フロムソフトウェア新作!『ELDEN RING エルデンリング』発表。死ぬファンタジー復活。

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』で世界中に忍旋風を巻き起こしているフロム・ソフトウェアから、E3 2019において新作が発表された。

『SEKIRO』発売されてから、まだ間もないのに⁈

さっそくデビュートレイラーとして映像も公開された。
『SEKIRO』から『DARK SOULS』に戻ってきたような雰囲気

タップしてジャンプ

新作タイトルは『ELDEN RING エルデンリング』

ファンタジー世界

今作では、ジョージ・R・R・マーティン(George Raymond Richard Martin)さんとフロム・ソフトウェアがコラボ。
ジョージさんは、大人気海外ドラマの『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作者だ。

『ゲーム・オブ・スローンズ』といえば、中世ファンタジー世界での種族や国同士の争いや人間ドラマを描く作品。
ファンタジーだけど、がっつりグロいシーンやエロいシーンも描かれているR指定ドラマ。

そんなドラマの原作者が加わるとあって、新作は、『SEKIRO』の和の雰囲気から激変して、『DARK SOULS』の怪しいファンタジーに近い世界観。

現代のファンタジー作品の多くは『ロード・オブ・ザ・リング 指輪物語』がルーツになっていることが多い。
新作のタイトル名『エルデン「リング」』と聞くと『指輪物語』がサッと頭によぎった。

発売はいつ?

elden ring
fromsoftware.jp

発表されたばかりで、さすがに発売時期は明かされていない。
しかし、対応ハードは、PS4、XBox One、PCとのこと。

マイクロソフトもSonyも新ハードを発売予定だし現行機が対象ってことは、発売はそんなに先じゃないってこと⁈

「Xbox Wire」で行われたインタビューによると、『ダークソウル3』のDLC発売後から開発しているらしい。

「侍だぞ」「忍だぞ」な戦国時代が舞台の『SEKIRO』と開発時期が重なっていたってこと。
全く違う世界観のゲームの開発が同時並行されていたとは。

ゲームシステムは?

いつもの三人称視点のアクションRPG

『SEKIRO』では、主人公の動きが軽快なこともあってアクション要素が強かったが、『エルデンリング』ではRPG色の方が強くなるらしい。
やはり『ダークソウル』寄りなゲームになりそう。

elden ring
fromsoftware.jp

しかし、ちゃんと死にゲーではあるようなので、安心。

そして、先述のインタビューの中では、オープンワールドというまでではないが、”オープンなフィールド”という表現が出ていた。

行く場所や順番は自由なのかもしれない。

かなり大ボリュームなゲームになっているらしいので、進め方の選択肢がたくさんあるのかも!

elden ring
fromsoftware.jp

そして、インタビューでもう一つ注目だったのが、キャラクタークリエイティングが可能とということ。
これまた、主人公の人物像が決まっていた『SEKIRO』とは違った自由度が楽しめそう。

デビュートレイラー

めちゃめちゃ気になるけど、細かいことは、うーん、全く分からん!
公開されたトレイラーでは、綺麗なお姉さんがチラチラ写るけど、味方なのか敵なのか。

そして、ちぎれた(?)片腕が掲げられているシーンも気になる。
腕が重要?

elden ring
fromsoftware.jp

隻狼の吹っ飛んだ片腕が飛ばされてきた別の世界線、なワケはないけど。
ちなみに、隻狼は左腕飛ばされてたけど、トレイラーで掲げられてたのは右腕。

ただ、トレイラー最後の方に出て来る女性戦士が、右肩を意味ありげに「カチャッ」とさせるので、なんらかの能力が秘められた腕か装備を装着するのか。

elden ring
fromsoftware.jp

『SEKIRO』で、すっかりフロムソフトウェアファンになったので、新作もぜひともプレイしたい!
続報に期待。

Elden Ring
https://www.fromsoftware.jp/jp/eldenring/#2
©︎2019 FromSoftware, Inc.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる