Category
Latest Posts
最新ゲーム人気ランキング見る
当サイトは広告/PRを掲載しています

【きみのまちサンドロック】毎日が底なし砂漠 – My Time at Sandrock攻略とレビュー

きみのまちサンドロック My Time at Sandrock レビュー 攻略

機械を作り、農業もNPCとの交流も遺跡採掘もやること盛りだくさんで時間が溶け落ちる『きみのまちサンドロック My Time at Sandrock』。

きみのまちサンドロックの特徴

  • ストーリー: ポストアポカリプス世界の砂漠の町に起こる問題にビルダーとして立ち向かっていく物語
  • 攻略: 機械作りがメインで、NPCとの交流やバトル要素も豊富なライフシム
  • 評価: 快適操作でできることが多く、自由度も高く、熱中して充実した毎日を過ごすことができる
My Time at Sandrock
【きみのまちサンドロック】毎日が底なし砂漠 - My Time at Sandrock攻略とレビュー
総合評価
( 4 )
メリット
  • やれることが大量で、自由度も高い
  • クラフトの面倒くささが絶妙で熱中しやすい
  • 物語をしっかり楽しめる
デメリット
  • バトルでの挙動やリアクションが軽い

『きみのまちサンドロック My Time at Sandrock』の攻略もレビューもネタバレなしで詳しく掲載。似ているおすすめゲームや関連作も紹介する。

Index

きみのまちサンドロックの攻略情報

きみのまちサンドロックの概要

タイトルきみのまちサンドロック
My Time at Sandrock
開発元Pathea Games
販売元Pathea Games, Focus Entertainment, PM Studios, Inc., DMM Games
発売日2023年11月2日
対応機種PS5, Switch, Xbox, PC
ジャンルライフシミュレーション, アクションアドベンチャー
シリーズMy Time
きみのまち
プレイ機種Xbox

本作は、『きみのまちポルティア My Time at Portia』に続く、きみのまちシリーズ第2弾。物語が直接繋がっているわけではないので、前作を知らなくても攻略に支障は全くない。

ストーリー

サンドロックに到着した新ビルダー

きみのまちサンドロック My Time at Sandrock ストーリー 汽車を眺めるローガン

その昔、人類は高度な機械技術を手にして栄華を極めていた。しかし、世界規模の大事件が起こり、都市も便利技術も消し飛んでしまった。

その330年後、砂漠が広がる地にはサンドロックという町が出来ており、そこに若者を乗せた汽車が到着した。ここから物語が始まる。

汽車からサンドロックに降り立った若者こそが、本作の主人公マックスだ(キャラクリエイト、名前の変更可能)。

主人公はビルダーと呼ばれるエンジニアのような仕事をしており、サンドロックで働くために故郷ハイウィンドからやって来たのだ。

枯れていく町サンドロック

きみのまちサンドロック My Time at Sandrock ストーリー ヤンとミランとメイソンに迎えられた主人公

主人公を迎えてくれたのは、ヤンという商業ギルドを牛耳るやたらと偉そうな男性と、ミランという主人公と同じくサンドロックにやってきた若々しいビルダー、そしてメイソンだ。

メイソンは、サンドロックのビルダーとして働いていたものの引退し、町を去ってしまうという。

実は、サンドロックはオアシスのそばに築かれているものの、そのオアシスは枯れていっているそうで、ここのところ町を去っていく者が絶えないという。

メイソンは疲れきってやさぐれた顔をしているし、この町でビルダーやるのは大変なのかも。

これはもしかして、就職先間違えてしまったか!?

無法者ローガンと地下に沈んだ街

きみのまちサンドロック My Time at Sandrock ストーリー オーウェンとの会話

一抹の不安を抱えながら、メイソンの工房を譲り受けた主人公はビルダーとしての仕事にとりかかった。

素材を集めるために岩を砕き、サボテンの木を斧で切っ…え!?突然、教会関係者だと名乗る男が走って来て「木を切るな、切ったら誰もキミと友達にはならない」と脅された。

更に、通りすがりの住民に、町の地下には昔の都市が埋まっており、モンスターが巣食っていると聞かされる。

そして、極めつけには、ならず者のローガンがあちこちで強盗事件を起こしていると知らされる。

この町、実はかなり危ないところなのでは。そんな問題山積みの砂漠の町で、ビルダーの新生活が幕を開けた。

攻略のポイント

依頼を受けながら、町の問題に取り組むビルダー生活

きみのまちサンドロック My Time at Sandrock 攻略 自宅でクラフト

ゲーム内では、朝から晩まで常に時間が流れており、暦も季節も変わる。

本作は、機械のクラフトがメインのライフシムだ。

メインクエストや商業ギルドで依頼を受け、指定された機械を作る。

簡単なアイテムや中間素材は作業台や炉など各クラフト設備で作り、大型の機械は組み立て台でレシピに沿って素材を使って作り上げていく。

そして、出来上がったものを依頼者のもとへ届けるまでが仕事だ。

メインクエスト以外では依頼に締切日が設定されているので注意。失敗すると工房の評価が下がってしまう。逆に評判が上がると報酬も一度に受注できる依頼数も増えていく。

強くなるビルダー

きみのまちサンドロック My Time at Sandrock 攻略 枯れ木を切る

主人公にはHPゲージとスタミナゲージがある。

上述したクラフト以外に料理や釣り(網をぶん投げる方式)や農業、ミニゲームなどもできるけれど、何か行うごとにスタミナを消費する。

しかし、同時に経験値を獲得することができる。経験値には種類があり、例えば岩を壊すと環境の経験値を獲得し、何か作るとクラフトの経験値を獲得する。

それぞれ一定量の経験値が溜まると対応したスキルポイントを獲得し、スタミナ上限値が上がるなど各種スキルツリーをアンロックすることができる。

また、本作にはバトル要素もあり、近接攻撃も遠距離攻撃も回避や防御もできる。敵に攻撃された際にはHPが減る。

スタミナやHPは料理や自宅で眠ることで回復することができる。

遺跡に潜る

きみのまちサンドロック My Time at Sandrock 攻略 危険な遺跡

町周辺やお店で手に入らない素材は遺跡で仕入れることになる。

  • ダンジョン
    • モンスターを倒しながら進み、倒すごとにポイントを獲得する
    • フロアごとに時間制限あり
    • 獲得したポイントに応じて報酬がもらえる
  • 遺跡ダイブ
    • 土で埋まった遺跡に入り、鉱石や遺物を掘り当てながら進む
    • 1週間ごとに利用料金を払わなくてはならない

遺物はいくつかのパーツから成る貴重アイテムで、博物館に寄付したりNPCへの贈り物として活躍することになる。

また、発掘できるデータディスクというアイテムも重要で、新たなクラフト設備をアンロックする際に消費することとなる。

ビルダーは人間関係も築く

きみのまちサンドロック My Time at Sandrock 攻略 NPCとの会話

町にはたくさんのNPCが暮らしており、それぞれ主人公への好感度がある。

NPCからの依頼を達成したり、プレゼントを贈ると好感度が高くなっていく(同じアイテムでもキャラによって好き嫌いあり)。

好感度が高くなると、サブクエストが発生したり、恋愛関係に発展するキャラもいる。

また、その人の運営するショップで割引してもらえるなどゲーム攻略上も有利な効果が発生するようになるので、ご近所付き合いはお忘れなく。

現在の話題作

きみのまちサンドロックのレビュー

物語: 住民は個性豊かで、メインストーリーをしっかり味わえる

きみのまちサンドロック My Time at Sandrock レビュー 炉ばたの集会

自由度が高いゲームではあるけれど、メインストーリーがしっかりある

サンドロックの歴史やモンスター問題、ならず者ローガンの真意など、気になる話題が最初からどんどん登場する。

「色々できるみたいだけど、何から手をつけていいか分かんないや」と途方に暮れることにはならず、物語がしっかり誘導してくれる。

メインストーリーの進行によって探索できる場所や出来ることが増えていくし、そのテンポも良いので、一気に夢中になって途切れずどんどんプレイしたくなる。

全体的に可愛らしい雰囲気に見えるけれど、偏屈だったり奇妙な趣味があったりクセの強い住民が多いのも面白いところ。

優等生キャラもいるけれど、一風変わったキャラと積極的に関わるとより一層バラエティ豊かなエピソードが楽しめる。

操作性: 細かなところまで便利機能が完備されている

きみのまちサンドロック My Time at Sandrock レビュー 遺跡でのバトル

アイテムを入れ替えたり、素材を集めたり、クラフトしたり、ちょこちょことした作業が多い。それがライフシムの魅力の1つだし、面倒臭さも楽しみだったりする。

それでも、本作はしっかり快適だ。アイテムはパパッと整理できて、いちいち収納箱から持ち出す必要もなくクラフトに使えるし、どこで何が手に入るかも分かりやすい。

出来ることが多いにも関わらず煩雑になっておらず、「あー、痒いところに手が届いてる」と思うことが多い。

岩などの資源や敵への当たり判定は緩めで、サクサクプレイできる。ただ、バトル時の挙動やリアクションが軽すぎるのが気になることはあるけれど。

バグにも遭遇しておらず、特に前作をプレイしている身としては「良い方向にがっつり進化してる!」と勝手ながら嬉しくなってプレイしていた。

難易度: やりがい抜群!テンポの良い面倒臭さ

きみのまちサンドロック My Time at Sandrock 攻略 商業ギルドでの依頼選択

メインストーリーだけでもポンポンとクエストが発生する。

突然「そ、そんな一大プロジェクトを1人で!?」とはならず、メインクエストは少しずつ手間がかるようになっていく。

機械のクラフトでは、まず新しいクラフト設備を作って、遺跡で素材を集めて、お店でも材料を買い足して、少しずつ機械を組み立てていく。そうして「やっと完成した!」となるので達成感が堪らない

メインクエスト以外については商業ギルドで自分で依頼を選べる。簡単なものから、かなり面倒くさいものまで候補がたくさん並び、簡単な依頼で細かく稼ぐか、大物クラフトで一気に稼ぐか自分で選べるのが嬉しいところ。

それでもメインクエストを攻略しているだけでもお金は貯まりやすく、どんどん経験値も獲得できるので、メインストーリーの攻略に詰まることはない。

もちろん豪勢な家にしたり、全住民の好感度を上げるとなるとなかなか大変だ。ボリューム満点なので、極めるにはかなり時間がかかる。逆に言えば、たっぷり遊べるということだ。

システム: やりたいことが尽きない圧倒的なコンテンツの充実ぶり

きみのまちサンドロック My Time at Sandrock レビュー モイスチャーファームの修理

クラフトにもバトルにもNPCとの交流にもそれぞれ種類もイベントがたっぷり詰まっている充実のライフシムだ。

「色々できるから好きに暮らせばいいよ」と放置されることはなく、メインストーリーや豊富なサブクエストによってゲーム側が楽しみ方を提案したり手助けしてくれる親切さもしっかりある。ライフシム慣れしていない人やアドベンチャーとして楽しみたい人にも安心だ。

また、前作に引き続き、本シリーズならではの遺跡探索も楽しいところ。

ひたすらクラフトだけに明け暮れるのではなく、「何が掘り当てられるかな」と探索したり、ライフシムにしては珍しくしっかりバトルも楽しめるので刺激があって飽きにくい。

本当にやることが尽きないくらい、出来ることもコンテンツもしっかり用意されており、やめ時が見つからなくなるたっぷりどっぷり楽しめるライフシムだ。

芸術性: ポップで可愛い3DCG

きみのまちサンドロック My Time at Sandrock レビュー NPCの好感度

キャラの頭が大きめなポップな3DCGと、レシピやメニュー画面などはイラストで描かれている。可愛い

装備を変えると見た目もしっかり変わるし、自宅の内装に凝ることもできる。NPCの服装まで変えられるのは、なかなか珍しい。

ちなみに自宅に置いている家具によってHPなどバフが付与されるので、単に見た目を楽しむだけではないのも嬉しいところ。バフを狙ってガラクタだらけにならないように気をつけなければならないけれど。

個人的に嬉しかったのがショールーム機能。自分で細かく作業しなくても一気に凝った外観の自宅に変えられるので便利だ。

BGMは穏やかなライフシムらしい曲調が多い。

イベント時にはボイス付きのカットシーンも流れるので、より一層物語を楽しむことができる。

サントラはこちら

メインアーティスト:Claude Ruelle & Helin & Pathea Games
\お買い物マラソン開催中/
楽天で探す

総合評価と似ているゲームは下へ

きみのまちサンドロックの総合評価

My Time at Sandrock

Taca KGO

きみのまちサンドロック My Time at Sandrock レビュー 攻略
物語の魅力
操作の快適さ
難易度バランス
システムの面白さ
芸術性


総合評価

クラフトを中心にバトルも探索も楽しめるコンテンツ盛りだくさんのライフシムゲーム。自由度が高く、細かなところまで機能が揃っており快適にプレイできる。

4
おすすめな人ライフシムが好き
自由度が高いゲーム好き
長時間遊べるゲームを探している
おすすめではない人やれることが多いと圧倒されてしまう
時間制限のある要素が苦手
バトル要素は求めていない

きみのまちサンドロックに似ているおすすめゲーム

スクロールできます
きみのまちポルティア My Time at Portia レビュー 攻略

きみのまちポルティア

  • 本作と同じ世界で港町が舞台のライフシム
  • シリーズ第1弾で本作より不便さはあるものの、こちらもたっぷり楽しめる
  • 本作でもポルティアの話題が出ることがある
Stardew Valley スターデューバレー スタバレ 評価 攻略

Stardew Valley

  • ライフシムが好きなら、おすすめ
  • 自由度の高さやコンテンツ量も圧倒的で、牧場経営が楽しめる
  • 農業がメインのライフシム

My Time at Sandrock きみのまちサンドロック
©2023 My Time at Sandrock, a game developed by Pathea Games and published by Pathea Games, Focus Entertainment, PM Studio, and DMM Studio. Their respective logos are trademarks or registered trademarks. All rights reserved.
https://sandrock.pathea.net/

この記事を書いた人

Taca KGO
運営者

どんなジャンルにも飛びつき、探索好きな涙もろい大人ゲーマー。世界中のゲーム情報をチェックするのも大好き。

Follow KeepGamingOn

Index