『NUTS』レビュー: 社会派リスパパラッチ

タップしてジャンプ

『NUTS』とは

nuts

Joon, Pol, Muutsch, Char & Torfiが開発したアドベンチャーゲーム

5人のゲーム開発者たちが集まって開発したインディーゲームだ。

シンプルだけど独特な色づかいのグラフィックが特徴的。後述するけれど、ゲームプレイも個性的だ。

Apple Arcadeでプレイ可能。
今後、PC、Nintendo Switch向けにもリリース予定。

あらすじ

本作は、ひたすらリスをカメラで録画して見るゲームだ。

森にやってきた主人公が、夜な夜なリスを見守る。ほのぼのとした毎日。

だが、趣味でやってるとか、リスの研究者というわけではない。

nuts

実は、主人公は、ニーナという教授から仕事としてリス観察を請け負っている。

なぜかというと、ここら一帯をパノラマ社がダムに変えてしまおうと計画しているからだ。

教授は、自然保護派として、現地のリスの生態系を調べて、それを根拠にダム建設に反対するつもりだ。

nuts

リスを見守るという平和な仕事に見えて、実は熱い社会派ドラマ。の一端を担うことになる。

とはいっても、主人公は単にリスの観察を任されただけの身。

ひたすらリスの隠れ場所や木の実を隠している場所を観察する。

nuts

タイトル通り木の実(ナッツNuts)を追え。

ゲームの特徴

昼も夜も働く

ゲームは昼パートと夜パートを交互に繰り返しながら進む。

キャラバンと呼ばれているトレーラーが拠点。

昼は、トレーラーから出て、カメラを設置していく。

nuts

夜は、設置したカメラに映された映像を見て、リスを見つけるという作業だ。

トレーラーのドアを開けると昼パートに切り替わり、録画を見るモニター前に座ると夜パートに切り替わる。

nuts

ゲーム内で自動的に時間が流れているわけではないではないので、思う存分カメラ設置や録画検証が出来る。

リス、どこから来たんだ?

ゲームはいくつかの章に分かれている。

章ごとにターゲットとなるリスがいて、そのリスの出没地点から、リスの行き先や、逆にどこから来たかなどを探っていく。

何が目的なのかは、章の最初に教授から指示書がファックスされてくる。

nuts

そこからは数カ所にカメラを設置して、リスが辿る道を探っていくわけだ。

毎日少しずつカメラを動かしながら、夜はその映像を早送りや早戻ししながら、リスの行動を解析していく。

nuts
カメラを置いた場所と映るリスの動きから
リスの道を特定していく(リスは毎晩同じルートで動いてくれる)

で、例えば、リスの行き先の解明が目的の場合は、リスが目的地に着いた瞬間を映した画面をプリントアウト。

その写真を教授にファックスすればクリアだ。

評価

物語の魅力

ストーリー   4.0

キャラクター  3.0

意外。意外な物語。

森でリスを見守るお仕事。ああ、なんて穏やかな癒しゲームなんだ。

nuts

と思ってたら、そんな雰囲気は序盤くらい。

徐々に雲行きが怪しくなって、ストーリーの先が気になり始める。

ダム建設を巡って敵対関係になっている、依頼主である教授とパノラマ社。

依頼の写真をFAXするたびに教授から電話がかかってくるんだけど、電話口の向こうで熾烈なバトルが繰り広げられていく。

nuts

あれ、このゲーム思ってたのと違う。

自然を感じてリスを愛でるつもりでゲームを始めたら、いつのまにかハラハラしてた。

いい意味で予想を裏切られた展開。決して「うふふ、リス可愛いねえ」というだけのゲームではない。

プレイの快適さ

操作性  2.5

難易度  3.0

安定性  3.0

やることはシンプル。

リスが通る道を推測しながらカメラを置いて、あとは映像見て、お目当てのシーンをプリントアウトしてファックスで送信するだけ。

nuts

難しいゲームというわけじゃない。

なんだけど、操作はめちゃくちゃもたつく。

私はゲームパッドでプレイしていたんだけど、たぶんタップ操作やマウス操作でプレイしても面倒くさいと思う。

というのも、映像確認する場面では、早送りとか再生ボタンとか押すんだけど、画面上のそれぞれのボタンにカーソル合わせてから押さなくてはいけない。

しかもボタンが、画面上でそんなに大きくないし、カーソルがマウスポインタ形式なので、ボタンの位置に合わせるのだけでモタモタしてしまう。

nuts

「一時停止、はい、ちょっと戻して、あ、また再生して」てディレクターみたいにパッパッパッと操作して映像を検証したいのに!

映像検証する時は、完全にビデオの操作のみになるんだし、ゲームパッドの各ボタンに早送りとか一時停止とかを割り当てて欲しい。

ゲームとしての面白さ

システム  4.0

やり込み  3.0

上述の通り、操作は面倒だけど、自分でカメラの位置を工夫しながらリスの通る道を辿っていくのは面白い。

探偵になった気分。他のゲームではあまり体験したことがない感覚だ。

やってることは単純だけど、教授からのお題が徐々に難しくなっていくし、作業っぽさは感じにくい。

やり込み要素としては、章ごとに、とあるカセットテープを見つける。

nuts

ただの収集要素ではなくて、教授の思いをより理解できる内容になっている。

なんでこの森?なんでリス?教授がピンポイントで注目している理由が分かる。

芸術的な完成度

グラフィック  4.0

サウンド    3.5

このゲーム、まず目を引くのは2色の色味のグラフィックだ。

配色は変わっていくけど、基本的にずっと2色。

自然豊かな森だけど、サイケデリック。目がチカチカしやすい人は注意が必要かも。

nuts

カメラどこに置こうかなあってウロウロしてたら、あ!壁にドーン。

こうなると、なかなか大変。壁が均一な1色なので、画面いっぱい同じ色になって、上下左右を見失ってしまう。

芸術性と便利さは紙一重。でも、私はこのグラフィックは好きだ。

サウンドは、基本的に環境音。鳥が鳴く音とか、水が流れる音とか。

ああ、癒される。と思ったら、物語の雰囲気が変わって来るあたりから不穏なBGMが。

nuts

終盤はもはや癒しには程遠い状態で、BGMが不気味。

まとめ

物語の魅力
プレイの快適さ
ゲームとしての面白さ
芸術的な完成度
 良いところ
  • 意外な方向に進んでいく物語
  • 録画で痕を辿っていく独特なシステム
  • 個性的なアートワーク
 残念なところ
  • 操作が面倒くさい
  • アートワークのせいで見づらい場所がある

総合評価

3.0

こんな人にオススメ!
  • 個性的なゲームに興味がある
  • 数時間でクリアできるゲームを探している
オススメではない人
  • 快適な操作性じゃないと我慢できない
  • 目がチカチカしやすい
  • 3D酔いしやすい人

NUTS
https://nuts.game
© Noodlecake Studios Inc.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる