『Skul: The Hero Slayer』レビュー: ザコ敵の復讐

『Skul: The Hero Slayer』は、SouthPAW Games が開発した2Dサイドスクロール型のアクションローグライクゲーム。

PS5、PS4、Nintendo Switch、Xbox、PCでプレイ可能。私はXbox版をプレイ。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

画像はタップもしくはクリックすると拡大できます。

Index

あらすじStory

Story
雑魚スケルトン

主人公はリトルボーンと呼ばれる小さめ骸骨くん。マントだけ付けているシンプルなガイコツ。

スケルトンなので、もちろん魔王の配下だ。

しかし、物語の冒頭で既に魔王側は敗北中。魔王は勇者率いる人間たちに捕らえられ、魔王城は壊滅状態。なんということだ。

いや、勇者が勝ってるわけだし、本来なら良いことでは。エンディング寸前ってところでしょ。

skul the hero slayer スカール
Story
勇者

役不足感は否めないけど、とりあえず小さな主人公が魔王様救出チャレンジに挑戦することに。

主人公は人間たちに捕まっていた魔女を助け、共に魔王様を助けに向かう。

が、そこで物騒なことが明らかになる。

魔王様の味方だったはずのモンスターたちが、勇者によって黒い石を埋め込まれて操られている。

初代勇者と名乗るヤツは、魔族より悪役らしい口ぶり。

あれ、そういう邪悪な感じは魔族の専売特許のはずなんだけど。

skul the hero slayer スカール
Story
魔王様

予想どおり、初代勇者にあっけなく蹴散らされてしまった主人公。

しかし、そこはスケルトン。骨が無事なら、また立ち上がればいいだけだ。

廃墟と化した魔王城を拠点として、魔女たちの力も借りつつ、小さな骸骨くんの勇者討伐物語が始まる。

とりあえず、クッパ大魔王ポジションが勇者で、ピーチ姫ポジションが魔王様ということでいいだろう。

ちょっと変だけど、頑張ろう。

skul the hero slayer スカール

ゲームの特徴Features

Feature
魔王様への道のり
skul the hero slayer スカール

本作はローグライクゲーム。

ランダム生成のいくつかのステージを通って中ボス、またいくつかステージを通って大ボス。そして新たなエリアへ。それを繰り返す。

各ステージでは、全ての敵を倒すと報酬を獲得して次のステージに進むことが出来る。後戻りは不可能。

次に進むゲートは選択できる場合もあり、ゲートの見た目で次のステージ報酬が分かる。

Feature
しゃれこうべ着せ替え
skul the hero slayer スカール

ステージ報酬の1つが頭蓋骨

主人公は拾った頭部を付け替えることで、クラスも見た目も使えるスキルも変わる

例えば、コソ泥スケルトンなら移動スピードなどが速くなり、武器は攻撃速度の速い両手ダガー。

ガーゴイルスケルトンなら、もはやリトルボーンの面影はなく、空中を滑空でき、竜巻を起こすスキルが使える。などなど。

常時2種類の頭部を保有して付け替えることが出来る。道中で頭部を見つけては取捨選択していくわけだ。

Feature
ローグライト
skul the hero slayer スカール

敵を倒すとお金と魔石がドロップする。

お金は道中で出現するお店で買い物に使えるけれど、ゲームオーバーになれば全て失ってしまう。

魔石は死んでも失わず、拠点にいる魔女に一定数渡すと主人公のパラメータを永続アップグレード出来る。

また、道中で人間に捕まっているモンスターを助けると、拠点にいる仲間が増え、スタート時に様々なモノをくれるようになる。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

skul the hero slayer スカール

3.5

勇者が悪者という面白い設定。まあ、たまに見かける設定ではあるので斬新というわけではないけれど、新鮮ではある。

そして、大ボスを倒すごとに語られていく魔女の回想

魔王様と人間、何がどうしてこうなったか少しずつ推測出来るような過去が明らかになってくる。

というわけで、あまり重たくはないけれど、物語要素も楽しめる。

ただ、日本語訳が怪しいところが多々あるのが残念。


キャラクターの魅力

skul the hero slayer スカール

3.5

主人公は喋らないけど、頭部を変えた瞬間に全く姿形が変わるのが面白い。

頭部を付け替えても主人公に変わりはない。でも、そこら辺に落ちている誰かの頭蓋骨で変身してしまう。

あれ?スケルトンの本体って、頭と身体のどっち?

大体のゲームで敵となるモンスターであるNPCたちは、意外とまとも。

一方で、勇者たちは自信過剰だし、やたらと回復するし、いちいち必殺技名叫んでて騒がしい。

ドラクエとかの敵には勇者がこんな風に見えてるのかもな。そんな視点が味わえるのが楽しい。


操作性

skul the hero slayer スカール

4.5

主人公はサクサク動く。爽快なプレイ感覚

スケルトンの種類が変われば挙動もちゃんと変わる。重たい攻撃になったり回避ダッシュの距離が長くなったり素早くなったり。

しっかり作り分けられているので、自分のお気に入りのスケルトンタイプが出来るはず。

スキルを発動したり、スケルトンタイプの切り替えもボタン1つ押すだけなので、操作しやすい


難易度バランス

skul the hero slayer スカール

3.5

永続アップグレードがあるので、プレイすればするほど長生きできるようになる。

マップはもちろんランダム生成だけど、そんなに種類は多くない感じ。各エリアの敵の種類もそんなに多くはない。

敵は大量に登場するけれど、攻撃すると怯んでくれるし、射程内にいる敵なら全員に攻撃判定となる。

無双系ゲームっぽく倒していける。


ゲームシステム

skul the hero slayer スカール

4.0

上述したけれど、頭蓋骨が変わるとしっかりガラリと挙動やスタイルも武器も全て変わるのが面白いところ。

ローグライクとしてはよくあるタイプのゲーム性だけど、主人公の変身ぶりが本作の最大の魅力。

何となくじゃなく、がっつり変わるので、道中でプレイ感覚がどんどん変化するのが楽しい。

また、同じ頭蓋骨でも、大ボスを倒した後に会える蜘蛛さんに一定数の骨(道中でいらなくなった頭蓋骨を破壊すると得られる)を渡すと、スタイルがアップグレードする。

「ウェアウルフ」タイプが「年をとったウェアウルフ」タイプになったりなど、強さもスキルもアップグレードする。


やりこみ要素

skul the hero slayer スカール

3.5

頭蓋骨だけでなく、様々な追加効果やバフが発生するアイテム、精髄と呼ばれる必殺技など、道中で手に入るものは多い。いろんなプレイスタイルを試すことが出来る。

また、人間に捕まっている魔族たちを助けて拠点が賑やかになっていくやり込み要素もある。

時には、単に敵を一掃するのではないステージもある。ちょっとしたステルスや防衛戦のようなものが楽しめるステージが突然登場する。

でも、そんなにやり込み要素ぎっしりという感じではない。


グラフィック

skul the hero slayer スカール

3.5

ポップな印象のピクセルアート。

魔族がメインだけど、全体的に可愛らしい雰囲気で、魔族の怖さはほぼ無し。


サウンド

skul the hero slayer スカール

3.5

音楽も魔族っぽい不気味さはなく、勇敢な曲調が多い。

実際には、大量の敵をドカドカ倒してて、ザクザクとかバシバシとか効果音が派手でBGMに聴き入ってる暇はないんだけど。


総合評価Summary

3.5

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

頭蓋骨が変わるとプレイスタイル一変する

魔王軍側が主人公という設定

爽快な操作感

残念なところ

マップや敵の種類が少なめ

日本語訳が怪しいところがある

オススメな人

ローグライクゲームが好き

大量の敵をなぎ倒すのが好き

2Dアクションゲームが好き

魔王軍に入ってみたい

オススメではない人

同じ武器やスキルを極めたい

勇者側じゃないと納得できない

たっぷりのやり込み要素が欲しい

本作が好きならオススメRecommendation

オススメ
Dead Cells

2Dサイドスクロール型のローグライクゲーム。操作感も気持ち良い大人気作。本作よりは難易度が高め。

\ブラックフライデー開催中!/
Amazonで見る
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で見る
オススメ
West of Dead

こちらもガイコツが主人公のローグライクゲーム。ただし、こっちのガイコツマンは渋さ100%。シューティングアクションが味わえる個性的なタイトル。

© NEOWIZ All rights reserved.
https://playneowiz.com

他のゲームも見る

最新のおすすめゲーム動画

カテゴリー

最新ゲーム

発売日情報

レビュー

高評価ゲーム

YouTube
おすすめ動画

Twitter
最新の情報

オススメの
周辺機器

種類別に
ゲームを探す

今話題のゲーム

\ブラックフライデー開催中!/
Amazonで見る
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で見る
\ブラックフライデー開催中!/
Amazonで見る
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で見る
\ブラックフライデー開催中!/
Amazonで見る
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で見る
\ブラックフライデー開催中!/
Amazonで見る
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で見る
エレクトロニック・アーツ
\ブラックフライデー開催中!/
Amazonで見る
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で見る
Keep Gaming On
ゲームしてるだけで幸せ。ゲーム情報を調べるのも大好き。
超大作からインディーゲームまで、年間100本近くのゲームをプレイするゲーム漬けゲーマーです。
この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる