出も素晴らしい。これが本作の一番の魅力だ。本当に四方八方から囁かれているように感じる幻聴や、「あれ?今のは見間違いかな?」と思わず目をゴシゴシ擦ってしまう幻覚など、現実と非現実の境界が曖昧になる演出は見ごたえたっぷり。

そんなリアル品質で凄惨な場面や残虐なシーンが描かれるので、暴力的な表現が苦手な人は気をつけた方がいい。

また、常に迫力たっぷりに映されるので、画面揺れに酔いやすい人も気をつけた方がいい(ゲームプレイ中の揺れ調整は出来るけれど、カットシーン中の画面揺れは残る)。

総合評価と似ているゲームは下へ

ヘルブレイド2の総合評価

Senua’s Saga: Hellblade II

Taca KGO

Senua's Saga Hellblade 2 レビュー 攻略 ヘルブレイド2
物語の魅力
操作の快適さ
難易度バランス
システムの面白さ
芸術性


総合評価

怒涛の展開と演出、そして実写並みの映像美で臨場感たっぷりの物語を体験できるアクションアドベンチャーゲーム。ゲーム性は低く、触れる映像作品のようなゲーム。

4
おすすめな人人間の心理を描く物語が好き
映像美を堪能したい
芸術性が高いゲームが好き
おすすめではない人バトルや探索などゲームとして楽しみたい
残虐な描写が苦手
長時間遊べるゲームを探している

ヘルブレイド2に似ているおすすめゲーム

スクロールできます
god of war ragnarok ゴッドオブウォー ラグナロク 評価 攻略

God of War Ragnarok

  • 臨場感たっぷりの演出や物語が好きなら、おすすめ
  • 北欧神話をベースに、豪快なバトルや謎解きもしっかり楽しめる
  • 映像美も魅力で、全要素が高クオリティの高評価アクションADV
A Plague Tale Requiem プレイグテイル レクイエム 評価 攻略

A Plague Tale Requiem

  • 胸が苦しくなる体験が好きなら、おすすめ
  • 黒死病が蔓延するフランスを舞台に、姉弟の物語が描かれる
  • ステルスプレイが楽しめる高評価アクションADV

Senua’s Saga: Hellblade II
© 2024 Microsoft. Microsoft, Ninja Theory, Senua’s Saga, Hellblade, and the Hellblade logo are trademarks of the Microsoft group of companies. All rights reserved. Acceptance of Microsoft Services Agreement and Privacy Statement required to play. Features and system requirements may vary by country and are subject to change or retirement over time. 
https://ninjatheory.com/

この記事を書いた人

Taca KGO
運営者

どんなジャンルにも飛びつき、探索好きな涙もろい大人ゲーマー。世界中のゲーム情報をチェックするのも大好き。

Follow KeepGamingOn

Index