『深世海 Into the Depths』レビュー: 空気のありがたさ!海中メトロイドヴァニア

Index

『深世海 Into the Depths』とは

深世海 shinsekai into the depths

カプコンが製作した2Dアクションアドベンチャー。というジャンルになっているけど、実際のところメトロイドヴァニアだ。

カプコンといえば『バイオハザード』、2Dだと『ロックマン』というイメージが強い。最初は3人で開発していたらしく、他のメジャータイトルとは違った異色作。

Nintendo Switch、Apple Arcadeでプレイ可能。
私はApple Arcade版をプレイ。

あらすじ

海中で何かの作業をしている潜水士(公式には潜海者と表現されている)1人。

深世海 shinsekai into the depths

海洋調査の人?

なんて思っていると、作業を終えた潜水士は、空気が残っている隙間に置かれたベッドで休憩し始める。

深世海 shinsekai into the depths

どうやら、ここで生活しているようだ。

え、どういうこと?

と、そこに突然がバリバリバリー!と浸食してくる。

深世海 shinsekai into the depths
逃げろー!

間一髪逃げ出せたものの、潜水士のささやかな隙間ハウスは氷に包まれてしまう。

分厚い氷に対抗する術もなく、海をうろつくことになった潜水士。

深世海 shinsekai into the depths
ささやかなマイホームが!

作業に使っていたレンチのようなものしか頼れるものはない。

しかし、海中でを探索してると、怪しげな機械やら装置を見つけていく。

深世海 shinsekai into the depths
サバイバルに便利なものばかり

上は氷だらけ。仕方ない、下に進むしかない。

見つけた武器や鉱石で武装し、不思議な機械に導かれるように潜っていく主人公。

氷に包まれていくこの海は一体何なのか。海から脱出は出来ないのか。そして1番の謎、主人公は一体何者なのか。

深世海 shinsekai into the depths
何かヒントが書かれている看板

海中には廃墟となった街や高度な文明を感じさせるものが水没している。海の中で何があったんだろうか。

ゲームの特徴

海中サバイバルの肝は空気

主人公は人間(のハズ)だ。海中を意気揚々と探検出来るわけではない。

空気が一番大切

ただジッと立っているだけでも、潜水スーツと酸素ボンベに溜めた空気が消費されていく。酸素がなくなれば、もちろんゲームオーバー。

深世海 shinsekai into the depths
画面左上の瓶のようなものが酸素ボンベ
酸素が体力でありスタミナでもある

しかも、水中なので、のっそりのっそりとしか歩けない。

でも、潜水スーツから空気を噴出することでブースト移動が出来る。上方にシューーーッ、横方向にプッシューーーー。気持ちよく素早く泳げる。

もちろん空気の消費量がハンパないので、使い所には気を遣わなければならない。

深世海 shinsekai into the depths
泳ぎながら武器を切り替えたり
複数の敵に囲まれると忙しくなる

そして、海中には危険がいっぱいだ。

主人公は気持ちよく泳いでいただけなのに、視界に入った途端襲ってくる海中生物たち

上方から崩れ落ちてくる岩石。浸食してくる氷。ブーストがうまくいかず海底に勢いよくぶつかってしまった時。全てが主人公にとってダメージとなる。

深世海 shinsekai into the depths
レンチで近接攻撃か銛で狙い撃ち
戦っている最中ももちろん空気は減っていく

ダメージを受けると付けている酸素ボンベにダメージが入り、一本ずつ無くなっていってしまう。

深世海 shinsekai into the depths
ダメージを受けると酸素ボンベにヒビが入る

更にダメージを受け続けて酸素ボンベが全てなくなると、遂には潜水スーツ自体にダメージが加わるようになる。最終的には潜水スーツがぶっ壊れて、溺死。海は恐ろしい。

深世海 shinsekai into the depths
巨大な海洋生物とのボス戦もある

パワーアップ潜水士の探検

本作は、メトロイドヴァニア。

岩や遺跡の壁などで入り組んだ地形になっている海中を探索する。

深世海 shinsekai into the depths
地面をレンチでカァンッと叩いて
音の反響によってアイテムの場所を探す

各地で新たな装置を手に入れて、武器やスキルを増やしていく。そうして、進める場所が広がっていく。

深世海 shinsekai into the depths
攻撃や道を切り開くための武器
いろんな種類の武器を作れるようになる

岩石の所々には鉱石が埋まっているし、敵を倒すと手に入る鉱石もある。

そうした鉱石を使って銛の残弾数を補充したり、威力をアップグレードすることが出来る。

深世海 shinsekai into the depths
集めた資源で回復アイテムや武器をクラフト 

また、ゲームが進むと潜水艇やお供としてついてきてくれる潜水ロボット「潜導」も登場する。

深世海 shinsekai into the depths
潜水艦からは酸素が供給される
便利だけど狭い所には入れない

もう一つ重要なのが、潜水スーツの強化

本作の舞台は、ほぼ全て海水で満たされているわけだけど、深く潜っていくと赤い水に変わる。

どこかで大量の血が流れて…!

深世海 shinsekai into the depths

というわけではなく、赤色の深さは「今の潜水スーツでは潜れませんよ」というサインだ。果敢に赤い部分に潜ると潜水スーツが壊れてダメージを受けてしまう。

しかし、特別な鉱石を一定量集めると、スーツを強化出来る。

深世海 shinsekai into the depths

耐圧性が上がり、赤い水の位置が押し下がり、更に深く潜ることが出来るようになる。これを繰り返して、どんどん深く進んでいく。これによってメインストーリーが進んでいく。

評価

物語の魅力

ストーリー
Bad
Good
キャラクターの魅力
Bad
Good

オープニングから謎だらけ。興味をひく謎がポンポンと登場して、没頭していく。

そして、意外な結末と美しいエンディングで最後まで物語が楽しい。

深世海 shinsekai into the depths
所々で見つかる昔の記録

主人公は、潜水スーツで表情は見えないしセリフもない。でも、武器を取った時の「よっしゃあ!」な仕草やお供の「潜導」とのコミカルなジェスチャー。かなり愛着が湧く。

芸術的な完成度

グラフィック
Bad
Good
サウンド
Bad
Good

不思議な海中風景。海中の自然は美しくて、そこに沈む文明の跡とのコントラストも良い。

一体何があったんだろうと妄想が膨らむ背景が続く。

深世海 shinsekai into the depths

そして、没入感を高めてくれるのがサウンド。海の中ということもあってか、癒し曲が多い。

で、本当に水中にいる気分になる。それもそのはず。本作のサウンドは、実際に水中で録音されている。

道中で、一部水中から出る部分があるんだけど、そこではちゃんと音の鳴り方が変わる。細かいところだけど、そういうこだわりのおかげで余計に水中にいる気分が高まる。

ゲームプレイの快適さ

操作性
Bad
Good
難易度などゲームバランス
Bad
Good

プレイしていて、もどかしさを感じることが多い。それが良い。そういう仕様だ。

水中だとキビキビ上手く動けない!それがしっかり再現されてる。

フワァンと浮かんだり、方向転換する時も水中ならではのラグがあったり。独特な操作感に慣れたら、病みつきになる水中感。

深世海 shinsekai into the depths
潜水艇も慣性が効く操作感

資源から武器やアイテムをクラフトするので、やりくりにハラハラする。これが面白い。

でも、資源が枯渇してしまって詰むことはないし、セーブポイントも小刻みに配置されている。そんなにヌルい難易度というわけではないけれど、サバイバルゲームに慣れていない人でも、ちゃんとクリアできる良いバランス。

ゲームとしての面白さ

ゲームシステム
Bad
Good
やり込み要素
Bad
Good

酸素残量のシステムが良い緊張感を出してくれる。マップ構造も面白くて、隠れてるアイテムも多いし、探索が面白い

メトロイドヴァニアとして面白いところに、酸素や資源のやりくりというサバイバルが良い感じに組み込まれている。

武器も多いし、どの武器を作るか、どのパラメーターを強化していくかという自由度や戦略性も高くてバトルもちゃんと楽しい。サバイバルなので、時には逃げて資源を温存するのも大切。

深世海 shinsekai into the depths

やり込み要素としては、クスッと笑えるオブジェクトを探し出したり、海洋生物図鑑を埋めていくといったものがある。

深世海 shinsekai into the depths
サメの人形を見つけて喜ぶ主人公

マップは広大なわけではなくて、隅々まで探索しながら10〜15時間くらいでクリアできるボリューム。

ちょうど良いくらいで、中だるみすることもなくエンディングまで熱中してプレイした。

まとめ

物語の魅力
芸術的な完成度
プレイの快適さ
ゲームとしての面白さ
 良いところ
  • 本当に水中にいる感覚
  • サバイバルが楽しくて緊張感が続く
  • 謎多きストーリー
 残念なところ
  • 無駄に壁にしがみついてしまう時がある

総合評価

4.5

こんな人にオススメ!
  • メトロイドヴァニアが好き
  • 2Dアクションが好き
  • ハラハラドキドキしたい
  • 海中が好き
  • 個性的なゲームを探している
オススメではない人
  • 水中恐怖症
  • 機敏なアクションを楽しみたい
  • 急かされるゲームが苦手

深世海 Into the Depths
https://www.shinsekai-itd.com/ja/
©CAPCOM CO., LTD. 2019, 2020

メトロイドヴァニアが好きなら

他のゲームも見る

こちらもオススメ

Index
閉じる