『Blasphemous ブラスフェマス』レビュー: 三角ヘルメットが頑張る病みつき高難易度メトロイドヴァニア

タップしてジャンプ

『Blasphemous ブラスフェマス』とは

blasphemous ブラスフェマス

スペインのThe Game Kitchenが開発したメトロイドヴァニアゲーム
高難易度アクションと独特な世界が好評で、さまざまな賞にも選ばれている実力派。

緻密に描かれた2Dドット絵グラフィックも特徴。
ドット絵な分、マイルドではあるけれど、残虐なシーンも多い。

Nintendo Switch、PS4、PCでプレイ可能。
私はNintendo Switch版をプレイ。

あらすじ

クヴストヴィアという舌噛みそうな名前の不気味な世界が舞台。
神の奇蹟によって、人々に呪いが蔓延している絶望的な世界だ。

blasphemous ブラスフェマス

神なのに人間を呪ってる?
主人公も、もちろんそう思っている(はず)。

というわけで、主人公は、唯一の悔悟者として贖罪を行うために試練に立ち向かう。

blasphemous ブラスフェマス

でも、本当は神に「呪うのやめてよ」と直談判したいと思っている(はず)。

宗教的な話が出てきたり、出てくる単語も難しい。
アイテムの説明文などを見ると、かなり綿密に世界設定が作り込まれていることが分かる。

blasphemous ブラスフェマス
考察が得意な人なら
ちゃんと理解できるのかも…

一応、私の理解力で分かった世界設定は以下の通り。

神の言い分は「人間の神への信仰は偽りだったよね」ということ。
で、神は、罰として、それぞれの人間の罪が具現化する呪い(奇蹟)をかけた。
ある者はモンスター化し、ある者は病に伏せる。

blasphemous ブラスフェマス

そして、世界は、救いのない陰鬱な状態に変わり果ててしまった。

しかし、主人公は、幸運にも奇蹟を生き延びた唯一の元気な人間。
超個性的なヘルメットを被り、主人公自身の罪から生まれたという懺悔の剣を携えている。

blasphemous ブラスフェマス

主人公は、「陰鬱な世界のままじゃダメだ!」と一念発起して、世界を救うことに決めたようだ(たぶん)。

blasphemous ブラスフェマス
主人公は喋らないので
何考えてるのか全然分からないけど

ゲームの特徴

メトロイドヴァニア要素は全て完備

メトロイドヴァニアゲームなので、探索がメイン

マップは意外なところが繋がっていたり、隠し通路や隠し部屋もある。

blasphemous ブラスフェマス

アイテムを拾い、主人公の基本ステータスを上げる場所を見つけたり、セーブポイントを解放したり。

blasphemous ブラスフェマス

そして、各地には、試練となるボスが待ち構えている。

blasphemous ブラスフェマス

キビキビアクション

主人公の基本アクションは3種類。
剣で攻撃ジャンプ、そしてガード

blasphemous ブラスフェマス

敵の軽い攻撃なら、ガードして斬り返すと大ダメージを与えられるパリィも可能。

パリィが決まると
敵ごとに異なった残虐演出が発動!

また、ゲームを進めていくと、奇蹟と呼ばれる魔法を使うことが出来るようにもなる。

blasphemous ブラスフェマス
攻撃魔法からステータスアップ、敵弱体化など
様々な奇蹟が登場する
 のアイコン画像 

奇蹟発動に必要な奇蹟ゲージは敵を攻撃すれば回復する
バンバン唱えまくりたいところだけど、装備できるのは1種類だけ!

ソウルライク

本作は、陰鬱でグロいし、不気味な物がそこら中に転がっているし、訳分かんない単語も満載だし。
『ダークソウル』シリーズと雰囲気が似てる。

で、ゲームシステムも部分的に『ダークソウル』シリーズに似た部分がある。

敵を倒すと手に入る「償いの涙」。
これがダクソシリーズでのソウルに当たる。

セーブポイントのシステムも同じ

体力が全回復するし、回復に使うフラスコ瓶の使用可能回数も全回復する。
それと引き換えに全ての雑魚敵が復活してしまうのもダクソシリーズと同じ。

blasphemous ブラスフェマス
 のアイコン画像 

道中の雑魚敵相手に死んでしまうのも
ボスが強くて何度も挑むことになるのも
ダクソシリーズと同じ

死んでしまうと、直前に触れていたセーブポイントで復活する。

が、ここでダクソシリーズと大きく違うところが。

まず、死んでも償いの涙を失わない。

優しい!
というわけではなく、ちゃんとデスペナルティはある。

魔法使用に必要な奇蹟ゲージの最大値が減り、敵を倒した時に手に入る「償いの涙」の獲得量が減ってしまう

blasphemous ブラスフェマス
画面左上の青いバーが奇蹟ゲージ
バーの右端がツタでぐるぐる巻きになっている
この部分がデスペナルティで削られてしまった部分

でも、心配ご無用。

前回死んだ場所には、イバラのような木に巻かれた自分の魂罪過の欠片が立っている。
それを回収すれば、ペナルティは解消される。

blasphemous ブラスフェマス

なんだ、やっぱり優しいじゃん。

いや、安心するのはまだ早い。
このデスペナルティの怖いところは、蓄積されていくこと。

blasphemous ブラスフェマス

例えば「罪過の欠片」を回収できずに2回連続して死んだ場合、2回分のデスペナルティが発生する。

5回死んだうち、2つの「罪過の欠片」を回収できた場合は、3回分のデスペナルティが残る。

回収できていない「罪過の欠片」の数に応じて、奇蹟ゲージ最大値はどんどん減っていくし、「償いの涙」はどんどん手に入らなくなる。

 のアイコン画像 

回収が難しいところで死んでしまうと大変なことに…
回収を面倒くさがっていても大変なことに…

とは言っても、所々にいる「告白者」に「償いの涙」を支払ったり、ボスを倒すと、一気にデスペナルティが解消されるという救済システムもある。

回収できていない「罪過の欠片」が多いほど
支払う「償いの涙」は多くなる

成長するヘルメットマン

メトロイドヴァニアなので、スキルを手に入れる度に行ける場所が増えていく。

blasphemous ブラスフェマス

それとは別に主人公のステータスを伸ばすこともできる。

大切なのが、時に必要となるゴリ押しには欠かせない攻撃力の成長。
懺悔の剣の祭壇」を見つけると、剣の攻撃力が上がる。

blasphemous ブラスフェマス

また、祭壇では「償いの涙」を消費して剣のスキルを解放することができる。

コンボフィニッシュ技や、落下攻撃など、基本のアクションをアップグレード出来る。

blasphemous ブラスフェマス

そして、体力と奇蹟ゲージの成長も。

剣が刺さりまくっている女神に会うことが出来ると体力の上限値が上がる。
各地にポイッと置かれている杯を見つけると奇蹟ゲージの最大値が上がる。

blasphemous ブラスフェマス
成長するためには探索が必須

やり込み要素もたっぷり

探索していると、様々な防具や収集品が手に入る。

ステータスが上がる装飾品や、代償付きで大きなボーナスが得られる「心臓」。

blasphemous ブラスフェマス

また、誰かの骨の一部を拾ったり、空中に浮かぶ赤ちゃんを助けるというやり込み要素もある。

blasphemous ブラスフェマス

そして、サブクエストもある。

絶賛呪いに苦しみ中のNPCに出会うと、サブクエストが発生する。
クエストアイテムを取ってきてあげるといった内容が多い。

blasphemous ブラスフェマス

ちなみに、本作には分岐がある。
真のエンディングを目指すこと、それもやり込み要素だ。

評価

物語

ストーリー  

3.5

キャラクター 

4

個性的

簡単に言うと「訳わからない」。

でも、世界設定はしっかり作られていて、ちゃんと読み解けば深い物語を堪能できる。
もちろん、「神に抵抗してやるぞ!」という理解くらいでもゲームプレイには支障ない。

一方で、サブクエストは多種多様で分かりやす異物が多く、NPCの行く末は結構気になってくる。

そして、主人公のヘルメットが個性的すぎて、それでもう十分記憶に残るゲームになる。

快適さ

操作性 

4.5

難易度 

4

安定性 

4.5

病みつき

滑らかというよりキビキビ動いて、敵と戦ってて気持ち良い。
あと、壁に剣を刺して登っていくのが楽しい。

魔法(奇蹟)はどれもアクションや挙動が違っていて面白くて、色んな魔法を使ってみたくなる。

アクションは面白いけど、よく死ぬ。
でも、理不尽に死ぬということはない。
探索してれば強くなるし、デスペナルティからの救済もある。

死にゲー難易度だけど、丁寧にプレイしていれば、ちゃんとクリアできる良いバランス!

面白さ

システム 

5

やり込み 

4.5

最高!

面白いマップ構造に成長要素、新たなスキルで行けるようになる場所の広がっていくペース。
かなり良質なメトロイドヴァニア

デスペナルティが蓄積されていくというのも面白い。
1、2度死ぬくらいでは「まだ大丈夫でしょ」って思うんだけど、そのうちペナルティがボディブローのように効いてくる。
このバランスが絶妙

収集品は多いし、寄り道も多くて、探索してるだけでも結構楽しめる。
アイテム説明もかなり詳しくて考察も捗る。
サブクエストも豊富だし、やれること満載で大満足。

芸術性

グラフィック 

4

サウンド   

3.5

妖しくて綺麗

細かく描き込まれたドット絵が美しい。
不気味だけど美しくて、残虐な演出までなんだか美しい。

まとめ

物語
プレイの快適さ
ゲームとしての面白さ
芸術性
良いところ
残念なところ
  • 探索が楽しい
  • アクションが気持ちいい
  • 難易度バランスが絶妙
  • 雰囲気やグラフィックが独特
  • ストーリーが難解で感情移入しにくい
オススメな人
オススメではない人
  • メトロイドヴァニアが好き
  • 高難易度アクション、死にゲーが好き
  • ダクソシリーズが好き
  • ドット絵が好き
  • アクションゲームが苦手
  • 残虐な表現が苦手
  • 不気味な雰囲気が苦手

Blasphemous
https://thegamekitchen.com/blasphemous/
Developed by The Game Kitchen. © 2019. Blasphemous is a trademark or registered trademark of The Game Kitchen. Published by Team17. © 2019. Team17 is a registered trademark of Team17 Digital Limited.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップしてジャンプ
閉じる