『あつまれ どうぶつの森』レビュー: 優しい世界で金欠

『あつまれ どうぶつの森』とは、任天堂が開発したカジュアルなライフシムゲーム

2001年にゲームキューブで第1作目が発売されて以来、ずーっと大人気な任天堂の看板シリーズだ。

本作は、Nintendo Switchでプレイ可能。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。本作に似たゲームも紹介する。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見れます。

Index

あらすじStory

自分の分身

主人公はプレイヤー自身。

そんなに細かくこだわれないけれど、キャラクリエイトが可能。『どうぶつの森』世界で暮らす自分の分身を作ればいい。

本作では、「だなも」が口癖の不動産屋さんたぬきちが企画した無人島移住パッケージに参加するところからゲームが始まる。

軽く個人情報を教えたら、飛行機で出発!

あつまれ どうぶつの森 あつ森 どう森 評価 攻略

開拓する

無人島に着いたら、「だなも、だなも」と、たぬきちから無人島生活のレクチャーを受ける。

翌朝からは、早速アウトドア生活が満喫できる。

といっても、これは無人島に移住する計画であって、アウトドア体験旅行ではない。

遊びじゃない。いや、もちろん過酷な無人島サバイバルというわけでもないけど。

自由ではあるけれど、無人島を開拓することが目的だ。

あつまれ どうぶつの森 あつ森 どう森 評価 攻略

詐欺師たぬきち

「さあ、ご自由に開拓を!」といきたいところだけど、無人島到着時にテントやらスマホやら支給してもらった費用を払わなければいけないという最初の目標がある。

そう、移住だと言って島に連れてきてくれたけれど、最初から借金を背負わされることになる。

初日から、たぬきちの高額請求が始まる。

でも特に期限も利息もないらしく、効率的に返済しても良いし、ローンを無視して好き勝手してても良い。

ちなみに「無人島移住パッケージ」には、他にも参加者がいて、もはや島は無人島ではない。

にぎやかな島にするのか、落ち着いた島にするのか、リゾートな島にするのか、どんな島を目指すかはプレイヤー次第

主人公はリーダーシップを発揮して、無人島開拓を先導していく。というか、主人公がどうにかしなければ開拓は進まない。

あつまれ どうぶつの森 あつ森 どう森 評価 攻略

ゲームの特徴Features

ま〜ったり何かする

あつまれ どうぶつの森 あつ森 どう森 評価 攻略

バトルもないし、緊迫した人間関係もない。住人はみんな主人公のことが好きだし、たぬきち達も親切。

優しすぎる世界だ。

地面に生えてる雑草をむしったり、木を切ったり虫捕り魚釣り道具を作ったり、出来ることはどれもシンプル。

大きく分けると、資源を集めるクラフトする、家の内装や島の外観やファッションをカスタマイズする、3種類に分けられる。

ゲームが進行すると、島にお店が増えたり、島の地形を変えることもできるようになるけれど、基本的に上記の3種類を楽しむことになる。

毎日少しずつ

あつまれ どうぶつの森 あつ森 どう森 評価 攻略

本作は、ライフシムやサンドボックスゲームに近いゲーム。

しかし、体力やスタミナ、空腹の概念はない

スタミナ無限なんだし、島の資源全て根こそぎ採ってやるぜ!と思うけれど。残念ながら、1日に同じ木や岩から採れる資源の量には限りがある。

一気に長時間がっつり遊ぶというより、毎日少しずつプレイしていくような仕様になっている。

ただし、離島へおでかけすれば、自分の島以外の素材も採ることができる(後述するマイルを支払わなければならない)。

現実世界と同じ時間が流れる

あつまれ どうぶつの森 あつ森 どう森 評価 攻略

ゲーム内では、現実世界と同じ時間が流れている。

ゲームスタート時に設定したプレイヤーの居住地に合わせて時間が流れていく。

というわけで、自宅のベッドで寝ても、翌日にはならない。暦、朝昼晩の時間帯だけでなく、季節も反映される。

季節や時間によって現れる魚や昆虫、そしてもちろん島の景観も変わる。

また、ハロウィンやクリスマスといった現実世界の日付に合わせたイベントも発生する。

たぬきちサポート

あつまれ どうぶつの森 あつ森 どう森 評価 攻略

上述したカスタマイズするのが本作の最大の魅力ともいえる。服や壁などをオリジナルの柄にできる「マイデザイン」もある。

創作意欲みなぎるプレイヤーなら余裕で数時間経ってしまうくらい没頭できる要素が盛り沢山。

でも、「別に何か創る気はない」「カスタマイズは面倒くさい!」という人でも大丈夫。

たぬきちは商売上手だ。分かりやすくて挑戦したくなる目標を掲げてくれている。

それが、「たぬきマイレージ」という行動に応じたポイントシステム。

例えば、虫捕り。虫を一定数捕獲すれば、報酬として「マイル」が貰える。貯めたマイルは、商品と交換したり、離島におでかけするなどアクティビティに使用できる。

また、博物館がオープンすれば、さまざまな素材を寄贈して展示していく収集要素も楽しめる。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

あつまれ どうぶつの森 あつ森 どう森 評価 攻略

4.0

たぬき開発を乗っ取っろうという企んだりとか、襲ってくる島の原住民や、夜になると命を狙ってくる凶悪モンスターもいない。

もの足りなくなってしまいそうだけど、無人島を発展させていくたぬきちの野望がメインストーリーとなって機能している。


たぬきの人遣いの荒さには驚愕するけれど、彼のおかげで「なにすればいいんだろう」と途方にくれることがない。


キャラクターの魅力

あつまれ どうぶつの森 あつ森 どう森 評価 攻略

4.5

NPCは全員ゆるキャラグランプリ獲れそうな勢いで可愛い

初日から、キャンプファイヤー横でタンバリンを叩くツバクロくんの姿が可愛すぎて悶絶した。

新しい住人が登場することもあるんだけど、既に住んでいる住民と交換して住んでもらいたくなるくらい皆んな可愛い。

でも、ネット上では人気キャラが話題になっていたりもするけれど、最初から住んでいる動物に愛着が湧いてしまって、なかなか別れられない。


操作性

あつまれ どうぶつの森 あつ森 どう森 評価 攻略

4.0

シンプルな操作で、UIも分かりやすい

気になるところといえば、主人公の頭が丸すぎて、向いている方向が分かりづらいことくらい。狙った方向とずれた位置の土を掘ってしまったりする。

いちいち同じセリフを聞いたり、同じアクションの繰り返しだったり、正直なところ面倒に感じる瞬間もある。しかし、この「いちいち」が良い。

たぶん、ワザと面倒な仕様にしてるんじゃないかと。いちいちやるのが『どうぶつの森』の醍醐味


難易度バランス

あつまれ どうぶつの森 あつ森 どう森 評価 攻略

3.5

難しいことは一切ない

ゲームシステムもスローライフ徹底していて、雰囲気が壊れる瞬間がない。

誰でも、ゲーム慣れしていない人も楽しめる。

とは言っても、さすがに最初の数日はゆっくりすぎる

プレイヤーがやる気に満ち溢れている序盤は、もっとテンポ早くてもいいんじゃないかと思う。

でも、それ以降は、新要素が登場するテンポが絶妙。たぬきちからの莫大な請求も人遣い荒いお願いも良い配分。


ゲームシステム

あつまれ どうぶつの森 あつ森 どう森 評価 攻略

4.0

お金を稼ぎまくってローン返済優先したり、マイデザインで芸術作品創り出すなど、プレイヤーごとに好きな遊び方が出来る

明日は今日と違う。毎日ゲームを起動するのが楽しみになる、そんな不思議な魅力がある。

特にイベントシーズンはわっくわく。

一気に何時間もプレイしてしまう病みつきさではなくて、毎日少しずつプレイしたくなる長期的な中毒性がある。


やりこみ要素

あつまれ どうぶつの森 あつ森 どう森 評価 攻略

4.5

お店に並ぶ家具などは日替わり、虫など生物は季節や時間帯によって現れるものが変わる。とんでもないボリュームの収集要素が用意されている。

さらに、追加DLCでは、他人の別荘を創ってあげるというコンテンツまで登場した。

自宅内だけではなく島全体を細かくコーディネート出来てしまうんだから、いくら時間があっても足りない。

カスタマイズは別にこだわりなかったハズなのに、金に糸目をつけずに自宅の内装に取り掛かり始めている自分がいる。


グラフィック

あつまれ どうぶつの森 あつ森 どう森 評価 攻略

4.5

ひたすら可愛い。

最先端グラフィックとか高精細ってわけじゃない、素朴な可愛さ

グッズがバカ売れするのも納得。


サウンド

あつまれ どうぶつの森 あつ森 どう森 評価 攻略

4.5

音楽はずっと癒し。時間帯によってBGMが変わるけれど、特に夜プレイしていると眠たくなってくるほどの癒し。

ただ、ゲーム内に登場する犬の「とたけけ」(どう森世界の超有名シンガー)のレコードは、結構奇抜な曲も多くて笑える。

\\サントラはこちら//

コロムビアミュージックエンタテインメント

総合評価Summary

4.0

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

可愛くて癒される

カスタマイズにハマる

やり込み要素が特大ボリューム

残念なところ

特に序盤はゲーム進行がゆっくり

面倒くさく感じるところもある

オススメな人

可愛いものが好き

平和で癒されるゲームを求めている

クリエイトが好き

オススメではない人

一気に攻略したい

飽きっぽい

バトル要素を楽しみたい

おすすめ類似ゲーム本作に似たゲームはコチラ

オススメ
Cozy Grove

本作とかなりゲームシステムが近い癒しのゲーム。お化けになった熊を手助けしていく。お悩み解決した熊の周りが色とりどりになるシステムが魅力。

オススメ
Stardew Valley

もっとシミュレーション要素を楽しみたいなら、こちらがおすすめ。初期の『牧場物語』を彷彿とさせるシンプルだけど夢中になる人気ライフシムゲーム。

あつまれ どうぶつの森
4

『あつまれ どうぶつの森』レビュー: 優しい世界で金欠

どんな人でも楽しめる、癒しと可愛さが抜群のスローライフゲーム。

やり込み要素が膨大で、カスタマイズにこだわり始めると時間が溶ける長く遊べる1本。

あつまれ どうぶつの森
© 2020 Nintendo
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

他のゲームも見る

どっちが気になる?

スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
Index