『ELDEN RING エルデンリング』とは?壮大に死ぬ新たな神ゲーの予感

「死にゲー」「ソウルライク」といった新たなゲームジャンルを生み出したほど大人気で高評価の『DARK SOULS ダークソウル』シリーズ。開発したのは、フロム・ソフトウェア

そんなフロムの新作、というか、間違いなく新たな死にゲーが『ELDEN RING エルデンリング』だ。

ちなみに、フロム・ソフトウェアといえば、2019年に『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』を発売。『DARK SOULS』シリーズとは一変した和風な世界で「弾き」「体幹」という全く新たなバトルシステムで、これまた高評価された。

フロムソフトウェア

その後、フロムの元祖死にゲーである『Demon’s Soul デモンズソウル』がリメイクされたけれど、こちらはBluepoint Gamesが手がけていた。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

フロムとしては『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』に続く新作が本作『ELDEN RING』となる。

全世界のフロムファンと死にゲー好き待望の『ELDEN RING エルデンリング』についての最新情報や明らかになっているゲーム内容、気になる発売日や予約情報も紹介する。

についての最新情報や明らかになっているゲーム内容、気になる発売日や予約情報も紹介。

Index

物語Story

Story
平和じゃない土地

「黄金律」が壊れてしまったという「狭間の地」が舞台。

この地にある明らかに凄い力を持っている黄金樹の力の源であるエルデンリングが壊れてしまったそうだ。

エルデンリングが壊れて出来た欠片は「大ルーン」と呼ばれ、狭間の地の女王マリカのデミゴッド呼ばれる子供達が奪い合って戦争になった。

そんなわけで、大地は荒廃している。

elden ring エルデンリング
Story
壮大なファンタジー

本作は『ダークソウル』シリーズに雰囲気が近いダークファンタジー

ストーリーは、ジョージ・R・R・マーティン(George Raymond Richard Martin)さんとのコラボ。

ジョージさんは、大人気海外ドラマシリーズである『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作者だ。

elden ring エルデンリング
Story
王様になりたい

主人公は「褪せ人」と呼ばれる者で、エルデンリングを求めて旅する。

褪せ人とは、この狭間の大地から追放されていた人。黄金樹の祝福である金色の眼を失ってしまった人は褪せ人と呼ばれ、追放されるてしまう掟のようだ。

でも、「狭間の地が混沌としているなら、今がチャンスだぜ!」ということで、主人公はこの地に戻ってきた。

エルデンリングを手に入れて、エルデの王とやらになってしまおうという魂胆だ。

elden ring エルデンリング
Story
たり前だけど簡単ではない

しかし、そんなに簡単にはエルデンリングは手に入らない。

エルデンリングのカケラで狂ってしまったデミゴッドたちなど、絶対強すぎる人たちが立ちはだかる。しかも大量に。

elden ring エルデンリング
デビュートレーラーで印象的だった赤毛の人
どうやらボスの1人
elden ring エルデンリング
お前は一体どういう生き物なんだ

ゲームの特徴Features

Feature
オープンワールド要素あり
elden ring エルデンリング

本作は完全なオープンワールドゲームではないけれど、自由に探索できるオープンフィールドが存在する。

『SEKIRO』や『DARK SOULS』でも同時に何箇所か行ける場所があったけれど。本作では、ダンジョンごと完全に分かれているわけではなくてシームレスな世界。ワールドマップも存在する。

で、そのオープンフィールドなマップ上にしっかり攻略する大きな城などが6箇所ある(マップはなく、過去作のようなダンジョン攻略になる)。

また、それとは別に小規模のダンジョンも点在する。

本作は、フロム過去最大規模の世界で、かなり広いマップになりそうだ。

Feature
色々ある旅路
elden ring エルデンリング

オープンワールドといえば時間の概念。本作でもゲーム内で時間が流れている。

特に夜は、敵から見つかりにくくなるけれど、恐ろしい敵が出現する。

また、手に入る資源から消費アイテムなどを作製することが可能。やりくりしながら進むことになる。

そして、最大4人までのマルチプレイも可能。過去作に似た霊体システム

しかし、マルチプレイ中は馬に騎乗できなくなるなど制限も発生する。

Feature
バトルシステム
elden ring エルデンリング

本作は、三人称視点のアクションRPG

『SEKIRO』ではアクション要素が強かったけれど、本作はRPG寄りになる。つまり、めちゃくちゃ飛び跳ねたりするわけではない。

雰囲気もだけど、バトルシステムも『ダークソウル』シリーズに近い

でも、ダクソシリーズとは違ってジャンプアクションはある。ジャンプは探索でも多用することになる。

Feature
戦い方が進化
elden ring エルデンリング

盾と剣を構えるオーソドックスな騎士スタイルだけでなくて、もちろん弓やハンマーなど様々な武器が登場する。

本作では、戦技と呼ばれる特殊技が100種類以上登場する。戦技は、武器に1つセット可能。

過去作では武器ごとに技が決まっていたけれど、本作ではアビリティのように付け替えられる

また、共に戦ってくれる霊体を召喚することもできる。霊体は敵キャラと同じ見た目や挙動であり、霊体として集めていくのが収集要素にもなっている。

そして、もちろん魔法も登場する。

Feature
ステルスも可能
elden ring エルデンリング

本作ではステルスプレイも可能。

単に敵と真正面から戦うだけではなく、魔法やアイテム、地形を利用して幅広い戦術を試すことができる。

Feature
騎乗戦
elden ring エルデンリング

本作では、馬で移動する場面が多くなる。

崖を駆け登ったり、激しく跳躍したり、探索ではかなりお世話になりそうな霊馬だ。

バトルでも馬は大切。騎乗したまま敵を斬ったり、馬の背から敵に飛びかかったり。

ボス戦でも頼りになる相棒だ。

Feature
色々カスタマイズ
elden ring エルデンリング

本作では主人公のキャラクリエイトが可能。

武器や防具と魔法をあれこれ組み合わせたり、成長方向も好きに決めることができる。

『ダークソウル』シリーズと近い感覚だ。

ちなみに、ボスは全て倒す必要はないし、物語はマルチエンディングになっている。

製品情報Infomation

発売日

2022年2月25日


対応プラットフォーム

PS5, PS4, Xbox Series X|S, Xbox One, PC


予約情報Pre-order

予約特典3つあり

アドベンチャーガイド

マップポスター

「リング」のポーズ(ゲーム内ジェスチャー)

関連ゲーム本作発売前にプレイしておきたい

オススメ
Dark Souls 3

フロム・ソフトウェアの死にゲーといえばコレ!

オススメ
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

フロム・ソフトウェアの和風死にゲー。ダクソや本作『エルデンリング』とは違ったアクションが楽しめる。

フロムソフトウェア
オススメ
Demon’s Soul デモンズソウル

美しく蘇ったフロム死にゲーの原点

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

最新公式トレーラー
Trailer

ELDEN RING
https://www.fromsoftware.jp/jp/eldenring/
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. / ©2021 FromSoftware, Inc.

他のゲームも見る

最新のおすすめゲーム動画

カテゴリー

最新ゲーム

発売日情報

レビュー

高評価ゲーム

YouTube
おすすめ動画

Twitter
最新の情報

オススメの
周辺機器

種類別に
ゲームを探す

今話題のゲーム

Keep Gaming On
ゲームしてるだけで幸せ。ゲーム情報を調べるのも大好き。
超大作からインディーゲームまで、年間100本近くのゲームをプレイするゲーム漬けゲーマーです。
この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる