『Carrion』レビュー: 気持ち悪いって言わないで

『Carrion』はポーランドのPhobia Game Studioが開発した2Dアクションメトロイドヴァニアゲーム。

開発元は、これまでに『BUTCHER』という血がブシャーな2Dシューティングアクションゲームをリリースしている。

本作はピクセルアートグラフィックなので幾分マイルドにはなっているけれど、残虐でグロい演出がふんだんに盛り込まれているのでご注意。

PS5,、PS4、Nintendo Switch、Xbox One、PCでプレイ可能。私はNintendo Switch版をプレイ。

本作の特徴や魅力、そして実際にプレイして感じた感想と各要素の評価をネタバレなしでレビュー。

Index

あらすじStory

Story
触手くん登場

どこかの研究施設からゲームはスタート。

培養器のようなケースを派手にパリーンと突き破って登場するのが、本作の主人公。

触手の塊

「『バイオハザード』のラスボスといえば?」と訊かれたら頭に浮かぶ、期待を裏切らないキモい触手の塊。

これまで見たことがない斬新な主人公だ。

Carrion
Story
触手くんの大冒険

触手くんは、逃亡するためか、はたまた人間を喰らい尽くすためか、研究施設を所狭しと暴れ回る。

自分は何者なのか。そんなことを気にしてるかどうかは一切分からないけど。

触手くんは進化しながら、研究施設内で自分の縄張りを拡大していく。

人間は、我が血となり肉となれ。

Carrion
赤い触手の塊が主人公
Story
触手くんの過去

触手くんはセリフがないけれど、随所で触手くん誕生の謎が分かる場面も描かれる。

Carrion

ゲームの特徴Features

Feature
触手プレイ
Carrion

触手くんは、かなりアクティブ。

ヌルヌルヌルーっと縦横無尽に触手を伸ばして滑らかに移動する。

触手くんの基本アクションは、触手で掴むこと。

触手で機械や人間を掴んで、豪快に投げて壊したり叩きつける。

Nintendo Switch版では、右スティックで狙い、ZRを押すと物や人を掴む。ZR押しっぱなしで右スティックを動かすと掴んだままブンブンと振り回せる。

Feature
人間と触手の攻防
Carrion

敵は、もちろん人間。人間たちはバンバンバンバン銃で撃ってくる。

特殊な防護服を着ている人間もいるし、装甲機に乗ってズドドドドと機関銃で撃ってくる危ない輩もいる。

触手くんは撃たれると触手が少しずつちぎれ飛んでしまい、最後はヒョロヒョロなミミズ状態になり絶命する。

直接人間を掴んでブンブン振り回して倒してもいいし、そこら辺にある機械を投げつけて倒してもいい。とにかく大暴れすること。

それでも向かってくる人間たちは勇敢だけど、本作では捕食対象でしかない。

触手くんは倒れて床に転がる人間をバリバリムシャムシャ食べると体力回復し、身体が大きくなっていく。

Feature
恐怖の進化
Carrion

舞台となる研究施設は、怪しさ満点。

各所にバイトハザードマークが付いた培養器のようなものがある。

触手くんは、そんな培養器をパリーンと壊して、ズルズルズルと中に入り込む。

そうすると新たなDNAを手に入れて、新たな触手を使った技を発動できるようになる。

本作はメトロイドヴァニアゲームなので、人間を食べることが主目的ではない。

どんどん触手技を習得してして、探索できる領域を広げていく。

また、人間に触手をブスッと挿して操ることができるようになる恐怖のバトル技も習得していく。

各要素の評価と感想Rating

物語の面白さ

Carrion

4.0

ゲームでは怪物と戦うヒーローが主人公になることが多いけれど、まさかの怪物が主人公。

しかも気持ち悪い触手の塊。設定だけで最強!

セリフはないけれど、触手くんの正体や行く末に興味そそられる。

しかし、物語としては黙々と進むという感じで、もうひと盛り上がり欲しかった。


キャラクターの魅力

Carrion

4.0

最初は「うわっ、キモい!」と思うけど、プレイしていると触手くんが可愛く思えてくる

人間に撃たれると「どうしてそんな意地悪するの!」と、他のゲームでは味わったことがない触手に愛着が湧くという、とんでもない感情を味わえる。


操作性

Carrion

4.0

すんごく滑らかに動くので、動かしているだけで気持ちいい

しかし、人間や機械など触手で掴めるものが密集している場所では、掴みたいものを一発で掴めないことが多い。

右スティックで掴む対象に狙っている最中も、触手くんはウゴウゴとうごめいていて、滑らかに動きすぎる。

ある程度の操作性のクセに慣れる必要がある。

あと、大きなボディになってくると、どこが触手くんの中心なのか分からなくなるので、移動したり当たり判定が分かりにくくなる時がある。


難易度バランス

Carrion

4.0

ゲームオーバーになると、セーブポイントでセーブした時の状況からリスタート。

こまめにセーブしないと結構長いやり直しになるので注意。

基本的には人間を圧倒できるパワーを持っているけれど、特殊な防護服を着てる奴やドローンなどうまく立ち回らなければいけない敵もいる。

それなりにゲームオーバーになるし、試行錯誤したくなる良い難易度


ゲームシステム

Carrion

4.5

触手を操るという独特なアクション。それだけで面白い。

透明になれたり、外皮を硬く出来たり、覚える触手技はどれも「触手あるある」だけど、実際に自分が使う側となると楽しすぎる。

単に大暴れするアクションというわけではなく、触手でメトロイドヴァニアっていうのも、また良い。

めちゃくちゃ凶悪モンスターなのに、丁寧にレバーを上げたり下げたり、迷子になってウロウロしたり。

自分で操作してるとはいえ、妙に笑えてくる。


やりこみ要素

Carrion

3.5

やり込み要素は格納ユニット集め。

特定の技を使うためのエネルギー上限が増えたりする。でも、探し出すのはそこまで難しくない。

メトロイドヴァニアではあるものの寄り道要素はほぼなし。淡々と粛々と進むのみ。

でも、触手くんは地図が読めないためか、地図情報がなく、道を覚えるのが大変。迷子になってる時間が1番長かったかも。


グラフィック

Carrion

4.5

ドットが滑らかに動く高品質なピクセルアート。

人間のデザインはシンプルだけど、触手くんのゾワゾワウネウネっぷりは素晴らしい。

触手一本ずつが丁寧に描かれている。ドット絵だけどキモさが素晴らしい

もしフォトリアルだったらキモ過ぎただろうな。ドット絵だからこそ良い、というか発売できたんだと思う。


サウンド

Carrion

3.5

BGMはずっと不穏。緊迫感溢れるホラーな曲調。

そして、人間たちの悲鳴と恐怖で泣き喚く声と触手くんの唸り声。

自分が怪物側なのにドキドキしてしまう。


総合評価Summary

4.0

物語の魅力

ゲームプレイの快適さ

ゲームとしての面白さ

芸術性

 

 

 

 

良いところ

斬新な設定

他のゲームではあまり見ないスキル

触手体験が出来る

残念なところ

物語の盛り上がりがやや不足

操作しにくい時がある

オススメな人

個性的なゲームを探している

触手ウネウネの怪物が好き

メトロイドヴァニアが好き

ホラーが好き

オススメではない人

触手が生理的に無理

集合体恐怖症

ホラーがかなり苦手

本作が好きならオススメRecommendation

オススメ
Dandara

独特な移動方法のメトロイドヴァニアといえば、こちらもオススメ。壁や床へ飛び移ることでしか移動できない高評価ゲーム。

オススメ
Skul: The Hero Slayer

本作と違って可愛い雰囲気だけど、人類の敵側になれるローグライクアクションゲーム。

Copyright Phobia Game Studio 2020.
https://www.devolverdigital.com/games/carrion

他のゲームも見る

最新のおすすめゲーム動画

カテゴリー

最新ゲーム

発売日情報

レビュー

高評価ゲーム

YouTube
おすすめ動画

Twitter
最新の情報

オススメの
周辺機器

種類別に
ゲームを探す

今話題のゲーム

Keep Gaming On
ゲームしてるだけで幸せ。ゲーム情報を調べるのも大好き。
超大作からインディーゲームまで、年間100本近くのゲームをプレイするゲーム漬けゲーマーです。
この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる