【プレイスタイル別】ゲームにおすすめなスピーカー。ヘッドフォンとはひと味違うサウンド体験。

映画館でゲームしてみたい。そう思ったことがあるゲーマーは、私だけではないはず。

映画館の、あの四方八方から音に包まれる感じ。最高。

次世代ゲーム機のPS5やXbox series Xでは、音響技術もパワーアップ。ゲーム自体もサウンド面にこだわったものが増えてきている。

で、良い音でゲームと言えば、ヘッドフォン。だけど、長時間付けてると重いし、耳も疲れちゃう。あと長時間のヘッドフォン使用は健康にも悪いって聞くし。

快適に良い音でゲームしたい

というわけで!ゲームプレイにおすすめなスピーカーを選んでみた。

ちなみに、私は音響技術はど素人だし、高性能な耳ってわけでもない。普通にゲーム音楽好きなゲーマーが「良い!」「導入しやすい!」と思うスピーカーを選んでみた。

タップしてジャンプ

ゲーミングモニター向け

モニターをデスクに置いて、オフィスチェアやらゲーミングチェアに座ってゲームする環境向け。画面との距離が近くなるプレイスタイルだ。

PCゲームやコンソール(据え置きゲーム機)向けゲームでも1人でプレイする場合がほとんどのハズ。最近は、このスタイルでゲームする人が

このタイプだと、PC向けに作られているスピーカーから選ぶのがおすすめ。モニターの左右にスピーカーを置き、近距離で聞くため作られている。

Bose

音質に定評があるBoseのPC向けスピーカー。Boseの音じゃないと!というファンも多い。

Companion 20 multimedia speaker system

Boseならではの迫力のある音が楽しめる、サブウーファー無しでも低音がしっかり響くパワフルなスピーカー。

くるくる回して音量コントロールするタッチ式のコントロールポッドが特徴的。このコントロールポッドに2台目からの入力ヘッドフォンへの出力も挿すことが出来る。

「今はヘッドフォンでプレイしよう!」と思った時も、簡単に切り替えられるわけだ。

コントロールポッドにタッチするだけで、一瞬でミュートになるのも便利な機能。

音量コントロールポッドはスピーカーとは別に動かせるので、ゲーム機やモニターを避けて好きに配置することが出来る。

スピーカー本体はコンパクトなので、ゲームモニターの両脇に配置しやすい。

  • パソコンでサウンドを聴くために開発されたワイドな2chサウンドステージを生み出す、独自のTrueSpace®ステレオデジタル処理回路
  • 万能のコントロールポッドに回転式のボリュームコントロール、ワンタッチ式ミュート、ヘッドホンジャックを搭載、MP3プレーヤーやタブレットなど2台目の音源も接続できます
  • 最新のポートデザインとドライバにより強力な低音の性能が生まれ、豊かでナチュラルなサウンドが部屋を満たします
  • 独自の統合信号処理により、すべての音量レベルでライブ感溢れる性能を発揮します
  • アクティブ・エレクトロニクス・イコライゼーションによって低音、中高音のバランスをとり、よりナチュラルな音色と明瞭さを実現します

bose.co.jp

Companion 2 Series III multimedia speaker system

上記の『Companion 20 multimedia speaker system』よりお手頃価格

でも、PCやモニター自体のスピーカーや激安スピーカーでは体験できないBoseな高音質が味わえる。

  • 高品質なオーディオ性能、すべての音量でクリアなサウンドを実現
  • 幅広い、ライブに近いサウンドを提供する2つのエレガントなスピーカー
  • 機器を追加するときは、予備の入力ジャックに接続
  • 右スピーカーの前面にボリュームコントロール/ヘッドホンジャック

YAMAHA

NX-N500

yamaha NX-N500
yamaha.com

YAMAHAと言えば、繊細で美しい音。それをしっかり堪能できるのが、こちら。

DSD 5.6MHz&PCM 384kHz/32bitに対応し、USB DAC機能搭載。YAMAHAさんによると、ハイレゾ音源を本来のクオリティで聴くことが出来るという技術ということだ。

大きめではあるけれど、デスクに乗るサイズで、ウーファー付き

そして、高機能。無線LAN接続が出来て、ゲーム機以外からも入力し放題。

更に、Spotifyやインターネットラジオのストリーミング再生にも対応。

  • DSD 5.6MHz&PCM 384kHz/32bitに対応し、さまざまなハイレゾ音源を本来のクオリティで再生するUSB DAC機能
  • クリアで開放的な音のためのバイアンプ構成アナログ方式パワーアンプ
  • D/Aコンバーター出力~パワーアンプ入力間にバランス伝送方式を採用し、左右スピーカーの音質差を最小化するとともにS/Nも向上
  • 新設計のハイレゾ対応スピーカーユニット群
  • 伝統の三方留め構造と肉厚MDFを採用し、音の精度を高める高剛性エンクロージャー
  • Wi-Fiやアプリ操作、Bluetooth®オーディオ機能など使いやすさを高める豊富な機能

NX-B55

上記NX-N500よりお手頃価格でコンパクト。でも、ちゃんと音に厚みが出る高コスパ製品

少し斜め上を向いたデザインが特徴的。このデザインが、音を響かせ広がりをもたせるための計算された設計になっている。

しかもBluetooth対応なので、ゲーム機以外のデバイスも接続しやすくて便利!

  • スマートフォンやタブレットから、音楽コンテンツをワイヤレス再生できるBluetoothに対応
  • コンパクトでも迫力あるサウンドを創出する、こだわりの高音質設計
  • 「おまかせミックス機能」「オートスタンバイ機能」を搭載して、手軽に使いやすく
  • コンパクトで上質なデザインに、チタン色のプレートで高級感をプラス

ゲーミング特化型

ゲーミング専用に開発されたスピーカーも。ゲーミングといえば、そう、光る、とにかく派手にいろんな色に光る。

JBL Quantum Duo

大手音響メーカーのJBL。プロも使うメーカーで、間違いのない高音質だ。

JBLにはゲームに特化したJBL Quantumシリーズがあって、FPSなどで敵の位置を聞き分けたり、ゲームの世界に没頭できる技術が使われたヘッドセットが発売されている。

そんなJBL QuantumシリーズのスピーカーがJBL Quantum Duo。足音からド派手な音までバーチャルサラウンド技術で立体的に響かせてくれる。しかも、ゲーム専用にチューニングされている。

そして、ゲーミングならではのライティング。プリセットのライティングパターンもあるしカスタマイズも可能。

しかも、Bluetoothでスマホなどから音楽ストリーミングするとサウンドに合わせてライティングするという、視覚的にも楽しめる機能が搭載されている。

  • ネオジムマグネットを搭載し大きなピストンモーションで空気を震わせる63mm径ウーファーと、ソフトドームツイーターを搭載した本格的な2ウェイ構成。
  • Dolby Digitalテクノロジーとともに、JBL独自のサラウンドサウンド技術を搭載、リアルな音場感を演出します。
  • ライティングコントロールボタンで、その瞬間の雰囲気に合わせたカラーに簡単に変更できます。明るさ調整も可能。

G560 LIGHTSYNC PCゲーミング スピーカー

様々なゲーム向けの周辺機器を発売しているロジクール。特にPCゲームをプレイする人にとっては馴染み深いメーカーだと思う。

そんなロジクールから発売されているのが、「これぞゲーミング!」なスピーカー。ど派手だ。

どっしりしたサブウーファーとコロンとしたスピーカー2つ。このコロンとしたスピーカーが色とりどりに輝く。

ライティングはカスタマイズできるだけでなく、ゲームのサウンドに合わせて色が変わる。また、本商品向けにデベロッパーがライティングパターンを配信しているゲームまである。

また、Bluetooth接続でスマホなどから音楽を流すと、高音や低音に合わせてライティングの色が変わる。もはや自宅がクラブ化してしまう派手っぷりだ。

  • ライトと色を画面の表示やオーディオのリズムと同期させることも、デベロッパーがプログラムした特殊なライト エフェクトを楽しむことも可能です。
  • 約1,680万色でカスタマイズしてムードを演出し、ゲームをもっと楽しみましょう。
  • 最大出力240W(RMS出力120W)の軽量で高耐久の金属製ドライバーが、重厚なダウンファイアリング サブウーファーと2基のサテライト スピーカーで透明感のある、ピュアな音を奏でます。

テレビ向け

大画面でゲームプレイする環境向け。

画面から離れて座ることになり、スピーカーを置く場所もパソコン向けとは大きく異なってくる。

テレビ向けスピーカーは

  • サウンドバータイプ
  • ホームシアタータイプ

の2種類に大きく分かれる。

Bose

Bose TV Speaker


長年大人気だったSolo 5 TV sound systemの後継機。

低音もしっかり響くパワフルなサウンドバー。「BASS」ボタンを押すと更に低音を強く響かせることも出来る。

ボス戦など激しいBGMや派手に効果音が飛び交うバトルの迫力が更に増す。

また、人の言葉が聞き取りやすくなる便利な技術が搭載されている。セリフの字幕を表示せずにゲームしたい派にもオススメ。もちろん、ドラマや動画を見る時に活躍。

  • Bluetooth接続に対応
  • コンパクトなボディながら驚くほど豊かな低音を再生。専用リモコンの「BASS」ボタンを押すと、低音をさらに強めることができます。
  • ダイアログモードをオンにすると、視聴中の番組を分析して人の声が強調されるため、一語一句を明瞭に聴き取ることができます。
  • 付属の光デジタル音声ケーブルまたはHDMIケーブル(別売)を使用してテレビに接続するだけで、すぐに使えます。

もっとこだわってみたいなら、サブウーファーを追加して、更に迫力を増すことも出来る。

YAMAHA

YAS-209

YAMAHAの美しい音質がサウンドバーでも味わえる。

ワイヤレスで接続できるサブウーファー付き。そして、5.1chサラウンドを擬似的に作り出す技術で、音に包まれる体験ができる。

Amazon Alexaも搭載されているので、スマートスピーカー生活も可能にしてくれる。

  • YAS-209に内蔵されたAlexaに話しかけるだけでサウンドバー本体の操作や、スマートホームデバイス、音楽再生などを簡単に操作出来ます。
  • バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応し、前方・左右・後方に加え、高さ方向の音場もバーチャルで再現する3Dサラウンドモードを搭載しています。
  • 付属のワイヤレスサブウーファーは自動でサウンドバー本体と接続し、お部屋の好きな場所に置ける優れた設置性でインテリアを邪魔しない上質なシアター空間を提供します。

SONY

HT-G700

PlayStationはSONY製。そう、それならSONYのスピーカー。同じメーカーなら、相性抜群でしょ。

というわけではなく、純粋にスピーカーとして評価が高い。

立体音響技術である「ドルビーアトモス」に対応していて、次世代ゲーム機の音響技術を存分に味わうことができる。(PS5もXbox Series X/Sもドルビーアトモス対応)。

これは「映画館でゲーム」にかなり近づくのでは。

いや、ゲームだけじゃ勿体ない。絶対、超大作映画が見たくなるスピーカー。ワイヤレス接続のサブウーファー付属なので音の迫力に申し分はない。

  • 高さ方向の立体音響を表現する「Vertical Surround Engine」を大画面テレビに合わせて最適化し、さらに前後左右のサラウンドを表現する「S-Force PROフロントサラウンド」を高さ方向に拡張。
  • 従来のチャンネルベースに音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた、最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」に対応しました。
  • バースピーカー中央にセンタースピーカーを搭載。音像の定位が上がり、セリフや人の声が聞き取りやすくなりました。
  • 本体正面にOLEDディスプレイを搭載
  • Bluetooth(R)対応によりスマートフォン、PC、ウォークマン(R)などのBluetooth(R)対応のオーディオ機器に保存された音楽をワイヤレスで楽しめます。

HT-X8500

もっとリーズナブルで省スペースが良い!場合は、HT-X8500

お手頃価格だけど、サブウーファー内蔵で、「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(R)」にも対応。

上記のHT-G700より機能は絞られているものの、コンパクトで高コスパ。手を出しやすいスピーカーだ。

  • デュアルサブウーファーをバースピーカーに内蔵
  • 高さ方向の表現力を加える「Vertical Surround Engine」と前後左右方向の表現力を加える「S-Force Pro Front Surround」により、フロントスピーカーだけで3次元の立体音響を実現します。
  • 従来のチャンネルベースに音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた、最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」に対応しました。
  • テレビ台の上の限られたスペースにも置きやすい、奥行き96mmのスリムなサイズを実現。省スペースで迫力のサウンドを楽しめます。
  • Bluetooth(R)対応によりスマートフォン、PC、ウォークマン(R)などのBluetooth(R)対応のオーディオ機器に保存された音楽をワイヤレスで楽しめます。

変わり種

一般的なスピーカーとは違い、最近流行ってきているBluetoothスピーカー付き照明にも注目。

「天井から音が降り注ぐ!ここはカフェですか?ラウンジですか?」と優雅な気分に浸れる優れもの。工事不要で簡単に設置出来るのも良い。

Panasonic

スピーカー付き照明の中で、音質が高く評価されているPanasonicのThe Soundシリーズ。角形と丸型の2種類が発売されている。

panasonic the sound
panasonic.jp

ホームシアターというと、水平方向にスピーカーを設置していくのが一般的。しかし、ドドーンと上に音源を持ってくる。

しかも、シーリングライトなら、大体どこの家にもあるわけだし、設置も配線も楽ちん。

上から音が降ってくる感覚。これは是非とも味わいたい。

  • 同梱のワイヤレス送信機をテレビにつなげば、映画やスポーツ観戦、カラオケやゲームなどを迫力のサウンドで楽しめます。
  • 天井の中心に音源があり、お部屋の広い範囲に音が降り注ぎます。
  • 器具の両サイドに取り付けた2台のスピーカー(L、R)で、ステレオ再生をしながら空間全体にサウンドを広げます。
  • 床にスピーカーを置いたり、配線を考える必要がなく、天井にすっきりと調和するデザインです。

もっとゲーム環境にこだわりたい!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる