『Pilgrims』レビュー: コンパクトにゆるく遊べる無数の謎解き

タップしてジャンプ

『Pilgrims』とは

amanita design

Pilgrims(ピルグリム)は、Machinarium(マシナリウム)とSamorost(サモロスト)の制作陣が贈る、愉快なアドベンチャーゲームです。
人々を喜ばせたり友達を作りながら島を探索して、旅仲間たちと笑い合い、彼らにまつわる小さな物語を一緒に紐解いていきましょう。

store.steampowered.com

芸術性の高いグラフィックで、作品ごとに超個性的な世界観を展開するAmanita Designが製作。

代表作は、ロボットが恋人を助け出す『Machinarium マシナリウム』、不思議な妖精おじさんが宇宙旅行する『Samorost 3 サモロスト3』、毛玉がドタバタとサクランボを追い求める『Chuchel チュチェル』など。

Amanita Designの作るゲームは、アートワークだけではなく、歯応えのある謎解きもゲームの特徴。

「ポイント&クリックゲームをプレイしたいなら、Amanita Designのゲーム選んでおけば間違いない!」と言えちゃうくらい良作ばかり作っているデベロッパー。

現在、Apple ArcadeとPCでプレイ可能。

スマホでは、縦持ちでプレイできる。
私はiPhoneでプレイ。

ストーリー

ゲームを起動すると、何やらカードゲームをしている一同。
神父さんのような人もいれば、お婆さんもいるし、悪魔っぽいヤツもいる。

ガヤガヤ、ワーワー言っているけれど、ゲームらしく何言ってるのかは全然分からない。
理解不能な言葉を喋っている。

しかし、吹き出しにイラストが描かれていて、それぞれがどういう状況なのか、何を望んでいるかは分かってくる。

そして、オープニングムービーが終わると、カードゲームをしていたキャラの中で1番個性が弱そうな男性がテントから登場。

ここから、男性は旅に出て、共にカードゲームをしていた他のメンバーに出会い、彼らの物語も垣間見ていくことになる。

そして、もちろん、この地味そうな彼自身にも物語がある。

ゲームの特徴

タップ&ドラッグ

スマホ向けに作られていて、複雑な操作は一切なし。

まず、フィールド画面。
どこに行くかを選ぶ。

特定の謎解きをしないと先に進めないルートもある。

広いフィールドで、豆人間が走っている姿は、見ているだけて単純に面白い

各地点を選択すると謎解きパートになり、各場所にちなんだ謎解きが繰り広げられる。

謎解き

本作の紹介画像を初めて見た時は、「おお、今回はカードゲームなのか」と思った。
そう思う人は多いはず。

だが、しかし、『Pilgrims』は、猛烈にカードゲームに見えるけど、カードゲームではない
「カードには強さがあって、相手のカードと数字が大きい方が、うんたらかんたら…」というゲームでは決してない。

カードは、ただ単に、人物や持ち物を表しているだけ。
カードに強さなんてない。

謎解きパートになったら最初に誰が謎解きをするか、人物の描かれたカードから1人を選ぶ。

ゲーム始めは、上述の個性弱めマンしかいないが、謎解きによって仲間が増えていく

謎解き担当者を選んだら、次に持ち物の描かれたカードから、好きなものを選んで画面上部へドラッグ。
そうすると、謎解き担当者が、そのアイテムを使って何かを行う。

同じ持ち物カードでも、選択したキャラによって使い方が異なる
誰で何を使うか、その組み合わせを考えるのも謎解き。

上手く謎解きが出来ると、フィールド画面に新たなルートが追加されたり、新たな持ち物を手に入れたり、持ち物自体が変化することもある。

例えば、空(から)の鍋カードを池で使うと、水を汲んで水入り鍋カードに変わる。
そして、それを焚き火のある場所で使うと水がお湯に変わる。
更にそこに薬草を使うと、薬草スープカードが出来上がる、といった感じ。

やり込み要素

やり込み要素が『Pilgrims』の最大の魅力になっている。

Amanita Designの他作品と比べると、『Pilgrims』は、「え!ええ!もう終わっちゃった!」となる。
そう、エンディングまで、1時間もかからない

なんだと!?
子供騙し!?

いや、違う。
醍醐味はここから。

なんと、謎解きの解き方がいくつもある

謎が解けると、「こんなシーンになったよー」というカードが現れる。
この一枚一枚が実績となる。

実績の画面には、ズラーッと謎解きカードが並ぶ。

裏返しになっているカードは、まだ到達していない謎解きの解法ということだ。

何度もプレイしては、様々な方法で謎を解き、さまざまな物語を見て、実績カードをたくさん集めることが『Pilgrims』の本当の謎解きということ。

評価

好きなところ

  • 手描き感あふれるグラフィック
  • 謎解きの独創性
  • 試行錯誤をカードで表した発想

残念なところ

  • 物語性は低め

感想

Amanita Designのゲームだ!とワクワク。

ただ、スマホ向けに作られていて、結構カジュアルなのかな、と、少し不安もあった。

しかし、Amanita Designの独特な雰囲気は、しっかり健在。
操作性や画面はスマホ向けになってるけど、あたたかみを感じる手描きグラフィック。

ゲームを起動した瞬間から、いつの間にかその世界に引き込まれしまう雰囲気は、やっぱりすごい

ゲーム内容については、謎解き自体は難しくない。

カードをパラパラとめくって、スイッスイッと画面上部に出していく操作感も気持ちいいし、サクサク謎は解ける。

カードを順序よく使うとカードの絵柄が変化する、面白い!
って思ってたら、まさかの所でエンディング。

しかし、そこで気付く。
実績カードの画面がおかしい。

1回目にクリアした後、実績の画面全体を見て驚愕した。
ほとんど裏返しのまま!

この短さのゲームに、こんなに謎解きパターンが詰まっているだと!?

ここからが難しい。
2回目以降のプレイでは、違う解き方で新たな実績カード手に入れようと奮闘。
しかし、最初にプレイした時の解き方に引っ張られがち。

脳みそを柔らかく!柔らかく!
うううう、これ以上アイデアが浮かばない。
なんて発想力がないんだ。

これが本作の面白さ。

キャラとアイテムの組み合わせを考えるというのが
カードという表現方法と合っていて
ゲームデザインのスマートさに脱帽!

ただ、Amanita Designの他作品ほどストーリー性や謎解きの複雑さが高くないのは残念。

先がどうなる?という楽しさは少なめ。
各キャラのストーリーをもっと楽しみたかった。

ストーリーよりも、自分が思いついていない解き方はどんなのなんだろう?という方が楽しみになる。

新しい方法をいろいろ試して見たことのない新たなリアクションが起きると、「これだったかー!」とスッキリする。

解き方を考えるというより、解き方をいくつも見つけるという独特なパズル

こんな人にオススメ

謎解きゲームが好きな人には、とりあえずオススメ。
色んな解き方を思いついていく、という独特な謎解きが楽しめる。
謎解きが難しいわけではなく、違った考え方を思いつく難しさを味わえる。

そして、Amanita Designの他作品をプレイして面白い!と思った人にも、絶対オススメ。
他作品とはプレイ感覚は違っているけど、Amanita Designのアートワークやアイデアをがっつり楽しめる。

一周プレイする分には、かなり短時間でクリア出来る。
何周もプレイしなくても、純粋に一周するだけでも楽しい。
短時間でクリア出来るゲームを探している人にもオススメ。

Pilgrims
amanita-design.net
© Amanita Design s.r.o.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる