『UnderMine』レビュー: 死んだら次の人!地下に投入され続ける農民たち

読みたい項目を選択

『UnderMine』とは

UnderMine

Thoriumが開発したローグライクアクションRPG

タイトル通り、Mine 金鉱が舞台で、見下ろし視点の2Dアクションバトル。

Xbox、PCでプレイ可能。
今後Nintendo Switch向けにもリリース予定らしい(海外ではNintendo Switch向けにもリリース済み)。

あらすじ

ゲームが始まると、どこからともなく降って来た人。

ツルハシ片手にサンタクロースのような大きな袋を背負っている。

UnderMine

「ここは一体」と思っていると、「おい、そこの農民!」と、かなり無礼な呼び方で誰かに呼ばれる。

他に出来ることもないし、仕方なく呼ばれた方に向かっていくと、明らかに悪役っぽい魔法使いの男がいる。

で、そいつに「金鉱に潜って来いよ、あ、あと鍛冶屋見つけて来い」と、これまたかなり横柄に命令される。

UnderMine

ムカつくけど、他にやることないし、行ってくる!

と、出発してみたら、危険危険。

モンスターいるし、道は分かんないし。死んじゃう死んじゃう。で、死んだ。

次の瞬間、またスタート地点に人が降ってくる。よく似てるけど、違う人!

UnderMine
次々に投入される農民たち

主人公だと思ってた人は、本当に死んでしまったみたい。

仕方なく、また出発。で、鍛冶屋さん発見。とても良い人そうで良かった。

UnderMine

「言われたことやりましたけど?」と偉そうな魔法使いの所に行ったら、今度は地震の原因を探して来いって?

UnderMine

めちゃくちゃ人づかいの荒い魔法使いによって、多くの農民犠牲者が出ることになりそうだ。

しかも、金鉱の先には何やらダンジョンがある。ここは本当に地下なのか。

UnderMine

ゲームの特徴

穴あきの袋でローグライト

本作は、ダンジョンに潜るたびにマップが変わるローグライク

マップは、部屋に分かれていて、敵が出現する部屋では全ての敵を倒さないと扉が開かず先に進めない。

UnderMine
罠や落とし穴などもある

宝箱だけがある部屋もあるし、更に下の階層に降りられる部屋もある。

ダンジョン内には、罠もたくさんあるし、落とし穴もある。

一定の階層を進み、最下層にいるボスを倒せばそのダンジョンがクリアとなり、他のダンジョンに挑戦出来るようになる。

UnderMine

道中で死ぬと、所持アイテム(宝箱などから手に入るステータスアップ効果を持つもの)と所持金の一部を失って、拠点に強制送還される。

UnderMine
所持品を派手にばら撒いて絶命

拠点では、さまざまなアップグレードに所持金を注ぎ込むことが出来る。

ツルハシやチュニックなどは、一度良いものを買えば次の農民にも引き継がれていく。というわけで、最大体力や攻撃力などの強化は永続する。

UnderMine

また、ダンジョン内でレシピを手に入れて、それを元にアイテムを作ってもらうと、今後の探索中に登場するようになる。

被害者の会

ダンジョンを探索していると、他の農民を見つけることがある。農民じゃない人もいるけど。

あの偉そうな魔法使いに騙されたのか、悪い奴に閉じ込められたのか、みんな理由はそれぞれだけど。とにかく救出してあげる。

UnderMine

そうすると、拠点にお店が登場したり、農民を助けてくれるようになる。もちろんお金が必要だけど。

見つけたら、積極的に助けてあげた方がいい。

UnderMine

お金は敵を倒すというより、金鉱らしく、壁や岩に埋まっているものを叩いて手に入れる。

この時、お金は散らばる。そうすると、可愛い顔した泥棒モンスターが現れる。

お金が落ちる音を聞くやいなや、どこからともなく集まってきて取って行ってしまうのだ。

UnderMine
緑色の可愛い盗賊がお金を盗む
徐々にこの顔がムカついてくるぐらい盗まれる

そいつらをぶっ飛ばしながら、早くかき集めなくてはならない。

評価

物語の魅力

ストーリー   3.0

キャラクター  3.5

シンプルにローグライクなので、ストーリー要素は薄め。しかも軽い。

とりあえず設定が理不尽ってとこで笑える

次から次へと投入される農民たち。

例えばマリオだと、一回死んでも、リスタートするのはまたマリオ。

でも、本作では名前や容姿が違う(性別もランダム)人が投入されてくるし、死んだ時の死因も表示される。本当に死んでしまう。

UnderMine

魔法使いは、そんな農民たちを無慈悲にこき使うんだから、最初は「この魔法使いめ!」と思ってるんだけど、そのうち「あー、今回のは運悪かったなー。次、次。」と魔法使い以上に農民の命を軽く見るようになっている。

本作の面白さはそこに凝縮されていて、あとは特に先が気になるとか、誰かに感情移入したりとかもなく、同じことを繰り返すのみ。

プレイの快適さ

操作性  4.0

難易度  4.0

安定性  4.0

ツルハシで殴る、投げて攻撃、爆弾を仕掛ける、ジャンプというシンプルなアクション。

見下ろし視点だけど、ジャンプは3次元的。

スーパーファミコンの頃の『ゼルダの伝説』を彷彿とさせるアクションだ。実際、かなり影響を受けて製作されている。

UnderMine
爆弾で壁を壊したり隠し部屋を見つけたりも
まさに『ゼルダの伝説』!

シンプルなので、特にストレスがあるわけでもなく。操作性も良好

ギミックや罠などもあるし、鍵付きの部屋とかもあるけど、マップはシンプル。

ローグライトだし、カジュアルに気軽に遊べる。

UnderMine

でも、死ぬと手に入れたお金は一定量落としてしまうし、多額のお金がかかるアップグレードでぐんぐん成長するわけでもない。

それなりに頑張らないと先には進めない。

シンプルで、適度にやりごたえがある。病みつきとまではいかないけど、他のゲームの合間に、ふとプレイしたくなるんだよなあっていうゲーム。

ゲームとしての面白さ

システム  3.5

やり込み  3.0

特に目新しさとか個性的なシステムがあるわけでもない。

でも、良くまとまってる。ローグライク好きなら楽しめるはず。

一方で、ストーリーなり何なり付加要素がないとローグライクに飽きちゃう人だと、中だるみしてくるかも。

UnderMine

色んなアイテムのレシピを手に入れて、新たなアイテムを作製するのがやり込み要素ではあるけど。

確実な恩恵がない(作成したアイテムがダンジョン内に現れるようになる「かも」なので)から、コンプリートしてやるぜ!というやる気が起きにくい。

UnderMine
芸術的な完成度

グラフィック  3.5

サウンド    4.5

グラフィックも、特別このゲームだから!という感じはあまり受けない。

どことなくコミカルさはあるし、キャラや敵など昔の『ゼルダの伝説』な雰囲気だ。

UnderMine

グラフィックはそんな感じだけど、音楽は「おお!」と思う。

コミカルなノリっぽいのに、BGMがやたらとカッコいい。壮大な冒険っぽい曲。

この音楽のおかげで、本作の面白さが底上げされてるまである。プレイしていて耳障りがいい音楽ばかり。

まとめ

物語の魅力
プレイの快適さ
ゲームとしての面白さ
芸術的な完成度
 良いところ
  • シンプルで分かりやすい
  • 適度な難易度
  • ちらちらと笑えるポイントがある
 残念なところ
  • シンプルな繰り返しなので飽きやすい
  • 日本語翻訳が大雑把なところがある

総合評価

3.5

こんな人にオススメ!
  • ローグライクが好き
  • 気軽にプレイできるゲームを探している
オススメではない人
  • 飽きやすい
  • ストーリー要素が強くないと退屈してしまう

UnderMine
https://undermine.game
© 2020 Thorium Entertainment 

ローグライクが好きならこちらもオススメ

他のゲームも見る

こちらもオススメ

おすすめゲームを
\動画でまとめて見る/

最速のゲームニュース
\リアルタイムで配信中/

ゲームの発売日一覧
\大作もインディーも/

おすすめゲームを
\動画でまとめて見る/

最速のゲームニュース
\リアルタイムで配信中/

ゲームの発売日一覧
\大作もインディーも/

読みたい項目を選択
閉じる