『ペーパーマリオオリガミキング』レビュー: ふざけたノリで焦るパズル

タップしてジャンプ

『ペーパーマリオオリガミキング』とは

ペーパーマリオ オリガミキング

任天堂の『ペーパーマリオ』シリーズ最新作。

ポインポイーンとジャンプする『スーパーマリオ』シリーズとは違い、ペラペラの紙になったマリオが主人公。

本作は、パズルや謎解きのあるアドベンチャーゲーム。

Nintendo Switchでプレイ可能。
ニンテンドーカタログチケットの対象タイトル。

ストーリー

キノコ王国で開催されるオリガミ祭りに招待されたマリオとルイージ。

ペーパーマリオ オリガミキング

ワクワクしながらキノコ王国に到着してみると。

いつもの騒がしいキノピオたちがいない。

ペーパーマリオ オリガミキング

不思議に思いながら城へ向かうと、ピーチ姫の様子がおかしい。

マリオはペラペラ紙1枚なのに、ピーチ姫はひと手間ふた手間かけて折られたオリガミ作品になっている。

ペーパーマリオ オリガミキング

様子がおかしいピーチ姫は、マリオを地下牢へ落としてしまう。

そこには、同じく城に招待されていたクッパ大魔王とその軍団も捕らえられている。

ペーパーマリオ オリガミキング

全ての黒幕は、オリガミキングのオリー

キノコ王国を乗っ取って、みんなを折り紙に変えて丁寧に器用に折り畳んでいる。

しかも、オリガミにされた者は、オリーに操られてしまう。

ペーパーマリオ オリガミキング

オリガミ支配を目指すオリーは、ピーチ姫を城ごと遠くの山へ連れ去ってしまう。

ペーパーマリオ オリガミキング

マリオは、オリーの暴挙を止めようとしているオリーの妹オリビアと共にピーチ姫救出に向かう。

ペーパーマリオ オリガミキング

ペラペラなクッパ軍団は味方だけど
オリガミになったクッパ軍団はマリオを攻撃してくる

ゲームの特徴

謎解きしながら探索

マリオは、各地を旅して、ピーチ城を包む紙テープを剥いでいく。

マリオの基本アクションは、ジャンプハンマー叩き

怪しげなところを踏んだり叩いたり、ギミック起動したり。

ペーパーマリオ オリガミキング

また、フィールド上には、スカスカな穴が空いているところがある。

そこに「花咲かじいさん」のようにパァーンと紙ふぶき「カミッペラ」を巻き散らかすと、塞ぐことが出来る。

ペーパーマリオ オリガミキング

紙ふぶきは、木などを叩いたり敵を倒して補給することが出来る。

また、特定の場所では、「カミの手」といってマリオの腕をビョーンと伸ばすことが出来る。

これらを組み合わせて、謎解きをしながら進む道をきりひらいていく。

ペーパーマリオ オリガミキング

焦るリングパズルバトル

バトルはシンボルエンカウト

バトル画面では、マリオが中心に立っていて、その周りのリング(円状のマス)に敵が並ぶ。

バトルは、2段階に分かれている。
パズルとアクション

まずは、パズル。

好き勝手な所にいる敵を、リングを動かして整列させる。

ペーパーマリオ オリガミキング

パズルが終わったら、アクション。

ハンマーかジャンプの攻撃手段を選んで攻撃。

ペーパーマリオ オリガミキング

マリオの攻撃の後には、敵の攻撃ターンがあり、その後、またパズルから始まる。
この繰り返し。

マリオの攻撃手段であるジャンプは一直線の4マスハンマーは近接マスのタテ×ヨコが2×2の4マスにダメージを与えられる。

つまり、パズルの段階で、直線4マスかタテヨコ4マスになるように敵を整列させておくと有利というわけ。

全ての敵を、このどちらかの並びに整列出来るとパズル大成功!
マリオの攻撃力が1.5倍になる。

ペーパーマリオ オリガミキング

じゃあ、よく考えて整列させたいところだけど、整列パズルには時間制限がある。

タイムアップすると、強制的にアクションに移ってしまう。

しかし、アクションで挽回することも出来る。

攻撃時にタイミング良くボタンを押すと、通常より多くダメージを与えられる。

ペーパーマリオ オリガミキング

敵に攻撃される時も、タイミング良くボタンを押せば被ダメを少なく出来る。

バトルでは焦りながら頭フル回転
敵の数が多かったり、何回かリングを動かさなきゃいけなかったり
敵の種類によっても有効な倒し方が違う

一方、ボス戦では、ボスがリングの中心にいる。

ボスに攻撃する位置までマリオが走る道をつなげるのがパズル。

マリオが走る道にボスに有効な攻撃が出来るパネルが配置されるようにリングを動かしておく。

ペーパーマリオ オリガミキング

マリオがアクションパネルの上を通ると
その位置から攻撃が始まる

ボスとの位置関係も大切だし
どのアクションをするかもかなり重要

キノピオ発掘と収集癖

オリーは何故かキノピオが憎いらしい。

各地でキノピオを紙くずのようにクチャクチャに丸めたり、虫に変えてしまったりしている。

片っ端からハンマーで叩いて救出してあげる。

ペーパーマリオ オリガミキング

そうすると、救出されたキノピオは、ずっとマリオの後をついて歩いているのか、バトル時に観客として現れる。

ワーワー歓声をあげたり、時にはそれっぽいアドバイスを叫んだり。
にぎやか。

ペーパーマリオ オリガミキング

更に、バトルに加勢もしてくれる。
コインを払った分だけだけど。

また、各地の宝箱からはフィギュアが手に入る。

拠点となるキノピオタウンには博物館があり、収集したものや達成した内容を鑑賞することができる。

ペーパーマリオ オリガミキング
いいね
いいね

特定のキノピオからは
武器やアクセサリーなどを買うことが出来る
コインは、フィールドやバトル勝利で手に入れる

評価・感想

ストーリー 

3

いいね
いいね

ピーチ姫を救出!
うん、そりゃそうだ
それがマリオだ

キャラクター 

4

最高!
最高!

オリビアがかなり天然で面白い
クッパ軍団などおなじみのキャラも個性的

ほんわか可愛らしい雰囲気なのに
セリフは妙に現実的だったり
あと、何かを連想させるセリフがちらほら

ミュージカルが始まってしまったり
かなりふざけたノリで、いちいち笑える!

ペーパーマリオ オリガミキング

進行のテンポ 

3.5

いいね
いいね

ド天然オリビアにガイドされつつ進むのは楽しい
けれど、まどろっこしく感じることも多い

バトルでは、パズルを解いてから攻撃
次ターンでも、またパズルを解いてから攻撃
もったり感

それでいて、バトルではコインが得られるのみ
正直、バトルめんどくさーい!な時もある

グラフィック 

4

最高!
最高!

折り紙の質感、フォトリアルな土や水
さすが任天堂!

『ヨッシー クラフトワールド』と同じく
アナログなものを再現するのが上手い

ペーパーマリオ オリガミキング

サウンド 

4.5

最高!
最高!

エリアによってバトルBGMまで変わる
楽しい雰囲気で良曲揃い

ゲームシステム 

3.5

いいね
いいね

謎解きしてパズルして
おおお!と面白さを感じるんだけど
面倒くさい作業だったりしてダレる時もある

オリビアがカミさまに変身するけれど
活躍の場が少ないのは残念

ゲームプレイで白熱!というより
雰囲気やキャラとの会話を楽しむゲーム

ペーパーマリオ オリガミキング

操作性 

3.5

いいね
いいね

可もなく不可もなく
パズルで焦ると操作間違えやすい
まあ、自分のせいなんだけど

ジャンプがAボタンなのは意外
でも、ボタン操作は変えられない

難易度バランス 

4

いいね
いいね

バトルでのパズルは
先入観持ってしまうと
なかなか解けない

ボス戦でも雑魚的でも
有効な攻撃手段で攻撃しないとバトルが終わらない

可愛らしい雰囲気とは裏腹に
苦戦することもあって、しっかり悩める

ペーパーマリオ オリガミキング

自由度・戦略性 

3.5

いいね
いいね

バトルでは、パズル大成功!出来なくても
便利なアイテムや強力な武器で大ダメージを与えることも出来る
コインでパズル時間延長したりキノピオに応援してもらったり
パズルが出来なくても活路はある

やり込み要素 

4

最高!
最高!

キノピオ見つけ、穴を紙ふぶきで塞ぎ
それぞれの達成度は地図で確認できる
くまなく歩いてくまなく叩きまくる

結構ボリュームがある
その他にも釣りやミニゲームなども登場
たっぷり遊べる

ペーパーマリオ オリガミキング

バグの少なさ 

5

最高!
最高!

安定安心の任天堂クオリティ

総合評価 

3.9

オススメな人・オススメではない人

オススメな人
  • パズルゲームが好き
  • 謎解きが好き
  • 可愛いもの好き
  • マリオシリーズが好き
  • 笑えるゲームを探している
オススメではない人
  • パズルを解くのが面倒くさい
  • スピーディーなバトルが好き
  • プラットフォーマーなマリオじゃないと嫌だ

ペーパーマリオオリガミキング
https://www.nintendo.co.jp/switch/aruua/index.html
© 2020 Nintendo
Program © 2020 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる