『Monument Valley』レビュー: 自分の目を騙す

Index

『Monument Valley』とは

monument valley

ustwo Gamesが開発したパズルゲーム

本作は、錯視を利用したゲーム性と高い芸術性が高評価されていて、かなりの数の賞を受賞している。

続編の『Monument Valley II』もリリースされている。

本作は、iOS、Androidでプレイ可能。
私はApple Arcade版をプレイ。Apple Arcade版は、『Monument Valley+』となっているけれど、内容は全く同じで、追加DLCが全て同梱されている。

あらすじ

抽象的で謎なんだけど、ストーリーはある。

主人公はアイダ。幾何学で出来た空間の王女様。

monument valley

彼女は、とんがり帽子を被っている。何も喋らず、黙々と迷路のような不思議空間を進んでいく。

時々現れる精霊のような人が物語を語ってくれる。

彼女は王冠を取り戻すために旅をしているらしい。それには盗まれた幾何学模様を取り戻さなければならない。

monument valley

そして、アイダに向かってカアカアとうるさく鳴いてくるカラス人間たち。彼らこそ幾何学模様を盗んだ奴らだ。

monument valley

ということらしい。めちゃくちゃ断片的にしか語られないので、あとは自分で推測するしかない。

ゲームの特徴

歩いていく

ゲームは章にわかれている。

monument valley

章を選択すると、スタート地点からテクテクと歩いて紋様が描かれているタイルへ辿り着けばクリア。次の章へと進める。

monument valley

しかし、最初からゴールのタイルがあるわけではなくて、何回かドアをくぐって何回か画面が切り替わっていって、やっとゴールがある場所に辿り着ける。

つまり、章のなかに何個かパズルがあるというわけ。

monument valley

目を疑え

画面上の道をタップすると、そこにアイダが歩いていく。

このアイダが歩く道が1番大切。

一見道がつながっていないようでも、ステージをスワイプして角度を変えると、あら不思議。つながって見える。

繋がって見えている状態なら、その道を歩いていける。これが錯視を使ったパズル、というわけだ。

monument valley
離れてるけど
monument valley
画面をスワイプして左側からの視点に変えると
道がつながる!

こういった感じで、錯視を利用して先へと進む道を見つけ、つないでいく。

また、ギミックもある。アイダだけを操作するわけではない。

ボタンが付いているパーツや歯車が付いているパーツは動かすことが出来る。

monument valley
丸が付いているパーツはスワイプで動かすことができる

更には、アイダの道を塞ぎつつカアカア鳴いているカラス人間でさえ、うまく誘導すればギミックを動かしてくれることもある。

monument valley
カラス人間はずっと歩き回っている
上手くボタンを押してもらうよう道をつなげてあげる

1人で旅するアイダだけど、お友達の黄色いトーテムがたまに出現する。トーテムくんは道の上をスライドして動かすことが出来て、アイダを高い場所へと送り届けてくれる。

monument valley
黄色の柱がトーテムくん
スライドして動くけど階段は登れない

評価

物語の魅力

ストーリー  4.0

キャラクター  3.5

物語はよく分からない。でも、なんだか美しい物語。

終始、物静かな雰囲気で進んでいくんだけど、時々、突然ドラマティックな展開が起きてびっくりする。特に追加コンテンツのほうは、派手な演出も多い。

monument valley

物語の内容は、芸術性の高いゲームでよくある、プレイヤーが考察して物語を想像する系。

だけど、「意味分かりませーん」と考えるのをやめちゃうような意味不明さじゃないので、物語にもちゃんと惹き込まれる。

そして、カラス人間の方が目立つけど、私は友達のトーテムくんのことが気に入った。

monument valley

ひたすらアイダを助けてくれるんだけど、犠牲になることが多い。そのたびに「トーテムくん!ありがとう、忘れないよ」と思うんだけど、少し先に進むと、ババーンと復活してくる。というのを繰り返す。

トーテムくんの雑な扱い、そして、すぐに復活するトーテムくんの強靭さに時々笑ってしまった。

プレイの快適さ

操作性  4.0

バランス  4.0

タップとスワイプだけなので、操作自体は簡単。

ただ、後半の方になってくると、パズルがどんどん複雑になってくる。

そうすると、意図していないところを動かしてしまったりする。小さめの画面でプレイすると、やや操作しにくいかも。

monument valley

でも、ミスしてもペナルティはないし(そもそもミスの概念がない)、時間制限もないし、いくらでもパズルを触れるので、プレイに支障が出るほどではない。

パズルは、徐々に難しくなっていく。ギミックも増えるし。いいくらいの難易度。

monument valley
芸術的な完成度

グラフィック  4.5

サウンド  4.0

本作の魅力の1つは芸術性の高さ。

ミニマルなグラフィックで、アンビエント系の音楽が流れる。いわゆる、チルってやつ。チルなゲームだ。

カラス人間のカアカアだけは、にぎやかに聴こえてくるけど。

monument valley

ギミックを動かす時には、これまた綺麗な効果音がポォンポォンと響く。全体が癒し。パズルの解き方を考えてる最中も癒される。

フォトモードもあって、そのままスマホの壁紙にしちゃいたい。

monument valley

デベロッパーはゲームだけではなく、デザインアプリなども手がけているので、そりゃ、納得のセンスの良さ。

ゲームとしての面白さ

システム  4.5

やり込み  3.0

色んなパズルゲームがあるけれど、「うわ、なるほど!なるほど!そういうことか!」と感心してしまうパズルは限られている。

本作は、その1つ。

錯視を使ったトリックは素晴らしくて、どのステージでも「なるほどー!目からウロコです!」と感心しっぱなし。

よく考えられているパズルばかり。「今のパズルはなんだかなあ」なんて思うことは一切なかった。

monument valley

エッシャーとか錯視アートを見ると、「よくこんなこと考えつくなあ」て尊敬してしまう。

で、本作では、「ここをこうしたら、道が繋がって見えちゃうわけだな」と錯視の状況を自分で作り出せるのが楽しい。もちろん、お膳立てしてもらってるわけだけど。

monument valley

しかも、同じステージの中で、パーツの向きを変えれば、また違う錯視になる。本当によく作り込まれてて練られまくってる。

追加コンテンツの方も合わせると、たくさんの錯視パズルが楽しめて、脳みそが若返った気分になる。

monument valley
本編と追加コンテンツが2種類ある

ひたすらゴールを目指すのみなので、特にやり込み要素はない。

まとめ

物語の魅力
プレイの快適さ
芸術的な完成度
ゲームとしての面白さ
 良いところ
  • 錯視を使った高品質のパズル
  • ミニマルで癒されるアートワーク
  • 美しくて考察の余地がある物語
 残念なところ
  • 小さい画面だと狙った位置をタップしにくい

総合評価

4.0

こんな人にオススメ!
  • パズルが好き
  • 芸術性の高いゲームが好き
  • 脳が喜ぶような体験をしたい
  • 癒されたい
  • 気軽に遊べるスマホゲームを探している
オススメではない人
  • パズルゲームにはヒント機能が欲しい
  • ストーリーがよく分からないとイライラする
  • 今は頭を使いたくない

Monument Valley
https://www.monumentvalleygame.com/mv1
©︎ 2014 ustwo Games Ltd

パズルゲームが好きなら

他のゲームを見る

他のゲームも見る

最新のおすすめゲーム動画

カテゴリー

Index
閉じる