『ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』レビュー: やめ時を完全に見失う病みつき度

タップしてジャンプ

『ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』とは

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

リズムに合わせてダンジョンを探索する『クリプト・オブ・ネクロダンサー』を「ゼルダの伝説」シリーズの設定で楽しむことができる探索×リズムアクションゲーム。

プレイヤーは、リンク、またはゼルダ姫となって、ランダム生成された地上世界とダンジョンを探索。
クエストをこなしながらハイラルを救うための戦いを繰り広げます。
『クリプト・オブ・ネクロダンサー』の面白さはそのままに「ゼルダの伝説」シリーズでおなじみの曲やキャラクターも独特のピクセルアートで多数登場!

ec.nintendo.com

大人気インディーゲーム『クリプト・オブ・ネクロダンサー』と『ゼルダの伝説』が豪華コラボ!

『クリプト・オブ・ネクロダンサー』とは、ローグライクダンジョン探索に、リズムに乗って行動する音ゲー要素が加わった高評価インディーゲーム。

その異色の組み合わせが独特で面白く、病みつき度も半端なく、一躍人気になった。

crypt of the necrodancer
steam

本作は、『クリプト・オブ・ネクロダンサー』のシステムを使い『ゼルダの伝説』世界を冒険すると言う、これまた異色の組み合わせ。

Nintendo Switchのみでプレイ可能。

ストーリー

しっかり『ゼルダの伝説』

完全に『ゼルダの伝説』の世界
武器も道具も敵も何から何まで『ゼルダの伝説』になっている。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

あらすじは、『クリプト・オブ・ネクロダンサー』の主人公ケイデンスが、どこからともなく吹っ飛んでくると、そこは『ゼルダの伝説』の世界。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

そこから、リンクかゼルダ姫を選択して冒険を進めていく。
それぞれでストーリー展開は異なる。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

オクターヴォという音楽家にハイラル城が乗っ取られてしまう。
支配されたハイラル王国を救うため、各地にいる楽器を操るボスたちを撃破していくこととなる。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

ゲームの特徴

『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』なマップ

本家『クリプト・オブ・ネクロダンサー』は、ローグライクなので、もちろんプレイする度に地形が変わるランダムマップ。

しかし、本作では、マップは変わらない

マップは、1画面が1区画という単位になっているが、行ったことのある場所は地図で見れるようになる。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の世界観にかなり近くて、プレイしたことのある人なら馴染みのあるマップが広がっている。

ノリが全て

何をするにもBGMにノらなければならない。

画面下のトライフォースに縦棒が重なる瞬間が1ビート。
それに合わせて、移動や攻撃を行うボタンを押す。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

ボタンを押すタイミングがビートから大きくずれてしまうと「ミス」になってしまいアクションが出来ない。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

BGMもしっかり『ゼルダの伝説』。

『ゼルダの伝説』シリーズを1タイトルでもプレイしたことがあるなら、聞き覚えのある曲がアップテンポでノリやすいリミックスされている。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

かなり分かりやすいリズムになっているので、画面下を一生懸命見つめ続けなくても自然とビートが刻める。

音ゲーに馴染みがない人でも安心
タイミングが合っているかの判定も本気の音ゲーほど厳しくない

連続してリズムに乗って行動できていると、画面下のトライフォースがビリビリパワーを帯びてくる

このパワーが大きいほど、敵がドロップするルピーが多くなったり、便利なアイテムが手に入るようになる。

踊りながら戦う

敵もビートにノッている。
敵ごとに動きにパターンがある
2ビートごと移動したり、2マス分攻撃してきたり。

それぞれの敵の動きを覚えながら、不利にならない場所に移動したり、攻撃出来るタイミングを見極めて立ち回る。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

リンク、ゼルダ姫、ケイデンスを操作することが出来るが、それぞれ異なる攻撃方法を持っている。
例えば、リンクは回転斬りが出来て、ゼルダ姫は魔法が使えるといった感じ。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

ローグライト

ハートがゼロになってしまうとゲームオーバー。
ルピーと装備品(たいまつ、スコップ、防具など)を失ってしまう。

しかし、ダイヤ(各マップで画面内の敵全てを倒すと入手可能)と武器や特定のアイテムは失わない。
復活する時に、ダイヤで欲しいアイテムを買ってから、有利な状態で復活出来る。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

また、いくつかのマップにはシーカーストーンがあり、触れると青くなる。
復活時には、触れたことのあるシーカーストーンのうち好きな場所を選んでリスタート出来る。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

ローグライク要素もちゃんとある

各地に神殿があり、『ゼルダの伝説』の伝統行事として、まずは神殿巡りをすることになる。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

神殿やダンジョン内はローグライクになっていて、入る度に地形やモンスターの配置が変わる。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

そして、『ゼルダの伝説』といえば、謎解き。
ダンジョン内では謎解きや全ての敵を倒すことで進める扉などもゼルダならではのギミックも登場する。

そして、もちろん、最奥にはボスが待ち構えている。

武器とアイテム集め

各地の宝箱から武器や便利な道具を手に入れる。

リンク、ゼルダ姫、ケイデンス3人とも共通の武器もあれば、特定のキャラしか使えない武器もある。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

「大妖精の泉」に行って、攻撃力アップや回復機能などの特性を武器に付けることも可能。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

そして、『ゼルダの伝説』お馴染みの道具も登場する。
爆弾やフックショット、ブーメランなどなど。
冒険が楽になるし、特定の道具を持っていなければ到達できない宝箱もある。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

お店屋さんも登場

ケイデンス以外にも『クリプト・オブ・ネクロダンサー』からゲストが登場する。
それは、お店屋さん

お店屋さんの近くを通ると、BGMに歌声が混じって聞こえて来る。
店主がノリノリで大熱唱中。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

松明やスコップに爆弾などなど、役に立つアイテムを売ってくれる。
ちなみに、お店屋さんは、ダンジョン内でも商売をしている。

デクの実

各地に地中に埋まったデクナッツがいる。
倒すとデクの実をもらえるが、集めておくと、いいアイテムと交換できるようになる。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

ゲームクリアとは直接関係ないやり込み要素になっている

評価

良いところ

  • 昔ながらの『ゼルダの伝説』が楽しめる
  • 自然に縦ノリしてしまうBGM
  • 可愛くデフォルメされた敵
  • 武器やアイテムが豊富
  • 「2Dゼルダ」 の懐かしさ

残念なところ

  • ボスの歯ごたえが少なめ
  • ダンジョンが短め

感想

病みつき

ノリノリBGMに合わせてボタンを押す、とにかくプレイしているだけで楽しい
それで『ゼルダの伝説』世界なんだから、更に楽しい。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

音ゲーは、ほぼプレイ経験がないんだけど、それでもすぐに虜になってしまうくらいプレイしやすい。

まず、ゲームスタート前に「キャリブレーション」でボタン入力とBGMのタイミング合わせが出来るので、自分の癖によって「あれ?なんか微妙にズレてる?」みたいな余計なストレスは起きない。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

操作のしやすさやロードの軽さなど他の要素でもストレスはなく、ゲームスタートから一気に病みつきになった。

また、『ゼルダの伝説』のBGMがいい感じにノリノリアレンジされているのも病みつきになるポイント。
ゲームを終えても耳の奥で鳴ってるほど聴きやすい。

アレンジが上手くてビートが分かりやすく、音ゲー要素があるからといって「リズムを感じるので精一杯!」という難しさは無い。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

ノリが大切なゲームなだけに、終始ノリノリで快適にプレイが出来た。

本家より遊びやすくクリア出来る

本家の『クリプト・オブ・ネクロダンサー』は体験版でプレイしたことがあるけど、もっと難しかった印象が残っている。

まず、アイテムや敵が初めて見るものばかりなので、1から覚えるっていうのもあるし、ローグライクなので、死ねば完全に最初から新たなマップでやり直し。

ダイヤもそんなに簡単に手に入らなかった記憶がある。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

一方で、本作では、死んでしまっても行った場所は地図が開示された状態になるし、フィールドマップも変わらない。

ライト寄りなローグライトで、失敗しながらでも着実に先に進んでいくことが出来る。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

ダイヤも手に入りやすくて、困ることはなかった。
でも、実際には、ダイヤに頼らなくてもクリアしていける難易度。
それくらい高確率でアイテムがドロップする。

ダンジョンとボスは優しめ

ダンジョンはローグライクになっているけど、そんなに長くない、というか短い。

そして、進捗状況はセーブされるので、途中で死んでしまっても、「ダンジョン始めからやり直し」とはならない優しい設計。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

最奥で待ち構えるボスは、巨大だけど、歯ごたえがフニャフニャ。

このゲームって、ビートに乗りながら立ち回って、敵のダンスを把握して捌いていくっていうところに難しさがあるんだと思うけど。

ボスは1体。
そう、狙う相手が1体だと、そこまで難しくない。

雑魚敵の大群の中で、全員を倒そうと立ち回る方が、やりごたえがある。
ボスにたどり着くまでの方が、本作の面白さを味わえる。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

無料アップデートによって、ボスのオクターヴォが主人公になる「オクターヴォオデッセイ」が追加された。
全く違うストーリーでまるまる一本分のボリュームが楽しめる。
配信当初のボリューム不足感が解消されて、たっぷり遊べる内容になった。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

おすすめな人

『ゼルダの伝説』シリーズ好きには絶対おすすめ。
特にスーパーファミコン時代の『ゼルダの伝説』が好きな人におすすめ。
「ゼルダ」クオリティが終始保たれている。

crypt of the necrodancer クリプト オブ ネクロダンサー ケイデンス オブ ハイラル ゼルダの伝説 cadence of hyrule

音ゲーの楽しさは味わえるものの、音ゲー特有の難しさはなく、アクションとして楽しめる良作。
操作も簡単で気軽に楽しく遊べる

『ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』
https://www.spike-chunsoft.co.jp/necrodancer-zelda/
© Nintendo © Brace Yourself Games. © Spike Chunsoft All rights reserved. Licensed by Nintendo.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる