【サイドビュー縛り】2021年おすすめインディーゲーム

2021年(以降)にリリース予定のおすすめインディーゲームを厳選して紹介。

今回は、サイドビュー(2Dで横から眺める視点)でプレイするタイトルを8本。昔ながらのスタイルだけど、やはりプレイしやすいスタイル。あと3D酔いしやすい人にもオススメ。

紹介するゲームのプレイ映像

読みたい項目を選択

GRIME

ブラックホール人間という新しい生物。それが『GRIME』の主人公。

grime

ストーリーはよく分からないけれど、物質世界が崩壊したかなんやかんやで、色々と奇妙で不思議な状態になってしまっている世界を探索していく。

サイドビューのハイペースなアクションRPGゲームで、身の丈ほどありそうな武器を振り回して戦っていく。

しかし、この武器も一癖あって、なんと生きている。形を変えたり、武器ごと特有の攻撃が発動する。

grime

そして、ブラックホール人間という設定を忘れてはならない。

敵を吸い込むことが出来る。主人公の頭部がブラックホールになっていて、弱った敵をシュウウウと吸い込むことが出来る。敵の飛ばしてきた瓦礫などを吸い込んで敵に打ち返したりも出来る。

これで体力回復したり、新たな能力解放に役立てたりするんだから、おもしろボディにも程がある。

grime

頭はブラックホール、身体はスッポンポンという主人公。主人公の方が、非現実的な世界設定よりも奇妙すぎる。ブラックホールなアクションに期待。

2021年リリース予定
PC
日本語版 あり
開発元: Clover Bite
パブリッシャー: Akupara Games
画像出典元: Steam

Anew: The Distant Light

未知の惑星を探索していく宇宙飛行士風の主人公。

サイドビューのアクションゲームで、メトロイドヴァニア要素もあるらしい。

Anew: The Distant Light

地球から遥か彼方の惑星に不時着したようで、副操縦士は行方不明。主人公は、宇宙船の修理を試しつつ、副操縦士を見つけにいく。

ただ、やることリストには「タネを植えること」と書かれている。一体どういうことなんだろうか。

宇宙服を強化したり、新たな道具を作ったり、未知の惑星でなんとか生き延びていくことになる。

Anew: The Distant Light

しかも、ジェットパックやら、スケート用ツールなど様々な移動手段も登場するらしい。未知の惑星とはいえ、なんだか楽しそうだ。

しかし、太陽という脅威がある。あの我々がよく知る太陽とは違うもののようで、未知の惑星に変化をもたらす灼熱の光を浴びせてくるらしい。

色んな景色の場所があって、探索しがいのありそうな惑星だ。

Anew: The Distant Light

リリース日未定
PC(種類は未定だけどコンソールも予定している)
日本語版 あり
©2020-2021 Resonator Interactive LLC. All rights reserved.
画像出典元: Steam

Hidden Deep

何かが絶対いる。分かる。絶対いる。はぐれた人から殺される。そういうやつ。

海底にある謎の施設に向かった調査隊を操作していくアドベンチャーゲーム

調査隊のメンバーを切り替えながら操作して、謎解きやアクションを組み合わせて先に進んで行き、施設を探索していく。

Hidden Deep

彼らの前にも調査隊は派遣されていたらしいけれど、連絡がつかなくなっているらしい。不穏。嫌な予感しかしない。

フックやスキャナーなどを駆使して道を切りひらいていくわけだけど、結構死ぬ。

フックで勢いよく飛んで向かいの壁に激突したら、それだけで死ぬ。

え、そこはゲーム的なお約束で上手くやってくれないの?やってくれないらしい。

Hidden Deep

メンバーそれぞれを操作したり、他のメンバーに指示出ししたり、頭フル回転で挑まなくてはならない。

映画『エイリアン』に影響を受けたゲームということで、出て来る。触手系の化け物。ハラハラして進んでると絶対バーーン!と登場してくる。分かってる。

Hidden Deep

2021リリース予定
PC、後々Nintendo Switch、Xboxにも対応予定
日本語版 あり
開発元: Cogwheel Software
パブリッシャー: Daedalic Entertainment
画像出典元: Steam

Pronty: Fishy Adventure

昔のマリオシリーズの頃から、水中ステージは難しいって決まってる。

上下左右全方向に動けるので立ち回りが複雑になるし、すぐに止まれなかったり、地上と色々と勝手が違う。

本作はそんな水中が舞台となるメトロイドヴァニアなアクションゲーム。

Pronty: Fishy Adventure

主人公は、海底ガーディアンのプランティー。半魚人っぽい。

そして相棒はメカジキのブラント。

しかし、この相棒ブラントは付いてくるだけじゃない。ブラント自体が攻撃手段だ。

メカジキの尖った槍のような上顎で敵を攻撃する。なんて乱暴な。あの部分って折れたりしないのか心配になる。

Pronty: Fishy Adventure

敵は、海のゴミやら凶悪な魚たち。海にゴミを捨ててはいけない、やっぱり。そう再認識するゲームだ。

Pronty: Fishy Adventure

沈没船や神殿など、海中ならではの景色も美しい。手描きイラスト調のグラフィックで、キャラは可愛らしい雰囲気。

2021年リリース予定
PC
日本語版 あり
開発元: 18Light Game Ltd.
パブリッシャー: 18Light Game Ltd.
画像出典元: Steam

Source of Madness

気持ち悪くて訳分かんない世界なら、やはりラヴクラフト

Source of Madness

ハワード・フィリップス・ラヴクラフトが執筆したクトゥルフ神話は、色んなゲームに登場する。

有名どころだと『Bloodborne ブラッドボーン』の元ネタはクトゥルフ神話だと言われてるし、FFシリーズなんかにもクトゥルフ神話がモチーフになった敵が登場する。

めちゃくちゃ乱暴な言い方をすると、理不尽で気持ち悪い悪魔がたくさん登場する世界だ。

そんなラヴクラフトな世界でローグライクというのが本作。

赤いフードにマフラーの主人公が狂気に満ちた世界を進んでいく。

Source of Madness

成長要素もあるローグライトで、クラスシステムもあるらしい。

アクションは、空中をフワァンと飛んだかと思うとヒュンッと飛んだり、ハイペースなバトル。魔法を駆使して戦うことになるようだ。

Source of Madness

倒した敵の血で新たな魔法を習得出来るらしく、うーん、やはり奇妙で狂気!この手の雰囲気が好きな人にはたまらないはず。

2021年リリース予定
PC
日本語版 未定
開発元: Carry Castle
パブリッシャー: Thunderful Publishing
画像出典元: Steam

Hoa

か・わ・い・い。

Hoa

ストーリーなどの詳細は具体的に明かされていないんだけど、とにかく世界とか雰囲気とか抜群すぎる。

開発者もそれを売りにしていて、可愛らしく和やかで癒される雰囲気のゲームになっているそうだ。

Hoa

主人公は、タイトルになっているHoa。

パズルプラットフォーマーということで、手描きグラフィックの世界を謎解きしながらアクションしながら進んでいく。

トレーラーなどを見ると、大自然が舞台になっていて、木や蜘蛛の糸などが謎解きのギミックとして登場するみたいだ。

Hoa

2021年7月リリース予定
Nintendo Switch、PC
日本語版 あり
©2020 SkrollCat Studios. Published by PM Studios, Inc. All rights reserved.
画像出典元: Steam

Steam Dolls

スチームパンク。胸躍る冒険を期待してしまうジャンルだ。

が、しかし、本作はダークなスチームパンク。バイオレンスなスチームパンク。

独裁者やらカルトやらに押さえつけられた市民を解放するために、主人公のWhisperが立ち上がる。

Steam Dolls

Whisperは、みんなの平和を守るヒーローな感じではなく、過激に暴力的に革命を起こしてやろうというヤツだ。

そんなヤツが主人公なので、もちろん暴力的な展開になる。

Steam Dolls

本作はアクションであり、メトロイドヴァニア。『悪魔城ドラキュラ』や『Hollow Knight』に影響を受けているそうだ。

ガンガン攻めることもできるし、忍び足で敵に近寄り抹殺というステルスプレイもできる。

Steam Dolls

ストーリーテリングにも気合が入っていて、主人公は海外版『メタルギアソリッド』の声優さんがボイス担当をしている。

Steamdolls – Order of Chaos
PS、Nintendo Switch、Xbox、PC
日本語版 あり
開発元: The Shady Gentlemen
パブリッシャー: Top Hat Studios Inc
画像出典元: Steam

White Shadows

独特な世界と雰囲気、記憶に残る奇妙なストーリー。不気味なんだけど可愛らしい。

『Little Nightmares』や『Limbo』など、そういった良質アドベンチャーの仲間入りをしそうなゲーム。

伝染病によって屋外で暮らせなくった地球。White Cityと呼ばれる街で、特別な輝くコートを着なければ生き延びることは出来ない。

White Shadows

でも、その命綱であるコートは統治者に従順じゃないともらえない。

「そんなのおかしいって!」と立ち上がるのが主人公であるクチバシを持ったRavengirl。

White Shadows

本作では、寓話のようなストーリーとなっていて、登場キャラはみんな半獣の姿をしている(頭は動物で身体は人間ぽい)。

背景はがっつり3DCGだけど、ゲームプレイはプラットフォーマー。White Cityのスラム街、そして街の外へとひたすら進んでいく。

White Shadows

モノトーンで描かれるグラフィックは、かなり雰囲気がいい(不気味だけど)。

White Shadows
PS、Xbox、PC
日本語版 あり
© 2020 Monokel © 2020 Headup GmbH, all rights reserved. © 2020 Mixtvision
画像出典元: Steam

ゲームプレイ映像もチェック

その他のオススメインディーゲームを見る

他のゲームも見る

こちらもオススメ

おすすめゲームを
\動画でまとめて見る/

最速のゲームニュース
\リアルタイムで配信中/

ゲームの発売日一覧
\大作もインディーも/

おすすめゲームを
\動画でまとめて見る/

最速のゲームニュース
\リアルタイムで配信中/

ゲームの発売日一覧
\大作もインディーも/

読みたい項目を選択
閉じる