『Sayonara Wild Hearts』レビュー: キラキラポップに爆走

『Sayonara Wild Hearts』とは、Simogoが開発したリズムアクションゲーム。

本作は、PS5、PS4、Nintendo Switch、Xbox、Apple Arcade、PCでプレイ可能。私はApple Arcade版をプレイ。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見れます。

Index

あらすじStory

ハートブレイク

主人公は、若い女性。

失恋直後で、絶望のあまり心が砕けてしまっている。

しかし、そんな落ち込んで部屋で寝ている主人公の元に、どこからともなく蝶々が飛んでくる。

sayonara wild hearts 評価 攻略

爆走戦士

蝶々を捕まえようとした主人公は、不思議な夢の世界へ迷い込む。

その不思議な世界で、彼女は「ザ・フール」というカッコいい覆面戦士(ライダー?)に変身。

バイクに乗ったり、空中を飛び回ったり、ハイスピードに不思議な世界を駆け巡りながら、迫りくる他の覆面戦士たちとの戦いを重ね、彼女自身のハートを取り戻していく。

sayonara wild hearts 評価 攻略

ゲームの特徴Features

アルバム

sayonara wild hearts 評価 攻略

本作はステージクリアでゲームが進んでいく。

ゲーム全体で一枚の音楽アルバムになっていて、1曲が1ステージになっている。

曲順通りにストーリーがつながっており、一度クリアしたステージはリプレイも可能。

ランゲームで音ゲー

sayonara wild hearts 評価 攻略

操作は単純。

主人公は自動進んでいくので、操作は左右の移動とタイミング良くボタンを押すのみ。

ステージ上にあるハートを取ると画面左上のスコアが上がっていいくので、基本的には、ハートを集めるよう主人公を操作する。

しかし、所々に障害物があるのでぶつからないように移動しなければならない。

障害部にぶつかるとチェックポイントからやり直し。

特にペナルティはなく、チェックポイントまでに取得していたスコアは保持された状態から再スタート。

また、敵や避けられない障害物が出現すると、六角形のようなアイコンが現れる。このアイコンに合わせてタイミング良くボタンを押すと、敵に攻撃したり障害物を乗り越えていくことが出来る。

視点もゲームプレイも高速に展開していくけれど、BGMのリズムにのるとアクションが成功しやすい音ゲーになっている。

星座の謎

sayonara wild hearts 評価 攻略

単に高スコアを狙ってステージクリアする以外にも、やり込み要素がある。

各ステージには星座の謎という、いくつかの目標がある。

ステージ上のどこかのポイントを示唆しているヒントが書かれていて、該当する地点で特定のアクションを行うと目標達成となる。

評価と感想Rating

1番の魅力は、なんといっても、ポップでキラキラな雰囲気。

BGMもグラフィックも本作独自の世界。

そして、その独創的な景色が次々と移り変わりつつ主人公が疾走していく爽快感。ゲームプレイはもちろんのこと見ごたえも抜群。

ストーリー含め本作から伝わってくるメッセージはあたたかくて、「さよならワイルドハーツ」のタイトルの意味が分かるエンディングでは心がほっこり。

sayonara wild hearts 評価 攻略

ゲームボリュームは少なめだし、ミスをしてもペナルティもなく、最初から最後までひと通りプレイするだけなら、1〜2時間くらいで終わる。

音楽CDアルバム1枚を最初から最後まで通して聴いたという感覚。

でも、小ボリュームとはいっても、密度が濃い

視点やアクションが場面によって自動でグルグルと変わって、派手なゲーム展開が楽しめる。

同じことの繰り返しは一切ない。初見だと「え!シューティングゲームになった!あれ!ドライブだ!」と状況を把握するのに忙しい。

sayonara wild hearts 評価 攻略

というわけで画面は忙しいけれど、操作はシンプル。アクションゲームや音ゲーに馴染みがない人でも楽しめる。

チェックポイントも細かく設定されているし、難しくて何度か同じ地点で繰り返しミスしていると「このパートはスキップしますか?」とお助け機能も発動する。

一方で、やり込み要素でもある高ランク獲得を達成するには、しっかりステージ構成を覚えなければならない。

なので、やり込みまでしっかりプレイするとなると、全然ボリューム少なめではなくなる。

sayonara wild hearts 評価 攻略

ただ、全編通して似た雰囲気のキラキラポップな曲調が続く。

本作BGMの曲調が好みじゃなければ、繰り返しプレイしようという気にはならないかもしれない。

でも、他では味わえない独創性と中毒性があるゲームなので、曲調が好みじゃなくても1周だけプレイのつもりでも十分おすすめしたい素晴らしいゲームだ。

最大の魅力であるBGM
視聴可能

メインアーティスト:Daniel Olsén

総合評価Summary

4.5

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

魅力的なBGMとグラフィック

目まぐるしく変わる視点とアクション

シンプル操作

残念なところ

ボリュームは少なめ

BGMの好みで面白さが分かれる

オススメな人

楽しい気分になりたい

個性的なゲームを探している

音ゲーが好き

オススメではない人

キラキラポップな雰囲気が苦手

自動で進むゲームが苦手

本作が好きならオススメRecommendation

オススメ
ケイデンス オブ ハイラル: クリプト オブ ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説

『ゼルダの伝説』の世界をBGMのビートに合わせて冒険する。ダンジョン内はローグライク要素もある。人気作『クリプトオブネクロダンサー』とコラボしたタイトル。

オススメ
キングダムハーツ メロディ オブ メモリー

人気シリーズ『キングダムハーツ』の楽曲で音ゲーが楽しめるリズムアクションゲーム。名シーンを背景にプレイする豪華な内容。難易度設定が可能なので、音ゲーが苦手でも楽しめる親切設計。

Sayonara Wild Hearts
© 2019 Simogo AB. All rights reserved. Published by Annapurna Interactive under exclusive license.

他のゲームも見る

どっちが気になる?

スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
Index