『Grindstone』レビュー: 派手で頭脳派マッチョな一筆書きパズル

grindstone

人気作『SUPERBROTHERS: SWORD & SWORCERY EP スキタイのムスメ』で知られるカナダのCapybara Gamesによる新作パズルゲーム

現在、Apple Arcadeで配信中。
日本語にも対応していて、スマホだと縦持ちでプレイ出来る。私はiPhoneでプレイ。

読みたい項目を選択

あらすじ

パズルゲームなので、ストーリーはあるようで、ほぼ無い。というか、気にしなくてもいい。

でも、ちゃんと世界設定やら主人公の目的はある。

極寒の雪国に住む妻子持ちのマッチョマン(名前はジョルジュ)が一攫千金を夢見て、吹雪の中、こっそりと山へと旅立つ。

grindstone

マッチョマンには、夢がある。家族を連れて楽園「Mudflats」へ行きたい。

grindstone
マッチョの夢

となると、お金が必要だ!というわけで、戦士登録のようなものを済ませ、山の洞窟へと向かっていく。

「雪国暮らしなのに防寒着はないのか?」とツッコミたくなるけれど、スタート時には文字通り裸一貫で洞窟には挑んでいく。なんとも勇ましいというか無謀ともいえる戦士が主人公。

grindstone

ゲームの特徴

一筆書きでぶった斬るマッチョ

色んなスマホ向けパズルゲームで遊んだことがある人なら、どこかで見たことがあるだろうというルール。

縦、横、斜めの8方向に同じ種類(色)のモンスターを一筆描きでなぞっていくことができる。「よし、これだ!」という一筆書きが決まったら「Go」ボタンをタップする。そうすると、その一筆書き通りに主人公がモンスターををぶった斬りながら移動する。これが、基本。

何体以上つなげないといけないという制限はない。1体だけでも倒すことが出来る。

grindstone

一筆書きの終点で主人公は止まる。で、また次の一筆書きが始めることができる。

こうして一筆書きで10体以上のモンスターを倒すと、ステージ上に宝石が降ってくる。これがグラインドストーン。

grindstone

この宝石は、ゲーム内通貨のような役割を果たすことになるけど、もう一つ便利すぎる能力を秘めている。

落ちてきた宝石は、モンスターと同じ一筆書きにつなげることで手に入れることが出来る。

で、宝石をなぞる前後でモンスターの種類を変えることが出来る。例えば、紫色のモンスターをなぞっていってたのに、宝石を通過すると、緑色モンスターに乗り換えてなぞっていくことが出来る。

grindstone

モンスターの種類を変えてもカウントは続くので、宝石を巻き込むと1ターンで大量にモンスターを倒すことが可能になる。多くのモンスターを一気に倒せば、降ってくる宝石も多くなる。

grindstone

もちろんたくさんの宝石を手に入れたいけれど、ステージクリアの条件は別だ。ステージごとに目標が決まっている。「敵を何体以上倒す」など。

目標達成したら、ステージ上部の扉が開くので、そこまで移動できればステージクリア。目標が達成できれば何ターンかかってもいい。

grindstone

ちなみに、画面上部の「出口」に行かなければ、クリア条件満たしてもステージにとどまることが可能。更にモンスターを倒して宝石を稼いだり、後述する宝石以外の報酬を狙ったりも出来る。

敵意溢れるモンスター

通常、行儀良く可愛いらしい顔して並んでいるだけの雑魚モンスター達。でも、マッチョジョルジュが宝石を手に入れるための生贄になるだけではない。

時々、スーパーサイヤ人に変身するかのごとくパワーに満ち溢れ、凶悪な顔へと変貌する。

また、雑魚とは一線を画す上級モンスターも出現する。

grindstone

凶暴モンスターたちは、ジョルジュを攻撃してくる。一筆書き終点がモンスターの攻撃範囲に入っているとダメージを受けてしまう。上級モンスターは、それぞれ攻撃パターンが異なっていて、範囲攻撃や遠距離攻撃もある。

grindstone

敵は主人公が動いた後に攻撃してくるので、一筆書きの終点が敵の攻撃範囲に入らないように気をつけなければならない。

巣から飛び出してくるコウモリ、墓から蘇るガイコツ、宝石を盗む憎たらしい盗賊など、ステージによって多種多様なモンスターが現れる。

しかし、一定数(上級モンスターの右下に表示されている数字分)の雑魚モンスターをなぞってからだと、上級モンスターに一筆書きを繋げることが出来て、倒すことができる。

grindstone
上級モンスターを通過した後は
別色のモンスターに乗り換えて一筆書きができる
宝石と同じだ

逆に敵に攻撃されて、主人公の体力(画面左上のハート)がゼロになれば、それまで集めていた報酬をぶちまけてゲームオーバーになる。

grindstone

ステージ内でターン数を重ねれば重ねるほど雑魚敵は凶暴化しやすくなり、上級モンスターもどんどん登場してくる。報酬を狙うか、クリアを急ぐか悩むところ。

また、一定のステージを進むとボス戦もある。

grindstone

ボスは単純な一筆書きでは倒せない。倒し方が決まっていて、上手く立ち回りつつ攻撃チャンスを狙って攻撃しなければいけない。

grindstone

しかし、ボスを倒しただけでは次のエリアには進めない。次のエリアに進むには、一定数の王冠を捧げなければならない。

grindstone

各ステージに登場する王族スロップ(セレブな上級モンスター)を倒すと王冠を手に入れることができる。

grindstone

ステージの目標だけクリアしていては王冠が集まらないので注意。

宿屋

ゲームは、ステージクリア型

grindstone

そして、ステージとは別に「宿屋」がある。

grindstone

宿屋には、体力回復できるバーや、便利アイテムや武器防具を作れるショップ、仕立て屋がある。

バーでは、宝石を払って体力回復が出来る。

grindstone

ショップや仕立て屋では、素材と宝石を消費して技や装備を作製することが出来る。

grindstone

素材は、ステージ上に出現する宝箱から手に入れたり、上級モンスターを倒したり、ステージ上のオブジェクトなどを壊すことで手に入る。

grindstone
ステージクリアすると集めた素材を
手に入れることができる

評価

物語の魅力

ストーリー   3.5

キャラの魅力  4.0

パズルゲームなので、物語要素は軽め。そんなに注目するところではない。

だけど、キャラクターの魅力は強烈。

まず、主人公ジョルジュの豪快マッチョぶり。そして、極悪な顔のくせに倒されるとなったら絶叫顔になる表情豊かなモンスターたち。

grindstone

物語というより、見ていて好きになる世界。

芸術性

グラフィック  4.5

サウンド    4.0

Capybara gamesの代表作『スキタイのムスメ』といえば、超個性的で美しいドット絵が印象的だった。

しかし、本作では、手描きイラスト調なグラフィック。かなり雰囲気は違うけれど、本作も芸術性が高い。

「筋肉モリモリ戦士が洞窟でモンスターと戦う」と聞くと、なんとも汗臭そうで重厚なゲームかと思うけど、グラフィックや演出はかなりコミカルでポップでカラフル

grindstone

一方で、音楽はポップというわけではなく、ダウンテンポ。ガチャガチャと騒がしくないので、BGM聴きながらじっくりパズルを考えていても邪魔にならない。

ただ、敵を倒す時は、ブシュウウウ!ドカーン!ギャー!ウォー !と効果音は派手に鳴る。

快適さ

操作性   5.0

バランス  4.5

操作は一筆書きするだけなのでシンプル。「Go」ボタンをタップするまでは何度でも修正が可能だし、敵の攻撃範囲を確認もできるし、じっくり考えることができる

で、よくあるスマホ向けパズルゲームに比べると、序盤から難易度は高め。「なんとなく一筆書きしてみた」ではクリアできない。

grindstone

移動する上級モンスターもいれば、雑魚敵も突然凶暴化するので、計画した通りにコトは運ばない。絶対に一筋縄ではクリア出来ない。

宝箱など多くの報酬を取っていこうとすると難易度はどんどん高くなるし。

grindstone

でも、時間制限もターン数制限はないし、もちろん課金要素は一切ない。ちゃんと素材を集めれば防具やアイテムを揃えることができるし、運まかせではなく考えて攻略することができる

気になるところとしては、ややスマホ充電の減りが早いところ。他のスマホ向けカジュアルパズルゲームに比べると充電の減りが早い印象。

面白さ

システム  5.0

やり込み  4.5

「スマホでよく見かけるパズルゲームだなあ」と思ったけど、プレイしてみると「よく見かける」とはひと味もふた味も違っている

grindstone

最大のハマるポイントは、上級モンスターや宝石でつなげられるモンスターの種類が変えられること。これによって、一筆書きのパターンが無数になり、考えがい迷いがいのあるパズルになっている。

ステージを進むごとに、罠や多種類の敵が現れて難易度はどんどん高くなるし、ボス戦もあるのし、全く飽きてこない。装備やアイテムの種類も増えるので、自由度高く攻略していくことができる。

grindstone

30体近くのモンスターをつなげられると、かなりの爽快感。「皆殺しじゃあああ!」と、パズルゲームだけど興奮する。

grindstone

まとめ

総合評価

4.5

物語の魅力
芸術的な完成度
プレイの快適さ
ゲームとしての面白さ
 良いところ
  • 分かりやすいルール
  • 歯応えのある難易度
  • 長くつなげられた時の爽快感
  • カラフルなグラフィック
  • 豪快な演出
 残念なところ
  • スマホの充電が減りやすい
こんな人にオススメ!
  • パズルゲームが好き
  • Apple Arcadeのスマホと相性が良いゲームを探している
オススメではない人
  • カジュアルな難易度を求めている

Grindstone
http://www.grindstonegame.com/
© Copyright 2019 Capybara Games Inc.

パズルゲームが好きなら

他のゲームも見る

こちらもオススメ

おすすめゲームを
\動画でまとめて見る/

最速のゲームニュース
\リアルタイムで配信中/

ゲームの発売日一覧
\大作もインディーも/

おすすめゲームを
\動画でまとめて見る/

最速のゲームニュース
\リアルタイムで配信中/

ゲームの発売日一覧
\大作もインディーも/

読みたい項目を選択
閉じる