『lumen.』レビュー: 光に照らされた衝撃の発明

タップしてジャンプ

『lumen.』とは

lumen

Lykkegaard Studiosが開発したパズルゲーム

これまでもスマホ向けのゲーム性やARを利用したゲームを開発している。

本作は、タイトルの「lumen」の通り光の筋を操るパズル(ルーメンは光束の単位)。

Apple Arcadeでプレイ可能。

あらすじ

主人公(ゲーム内で姿は見えない、プレイヤー自身)は、どこかの屋根裏部屋にいる。なぜ屋根裏部屋にいるかは不明。

そこには、Ms. Olivia McLumen オリビア・マクルーメンさんが残した謎の箱が1つ。

lumen

このオリビアさんは、100年以上前のスコットランドの発明家(フィクションだけど)。

彼女は、自分の発明品の記録を、この謎の箱にスライドとして残したらしい。

lumen

プレイヤーは、謎の箱内で光を巧みに操り、スライドに照射して、彼女の発明家としての記録を辿っていく

lumen

プレイヤーは、屋根裏部屋で必死に箱をいじり続けることになる。

ゲームの特徴

詰め込みすぎな箱

本作は、ステージクリア型のパズル

ステージ内にある全てのスクリーンに光を当てることが出来れば、ステージクリアになる。

クリアするたびに、オリビアさんのさまざまな写真が見れるようになっていく。

lumen

特定のステージでは、写真とともにナレーションも流れて、オリビアさん自身による解説を訊くことが出来る。

一度クリアしたステージは、後からリプレイも可能。

lumen
ステージ選択画面では
写真を大きく見ることができる

ステージ選択画面である箱の蓋部分では、アンロックした写真を連続して見ることができて、ザララララーッとスライドしていくと、パラパラ漫画のように写真を眺めることが出来る。

光の道すじを作る

ステージ内には光源がいくつかある。

そして、それを反射させるミラーや、光を一定方向に通す管などのギミックもある。

更に、クリア目標となるスクリーンが何枚か設置されている。

lumen

プレイヤーが操作できるのは光源とギミックだけ。しかも、角度を変えることが出来るだけだ。ギミック自体の場所を変えたりは出来ない。

光源やギミックをタップすると、90°ずつ回転していく。

lumen

これによって、光源から放たれる光のスジの向きを反射させたり向きを変えて、全てのスクリーンに光が当たる状態にするのが目標だ。

lumen
スクリーンにはどの方向から光を当ててもOK

また、ステージ内には、星が描かれているマス目が3つある。

このマス目を光のスジが通るようにすると、星が点灯していく。これはやり込み要素。

実際のところ、星3つ全てを点灯させなくても、全てのスクリーンに光を当てさえすればステージクリアは可能。

lumen
星3つが光らずにクリアしても
写真はぼやけてハッキリ見えない

星3つを点灯させつつ、スクリーンにも光が当たるように上手く操作するという、1段階複雑なパズルが楽しめるわけだ。

評価

物語の魅力

物語 3.0

キャラ 3.0

次から次へとパズルを解いていくゲームなので、ストーリー要素は軽い。逆にストーリーがあってびっくりしたぐらい。

で、オリビアさんの発明は、かなりぶっ飛んでる。車輪がタワシで出来てる自転車とか。奇想天外。

lumen
生活のちょっとした工夫から
とんでもない発明品をひらめくオリビアさん

でも、オリビアさんのナレーションは無視してしまいがち。ナレーションが流れつつも次のステージへ進めるので、パズルの方に夢中になってしまう。

まあ、ストーリーはおまけみたいなものなので、聞き逃しても支障はない。そのくらい、サラーーッと流れていく。

プレイの快適さ

操作性  4.0

バランス  3.0

タップしていくだけなので、操作はめちゃくちゃ簡単。

で、パズル自体もそんなに難しくはない。

lumen
ステージが進むとギミックの種類や数は増えていく

「どうしたら上手くいくかなー」って、ガチャガチャガチャガチャとギミックを動かしてたら、突然成功してしまうこともある。

更には、「さてさて、まずはこうしてみようか」とギミックをまだ2、3回触ったくらいの段階でうっかりパズルが解けてしまうことも。いや、まだ解けるつもりじゃなかったんだけど!

lumen
スクリーン全てに光が当たった瞬間にクリアになってしまう
これから星に当てていくところだったのに!

他ではあまり見ないパズルなので「難しそう?」と一見思うんだけど、ルールが分かってしまったらスイスイ解ける。

芸術的な完成度

グラフィック  4.0

サウンド  4.0

まさにアンティーク。昔ながらのフィラメントの電球みたいな、いい味出てる光が再現されてる。

lumen

BGMは、レトロなジャズの曲調。

アンティークな雰囲気が好きな人にとってはたまらない。あたたかみがあってオシャレ。

ギミックを動かす時のガシャンガシャーンみたいな効果音も小気味良い。

スマホでパズルゲームというとカジュアルなイメージが多いけれど、本作のアートワークはかなり高クオリティ。

ゲームとしての面白さ

システム  4.0

やり込み  3.0

光の向きを操作していくパズル。ルールや設定は独特。

スマホのパズルゲームって、よく似ているものが多い。でも、本作では、ちょっと違ったパズルが楽しめる。それだけでも新鮮。

lumen

パズルのクリア自体(全てのスクリーンに光を当てる)は難しくはないんだけど、三つの星も光らせるとなると、少し考えなきゃいけない。

でも、ちょっと考えると解ける。ペナルティもないので、いくらでもガチャガチャとギミック操作して試行錯誤もできるし。

ちょっと暇な時にプレイするのにちょうど良い。でも、ステージ数はたっぷりあるので長く楽しめる。

lumen

スイスイと解けていくので、「ちょっと」のつもりが、「次のステージもやっちゃおう」といつの間にか熱中しちゃうことも。

BGMがジャズで良い雰囲気だし、うーんうーんと悩むのではなく、息抜きするのにちょうど良いパズル。

まとめ

物語の魅力
プレイの快適さ
芸術的な完成度
ゲームとしての面白さ
 良いところ
  • 他ではあまり見かけないルール
  • アートワークがオシャレ
  • ボリュームたっぷり
 残念なところ
  • 意図せず解けてしまうことがある

総合評価

3.5

こんな人にオススメ!
  • パズルが好き
  • 一回のプレイが短時間のゲームを探している
  • アンティークな雰囲気が好き
オススメではない人
  • 歯応えのあるパズルを解きたい
  • 派手な演出やエフェクトを求めている
lumen.

lumen.

Lykkegaard Europe Limitedposted withアプリーチ

lumen.
https://www.lykkestudios.com/lumen
© Lykkegaard Europe Limited

Apple Arcadeのゲームを見る

他のゲームを見る

\ 記事にしていない最新情報はTwitterで! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる