Category
Latest Posts
最新ゲーム人気ランキング見る
当サイトは広告/PRを掲載しています

【九日 Nine Sols】誰にも負けないパリィ太陽人 – ナインソール攻略とレビュー

Nine Sols ナインソール 九日 レビュー 攻略

パリィで敵の攻撃を弾き、メトロイドヴァニアな探索も楽しめる2D横スクロールアクション『九日 ナインソール Nine Sols』。

Nine Solsの特徴

  • ストーリー: 主人公の過去と世界の真実が徐々に明かされていくタオパンクな物語
  • 攻略: SEKIROライクなバトルとメトロイドヴァニアな探索が楽しめる2D横スクロールアクションゲーム
  • 評価: しっかりSEKIROライク!世界設定や物語も面白くて探索欲が湧いてくる
Nine Sols
【九日 Nine Sols】誰にも負けないパリィ太陽人 - ナインソール攻略とレビュー
総合評価
( 4 )
メリット
  • 歯ごたえと達成感が心地良いSEKIROライクなバトル
  • 哲学的でありつつ サイバーパンクさもある独創的な世界
  • メトロイドヴァニアな探索
デメリット
  • チュートリアルや説明は少なめ

『九日 ナインソール Nine Sols』の攻略もレビューもネタバレなしで詳しく掲載。似ているおすすめゲームや関連作も紹介する。

Index

Nine Solsの攻略情報

Nine Solsの概要

タイトル九日 ナインソール
Nine Sols
開発元RedCandleGames
販売元RedCandleGames
発売日2024年5月29日
対応機種PC
ジャンル2D横スクロールアクション, ソウルライク, メトロイドヴァニア
シリーズ新規IP
プレイ機種PC(ゲームパッド使用)

本作開発元のRedCandleGamesは『返校 Detention』といったホラーゲームを手掛けてきたデベロッパーだけど、本作は過去作とジャンルもゲームプレイも大きく変わっている。

ストーリー

封印から目覚めた羿(げい)

Nine Sols ナインソール ストーリー 扶桑から目覚める羿

ゲームが始まると、崖になんとか手を掛けているだけの文字通り崖っぷち状態の人がいる。二足歩行の猫に見えるけれど、太陽人と呼ばれる高貴な種族だ。

この崖っぷち太陽人は、なぜか同じ太陽人に追い詰められ、遂に崖から落ちてしまった。この落下した太陽人が本作の主人公である羿(げい)だ。

重傷を負った羿は、落下したものの黒い木の根のようなものに包まれていった。

それから数百年後、羿は、軒軒(けんけん)という名の少年が吹く笛の音で目を覚ました。謎技術だか謎魔術だか分からないけれど、羿は黒い木の根の中で生きながらえていたのだ。

太陽人の真実

Nine Sols ナインソール ストーリー 儀式で軒軒を助ける羿

軒軒に助けられてから1年後、羿は軒軒と共に仙桃村で暮らしていた。親のいない軒軒は、羿を「兄さん」と呼んで完全に懐いていたけれど、そんな生活はあと1日で終わってしまうという。

その翌日、村では恒例のお祭りが開催され、軒軒は太陽の神のもとへ旅立つ儀式に臨んでいた。これが羿と軒軒別れしなければならない理由だ。

しかし、太陽の神のもとに旅立つのは名誉なことだといっているけど、結局のところ生贄だ。他の選ばれた村人たちは、どう見ても機械に首を刎ねられていっているだけだ。

そして、「これでお父さんとお母さんに会える」と信じていた軒軒の番になった時、羿は首刎ね機械を破壊した。そして、生贄の死体が消えていっている地下へと降りていった。

そこには、なんと、素朴な村の風景とは全く異なる機械だらけの施設が広がっていた。

9人の太陽人

Nine Sols ナインソール ストーリー 如羿と通信する羿

地下に降り立った羿は全く驚いている様子ではない。しかも、羿は誰かと「予定通りに計画を進める」と通信を始めた。

え、物語の雰囲気が全く変わったんですけど!

というわけで、ここでざっくり説明すると、実はこの惑星は高度な機械技術を持つ太陽人の天道議会が支配しており、羿もその1人だった。人間は養分となる家畜にすぎない。

しかし、10人で構成される議会で何らかの諍いが勃発し、羿は手荒く追い出されてしまったのだ。

というわけで、羿は個人的な恨みも抱えながら、議会から惑星の支配権を取り戻すために、他の9人の太陽人に戦いを挑んでいくことになる

攻略のポイント

メトロイドヴァニアな探索

Nine Sols ナインソール 攻略 四季閣で神農と会話する羿

本作は、新たなスキルを習得すると行ける場所が広がっていくメトロイドヴァニアのように探索し、上記の通り9人のボス討伐を目指す2D横スクロールアクションゲームだ。

攻略順が決まっているところもあるけれど、好きに自力で探索しながらボスを探し出すことになる。

四季閣と呼ばれる拠点では、NPCにアイテムを渡して交流したり、買い物などが出来る。四季閣には、各地のセーブポイントから戻ることもできる。

SEKIROライクなバトル

Nine Sols ナインソール 攻略 水鬼相手の中ボス戦
左上体力ゲージの赤い部分が内傷
体力ゲージしたのマークが溜まっている気

本作のバトルは、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』に強く影響を受けている。敵の攻撃を弾くというパリィを多用する戦い方だ。

羿の基本の立ち回りは以下の通り。

  • 近接攻撃
    • 刀でコンボを繋げることができる
    • スタミナゲージはなし
  • 遠距離攻撃
    • 矢を射る強力な攻撃
    • 矢には複数の種類がある
  • ガード
    • 通常ガード
      • 防御したダメージ分、内傷を負う
        • 負った内傷は一定時間ダメージを受けなければ時間経過で回復する
      • 気が溜まる
    • パリィ
      • 敵の攻撃が当たる瞬間にガードする
      • 内傷は負わず、気が溜まる
  • 呪符攻撃
    • パリィで溜めた気を消費して敵に呪符を貼ることができる
    • 呪符を爆発させて敵にダメージを与えることができる
    • 呪符攻撃で敵を倒すと体力回復できるものなど、呪符には複数の種類がある
  • ダッシュ回避

その他、探索時にはグラップリングフックを引っ掛けたり壁ダッシュなどから始まり、玄蝶(ドローン)を飛ばしてギミックをハッキングするなど、ゲームの進行に伴って様々な移動スキルを習得していく。

経絡と玉石で強くなる

Nine Sols ナインソール 攻略 経絡でスキルツリーをアンロックする

本作は、ソウルライクゲームだ。

セーブポイントで休憩すれば体力回復して回復薬が補充される。しかし、雑魚敵は全復活する。

ゲームオーバーになると経験値とお金を全て落とし、セーブポイントで復活する。それでも、死んだ場所に戻れば回収できる。

羿は、経絡と玉石で強くなることができる。

  • 経絡
    • 一定量の経験値を溜めるとスキルポイントを獲得する(獲得したスキルポイントはゲームオーバーになっても失わない)
    • スキルポイントを使って、スキルツリーをアンロックできる
  • 玉石
    • 各地で手に入る装備品
    • 便利機能や各スキルのアップグレードができる
    • それぞれに装備コストがあり、計算力(装備可能コスト総数)上限内なら付け替えは自由
フロムソフトウェア

現在の話題作

Nine Solsのレビュー

物語: 深いセリフとSFが入り混じるタオパンクな世界は独創的

Nine Sols ナインソール レビュー 李耳との会話

本作の世界はタオパンクと表現されている。タオ=道教と、パンク= サイバーパンクが混ざっているという造語だ。

まさにその言葉通りで、あちこちに道教を思わせる装飾や景色がありつつ、そこに機械がめちゃくちゃ入り込んでいる。幻想的でありカッコ良さもあり、背景に見惚れてしまうことも多い。

哲学的なセリフが多く「なるほど、深い」と神妙に頷いていたら、次の瞬間には機械ガッチャガチャのモラル崩壊しまくり展開が起こる。

ホラーゲームを手がけてきた開発元ならではの不気味な演出が素晴らしい一方で、笑えるほのぼの場面もある。

羿は口が悪く強気で、でも優しくもあり、突然NPCに辛辣なツッコミを口にすることもある。

こうした相容れないように思える要素同士が混ざり合っているおかげで、次の予想がつきにくくなっているのが面白いところ。バトルが目を惹くゲームだけど、実際のところ物語もしっかり楽しめるゲームだ。

最初から全て明らかにしないもののチラチラ情報が小出しにされるので、自分の予想の答え合わせをしたくなり、どんどん先に進みたくなる。

操作性: 精度高く攻防交えたバトルができる

Nine Sols ナインソール レビュー 呪符攻撃

本作のバトルシステムはパリィが要であり、それを理不尽なく楽しめる妥当な当たり判定で挙動も精度が高い

ゲームが進行するとパリィの種類が増えるけれど、敵がどの種類の攻撃を放っているかは視覚的に見分けやすいエフェクトが表示されるので親切(反応できるかは別問題だけど)。

呪符攻撃や回復、スキルにも発動に少し時間がかかるものもある。しかし、それぞれを時間短縮できるスキルのアップグレードや玉石を有効化すると、その差がちゃんと体感できるのも嬉しい。

探索時にはプラットフォームアクションの腕が求められる場所もあるし、バトルではやるべきことが多くて使うボタンも多い。しかし、決して操作しにくいことはなく、アクション性高いゲームプレイが楽しめる。

ただ、SEKIROやソウルライクゲームをプレイしたことがあると特に問題はないけれど、システムなどの説明はざっくりとしている。

難易度: 達成感が心地いい死にゲー

Nine Sols ナインソール レビュー 遠距離攻撃を弾く
敵の遠距離攻撃を弾くと
跳ね返してダメージを与えられる

難易度は2段階から選択可能。バトルが易しいストーリーモードとノーマルモードだ。私はノーマルモードでプレイ。

本作はソウルライクでSEKIROライク。というわけで、期待を裏切らない高難易度な死にゲーだ。パリィ必須なのでアクションの上手さが求められる。

複数の雑魚敵に囲まれると一気に追い込まれるし、ボスは第二形態でしっかり攻撃パターンを変えてくるし、殺意高めな敵ばかりだ。特に敵の連撃に対応出来ないと呆気なく終わることもある。

でも、敵の攻撃パターンとパリィのタイミング、そして自分の攻撃チャンスを組み立てながら挑戦すればちゃんと勝てる。「なんとなく勝てた!」にはならない、達成感を感じやすい良い歯ごたえが存分に味わえる。

ただし、死にゲーとはいっても経験値やお金は意外と溜まりやすく、心が折れるような難しさではない。

また、探索について、本格的なメトロイドヴァニアほど複雑なマップ構造ではないので迷子になる心配はない。

システム: 探索は楽しくてバトルはがっつり、どの要素も楽しめる

Nine Sols ナインソール レビュー マップ画面

9人倒すぞ!と決意したら、そこからは手探りだ。

実際にはある程度攻略順は決まっているけれど自力での探索するのが楽しいし、「行けそうだけど、まだ行けない」場所をチラ見せしてくるメトロイドヴァニアのワクワク感が味わえる。

NPCに渡すアイテムがあちこちに隠されており、そのアイテムによって拠点や羿のアップグレードが出来るので、探索したい欲もむくむく湧いてくる。それに応えてくれるように寄り道が多くて楽しい

バトルはSEKIROライクなので、その面白さは既にSEKIROが確立してくれているわけだけど、本作にはそこに呪符攻撃が加わっている。そのままだと単にちょっと強め攻撃だけど、玉石やスキルを組み合わせて自分好みの追加効果を付与できるので、プレイスタイルを考える面白さも味わえる。

探索もバトルも歯ごたえがあるけれど適度に苦戦しながら進める良い硬さで、物語描写もしっかり味わえる。全要素がバランス良く作られている良質ソウルライクだ。

芸術性: コミックのようなイラストで描かれる可愛くも残酷な世界

Nine Sols ナインソール レビュー 軒軒を助ける場面のコミック風カットシーン

本作は、まず見た目がとっつきやすい。ちょっと目つきは悪いけれど主人公は可愛い猫だし、不気味な世界ではあるけれど色づかいが鮮やかなイラスト調グラフィックだ。

カットシーンがコミックで表現されるのも新鮮で楽しく、魅力的なグラフィックだ。

上述もしたけれど、タオパンクな世界は独創的で、機械と宗教的な装飾が混ざった背景には見惚れてしまう。

個人的にはパリィする時に使うのが刀とか盾ではなく徒手なのがお気に入り。よく見るといくつかの型があり、ピッと手で受け流す姿がかっこいい。

BGMは不気味な曲もあるけれど、ほぼ全て東洋な曲調だ。お祭のお囃子っぽい曲調や、日本の雅楽に近い厳かなBGMもある。バトル曲もカッコ良くて、芸術面にもこだわりを感じる高いゲームだ。

総合評価と似ているゲームは下へ

Nine Solsの総合評価

Nine Sols

Taca KGO

Nine Sols ナインソール 九日 レビュー 攻略
物語の魅力
操作の快適さ
難易度バランス
システムの面白さ
芸術性


総合評価

パリィで敵の攻撃を弾き、呪符も交えて攻撃する歯ごたえのあるバトルと、メトロイドヴァニアな探索が楽しめる高難易度ゲーム。タオパンクな世界やグラフィックも魅力。

4
おすすめな人高難易度アクションゲームが好き
パリィ大好き!
東洋の雰囲気が好き
おすすめではない人パリィが苦手もしくは好きではない
残虐な表現が苦手(あまり生々しくはないけれど)

Nine Solsに似ているおすすめゲーム

スクロールできます
sekiro shadow die twice 評価 攻略

SEKIRO:
SHADOWS DIE TWICE

  • 本作が強く影響を受けている高評価アクションADV
  • パリィを多用するバトルが魅力
  • 架空の戦国時代を舞台に、上下左右に広がる探索も楽しめる
Blasphemous 2 ブラスフェマス2 レビュー 攻略

Blaspemous 2

  • パリィも狙う高難易度で高評価なメトロイドヴァニアゲーム
  • こちらはキリスト教系の宗教色が強い独創的な世界が魅力

九日 Nine Sols ナインソール
Developer: RedCandleGames
Publisher: RedCandleGames
https://redcandlegames.com/

この記事を書いた人

Taca KGO
運営者

どんなジャンルにも飛びつき、探索好きな涙もろい大人ゲーマー。世界中のゲーム情報をチェックするのも大好き。

Follow KeepGamingOn

Index