新作おすすめアドベンチャーゲーム10本【物語主導型】2022年インディー

これから発売予定のアドベンチャーゲームから特におすすめの物語主導型のタイトル10本を紹介。

2022年以降に発売予定のインディーゲームから厳選した。

物語主導型とは、ストーリードリブンとも呼ばれる。物語の本筋がゲームの中心であり、メインストーリーがグングン進んでいくゲームが多い。物語を楽しむことがメインだ。

物語を楽しみたい人はもちろん、雰囲気が良いゲームが好きな方にもオススメ。

\\動画で見る//

Index

Stray

stray 発売日 日本語

サイパーパンクな街の路地裏。絶対何かが起きる。ギャングの抗争?コンピューターの暴走?

いや、だ。猫が散歩している。

本作の主人公は、ロボット達が暮らす不思議な街に迷い込んでしまった猫。

屋根や壁の上をヒョイヒョイ歩き、狭い道に潜り込んで行き、この世界からの脱出を目指す。

小さなドローンのB12と友達になり、危険なモンスター達にも立ち向かう。

雰囲気が秀逸で、トレーラー見ただけで夢中になってしまう。ゲームの中でも猫の魅力は絶大。

日本語版あり
2022年夏発売予定
Developer: BlueTwelve Studio
Publisher: Annapurna Interactive
https://stray.game


Little Devil Inside

little devil inside 発売日 日本語

人形劇のような個性的で素敵なグラフィックが目を惹く期待作。

超常現象を研究する教授。怪しい館から砂漠、雪山にと様々な超常現象を調査する。

でも、教授が主人公ではなくて、教授に雇われた探検家が主人公だ。

かなり危険な目に遭わされつつも、料理や現地の人と交渉したり、寝床を準備したり、サバイバルしながら任務をこなす。

登場するエリアが多種多様で、モンスターやオバケなど調査する超常現象も様々。

時には剣を振り回して戦うし、攻略法は一つではなかったり。アクションもサバイバルも楽しめる不思議な物語。

日本語版あり
2022年発売予定
Developer: Neostream Interactive
Publisher: Neostream Interactive
http://www.neostream.com/mldi/index.html


Somerville

somerville 発売日 日本語

エイリアンに侵略されボッコボコにされてる地球。

「さあ、エイリアンと戦うぞ!」というわけではなく、本作の目的は家族を守ること

理不尽な極限状態のなか、家族全員無事に生き延びようと奮闘しつつ、エイリアンの謎にも迫っていくことに。

トレーラーでは、エイリアンに対抗できそうなレーザー銃や家族以外の同行者の姿も。一体、この地球で、このごくごく平凡そうな一家に何が起きるのか。

本作は、不気味で不思議で衝撃の高評価アドベンチャー『LIMBO』『INSIDE』の開発者さんが手がけている。

これは期待せざるを得ない。

日本語版未定
2022年発売予定
Developer: Jumpship
Publisher: Jumpship
https://jumpship.co.uk


The Last Night

the last night 発売日 日本語

2Dと3Dが融合したグラフィックが魅力的すぎるゲーム。

ポストサイバーパンクの街で暮らす下層住民のチャーリーの物語を辿っていくことになる。

ステルスやシューティングアクションがあり、NPCとの会話も重要。

本作では会話中に色んなアクションが出来る。話し相手に銃を向けたり、無視して素通りしたり。もちろん、そうした行動により結果も変わってくる。

とにかく見惚れてしまう素晴らしいグラフィックに期待が高まる楽しみなゲーム。

しばらく続報がないけれど、開発元によるとゆっくり時間をかけて着実に開発しているとのこと。ひたすら楽しみ。

日本語版あり
発売時期 未定
Developer: Odd Tales
Publisher: Raw Fury
https://www.oddtales.net


A Memoir Blue

a memoir blue 発売日 日本語

トレーラー見ただけで泣きそうになる物語のアドベンチャーゲーム。

水泳のスター選手である主人公が、とある歌を聴いたことから母親との記憶を思い出していく物語。

幸せとは言えない子供時代、母親からの深い愛情。

母娘関係、スター選手としてのプライドやプレッシャー。

複雑な感情が、3DCGと2Dイラスト調グラフィックを組み合わせたグラフィックで綴られていく。

たぶん、ハンカチ持ってプレイした方が良さそう。絶対泣く。

日本語版あり
2022年3月24日発売予定
Developer: Cloisters Interactive
Publisher: Annapurna Interactive
https://annapurnainteractive.com/games/a-memoir-blue


SEASON

season 発売日 日本語

チャリで旅する。ロードトリップがテーマのアドベンチャーゲーム。

主人公は自転車に乗って、様々な人と出会い、色々な物を見つけ、美しい風景を写真に撮る。

なんとも癒される旅だ。

が、実は単なる気ままな旅ではない。

実は大災害が起こる前らしい。

主人公が何を記録し、何を保管するか。これが、大災害後の世界にも残っていくものとなる。

何を後世に伝えて、何を忘れてしまうのか。その取捨選択が本作の鍵となる。

日本語版あり
発売時期 未定
Developer: Scavengers Studio
Publisher: Scavengers Studio
https://www.play-season.com


浮世

浮世 Ukiyo 発売日 日本語

サイバーパンクなゲームはたくさんあるけれど、本作は和風サイバーパンクという一風変わった街が舞台。

しかも、この世界は、実は仮想世界

現実世界の人達がアバターで楽しく過ごしている。

が、ある日、この仮想世界から出られなくなる。何が何やら仕組みは全く分からないけど、この「ウキヨ」の世界から多くのアバターの中の人が現実に戻れなくなってるらしい。

主人公は猫で侍のカイ。現実に戻る方法を見つける旅が始まる。

なんといっても、この擬人化された動物達と絵巻物のようはグラフィックが魅力。

日本語版あり
2022年発売予定
Developer: Seaknot Studios
Publisher: Seaknot Studios
https://seaknot.dev/ukiyo


Deer & Boy

deer & boy 発売日 日本語

タイトルそのまま、鹿と少年の物語。

とある悲劇の後、家でした少年が小鹿と出会い、共に行動するうちに絆が芽生えていく。

謎解きしたり敵から逃げたりしつつ進むアドベンチャーゲーム。

子供と動物の物語は、「あるある」ではあるんだけど、やっぱり良い。

リュックサックに入れられて背負われている小鹿が可愛すぎて、絶対プレイしたくなる。

「この1人と1匹が一緒に幸せになりますように」と思わずにはいられない。物語に泣きそうな予感がする。

日本語版 未定
発売時期 未定
Developer: Lifeline Entertainment
Publisher: Lifeline Entertainment
http://deerandboy.com


Octopus City Blues

octopus city blues 発売日 日本語

「なんだこれ!」と思わず叫びたくなる不気味で摩訶不思議な世界。

ここは、オクトパスシティ。巨大なタコ状に作られた人類最後の街だ。なんだそれ。

こんな不可思議な街が舞台なだけでは飽き足らず、住人である主人公のKafは現実と夢の境界を彷徨い、幻覚を見始める。

もう、完全に意味分からない。

本作では、60人以上いるNPCたちの事情を聞いたり受け答えする事で物語が分岐していく。

目がチカチカしそうな強烈なグラフィックと自分のSAN値がおかしくなりそうな摩訶不思議な体験に興味津々。

日本語版 未定
発売時期 未定
Developer: Ghost in a Bottle
Publisher: Ghost in a Bottle
https://octopuscityblues.com


Harold Halibut

harold halibut 発売日 日本語

本作は手作りのストップモーションで描かれる「見る」ようなゲーム。

人類が定住できる新たな地を探して宇宙に出たものの、どこかの惑星の海に沈んだままになっている宇宙船。

主人公Haroldは、そんな宇宙船の主席科学者の助手を務めている。

惑星を探索したり、宇宙船にいる他の乗員と会話したり、映画のように物語を楽しめる。

「これも手作り、あれも手作り」と感心しまくりながら歩き回る芸術性が高いゲーム。

手作りの雰囲気や芸術性が高いゲームが好きな人は特に要注目。

日本語版あり
発売時期 未定
Developer: Slow Bros.
Publisher: Slow Bros.
https://slow-bros.com/harold-halibut

\\紹介したゲームを見る//

他のゲームも見る

どっちが気になる?

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる