おすすめゲーミングディスプレイ【モニターやテレビからプロジェクターまで】

ゲームをプレイする時に1番気になるところって、やっぱり視界。

最先端技術の映像美、色鮮やかで大迫力な名場面。視界に広がる素晴らしいゲームの世界を堪能するには「何で見るか」が大事。

次世代ゲーム機での高解像度っぷりを味わうには、それに適したディスプレイが必要だ。

もちろん、目への負担も忘れてはいけない。

目が疲れてしまっては、ゲームの楽しさも半減してしまう。眼精疲労はゲーマーの選手生命に関わる。

そこで、ゲームのプレイスタイル別におすすめのゲーム向けディスプレイを紹介する。

ゲームの世界にどっぷり入り込もう!

Index

近距離で集中してプレイする

画面から近い位置でプレイする人向け。

デスクの上にディスプレイを置き、ゲーミングチェアなどに座り、集中してゲームをプレイするスタイル。

この場合、ゲーミングモニターを使うことになる。

近距離で画面を見ることになるので、高fpsやチラつき防止など目が疲れない機能も欲しいところ。

LG

多種多様な高性能モニターを多く作っている家電メーカー。

液晶分野での世界シェアの上位に君臨していて、映像の綺麗さとコスパも評判が高い。

4K解像度でHDR10に対応していて次世代ゲーム機にもぴったり。荒い画像も高精細に映してくれる機能も搭載。

画面のちらつき制御やブルーライト低減モードもあって、目にも優しいバランスのとれた高機能モニター。コスパも良い。

画像が暗い場面では、見づらい場所を明るく映してくれるなどゲーマーにとって嬉しい機能も。

4K解像度でありつつ、リフレッシュレート144Hzで反応速度1msという、高解像度と滑らかクッキリを両方実現したモニター。

もちろんHDRやカクつき軽減など、嬉しい機能も満載。

値は張るけれど、速い動きのゲームが好きな人や、一瞬を争うFPSやオンラインゲームをプレイする人にもオススメ。


BenQ

ゲーミングディスプレイを多く作っているメーカー。

独自のアイケア技術が搭載されているディスプレイが多く、チラつき防止やブルーライト軽減はもちろん、画面のブレ防止など目に優しい技術が使われているのが魅力。

4K UHD解像度。更にゲーム向けのHDRi機能が搭載されていて、暗い部分が見やすく色調もゲーム向けに調整される。もちろんアイケア技術搭載なので、目にも優しい。

モニターというとスピーカー付きのものでも貧弱になりがちだけど、treVolo技術を使った高ワットスピーカーが内蔵されていて、ゲームだけでなく動画再生にもオススメ。

BenQのゲームに特化したシリーズMOBIUZ

HDRi技術やサブウーファー付き高音質スピーカー内蔵で、リフレッシュレート165Hz対応で応答速度1ms

湾曲モニターなので見やすく、もちろんアイケア技術も搭載。


大画面でゆったりプレイする

リビングなどでソファに座ったりクッションにもたれかかったり、画面からある程度離れた位置に座ってプレイするスタイル。

大画面の迫力と高解像度の良いとこ取りが出来る。多人数でプレイする時にもオススメ。

SONY

家電メーカーとしてはもちろん、PlayStationを作っているSONY。ゲームに最適なテレビならSONYのブラビアが1番おすすめ

BRAVIA XRシリーズは特にゲームに特化したモデルになっていて、大画面で4K/120fps。ゲームモードやオートHDRトーンマッピングで、快適に美しくゲームがプレイできる機能が盛り盛り。

純粋にテレビとしてもディスプレイとしてもかなり評価が高く、高音質も楽しめてゲームの世界に入り込める大迫力が味わえる。もちろん動画視聴にもオススメ。

新しいテレビを買おうと思っているゲーマーなら、とりあえずブラビアを!と言いたいくらいオススメ。

予算に余裕があれば、有機ELモデルがオススメ。ゲームに適した機能はそのままに、更に美しい映像が満喫できる。


もはやゲームが映画!

もっと大迫力でプレイするなら、プロジェクターがおすすめ。最近は手軽に設置できるプロジェクターが増えてきていて、手を出しやすくなっている。

ハイペースなアクションが必須のゲームにはあまり向かないけれど、自分のペースで楽しむゲームにはオススメ。

もちろん映画などゲーム以外の用途にもオススメで、自宅を最高のエンタメ空間に出来る。

値段が高めの商品が多いけれど、その分大迫力でテレビやモニターでは得られないゲームプレイが堪能できる。

特に絶景や癒し度の高いのゲームで真価を発揮し、ゲームの世界に入り込める体験が出来る。

ポップインアラジン

シーリングライトにプロジェクターがくっついた人気商品。設置場所に制限がある場合や狭い空間でも、簡単に大画面で映せるのが魅力。

ワイヤレスHDMIコネクターにゲーム機器を繋げると、ゲームプレイも可能。

プロジェクターとは別に好きな場所にゲーム機器を置けるので、設置場所の自由さが大きな魅力。

プロジェクターの中では値段も手頃で設置も簡単なので、プロジェクターを初めて買う人にもオススメ。


アンカー

4K UHD解像度で最大150インチに投影可能という、もはや自宅が映画館になってしまいそうなプロジェクター。

1500ANSIルーメンと明るく投影できるので、明るい時間帯でも見やすいのも魅力。

Dolby Digital Plus搭載で4つのスピーカーが付いているので、サウンド面も満足できる4Kプロジェクターのなかで評価の高い商品


BenQ

こちらは、完全にゲーム向けとして作られたゲーミングプロジェクター。

4K解像度でHDR10対応で、なんと最大200インチで投影できる。

4.16ms応答速度でのゲームプレイも可能で、遅延対策ばっちり。RPG向き、FPS向き、SPG向きの3種類のゲームモードがあり、バーチャル3Dサラウンドも。

プロジェクターで本格的にゲームをしたいという人にオススメ。


異空間に飛び込む

ゲームにとどまらず最近注目を浴びているのが、メタバース

対応したゲームしかプレイ出来ないけれど、新作がどんどん発売されているVR。

酔いやすい人にとっては、ちょっと危険な代物ではあるけれど。

でも、以前より快適になってきているVRゲームも、ゲーマーにとってはもう無視できない存在だ。

Meta Quest 2

PCを準備しなくても、これだけで動作する手軽さで人気が高いメタクエスト2(旧オキュラスクエスト2)。

配線などに邪魔されず好きなところでプレイできるのが魅力で、対応ゲームも豊富

もちろんPCとの接続も可能で、Steam上のVR向けゲームもプレイできる。


PS VR 2

「VRでゲーム!」という考えが普及するきっかけになったのがPS VR。

その後継機がとして、PS VR 2が登場する。

全てがパワーアップし、4K HDRで90/120Hzでのゲームプレイが可能に。

アイトラッキングや本体の振動など、より快適により没入感増し増しでゲームプレイが可能になる機能満載。

他のゲームも見る

どっちが気になる?

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる