PS5とXbox Series Xどっちがオススメ?実際に両方使ってるゲーマーが比較

PlayStationとXboxは何かにつけてバチバチだ。

お互いに高め合ってくれるので、ゲーマーにとっては良いことなんだけど。

そして、現在の両者のエース対決はPlayStation5(PS5)とXbox Series X(XSX)だ。

家庭用ゲーム機大好きゲーマーとして、ハチマキを巻きフンドシを締めて、あまたの抽選とクリック戦争をくぐりぬけ、2つとも頑張って手に入れた。

というわけで、次世代ゲーム機2つを実際に1年近く実際に使用した上での比較と感想をご紹介。

ゲームをプレイする上で気になる項目にわけて、どちらがオススメかを紹介する。

これから購入を検討している方、どちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

Index

ゲームソフトの充実度

発売本数

PS5の方がオススメ

ゲーマーにとってはゲームが面白くなきゃダメだ。ここが1番重要。

最近の大作ゲームは、PSでもXboxでも同時発売されることが多い。

ところが、国内版はPS5版のみの発売になることが多い。パッケージ版なんてPS5版だけしか発売されないことばかり。

これはXboxの国内ユーザーが少ないから仕方ない。

ただ、最近はダウンロード版が主流になってきているので、パッケージ版好きじゃなければXSXでも支障はない。

PS5のオススメゲームはコチラ

実際にプレイできる本数

PS5の方がオススメ(人によってはXSXがオススメ)

最近のゲームはPS版とXbox版は同時発売されることが多いと上述したけれど、注意点がある。

海外ゲームの場合、Xbox版には日本語版が収録されていないことがある

実は、インディーゲームでは結構ある。

日本語ローカライズを担当している会社がXbox版に配信していないのが理由だろうけれど、これも国内Xboxユーザーが少ないので仕方ない。

ただ、逆に、Xbox上ではダウンロードで購入可能なゲームが海外とほぼ同じ

つまり、国内版が未発売だったり、日本ではWindows PC向けしかないゲームでもプレイ可能なことが多い。

海外ゲームやインディーゲーム好き、英語が大丈夫な人にとっては、より多くのゲームに出会えるチャンスだ。

今後の注目ゲームはこちら

サブスクの良さ

XSXの方がオススメ

近年のゲーム機と共に重要なのがサブスクリプションサービス。

ゲーム業界だってサブスクだ。対象タイトルが遊び放題になるってやつだ。

PlayStationにはPS Nowがあり、Xboxには Xbox Game Passがある。

サブスクに関しては、圧倒的にXboxの方がオススメだ。

Xbox Game Passのお得ぶりや充実っぷりはハンパない。

超大作も注目のインディーゲームも発売日当日から対象になってるし、過去の名作も続々ラインナップに加わっている。

Xbox Game PassのためにXSX買っても元が取れるんじゃないかっていう充実ぶり。

私はXSXが到着した当日からずっと加入している。


ゲームプレイの感覚

ロードの速さ

XSXの方がオススメ

PS5もXSXも「ロード時間が爆速ですよー!」と謳っている。

この辺は、ゲームや使用環境によっても変わるので、あくまでも私の体感だ。

正直なところ…、どっちも速い!

比較になってないけれど、どちらでも気にならないほど速いのだ。

ただ、XBXのクイックレジューム機能は猛烈に便利。

複数のプレイ中のゲームを一瞬で切り替えられる機能だ。中断していたところから再スタートできる。

2本以上のゲームを同時並行してプレイする人にとっては重宝する機能だ。

忙しいアクションゲームをしてて、ちょっとゆったりシミュレーションゲームしようかなーって思ったら、もうそっちのゲームが始まってる。

そのくらいの素早さっぷりだ。

あと、完全に私の体感だけど、全体的にロードはXSXの方が速く感じることが多い。

コントローラー

PS5の方がオススメ(ゲームによってはXBXが良い)

ゲーマーにとって、長時間持つことになるコントローラー。

ここでは純正コントローラーの感想を紹介する。

PS5のコントローラーの魅力は2つ。

ボタンを押す力具合を変えるアダプティブトリガー、踏みしめる地面によって振動も変わるハプティックフィードバック

PS5のコントローラーは、めちゃくちゃ楽しい。

PS5にプリインストールされている『アストロプレイルーム』をぜひ最初にプレイしてみてほしい。

両手が「うわ、うわっ、うわぁ」となるはず。

ただ、PS5のコントローラーは大きくて重ため。ちょっと疲れやすい。

PS5仕様になっていないゲームを長時間プレイするとなると、XSXのコントローラーの方が持ちやすい。

PS5の機能に対応したゲームなら、PS5コントローラーの方がオススメといった感じだ。

画質

両者同じ

ほぼ同等のスペックなので、比較するのは変なんだけど。

どちらもめちゃくちゃ綺麗。

ただ、これ、ゲームによって差が出ることがあるので注意。

同じゲームでも、PS5とXBXではグラフィックに細かな違いが生じることがある。

比較動画などでネット上に報告が上がっていることもある。

あまりないかもしれないけれど、同じゲームをPS5でもXSXでもプレイしようとしたら、差を感じることがあるかもしれない。

サウンド

今のところXSXの方がオススメ

こちらも使っているスピーカーや使用環境によって感想が変わるところ。

私はPS5でもXSXでも同じスピーカーを使っているけれど、私のごくごく平凡な聴覚ではどちらも迫力満点。

違った魅力が売りのNintendo Switchを引き合いに出すのは申し訳ないけれど、どちらもNintendo Switch(テレビモード)とはケタ違いだ。

ただ、XSXはDolby Atmos ドルビーアトモスに対応している。ホームシアターじゃん!

一方、PS5は3Dオーディオ機能だ。もちろんヘッドフォン使用でプレイすれば臨場感は増し増し。

でも、今のところ、やっぱりドルビーアトモスに軍配が上がる。

PS5とXSXにおすすめなスピーカー

UIなど

PS5の方がオススメ

これは、個人の好みがあると思うけど。

PS5のホーム画面ではゲームソフトが横にズラッと並んでるし、トロフィーや進行状況も表示されるし。

PS5の方がスタイリッシュで直感的に操作しやすい

あとは、ライブ配信する人にとっては、PS5は本体から直接YouTubeにもTwitchにも配信できるのは良いところ。

Xboxでは、本体からはTwitchにしかライブ配信できない。


本体自体と周辺機器の充実度

本体デザインとサイズ

PS5の方がオススメ

好みはあると思うけど、PS5の方が「ゲーム機置いてる!」感がある。

発表当時、PS5は空気清浄機ってネタにされてたし、確かに巨大で奇抜なデザインだ。

それが好き!という人ならオブジェ代わりにもなる。

「PS5だよー!PS5だよ!」と存在感を出してくるゲーム機だ。

一方で、XSXは、もはやゲーミングPCな出立ち。シンプルで、上面の穴空きがカッコイイ。

そして、開封した時は、意外とコンパクトでびっくりした。

インテリアに馴染むスッキリとしたゲーム機だ。

「XSXですが、何か?」というゲーム機だ。

本体のカラーバリエーション

PS5の方がオススメ

デフォルトでは、PS5は白多めの白黒。XSXは真っ黒。

でも、PS5は本体カバーとコントローラーの色違いが公式から発売されている。

本体カバーは、PS5本体の両脇を支える板状のもので、本体と別売りで購入して取り替えることができる。

XSXは、何かとコラボして特別仕様の本体が発売されることはあるけれど、基本は黒一色。

でも、コントローラーは色違いがあるし、エリートコントローラーなど純正の多機能コントローラーも発売されている。

ストレージ拡張性

XSXの方がオススメ

ゲーマーにとってヒヤヒヤするところ。

それは、ストレージの残りだ。

超大作のゲームの発売時期が重なり、同時並行プレイしようとワクワクしてダウンロードしてると、恐怖のメッセージ「ストレージ容量が足りません」。

PS5もXSXもストレージはSSDだ。

ロード爆速も、この内蔵SSDによるもの。

そもそもの内蔵SSDはXSXの方が容量が大きい。1TBだ。

PS5の方は、約670GBがストレージとして使用可能と言われている。

さて、そこから拡張するとなると、爆速体験を損なわないならやはり内蔵SSDの拡張だ。

XSXはめちゃくちゃ簡単

公式でも販売されているSeagateのXbox Series専用のSSDを本体裏側にスイッと差し込めば完了。外付けにも関わらず、内蔵SSDと同等に機能する。

一方で、PS5の方は、ちょっと手間がかかる。

でも、ちゃんと拡張は可能。本体カバーを開けてセットする。

ただ、要件を満たしているSSDじゃないとダメだ。

特別機械に詳しくなければ、信頼できるメーカーからPS5向けとして販売されている商品を選んだ方がいい。

アクセサリ

PS5の方がオススメ

その他の便利な周辺機器。スタンドや冷却装置、サードパーティ製のカバーやスキンなど。

やはり国内はPSユーザーの方が多いので、商品の種類もPS5向けのものが多い。

また、PS5は純正のカメラやリモコンなども発売されているので、全部一式揃えたい!という人にとってはPS5の方が選択肢が広い

それぞれのオススメ周辺機器はこちら


エンタメパワー

両者同じ(XSXの方がややオススメ?)

もはやゲーム機はゲームだけではない。

ゲーム機で動画配信サービスを見る人も多い。

YouTube、Netflix、Disney+などなど、ひと通りの動画配信サービスが視聴可能。

更に、PS5では、nasneとtorneを使えば録画したテレビ番組だった視聴可能だ。

ただ、動画視聴といえば長時間見ることが多い。

これも私の体感の話ではあるんだけど、XSXの方が動作音が静か。動作音が大きいと「あれ?本体が熱暴走しないかな?」と心配になるもの。

動画視聴時にはXSXの方が気持ち的に安心。


現在の販売状況

両者のスペック表

実際の感想を比較して紹介してきたけれど、細かなスペック比較は以下の表に掲載した。

自分にとって優先したい機能でどちらを買うか決断するのも良いし、どちらも所有するのも良い。

実際、私はどちらかの方だけを偏って使うことはなく、どちらでも同じくらいゲームをプレイしている。

CPUx86-64-AMD Ryzen™ “Zen 2”
8コア / 16 スレッド
周波数:最大 3.5GHz まで可変
GPUAMD Radeon™ RDNA 2-based graphics engine
レイトレーシング アクセラレーション
周波数:最大 2.23GHz まで可変 (10.3 TFLOPS)
システムメモリGDDR6 16GB
バンド幅:448GB/s
SSD825GB
読み込み速度:5.5GB/s Read Bandwidth (Raw)
光学ドライブ
(読み出し専用)
Ultra HD Blu-ray™ (66G/100G) ~10xCAV
BD-ROM (25G/50G) ~8xCAV
BD-R/RE (25G/50G) ~8xCAV
DVD ~3.2xCLV
PS5 ゲームディスクUltra HD Blu-ray™ (100GBまで)
映像出力HDMI®OUT端子
4K 120Hz TV、 8K TV、VRR 対応 (HDMI2.1規格による)
オーディオ“Tempest” 3D オーディオ技術
外形寸法
(最大突起部、ベース除く)
PS5:約390mm×104mm×260mm (幅×高さ×奥行)
PS5デジタル・エディション:約390mm×92mm×260mm (幅×高さ×奥行)
質量PS5:約4.5kg
PS5デジタル・エディション:約3.9kg
最大消費電力PS5:350W
PS5デジタル・エディション:340W
入出力USB Type-A 端子 (Hi-Speed USB)
USB Type-A 端子 (Super-Speed USB 10Gbps) x2
USB Type-C® 端子 (Super-Speed USB 10Gbps)
通信Ethernet (10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth® 5.1
PlayStation Blog

他のゲームも見る

どっちが気になる?

最新のおすすめゲーム動画

この記事をシェアする
目次
トップへ
Index
閉じる