『イモータルズ フィニクス ライジング』レビュー: 密度も顔も濃い!神のオープンワールド

『Immortals Fenyx Rising』とは、Ubisoftが開発したオープンワールドのアクションアドベンチャーゲーム

本作のテーマはギリシャ神話

Ubisoftでギリシャといえば『アサシンクリード オデッセイ』。しかし、本作は神話そのものがテーマになっている(アサクリは史実に基づいたストーリー)。本作は新規IPだ。

PS5、PS4、Nintendo Switch、Xbox、PCでプレイ可能。私はPS4版をプレイ。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見れます。

Index

あらすじStory

物語の語り手は

主人公はフィニクス。ギリシャの若い戦士だ。

戦地から故郷に帰る航海中に嵐に巻き込まれ、本作の舞台となる黄金の島に漂着する。そして、フィニクスは、この島でなんやかんや奮闘して…。

と、回想録のようにプロメテウスが語る。という形式でストーリーは展開していく。

プロメテウスは壁に磔になっている罪人だ。でも、本当は神だ。

で、プロメテウスの所にゼウスが訪ねてきて(ゼウスはプロメテウスを磔にしている張本人なんだけど)プロメテウスの語るフィニクスの物語を聴いている。

immortals fenyx rising イモータルズ フィニクス ライジング

神の賭け

なぜ、ゼウスはプロメテウスのところに来たのか。

実は、テュポンという恨みや支配欲にまみれた怪物が大暴れしている。で、ゼウスは「磔から解いてやるから助太刀しろよ」とプロメテウスを言いくるめに来たわけだ。

ところが、プロメテウスは、上記の通りテュポンに勝てる可能性を秘めた主人公フィニクスの話をし始めた。

もし人の子であるフィニクスがテュポンを倒せたなら、「磔からの解放どころか免罪しろ」という賭けをプロメテウスはゼウスにもちかける。

immortals fenyx rising イモータルズ フィニクス ライジング

前置きだった

そう、本作は、テュポンとの大きな神々の戦いの前置きに過ぎない話。

神々の間での「こんな話があってさ」という会話がストーリーになっている。人間なんてちっぽけなもんだ。

フィニクスが黄金の島を飛びまわり、テュポンによって封じられてしまった神や洗脳されている神を解放し、神の力を身につけていく過程が、プロメテウスによって語られていく。

そもそも、フィニクス自身は、呪いによって石化した兄を助けるために冒険を始めるんだけど。

この壮大な前置きはどこへ行き着くのか。本編は一体いつ始まるのか。

immortals fenyx rising イモータルズ フィニクス ライジング

ゲームの特徴Features

『ゼルダの伝説 BotW』なオープンワールド

immortals fenyx rising イモータルズ フィニクス ライジング

本作は、発売前から『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』と似ていると言われていた。確かに、出来ることはほぼ似ている。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』とは

馬などに乗って移動、どこでもよじ登れて、高い場所からは滑空(本作では翼)、各地のダンジョンで謎解き

そして、オープンワールドあるあるのシステムも。

エリアごとにメインクエストがあって、サイドクエストもある。各地にある迷宮をクリアしたり謎解きをすることで、主人公のステータスをアップグレードしていくことが出来る。

本作独自のシステム

immortals fenyx rising イモータルズ フィニクス ライジング

本作ならではの要素もある。

フィニクスはめちゃくちゃ視力が良い。千里眼を使うと、たとえ建物に隠れていても、水中にあっても、宝箱やダンジョンの場所を特定することが出来る。

また、同じエリアで一定時間行動しているとテュポンに見つかってしまい、隕石が雨のように降ってきて亡霊に追いかけられる事態に陥る。

アクションも謎解きもギリシャ神話を元にしたものになっていて、時間制限があるものやパズルなどチャレンジ要素も各地に用意されている。

神の力で戦う

immortals fenyx rising イモータルズ フィニクス ライジング

フィニクスは、色んな神の力を習得する。もはや1人でギリシャ神話オールスターパック状態だ。

重い石などを持ち上げて敵にぶつけるのはヘラクレスの力だし、射た矢の視点になって飛ぶ方向をコントロール出来るのはアポロンの力だ。

基本の攻撃は、剣で弱攻撃、斧で強攻撃。ジャスト回避でスローモーションになったり、パリィも出来る。

敵にはスタンゲージがあって、強攻撃やスタミナ消費技などを当てていくと、スタンゲージが溜まり切った敵は一定時間硬直する。

神に強くしてもらう

immortals fenyx rising イモータルズ フィニクス ライジング

各地にある謎解きチャレンジの報酬であるカロンのコインを消費すると、スタミナを消費して発動する強力なアビリティも習得できる。

また、メインストーリーでもある神の解放をクリアしていくと、さまざまな神から授かる恩恵(パッシブ効果)が発動するようにもなる。

というわけで、本作ではスキルポイントや経験値などではなく、謎解きや探索によってフィニクスをアップグレードできる。

そして、フィールドを移動しながら集めることが出来る植物からは回復薬などを自分で作ることが出来る。薬の効果は、各地で手に入る黄金の琥珀というアイテムでアップグレードも出来る。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

immortals fenyx rising イモータルズ フィニクス ライジング

4.0

ギリシャ神話がベースとなっていて、星座の名前とかどこかで聞いたとこがある名前の神がわんさか登場する。

私は神話に全然詳しくないので、正直誰が誰やら。神同士の関係性も全然知らないし。

でも、ストーリーは分かりやすくて神話を知らなくても楽しい

語り担当のプロメテウスが「神がどうしたこうしたとか」とか真面目に語っているのを聞いてると「うわ、眠くなりそう」と思うんだけど、本作のノリは軽い

プレイヤーの気持ちを代弁してくれる、ツッコミ役のゼウスがいる。ゼウスは「だから、どういうこと?」みたいな質問を私に代わってしてくれるので助かる。

ゼウスは、神の王なのに「真面目に聞け」と注意される。でも、終始プロメテウスを茶化しつつ分かりやすい話にしてくれるので、理解しやすい。


キャラクターの魅力

immortals fenyx rising イモータルズ フィニクス ライジング

3.5

登場キャラはギリシャ神話の神様ばかり。私にとっては予備知識ほぼない神様たちだけど、それぞれ分かりやすいキャラとして登場する。

名前だけ聞いたことあったけど、こういう神様だったのかあ(本来より誇張されてるけど)て興味が湧いてくる。

めちゃくちゃ人間臭いし、かなり偏った性格の神ばかり。神ってこんなのでいいの?て心配になるくらい生き生きとしてる。

度々ナレーションで聞こえてくるプロメテウスとゼウスの会話は、居酒屋のおじさんトークみたいに騒がしくて面白い。


操作性

immortals fenyx rising イモータルズ フィニクス ライジング

3.5

ほとんど思った通りに操作できる。フィニクスはきびきび動くし、バトルも爽快。技も派手だしプレイしていて楽しい。

ただ、ボタンの割り振りが複雑なのが気になる。

ジャンプして、滑空して、加速、これが全部別のボタン。岩を選んで、持ち上げて、敵を狙って投げる、これも全部別のボタン。

よく行う一連の動作にいくつもボタンを押さなきゃいけないのは、アクションしてる気分になるとはいえ、あまりスマートじゃないと思う。

挙動は一般的なゲームの平均以上のクオリティ

でも、崖を登っている時に見えない何かに引っかかったり、頂上の端にいるのにぶら下がる動作をしてくれなかったり、細かい部分が気になることも。


難易度バランス

immortals fenyx rising イモータルズ フィニクス ライジング

4.0

バトルは、主人公を強化しながら進めていれば楽しくクリアしていけるレベル(私はノーマル難易度でプレイ)。

でも、オープンワールドなので、めちゃくちゃ強い敵にケンカ売りにいく楽しみもちゃんとある。

謎解きは、種類が多くて楽しい。本作ならではのアクション要素もあるパズルが種類もたくさん用意されてて、飽きずにたっぷり楽しめる。

ただ、単純にギミック等が見にくいことで難易度が上がっている謎解きは残念。

ドーン!とレバーが目の前にあって、何するかは一目瞭然。単に「レバーを操作可能にするスイッチはどこだ」と見つけにくいというだけなのは、うーん。

これは謎解きと言えるのかと思うこともあるけど、でも、謎解き好きにとっても十分満足できる面白さ。


ゲームシステム

immortals fenyx rising イモータルズ フィニクス ライジング

4.0

Ubisoftのお馴染みなオープンワールド。『ゼルダの伝説ブレワイ』リスペクトなゲーム。そう言ってしまうと、それでおしまいなんだけど。

普通に楽しい。フィールドは高低差も激しくて、密度も濃くて、所狭しと謎解きスポットも配置されてるし。

高品質でたっぷりしっかり楽しいオープンワールド

本作はブレワイと比較されてるし、私もついつい比べてしまうんだけど、実際にプレイするとプレイ感覚は意外と違う

本作では、アクション性が高くてガンガン攻めてくスピーディーなバトルだし、「頭を捻って解こう」というより「探索が大切で、あとはタイミングが重要」なアクション要素強めの謎解き。


やりこみ要素

immortals fenyx rising イモータルズ フィニクス ライジング

4.5

オープンワールドゲームなので、どれだけ隅々まで歩き回るか、どれだけサイドクエストをクリアするか、どれだけダンジョンを攻略するか。

やり込み始めたらキリがないくらいボリュームたっぷり

装備品で見た目を変えるのも楽しいし、成長要素もやり込みたくなる。デイリークエストや追加DLCも配信されている。

かなり長時間遊べるゲームだ。


グラフィック

immortals fenyx rising イモータルズ フィニクス ライジング

4.5

舞台となる黄金の島は、美しい。自然たっぷりで、エリアによって景色も違う。至る所に何かがあって、景色に飽きない。

ギリシャ神話を熟知した製作陣なだけあって、彫刻とか絵画とかにもこだわりを感じられて、ファンタジーな雰囲気もバツグン。

キャラは、みんな筋肉隆々で(特に主人公はムッキムキ)、ギリシャならではの顔の濃さ。キャラの表情も豊かでコミカルな描写が多め。


サウンド

immortals fenyx rising イモータルズ フィニクス ライジング

4.5

音楽は、神話っぽく壮大な音楽が多いけど、通常時には環境音のみ。でも静かとか癒しとかとは違って、全体的に明るくて楽しい空気が流れている。

総合評価Summary

4.0

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

ボリュームたんまり

アクション性高いバトル

ストーリーやキャラが魅力的

世界が美しい

謎解きが多種多様で豊富

残念なところ

挙動がブレる時がある

単に探索してるだけの謎解きがある

オススメな人

オープンワールドが好き

ボリュームたっぷりのゲームを探している

ギリシャ神話が好き、興味がある

アクションが好き

オススメではない人

知恵を絞るような謎解きをしたい

敵を倒すことで強くなりたい

色んな戦術で戦いたい

本作が好きならオススメRecommendation

オススメ
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

本作と似た要素が多い名作オープンワールドゲーム。絶対一度はプレイしてみてほしい最高傑作。

オススメ
Hades

「ギリシャ神話面白いな」と思ったらオススメ。ギリシャ神話がベースの高評価ローグライクアクションゲーム。こちらは地獄が舞台だけど、本作にも登場している神様たちがたくさん登場。

テイクツー・インタラクティブ・ジャパン

https://www.ubisoft.com/ja-jp/game/immortals-fenyx-rising
© 2020 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. 

他のゲームも見る

どっちが気になる?

スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
Index