オフライン派でも絶対お得!ニンテンドーカタログチケット。購入時の注意点!

任天堂から発売されるタイトル2本を9,980円(税込)で買えるという『ニンテンドーカタログチケット』
オフライン派だし、使いきれるかなあ。

しかし、よく調べてみると、この「ニンテンドーカタログチケット」というヤツ、「買い!」だ。

タップしてジャンプ

ニンテンドーカタログチケットとは?

任天堂から発売されているすべてのNintendo Switchのソフトから2本ダウンロードできるチケットで、価格は9,980円(税込)です。

任天堂のダウンロードソフトなら、どんな組み合わせでも9,980円なんです。

ただし、4,990円(税込)未満のソフトは対象外です。

有効期間はご購入から1年間となります。

topics.nintendo.co.jp
nintendo.co.jp

つまり、Nintendo Switchのタイトルが1本4,990円になる!
お得すぎ!

買う前に注意しておくこと!

発売元が任天堂かチェック

1番の注意点が「発売元が任天堂のタイトル」が対象であること。

当たり前っちゃ当たり前なんだけど、Nintendo Switchの全タイトルが対象というわけじゃない。
マリオやゼルダといった、任天堂のゲームのみが対象。

「カタログチケットでお得に買うぞ!」というお目当てのタイトルが任天堂から発売されているかは必ずチェック!

有効期限が1年間

「よし!任天堂タイトルをカタログチケットで買おう!」と喜び勇んで買ったはいいが、カタログチケットを買うと必ず2枚セットになっている。

2枚とも有効期限が1年間なので、もう1枚の使い道を考えておくことが大切。

1年以内なら、2枚は別々の時期に使うことは出来る。
しかし、もう1枚を大事にとっておいたまま忘れてしまった、期限が迫ってるのに使い道がない、ということにならないよう注意!

 のアイコン画像 

今後発売予定のタイトルに使おうと思っていたら、うっかり発売延期やカタログチケット対象外なんてことも

Nintendo Switch Onlineに加入していること

Nintendo Switch Onlineに加入していないと、ニンテンドーカタログチケットを買うことは出来ない。
まず加入してなければ、カタログチケットの購入手続き自体が出来ないので、これはさすがに分かる。

注意しなければならないのが、チケットを引換える時にも、Nintendo Switch Onlineに加入していなければならないこと。

カタログチケット買って、すぐに1枚分は引き換える人は多いと思う。
だけど、「もう1枚分は、また後で」と思っていると、その間にNintendo Switch Onlineの契約が期限切れになっているかもしれない

しかし、有効期限の残っているカタログチケットは、Nintendo Switch Onlineから退会してしまっても消えるわけではない
アカウントにちゃんと残っている。

残っているチケットで引き換えたい時には、その時だけでも、もう一度Nintendo Switch Onlineに加入すれば、チケットが使える。
つまり、チケット使うときだけNintendo Switch Onlineに加入するっていうのも有りということ。

公式ページのサポートにも記載されている。

Nintendo Switch Onlineの加入期間が終了してしまった場合でも、再度ご加入いただければ引き換えできます。

support.nintendo.co.jp
 のアイコン画像 

1番安いNintendo Switch Online利用券は、1ヶ月300円。
カタログチケットを使うときだけ加入しても、十分お得。

4,990円以下のタイトルには使えない

カタログチケットを使えば任天堂タイトルを実質4,990円で購入出来る。
ということで、4,990円以下のタイトルには、カタログチケットは使えない。

任天堂に寄付するとか、うっかり損してしまったという事態にならないよう、任天堂の方で予防手段がとられている。

昔発売されていたタイトルがNintendo Switchに移植された場合だったり、ミニゲーム的なタイトルの場合、4,990円以下であることも多い。
買う前に、お目当てのタイトルの値段もチェックしておいた方がいい。

 のアイコン画像 

新作の注目タイトルとか大作なら、ほぼ対象になるはず!

ダウンロード版購入になる

ゲームはパッケージ版のみ!という人には残念なお知らせ。
カタログチケットで引き換えられるのは、ダウンロード版のみ

Nintendo Switchは本体容量が小さいので、ソフトのデータを本体保存していると、かなりぎゅうぎゅうになる。
そこに一気にカタログチケット2枚分使って、一気に2本分ダウンロードしたら、かなりいっぱいいっぱい。

カタログチケットを使った場合でも、通常購入と同じく購入履歴は残る
ダウンロードデータを消しても、もちろんいつでも再ダウンロード出来る。

しかし、カタログチケットが対象になる大作などは、1本だけでもデータ量がバカでかいので、SDカードを準備しておいた方が安心。

 のアイコン画像 

ゲームをプレイしていて、処理落ちが起きてしまうと悲しい。
白熱のボス戦の最中にフリーズすると、絶望しかない。

気になる対象タイトル

 のアイコン画像 

カタログチケットお得すぎるけど、プレイしたいタイトルは既に買ってしまってる。
今すぐ二枚分使いたいわけじゃないし。
今後、対象タイトルがあるかどうか分からない。

そんな時は任天堂ホームページでカタログチケット対象ゲームをチェック!
発売済みのタイトルから、発売予定のタイトルまで、チケット対象作品が一覧になっている。

おススメの使い方

任天堂の本気を味わいたいセット

『スーパーマリオオデッセイ』+『ゼルダの伝説 The Breath of the Wild』

名実ともにNintendo Switchの看板タイトル2つ。
どんな人でも確実に楽しめて、ボリュームもたっぷり
任天堂の発想力とゲームの楽しさを思う存分味わえる。

『ゼルダの伝説 ブレズ オブ ザ ワイルド』は、ボリュームが半端ないので、しばらく新たなゲームを買う必要がなくなる。

オンライン対戦をがっつり楽しみたいセット

ニンテンドーカタログチケットを購入する時に、最低でも1ヶ月はNintendo Onlineに加入することになる。
どうせならオンラインプレイを体験してみるのもオススメ。

『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』+『スプラトゥーン2』

発売から時間が経っても過疎らない超絶人気タイトル。
「オンライン対戦したいけど、対戦相手がいないかも」なんて心配はない。

横スクロールセット

『ドンキーコング トロピカルフリーズ』+『New スーパーマリオブラザーズ U デラックス』

任天堂の伝家の宝刀「横スクロールアクション」が楽しめる2本。

2本ともWii Uで発売されていたタイトルの移植作。
だが、もちろんグラフィックがパワーアップして新要素も追加されている。

Nintendo Switchで久しぶりに任天堂ゲームに戻ってきたとか、最新のゲームとは違う純粋なジャンプアクションを楽しみたい人にオススメ。

紹介動画

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる