Category
Latest Posts
最新ゲーム人気ランキング見る
当サイトは広告/PRを掲載しています

『Reigns Beyond』レビュー: 運命を決める選択肢は2つしかない

reigns beyond レビュー 評価 攻略

ハプニングにどう対応するかによって運命が変わる宇宙バンド物語『Reigns Beyond』をネタバレなしで要素ごとに詳しい評価を交えてレビュー。

本作に似ているおすすめゲームや関連作も紹介する。

Index

Reigns Beyond製品情報

タイトルReigns Beyond
開発元Nerial
対応機種Switch, PC, Apple Arcade,
ジャンルカジュアル, ローグライク, ストラテジー
シリーズReigns

本稿では、Apple ArcadeのiPhone版をレビューしている。

Regins Beyondの攻略

ストーリー

宇宙船の船長に突然就任

reigns beyond サンドマンとの最初の会話

ゲームが始まった途端、主人公は目玉のような何かに雑に起こされた。

この目玉はサンドマンという宇宙船のコンピューターらしい。

ところが、そのサンドマンと主人公が乗っている宇宙船には主人公以外には誰もいない。サンドマンからは、主人公以外のクルーは悲惨な死を迎えてしまったと聞かされる。

でも、宇宙船が墜落ぶっ壊れたというわけでもないらしい。一体何が?

ところが、状況を把握する暇は与えてもらえず、「じゃ、そんなわけで、お前が船長な!」と勝手にサンドマンに新たな宇宙船の船長に任命される。

いや、そんなこと言われても、記憶がないし、そもそも船の操縦の仕方も知らないんですが!

ライブに乱入からのギター演奏

reigns beyond 宇宙バンドのドーズとの会話

残念ながら、操縦席に座った途端になぜかうまく船を操縦できるなんていう超主人公補正は起こらず、主人公の乗った宇宙船は墜落していってしまった。

しかも、墜落した場所が悪かった。

なんと、宇宙船は近くの惑星で絶賛ライブ中だったバンドのギタリストの上に墜落してしまったのだ。

「あわわわわ、なんてことを!」と思ったけれど、なぜか主人公はとっさにそのギタリストのギターを持ってかき鳴らし始めた。

どんだけ適応能力が高いんだ、この主人公。怪我もないのか。

そして、「あんた、最高にイカしてるじゃん!」「あたしたち、宇宙船に乗ってバンド活動したいわけ。あんたの船を直して宇宙に羽ばたこうぜ!」とバンドメンバーとして勧誘されるという、とんでもない話になっていく。

あの!墜落事故に巻き込まれたギタリストのことを誰か気にしてあげて!

バンドと宇宙船のリーダー

reigns beyond 宇宙船でのドーズとの会話

はちゃめちゃな展開を超え、主人公は宇宙船の船長、そして最後に加入したにもかかわらずバンドのリーダー兼ギタリストとして、宇宙を漂っていくことになる。

リーダーとして最良の選択をしていかなければならない。時には「どうでもいい」と言いたくなるような選択を押し付けられるけれど。

でも、うまくいけば自分がそもそも何者なのか、そしてかなり怪しい宇宙船コンピューターのサンドマンに隠された謎も解き明かせるかもしれない。

攻略のポイント

航路は自由

reigns beyond 航路の選択

本作では、スタート地点から様々な惑星を通って宇宙を旅していく。どんな航路で旅するかはプレイヤーの自由だ。

まず、複数ある目的地から好きな惑星など目的地を選ぶと航路が決まる。そして、目的地に到着したら、また次に向かう惑星を選ぶことでゲームが進行していく。

目的地を選ぶ際には、航路の危険度に注目。航路によって危険度が異なり、危険な航路では攻撃を受ける可能性が高いけれど、得られるものも大きい。

航海中には様々なイベントが起こる。

ショップがある小惑星に立ち寄って買い物したり情報収集したり、危険な宇宙海賊に遭遇したり、時には何も起こらない穏やかな旅路になることもある。

そして、目的地に着くと、ランダムイベントが発生する。航路上でも様々なイベントが起こるけれど、目的地になるような惑星でのランダムイベントは物語が進むような大きなものが多い。

二択で解決するイベント

reigns beyond ドーズとの会話

本作では、主人公の姿は見えない。移動したりアクションを行うことはない。

プレイヤーが行う操作は、イベントや会話時に、どう対処するか、もしくは受け答えするかを2つの選択肢から1つを選ぶ。それだけだ。

画面上に会話の相手やイベントの風景が描かれたカードが表示されるので、それを右か左かにスワイプすることで選択できる。

選択によって更なるハプニングや会話が発生し、また2択から選択する。これを繰り返す。

良くないことが起こっていくと、果てには宇宙船が爆発するなどして主人公が死ぬ。すると、ひとつ手前のチェックポイント(最後に着陸した惑星)から再スタートとなる。

再スタート時には、実は主人公のクローンが作られて目覚めている。で、何故かサンドマンのコンピューターにお金をいくらか支払わなければならない

宇宙船とクルーの管理

reigns beyond サーラとの会話

本作での生命線は宇宙船だ

宇宙船には4つのパラメーターがあり、選んだ選択肢によってそれぞれ変化する。

  • 宇宙船の燃料
  • 船内の酸素量
  • バントメンバー含めクルーのやる気
  • 宇宙船の耐久度

選択した内容によって、いずれかのパラメータは上昇するし、他のパラメータは逆に下がってしまう。

というわけで、好きな選択肢を選ぶというわけにはいかず、パラメータを考慮して選択肢を選ばなければならない。

また、本作は死亡する度に発生するイベントがランダムで変わるけれど、同じ内容のイベントで同じ選択をしても結果が変わることがある。

ある程度運も必要なので、知将でありつつも、時には大胆に攻める無鉄砲さも必要だ。

ギター演奏

reigns beyond ギター演奏のプレイ画像

上述した通り、主人公はギタリストとしても活躍することになる。

ギターを弾くイベントも発生し、突然ちょっとした音ゲーが始まる。

とは言っても本格的なものではなくて、画面上をなぞって表示されているマークを集めていくだけだ。

Reigns Beyondの評価と感想

物語の魅力

reigns beyond レビュー シャークに借金返済を迫れる

とんでもない。とにかくとんでもない展開が続く。物語の冒頭からハチャメチャだ。

各イベントでは、自分が選んだ選択肢で物語が予想してなかった方向に進んでいく。え、そんなつもりで選んだ選択肢じゃないんだけど!と焦っても、とんでもないことになっていく。

選択肢選ぶだけと聞くと地味なゲームだと思ってしまうし、画面もシンプルだ。しかし、物語の内容はド派手だ。

急展開ばかりだし、仲間も唐突に増えるし、ちょっと気持ちが追いつかない。

物語に入り込む余裕はなく、ハチャメチャな展開に「え、そんなこと起こる!?」と衝撃展開を笑いながら楽しむゲームだ。

ゲームプレイの快適さ

reigns beyond レビュー 宇宙船が爆発してゲームオーバー

ページをめくるように、カードをきるように、スワイプで選択肢をヒョイッヒョイッと選ぶだけなので、難しい操作は一切無し

でも、予期せぬことばかり続くし、良かれと思った選択肢が全く予想だにしない結果になったり、ゲームクリアまでの難易度は高め。

「なんでそうなったのかな?」と次に活かそうと学ぶか、「訳分かんない!」と投げてしまうか、プレイヤーによって感想が大きく変わりそうなゲームだ。

カジュアルなゲームではあるけれど、唐突にゲームが始まって特に親切なチュートリアルもないので、とっつきやすくて分かりやすいゲームというわけではない。

ゲームとしての面白さ

reigns beyond レビュー デ・スーザとの会話

選択肢を選ぶだけなのに奇想天外で壮大な冒険が体験できるし、4つのパラメーターを見て選択肢を選ぶので2択とはいっても結構悩むストラテジー要素が楽しめる。

生き返るたびに違った航行ができるローグライク要素も味わえるし、そのおかげで全く予想のつかない展開が楽しめる。

上述もしたけれど、「訳分かんない!」ともなり得るゲームなので、分岐要素やとんでもない展開が好きかどうかで本作にハマるかどうかが分かれると思う。

また、Reignsシリーズは世界設定やストーリーは毎回違うけれど、システムはほぼ同じだ。

過去作プレイ済みの人にとって、目新しさはあまり感じられないと思う。もちろん変わらぬ良さでもある。

一方、本作で初めてReginsシリーズに触れる人にとっては、メインストーリーへの惹き込みが弱めなので、TRPGやノベルゲームなど文字を読むだけで進めるゲームが好きでなければ長続きしにくいかも。

やり込み要素としては、実績解除やギターの収集がある。

芸術性の高さ

reigns beyond レビュー 宇宙船内の探索
宇宙船内にも秘密が隠されている

画面に表示されるのは、風景か主人公に話しかけてくるキャラの静止画だけで、アニメーションなど画面に動きはほぼ無い

でも、ミニマルなイラストレーショングラフィックはなかなかクセになる。Reignsシリーズ通して同じアートスタイルだ。

ギター演奏の場面になると画面がサイケデリックに光るなど演出が派手になり、音楽もガンガンに鳴り響いて楽しい。

サントラはこちら

メインアーティスト:Sam Webster

本作と似ているゲームや関連作は更に下へ

Reigns Beyondレビューのまとめ

おすすめな人

  • ノベルゲームやTRPGが好き
  • 分岐要素が好き
  • Reginsシリーズのファン

おすすめではない人

  • 派手な演出が欲しい
  • ランダム要素が苦手
  • 分かりやすい物語が好き

総合評価良いところ&残念なところ

Reigns Beyond
『Reigns Beyond』レビュー: 運命を決める選択肢は2つしかない
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 奇想天外な物語が楽しめる
  • 操作が簡単
  • ローグライク要素がありランダム性が楽しめる
デメリット
  • 物語に感情移入しにくい
  • 飽きやすい

Reigns Beyondが好きならおすすめゲーム

似ているゲーム

ディスコ エリジウム

選択して物語を進めるゲームなら、こちらもおすすめ。
モラル崩壊気味な刑事が、とある事件を解決していく物語が描かれるRPG。
主人公の脳内人格がキャラとして登場し、レベルアップしていくという独特なシステムも魅力。

Beacon Pines

選択によって様々に展開するアドベンチャーゲームなら、こちらもおすすめ。
分岐によって変化した結末を見ることで過去に新たな選択肢が生まれ、時間巻き戻して新たな結末にたどり着いていくアドベンチャーゲーム。

Regins Beyond
© Nerial 2020
https://devolverdigital.com/games/reigns-beyond

ストラテジーゲームをもっと見る

この記事を書いた人

Taca KGO
運営者

どんなジャンルにも飛びつき、探索好きな涙もろい大人ゲーマー。世界中のゲーム情報をチェックするのも大好き。

Follow KeepGamingOn

Index