『Vigil: The Longest Night』レビュー: 気持ち悪いストーリーが面白い!高難易度アクションとメトロイドヴァニアももちろん楽しい

タップしてジャンプ

『Vigil: The Longest Night』とは

Glass Heart Gamesが開発した2Dアクションゲーム。
メトロイドヴァニアでもある。

本作は、2D『ダークソウル』と呼ばれる名作インディー『Salt and Sanctuary』と元祖メトロイドヴァニアの『悪魔城ドラキュラ』に強く影響を受けて製作したそうだ。

本作は、Nintendo Switch、PCでプレイ可能。
今後、PS4とXboxでも配信される可能性があるとのこと。
私はNintendo Switch版をプレイ。

あらすじ

夜警という職業に就いているレイラが主人公。

街から離れて任務に就いていたみたいだけど、妹の誕生日ということで、久しぶりに街に帰ってくる。

が、街では騒動が起きている。
怪物が現れているし、そんななか街の少女が行方不明になっているらしい。

事件か?
と思いきや、どうやら恋人と共に消えているらしくて、「おやおや、駆け落ちですか?」な雰囲気。

レイラは、「ふーん、そうなのねえ」なんて思いながら自宅に帰ったけど、妹デイジーの姿が見当たらない。
行方不明の少女と何か関係がある?

跡を辿っていくと、どうやら行方不明の少女は駆け落ちしたわけではなさそうだ。
胸騒ぎがする。
気持ち悪い怪物がたくさんいる!

なんだか、すごく恐ろしくて、おどろおどろしくて、どう考えてもヤバすぎる何かが起きている。

しかも、「守人の修行をせよ」なんて言ってくるローブを着た怪しい人の幻覚まで見えてくる。
「試練を終えろ」ってどういうこと?

妹を探していたはずが、何かに導かれるように進んでいくレイラ。
レイラの不気味な長い長い夜が始まる。

ゲームの特徴

ソウルライクだけど…

本作は高難易度アクションメトロイドヴァニアスタイルの探索が組み合わさっている。

道中の雑魚敵を倒しながら探索。
敵を倒すと経験値を獲得して、レベルアップ。
レベルアップで手に入るスキルポイントで、コンボ技やステータスボーナスを得られるスキルツリーを解放出来る。

武器ごとにスキルツリーが分かれている

そして要所要所では、凶悪で強いボスと戦うことになる。
ボスを倒すと2段ジャンプなどのスキルが手に入り、行ける場所が更に増えていく。

バトルシステムについては、体力ゲージとスタミナゲージがあり、「奥義」と呼ばれる魔法も使える。

奥義は発動すると
一定時間経過後に再使用できる

武器や防具は多種類あり、細かなパラメーターを見ながら装備を選ぶ。
装備品は、鍛冶屋さんにアップグレードしてもらうことも可能。

装備品を替えると
見た目も変わる

と、まあ、そんな感じで、ソウルライクと呼ばれるゲーム内容になっている。

セーブポイントは、大きなフクロウ
フクロウに触れると体力回復とセーブが出来る代わりに、雑魚敵が全て復活する。
これもソウルライクおなじみのシステム。

ただ、ソウルライクのお約束と違っているのは、死んだ時。
死ぬと、単純にセーブした時点からのやり直しになる。

直前に死んだ場所に戻って経験値回収とか、死んでもギミックは起動したままとか、アイテム取得状態はそのまま、というわけにはいかない。
完全にセーブした時からのやり直しだ。

メトロイドヴァニアなので
行った場所からマップが埋まっていく
死んだらマップ解放状況も戻る

そして、セーブポイントに触れても体力回復アイテムが自動で補充されない
回復アイテムは、お店で買うか、道中で拾うしかない。

サブクエが豊富

本作には、NPCが多数登場する。
彼らと話していると、サブクエストが発生することがある。

アイテムを回収してくるだけのものから、誰かに話を聞いて、更に他の誰かにも話を聞いて…など、何段階か経ないとクリアできないものもある。

セーブポイント間でファストトラベルが出来るので、みんなのお願いを聞きながら、あっちへこっちへ行ったり来たりすることになる。

もちろんクリア報酬があり、便利な装備品や魔法を貰えることもある。

NPC同士の人間関係が分かるサブクエストも多いので、物語を楽しむためにもフラグが立ったら積極的にクリアしたいところ。

評価

物語

ストーリー  

4

キャラクター 

4

面白い!

ソウルライクゲームの『Salt and Sanctuary』の影響が強いゲームか。ふーむ。
禍々しい何かが現れて、それを退治するストーリーだな!
よーし、メインストーリーは、まあまあそんな感じで、アクションと探索楽しむぞ。
と思ってプレイしたら、おやおや、予想外。
ストーリーががっつり楽しめる

ソウルライクなゲームといえば、訳わからない単語を羅列して一方的に喋ってくるNPCだらけというイメージ(※個人の感想です)。
だけど、本作では、普通に物語や会話が面白い

しかも、物語は、これまた「思ってたのと違う!」な展開に。
先が気になって仕方ない!
ストーリーが楽しめるぞ、このゲームは。
もちろん訳分からない概念もモリモリ登場するので、ソウルライクといえば!な気持ち悪くて不気味な雰囲気も存分に味わえる。

快適さ

操作性 

3.5

難易度 

4

安定性 

1

恐怖のエラー

ゲームプレイに関しては、製作者が『Salt and Sanctuary』に影響受けましたって言ってる通り。そのまま
アクションの重ためな感じとか、ボタン押してから、ちょっとラグがある感じとか、そのまま同じ感覚。

キビキビ滑らかというわけではなくて、重厚アクション
ボタン入力からの反映までのラグを予想して動く必要がある。
『Salt and Sanctuary』をプレイしたことがある人なら、「あー、この感触ね」となると思うけど。
プレイしたことがない人だと、このラグや癖のある挙動に慣れる時間が必要かも。

高難易度アクションというわけで、「死にゲー」を謳っているゲームだけど、イージーからハードの3段階から難易度は選べる
ノーマル難易度で、いい感じにドキドキハラハラしながらプレイできるレベル。

で、本作の1番の問題点。
エラーが多すぎ!
これ、違う意味で「死にゲー」なんですが。
突然のゲーム終了だけでなく、直前のセーブデータも吹っ飛ぶという恐ろしいことが起きる。
高難易度アクションでゲームクラッシュは、流石にいただけない。
早急なアプデに大期待!

面白さ

システム 

4

やり込み 

4

病みつき

難易度高めアクションもメトロイドヴァニアも、どちらもしっかり楽しめる
マップ構造が面白くて、メトロイドヴァニア好きの探索したい欲を満足させてくれる。
タイミングよく攻撃すると相手がスタンしたり、バックスタブや魔法など、高難易度アクションならではの立ち回りを考えて敵と戦うのが面白い。

サブクエストがたっぷりあって、しかも、そこにちゃんとストーリーがあるので、やりがいがある。
ストーリー分岐もあるので、結構やり込める(マルチエンディングになっている)。

芸術性

グラフィック 

3.5

サウンド   

3.5

雰囲気抜群の
気持ち悪さ

手描きイラスト調のグラフィック。
敵は、間違いなく気持ち悪い。
そんな気持ち悪い奴らの上に君臨するんだから、ボスの気持ち悪さは圧巻。

音楽は不気味というよりカッコいい曲が多くてオススメ。

まとめ

物語
プレイの快適さ
ゲームとしての面白さ
芸術性
良いところ
残念なところ
  • 高難易度アクション
  • マップが面白いメトロイドヴァニア
  • ストーリーを楽しめる
  • やり込み要素もしっかり
  • エラーが多い
  • ロードが重い
オススメな人
オススメではない人
  • 死にゲーが好き
  • 不気味な雰囲気が好き
  • 物語を楽しみたい
  • メトロイドヴァニアが好き
  • 気持ち悪いものが苦手
  • キビキビな操作感じゃないと我慢できない

Vigil: The Longest Night
https://www.facebook.com/VigilTheGame/
© Another Indie Studio Limited. All rights reserved.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる