『The Darkest Tales』レビュー: 残酷に狂ったおとぎ話

『The Darkest Tales』とは、Trinity Teamが開発したメトロイドヴァニアゲーム

2D横スクロールアクションでプレイする。

本作は、Xbox、PCでプレイ可能。私は、Xbox版をプレイ。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。本作に似たゲームも紹介する。

画像はタップもしくはクリックすると拡大して見ることが出来ます。

Index

あらすじStory

クマが目覚める

本作は本を読むようにナレーションで物語が語られる。タイトルにもなっている『The Darkest Tales』という物語だ。

物語の始まりは、アリシアという女の子の部屋。

妖精のような光ライティがアリシアを悪夢から守っていたけれど、なぜか上手くいかなくなってしまった。

そこで、ライティはアリシアのおもちゃ箱からクマのぬいぐるみのテディに力を与えて呼び覚ます。

the darkest tales 評価 攻略

文句たらたらなテディ

ライティは、テディにアリシアの悪夢の中にいるドリームデーモンを倒すよう命じる。

が、テディはやる気なしだ。

テディは、かなり前にアリシアにおもちゃ箱に入れられてしまったままになっており、それを根に持っている。

しかし、ライティはかなりうるさい。

テディはちょっとおじさんっぽくて、「ええーい、うるさいなあ、やればいいんだろ!」と仕方なくアリシアの夢の中へと旅立つ。

the darkest tales 評価 攻略

あぶなすぎる悪夢

アリシアの夢の中に入ると、そこはおとぎ話を彷彿とさせる世界になっていた。

アリシアが過去に読んでいた本が、彼女の夢を形作っているようだ。

しかし、悪夢だ。

早々に出会った赤ずきんちゃんは、血まみれになってオオカミをバキバキボキボキしている(具体的な描写は自重)。

どうやらアリシアの悪夢は相当ヤバそうだ。

徐々にデーモン討伐する気が湧いてきたテディは、ライティと共に悪夢を旅していく。

the darkest tales 評価 攻略

ゲームの特徴Features

メトロイドヴァニア

the darkest tales 評価 攻略

本作は、メトロイドヴァニアゲーム。

ボスを倒すと、ダッシュやダブルジャンプなど新たな移動スキルを習得する。

それによって先に進めるようになる。

いくつかのエリアがあるけれど、各地にある割れた鏡の間ではファストトラベルが可能。

新たなスキルを手に入れてから前のエリアに戻って更に探索することが出来る。

クマちゃんバトル

the darkest tales 評価 攻略

主人公のテディは、ぬいぐるみサイズの武器で戦う。

最初はライトウェポンであるハサミだ。

ゲームが進むと、斧などヘビーウェポンや弓などレンジウェポン(遠距離武器)も登場する。

敵を攻撃が当たる度にマナが溜まり、それを消費して回復したり魔法を発動できる。

回復はぬいぐるみらしく、チクチク針で縫って回復する。ちょっと時間がかかるので、回復するタイミングには注意。

テディの成長

the darkest tales 評価 攻略

本作では敵を倒すと経験値を獲得する。

一定数溜まるとレベルアップし、スキルポイントを獲得する。

スキルポイントによって、スキルツリーをアンロックし、体力上限を上げたり攻撃力を上げることが出来る。

また、スキルツリーとは別に装備するスキルもある。

探索して光る珠を手に入れると、攻撃の挙動が変わったり、入手経験値が増えるなど便利な機能を使うことが可能になる。

装備できる個数には限りがあるので、プレイスタイルに合わせて組み合わせを考えるのも攻略のコツだ。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

the darkest tales 評価 攻略

4.5

登場するエリアやボスは、小さい頃に見たり読んだことのある童話やおとぎ話に因んだものばかり。

すぐに元ネタが分かるはず。

しかし、それがとんでもない残酷版となり設定もかなり変わっている。

例えば最初に登場する赤ずきんちゃんは猟奇的で好戦的。オオカミに襲われる側ではなく、積極的に狩りに行く危険人物だ。

どのエピソードでも「え、あのおとぎ話がそんな設定になるのか!」という驚きとともにゾクッとする感覚が味わえる。

新しいエリアに進んでいくのが楽しみになる面白い不気味な設定ばかりだ。


キャラクターの魅力

the darkest tales 評価 攻略

4.0

主人公のテディはオジさんぽくて、大体「やれやれ面倒なことばっかりだぜ」みたいな態度で、口うるさいライティとよく憎まれ口を叩き合っている。

間違ってもクマのプーさんみたいな可愛い癒しのクマではない。

というわけで、上述したような不気味な世界ながら、にぎやかに進んでいく

一方で、ボスはどいつもこいつも狂っている

子供の頃におとぎ話で夢を抱かせてくれたヒロインやヒーロー達が、かなりヤバいキャラとなって登場する。


操作性

the darkest tales 評価 攻略

3.5

操作方法や操作性は特に問題ない。ゲーム攻略上は。

問題ないんだけど、なんだかあと一歩気持ち良くない

ボタンを押してからアクションが発動するタイミングに短いけれど少しラグがあったり、ジャンプやダッシュなどの挙動が始点から終点で変わらず軽すぎる。

当たり判定もやや大味で、そうした細かな部分の精度の甘さが積み重なって「悪いわけじゃないんだけど、なんだか気持ち良くはないんだよな」という感想になる。

武器によって挙動が変わるし、面白くなるアクションが揃っているからこそ「惜しい!」が気になってしまう。

また、ロードし直せば復旧したけれど、何回か進行不能バグに遭遇した。アプデに期待。


難易度バランス

the darkest tales 評価 攻略

3.5

難易度は3段階から選択可能で、私はミディアム(デフォルト設定)でプレイ。

雑魚敵やボスなど戦う場面は多いけれど、バトルよりプラットフォーム難易度の方が歯ごたえがある。

トゲ地帯を越えたり、空中移動が続く場面も多い。

その分、ボス戦が軽めで拍子抜けしてしまう。

また、テディの動きに画面がついてこれていない時や、強制スクロール時の画面の動きが滑らかじゃなかったり、とんでもなく暗い場所もあり、そうした場面でミスすると「理不尽!」と思ってしまう。


ゲームシステム

the darkest tales 評価 攻略

3.5

特に目新しいシステムはない。オーソドックスなメトロイドヴァニアだ。

マップ構造はあまり複雑ではなく、行けそうで行けない場所をあまりチラチラ見せてこないので、「よーし!前のエリア戻って探索してみよう!」という気になりにくい。

本作は世界設定や物語が魅力であり、残念ながらメトロイドヴァニアとしての面白さはあまり印象に残らない。


やりこみ要素

the darkest tales 評価 攻略

3.5

装備できるスキルを集めるのが、やり込み要素だ。

また、スキルツリーをアンロックして主人公を強化いくのもやり込み要素。

本作にはデスペナルティーは特になく、ゲームオーバーになっても経験値は失わないので、レベルが上がりやすい。


グラフィック

the darkest tales 評価 攻略

4.0

絵本のような可愛らしいグラフィックだ。

各エリアは趣が異なっていて、背景を眺めるのも楽しい。

が、そんな可愛らしいグラフィックだけど、残虐な場面も多く、そのギャップが良い

可愛いからこそ不気味さが際立つ。


サウンド

the darkest tales 評価 攻略

3.5

残酷なおとぎ話ということで、BGMは終始不穏だ。

雰囲気が盛り上がる不穏な曲が良いんだけど、BGMが途切れることがある。バグなのか仕様なのか。

効果音だけになってしまうバトルもあり、さすがにバグかな?


総合評価Summary

3.5

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

残酷なおとぎ話という魅力的な世界設定

先が気になる物語

歯ごたえのあるプラットフォームアクション

残念なところ

アクションの精度や調整が甘め

探索の面白さが少なめ

難易度が一定でなくボス戦がぬるい

バグが発生する

オススメな人

不気味な物語や雰囲気が好き

メトロイドヴァニアが好き

物語を楽しみたい

オススメではない人

アクションの精度が気になる

不気味な描写が苦手

探索しまくりたい

おすすめ類似ゲーム本作に似たゲームはコチラ

オススメ
The Little Nightmares 2 リトルナイトメア 2

可愛いけれど不気味という雰囲気が好きなら、こちらもおすすめ。タイトル通り悪夢のような世界を謎解きしながら進む人気パズルアドベンチャーゲーム。

バンダイナムコエンターテインメント
\ブラックフライデーセール開催中!/
Amazonで見る
バンダイナムコエンターテインメント
\ブラックフライデーセール開催中!/
Amazonで見る
オススメ
Ori and the Blind Fosest, Ori and the Will of the Wisps

プラットフォーム要素強めなメトロイドヴァニアが好きなら、こちらもおすすめ。可愛く美しい世界が魅力的で、物語に泣ける名作シリーズ。

The Darkest Tales
3.5

残酷に狂ったおとぎ話

よく知っているおとぎ話が残酷な設定に激変した世界で、ぬいぐるみのクマが戦うという物語や世界設定が魅力のメトロイドヴァニアゲーム。

可愛らしさと不気味さのギャップが面白く、アクションやバトルよりは世界を堪能する方がメインのゲーム。

The Darkest Tales
All titles, content, publisher names, trademarks, artwork, and associated imagery are trademarks and/or copyright material of their respective owners. All rights reserved.
https://store.101xp.com/en/games/thedarkesttales

他のゲームも見る

どっちが気になる?

\ブラックフライデーセール開催中!/
Amazonで見る
\ブラックフライデーセール開催中!/
Amazonで見る
\ブラックフライデーセール開催中!/
Amazonで見る
スクウェア・エニックス
\ブラックフライデーセール開催中!/
Amazonで見る
スクウェア・エニックス
\ブラックフライデーセール開催中!/
Amazonで見る
スクウェア・エニックス
\ブラックフライデーセール開催中!/
Amazonで見る

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
Index